HOME> ニュース> プラチナゲームズ新作『MAX ANARCHY(マックス アナーキー)』稲葉敦志氏インタビュー完全版!

プラチナゲームズ新作『MAX ANARCHY(マックス アナーキー)』稲葉敦志氏インタビュー完全版!

ゲーム Xbox 360 プレイステーション3
プラチナゲームズの新作『MAX ANARCHY』について、週刊ファミ通2011年2月10日・17日号に掲載したプラチナゲームズ稲葉敦志氏へ行ったインタビューの完全版をお届けする。

●「プラチナゲームズってこういうことするんだ」とニヤッとさせたい(稲葉)

09

 電撃発表されたプラチナゲームズ×セガの新作『MAX ANARCHY(マックス アナーキー)』。“多人数乱戦格闘アクション”というジャンルを標榜する、本作の新たな挑戦とは? 週刊ファミ通2011年2月10日・17日号に掲載した、本作のプロデューサーを務める稲葉敦志氏へのインタビューの完全版を、新画像とともにお届けする。

●プラチナゲームズのこれまでとこれから

02

――プラチナゲームズのこれまでを振り返っていかがですか?
稲葉 年が明けたとかいう感覚もないまま嵐のように過ぎていっている感じですが、基本的に考えていることとかやりたいことは変わっていないまま駆け抜けてきましたね。
――どういう理念で始まったのか改めて聞かせてください。
稲葉 やっぱりオリジナルのIP、最初となるゲームを作って、毎回「おぉっ」と言わせたい。僕らはやりたいこととできることが一致している集団なので、それをフルパワーで発揮したいという欲求がスタートですね。
――タイトルを積み重ねてきて、これまでのタイトルの続編やスピンオフが出てくるということはないのでしょうか?
稲葉 勘違いされやすいですが、続編を作りたくないというわけではないんですよ(笑)。自分たちの手で育てたものには愛情がある。でも、そう何本もチームを走らせるわけにはいかないので「どっち?」と言われたらオリジナルを取ることが多いですが、世界を膨らますような続編にはチャレンジしたいですね。
――2011年はゲーム業界でどう活躍していきますか?
稲葉 ゲーム業界、しんどいですよね(笑)。僕らみたいな変態的なデベロッパーは皆無ですし、踏ん張らないとな、と。勝負どころの年だと思います。「プラチナゲームズってこういうことするんだ」とニヤッとさせるものは出し続けていきたいですね。

●新たな挑戦は多人数格ゲー?

S

――そして、2011年1発目のタイトルがあると聞いてきたのですが!
稲葉 『MAX ANARCHY(マックス アナーキー)』です。今回は、大勢が入り乱れて戦う“多人数乱戦格闘アクション”という、前例のない新たなジャンルに挑戦します。
――企画はどれくらい前から?
稲葉 いまの形とはいろいろ違いますが、2年くらい前から試行錯誤していましたね。
――どういったテイストのゲームに?
稲葉 “格ゲー”ですね。集団でケンカをしているような、いきなり後ろから殴られるかもしれない状態で、能力を強化したキャラクターたちが大勢入り乱れていっせいに戦う。そういうゲームです。そんな乱戦アクションゲームの醍醐味をギュウギュウに詰め込みつつも重厚なシナリオが楽しめるストーリーモードを基本に、オンラインでは幅広い楽しみかたができるように、いろんな選択肢を用意しています。
――オンライン対戦はプラチナゲームズのタイトルでは初めてですね。
稲葉 これまでのタイトルではゲームとマッチしづらかったのですが、今回は真正面から挑みます。

ma_ss_001

――ところで、『マッドワールド』のジャックがいますね。
稲葉 ジャックはどこかでまた使いたいと思っていたキャラクターで、ストーリーや世界観的な関連性はないですが、本作の世界にはピッタリかなと。
――対応ハードはなんですか?
稲葉 プレイステーション3とXbox 360のマルチプラットフォームです。
――オンラインで、多人数のプレイヤーの同期を取るのは難しそうですが……。
稲葉 なぜこのジャンルが存在しないかっていうと、そこですね(笑)。たいへんですが、それも含めての挑戦なので。
――逆に言うと、そこに目処が立ってきたから企画として現実化したと。
稲葉 そうですね。でも、僕は今年でゲーム業界歴20周年ですが、完全な勝算があって開発をスタートさせたことなんて一度もないんですけど(笑)。

ma_ss_002
ma_002

●ゲーム性の部分には確信と自信アリ

――では開発していて、いまのところの手応えはどうですか。
稲葉 ゲーム性の部分に関しては、確信と自信を持っています。おもしろさのコアの部分は、すでにあると思います。ただ、新しいジャンルは、ある程度入りやすくしなければいけない。そのバランスに苦労していますね。
――新ジャンルというと想像がつきにくい人もいると思うのですが、たとえると?
稲葉 遊んでもらわないと誤解を受けそうですが、やっぱり”格ゲー”なんです。セガさんの『スパイクアウト』のように見られるかもしれませんが、ゲーム性は全く違いますし。

ma_001
ma_003
ma_ss_003

――オンラインだと協力プレイで、うまいプレイヤーが初心者に教える……ということもありますが、本作では?
稲葉 全員で一斉に戦うというモードだけではなく、協力してなにかをするというような要素もあります。それと、ゲームをコントロールするランダム要素も入っているので、上達しても油断は禁物ですね。そこがまた面白さです。
――発売時期はいつごろを?
稲葉 2011年秋です。世界同時発売ができればいいですね。
――では最後にメッセージを。
稲葉 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』で最高のアクションを、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』で最高のシューティングを提示できたと思っているので、今回は新たなジャンルとオンラインに挑戦して、プラチナゲームズとしてひと皮むけたい、という思いを込めています。これからいろいろ情報を出していくので、「プラチナゲームズはこうきたか!」と思わせたいですね。

(C)SEGA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『Wii カラオケ U』無料開放デーが4月1日に実施、春休みからGWまでお得に歌える“春ルン プラスチケット”も発売

任天堂は、Wii U用ソフト『Nintendo×JOYSOUND Wii カラオケ U』において、“春のルン×2 キャンペーン”を開催した。

【オススメSteam】人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』【DayDreamSteamer】

PCゲームのダウンロード販売サイト“Steam”で配信されているタイトルの中から、メジャー・インディー問わず毎週1本のオススメSteamタイトルを編集者が独断と偏見で選び、プレイリポートをお届けするこのコーナー。今回は、人狼ゲーム要素を取り入れたホラーFPS『Deceit』を紹介する。

『マフィア III』体験版&新たなストーリーやシステムなど追加の有料DLC第1弾が配信開始

2Kは、発売中の『マフィア III』について、プレイステーション4およびPC(Steam)対応の体験版および、プレイステーション4・Xbox One・PC(Steam)向けの有料ダウンロードコンテンツ“マフィア III もっと速く!”の配信を開始した。

【ファミ通生放送】『ドルアーガの塔』をプレイ! -ででおとゆーみん17のレトロゲーム研究室-(水曜21時から)【ニコ生&YouTube Live】

本日(2017年3月29日)21時から、ファミ通のニコニコ生放送“ファミ通チャンネル”とYouTubeチャンネル“ファミ通Tube”にて、『ででお&ゆーみん17のレトロゲーム研究室を配信します。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』とスニッカーズのコラボキャンペーンが開催決定! アイドルたちからリプライがもらえるかも!?

マース ジャパン リミテッドは、チョコレートバーブランド“スニッカーズ”とゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』のコラボレーション企画“#スニッカーズの写真ツイートでシンデレラガールズからリプが届くかも!?略して #スニリプ”キャンペーンを2017年4月1日より開始する。

『パズドラクロス 神の章/龍の章』連続してモンスターたちに立ち向かう“ラッシュ”クエスト第3弾が配信開始

ガンホー・オンラインエンターテイメントは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『パズドラクロス 神の章/龍の章』において、配信クエストのボスとして登場していた降臨モンスターが連続で登場する“ラッシュ”クエスト第3弾の配信を、本日2017年3月29日より開始した。

【先出週刊ファミ通】『エグリア 〜赤いぼうしの伝説〜』配信直前! 攻略情報満載でお届け!!(2017年3月30日発売号)

ブラウニーズ初のスマートフォン向けRPGとして注目を集めている『エグリア 〜赤いぼうしの伝説〜』(以下、『エグリア』)。週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、いよいよ配信直前となった『エグリア』の序盤の冒険に役立つ攻略情報やデータ類を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『アライアンス・アライブ』体験版が2017年3月30日に配信!(2017年3月30日発売号)

古きよきRPGの魅力が凝縮された注目タイトル『アライアンス・アライブ』の体験版が3月30日より配信開始される。週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、その体験版で遊べる要素をまとめて紹介。

プロゲーマーのボンちゃんがオフ会で全国を回る“Bonchan's Road Trip”が東京で開催! 第4回TOPANGA大学対抗戦も

2017年3月26日、東京都江東区にあるアリオ北砂店 イトーヨーカドーにて開催された“Bonchan's Road Trip”をリポート。