HOME> ニュース> 『ラブプラス』スペシャルステージに“カノジョ”のおじさま、おばさま登場【AOU2011リポート】

『ラブプラス』スペシャルステージに“カノジョ”のおじさま、おばさま登場【AOU2011リポート】

ゲーム アーケード
2011年2月18日、19日にわたって千葉県の幕張メッセで開催されたアーケードゲームのイベント“AOU2011 アミューズメント・エキスポ”。一般デーとなる19日のKONAMIブースでは、『ラブプラス』のスペシャルステージが開催された。

●アーケード版の魅力をプロデューサーみずから紹介

 2011年2月18日、19日にわたって千葉県の幕張メッセで開催されたアーケードゲームのイベント“AOU2011 アミューズメント・エキスポ”。一般デーとなる19日のKONAMIブースでは、『ラブプラス』のスペシャルステージが開催された。

 ステージには『ラブプラス』シリーズの統括プロデューサーを務める“お義父さん”こと内田明里氏、キャラデザインなどを担当する“お義母さん”ことミノ☆タロー氏というファンにはおなじみのふたりに加えて、内田氏いわく“カノジョ”たちの“おじさま”、“おばさま”に当たる『ラブプラスアーケード カラフルClip』プロデューサーの大橋昌幸氏、『ラブプラス メダル Happy Daily Life』プロデューサーの佐々木龍氏も登場。2011年2月24日の稼働が間近に迫った両タイトルの概要を中心に、トークショーを行った。内田氏いわく、アーケード版『ラブプラス』は「まさにスピンしてオフな感じ!」で、どちらもカノジョとのデートにおける、遊びの部分をピックアップした内容となっている。

WA3_4551
WA3_4507
WA3_4561

▲お義父さんこと内田プロデューサー。

▲お義母さんと呼ばれているミノ☆タロー氏。

▲そして、おじさまとおばさま。どちらがおじかおばかは不明だが、左が大橋氏で、右が佐々木氏。

 『カラフルClip』のほうでは、「楽しむだけではなく、カノジョをよろこばせてあげる」(大橋)作りで、カノジョといっしょにさまざまなミニゲームへ挑戦することに。また、ゲーム中どこでもカノジョを撮影できる“シャッタープラス”という、カノジョとの距離感をさらに近づける注目の機能も搭載されている。

 シャッタープラスは、ゲーム内で使うデジカメのようなもの。撮影したデータは編集もでき、日付を入れることも可能だ。さらに、プリントアウトして思い出の写真として残すことも。「仲のいいふたりじゃないと撮れない距離感、撮影に失敗しちゃったときの写真などに生々しさがある(笑)」と内田氏も太鼓判を押しているので、全国のカレシは期待して稼働を待とう。

 そのほかに『カラフルClip』の見どころとしては、ミノ☆タロー氏が描き下ろしたイラスト、髪型、衣装およびニンテンドーDSとの連動が挙げられる。とくに衣装はニンテンドーDS版に登場したものに加えて、アーケード版衣装が100種類以上、さらに『マジックアカデミー』、『ビートマニアIIDX』とコラボしたものもあるとか。いずれにせよ、かなりのボリュームになっていることは間違いない。

WA3_4522
WA3_4525
WA3_4546
WA3_4549

▲各人が撮影したベストショットもお披露目された。

 もうひとつのアーケード版『ラブプラス』、『Happy Daily Life』では“カノジョに触れたい”という全国のカレシたちの夢が実現する。なんと筐体上部にカノジョが3Dで出現し、しかも手で触れた場所や状況によってさまざまな反応を返してくれるのだ。佐々木氏も「カノジョといっしょにゲームが楽しめる。コレを体験してほしくて企画をスタートした」と語るほどで、かなり力の入った仕上がりになっている。また注目なのが、ゲーム内に出てくるサブキャラクターたち。カノジョたちの同級生に加えて、カノジョたちの両親も登場するのだ。この日ステージでは、高嶺愛花の父のラフイラストが初公開に。白衣姿で、体格はガッシリしており顔は若干日焼けしている……スポーツはテニスをしているそうで、登壇者たちの「勝てる感じがしない人」という表現に深くうなずける人物像となっていた。

WA3_4593
WA3_4605

 『Happy Daily Life』を紹介する中では、内田氏が実際にプレイしたときの模様の映像も上映に。同作は『GRAND CROSS』というアミューズメントマシンとも連動しており、カノジョといっしょにゲームを遊んでいる感覚で楽しむことができる。今回内田氏はその連動プレイを実演していたのだが、カノジョがいるからなのか表情は真剣そのもの。「アドレナリンが出るんですよコレ」と内田氏。「メダルゲームはひとりでやると、ちょっとさびしいと思うけで、これでもう大丈夫。これで勝てます!」と力強く宣言した。

WA3_4625
WA3_4631

 最後に内田氏は「ようやくカノジョが現実のデートスポットを闊歩するときが来ました。皆さんの最寄りのゲームセンターがご当地になったようなものだと思います」とファンにメッセージを贈り、「ラブプラス、アミューズメントで、勝てる!」の掛け声でステージは終了となった。

WA3_4645

▲関連グッズとして、カノジョとの写真などが収められるフォトカードアルバムが発売決定している。

●『QMA8』特別課外授業 AOU2011特別杯も開催

 この日KONAMIブースのメインステージでは、2011年3月より順次稼働予定の『クイズマジックアカデミー8』“特別課外授業 AOU2011特別杯“のも実施。同日の午前中に行われた予選を勝ち抜いてきたメンバーは、いずれもツワモノ揃い。問題がすべて表示される前に回答するのはザラで、稼働前にも関わらず順応している参加者たちに司会者、解説陣も驚きを隠せない様子だった。

 決勝ステージは8名が2ブロックにわかれて対戦を行い、各ブロックの上位2名が優勝の座をかけて争った。ここまで来ると、いかに正解するかよりもいかに間違えないかの勝負へ。戦いはかなりの接戦となったが、過去の大会でも決勝まで進んだ経験のある“かきねTとく”さんが僅差で見事優勝。「忘れ物を取り返すことができました」というコメントで喜びを表現した。

WA3_4975
WA3_5020

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『FFXV』CHAPTER 13に新たなルートを追加するなど無料アップデートが実施! 明日3月28日にはDLC“エピソード グラディオラス”が配信

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXV』において、本日(3月27日)無料アップデートを実施。また、既出の通り、明日3月28日(火)には、追加ダウンロードコンテンツ“エピソード グラディオラス”を配信する。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』パッチ3.xシリーズ音楽が集大成されたオリジナルサウンドトラックが6月7日発売!

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』のゲーム内楽曲を収録するBlu-ray Discサウンドトラックシリーズ最新作『THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』を、2017年6月7日(水)に発売することを決定した。価格は5000円[税抜]。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイ日記 ドローンを駆使してスキャンダル写真を押さえろ(BRZRK Day03)

ユービーアイソフトから発売中の『ゴーストリコン ワイルドランズ』。名うてのFPS、TPSプレイヤーとして知られるBRZRKによるプレイ日記、3日目をお届けしよう。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式サイトが更新、戦闘の詳細や新たな旅の仲間が判明

スクウェア・エニックスより2017年発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトが更新。

タイトーステーション BIGBOX高田馬場店に複数人で楽しめるVRゲームコーナー“VR GAME STAGE”が3月28日より登場

タイトーは、タイトーステーションBIGBOX高田馬場店に、VRゲーム9作品の中から好きなコンテンツを選んで体験できる“VR GAME STAGE”を2017年3月28日より導入する。

『かんぱに☆ガールズ』×『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』コラボや新コンテンツが明らかに!

DMM GAMESは、サービス中のファンタジーRPG『かんぱに☆ガールズ』について、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』とのコラボレーションイベントに関する情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2017年3月27日〜2017年4月2日】

2017年3月27日(月)〜2017年4月2日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

『青木瑠璃子のアイコン』第31回、本日(2017年3月27日)20時から、『ホットライン・マイアミ』に挑戦!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『TYRANO BUILDER(ティラノビルダー)』簡単操作と自由度がハンパないマルチプラットフォーム対応ノベル制作ツール【とっておきインディーVol.114】

古今東西のこだわりのインディーゲームを紹介。今回は、ノベルゲームが気軽に作れちゃうツールをピックアップ。

日本一ソフトウェア公式サイトにて新作コンテンツのティザーサイトを公開!

日本一ソフトウェアは2017年3月27日15時より、同社公式サイト内にて新作コンテンツのティザーサイトを公開した。