HOME> ニュース> 『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の完成披露発表会にアッキーナが登場

『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の完成披露発表会にアッキーナが登場

ゲーム PSP
スパイクは、2011年1月26日、都内豊島区にあるみらい館大明で、翌27日に同社から発売する『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の完成披露発表会を開催。この発表会には、プロモーションイメージキャラクターを務めるアッキーナこと南明奈も登場!

●番長スタイルのアッキーナもアリ

NY1_1620

▲渡辺氏は発売を明日に控えたいまの率直な気持ちを問われ「じつは開発が遅れてしまったので、大晦日や正月もたいへんでした。なので、自分の中では今日が大晦日、明日が正月という気持ちです」とコメント。

 スパイクは、2011年1月26日、都内豊島区にあるみらい館大明で、翌27日に同社から発売する『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の完成披露発表会を開催した。会場には、プロモーションイメージキャラクターを務めるアッキーナこと南明奈も登場し、発表会に華を添えた。

 発表会ではMCによるゲーム概要の説明のあと、『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の渡辺一弘プロデューサーが登場し、同作の紹介を行った。今作のコンセプトは「拳によって紡がれる漢の絆」(渡辺)ということで、広大なマップ、最多となるキャラクター、ハンパなく多いアイテムなど、シリーズ最大のボリュームを詰め込んでいるという。

NY1_1760

▲学ランにリーゼンという番長スタイルで登場したアッキーナは「気合入れてきました!」。教室の雰囲気ともマッチ。

 続いて、番長スタイルにキメたアッキーナが登場。「ふだんは女の子っぽいカワイらしい格好が多いんですけど、本当はこっちのほうが好きなんです(笑)」と意外なコメント。アッキーナは、プライベートでも『喧嘩番長』シリーズが大好きだと言い、同シリーズにハマった理由として「お店で『喧嘩番長』のパッケージを見て、まずタイトルに惹かれました。もともとアクションゲームが好きですし、キャラクターたちも超イカツイと思いました(笑)」。また、本作の魅力については「転校生が拳を交えて仲間を増やす“ダチる”」というシステムをあげ、事前にスパイクからソフトを借りて正月もやり込み、「ダチは500人くらいできました」というほど。渡辺プロデューサーもそんなゲーム&『喧嘩番長』好きのアッキーナに「南さん以上の適任はいない!」と、前作に引き続きプロモーションイメージキャラクターに起用した理由を語った。

NY1_1764
NY1_1749
NY1_1863
NY1_1781

▲アッキーナの『喧嘩番長5〜漢の法則〜』の進行度については「本編のいいところまでやっていただけているみたいですね」(渡辺)と、アッキーナのゲーマーっぷりに感心した様子。

▲前作に続き、今作でもプロモーションイメージキャラクターを務めることについて「うれしい気持ちはハンパなかったです。前作のときですら、ものすごくうれしかったのに」(アッキーナ)。

▲CM撮影中、スタッフがアッキーナのアタマにあるオブジェを落とすというドッキリ仕掛けようとしたが断念したというエピソードも。

▲アッキーナが出演するテレビCMの撮影中では「監督に声を低くして“メンチビーム”と言ってほしい、と言われて、言い過ぎて喉が痛くなりました(笑)」(アッキーナ)。

NY1_1804
NY1_1814
NY1_1855

▲キャラクターを自由にカスタマイズできるのも本作の魅力。アッキーナは自分が使っているキャラクターを披露し「アイテムがいろいろあるので迷いましたね。私服系で髪型はアッシュ系、私のタイプの男性にしてみました(笑)」(アッキーナ)。

▲テーマソングを担当するDOESからビデオメッセージも。「『ジャック・ナイフ』という曲のPVでもガシガシに殴り合っています。メンチビームは出ませんが、パンチはけっこう鋭いかなと。ライブ中にヤスが着ている革ジャンがゲーム中に登場します」。

 最後にアッキーナは、「すごいボリュームで楽しいゲームになっています。男の人はこのゲームをやんなきゃダメだと思います。もちろん、私と同様に女の子でも楽しめます。私の出演するCMもぜひチェックしてみてください!」とコメントして、今回の完成披露発表会は終了した。

NY1_1890
NY1_1918

 以下は、囲み取材のやり取りの模様を抜粋。

――学ランの着心地はいかがですか?

アッキーナ CMでも着たので、これを着ていると落ち着くようになってきました(笑)。自然とガニ股になっちゃいますね(笑)。コスプレはけっこう好きで、かわいらしいものよりは、男性モノのほうが好きなんです。

――1日どれくらいゲームをプレイしているんですか?

アッキーナ 休みの日は1日中ゲームをやっていることもあります。そういう休日の過ごしかたもけっこう好きです。

――どんな学生時代でしたか?

アッキーナ 学生時代は目立たないタイプで、とはいえ勉強もとくに(笑)。人見知りなので、ひとりでボーっとしていることも(笑)。女の子どうしでキャッキャするのが苦手なんです。なので、男っぽいと言われることも多いですね。

――いままでで激しい喧嘩は?

アッキーナ 殴り合いはないです(笑)。口喧嘩を小学生くらいのときに。それ以降は、喧嘩した記憶がないですね。

――そのときの喧嘩の原因は? 男性の取り合いとかではなく?

アッキーナ ではないです(笑)。

――今作のお気に入りのシーンは?

アッキーナ 今作では恋ができるので、そういったシーンが好きですね。

――現実の恋愛と違うって感じるところは?

アッキーナ 主人公はシャイなのか「もっとグイグイいけばいいのに!」と思いました。私はグイグイきてくれるほうが好みです(笑)。

――好きな男性のタイプは?

アッキーナ 髪がサラサラの人が好きですね。あとは私が危険な目にあったら、すぐ助けに来てくれるような頼りになる人。

――もし、男に生まれたら何をしてみたいですか?

アッキーナ 渋谷でナンパをしてみたいですね(笑)。渋谷でナンパされたことは数回ですけどあります(笑)。

NY1_1941
NY1_1920

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。

“VRプロレス×大日本プロレス”8月12日後楽園ホール大会のVR化が決定!

『VRプロレス』の企画・制作をしているKlampは、2017年8月12日に東京・後楽園ホールで行われる大日本プロレスの試合をVR化すると発表した。

昭和女子大学とケンタッキーのコラボ企画第3弾“たっぷり野菜のチキンラップ”2種が5月31日より発売

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、“食と健康”を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第3弾として、新サンドメニュー“たっぷり野菜のチキンラップ”2種を2017年5月31日より店舗限定で発売する。

“ソニーのおもちゃ”が6月1日発表、ティザー映像が公開! 新たなトイ・プラットフォームが誕生か

ソニーのサービスプラットフォーム“First Flight”公式サイトにて、“ソニーのおもちゃ、6/1発表。 ”というティザー映像が公開された。

『三國志13 with パワーアップキット』発売、“英傑伝”でプレイできる新ステージなどのDLCも配信

コーエーテクモゲームスのプレイステーション Vita用ソフト『三國志13 with パワーアップキット』が発売となり、さまざまなダウンロードコンテンツが配信開始となった。

BNEのキャラクターIPと、ドリコムのHTML技術を合わせた新会社“BXD”が設立へ モバイル用ブラウザゲーム、プラットフォームを展開

2017年5月25日、バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による新会社“BXD”設立に関する発表会が行われた。本稿では、発表会の内容をお届けする。

任天堂のインディーゲーム担当に聞く 「Nintendo Switchに興味を持ってくれるインディーゲームクリエイターは多い」【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催されたインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”。同イベントにて、任天堂は昨年に引き続きブースを展開。11本のNintendo Switch用インディーゲームを出展し、大盛況だった。今回、会期中に任天堂のインディーゲームの担当者に取材する機会を得た。