HOME> ニュース> 『天空の機士 ロデア』中裕司氏が創造する新しいアクションの形

『天空の機士 ロデア』中裕司氏が創造する新しいアクションの形

Wii ニンテンドー3DS ゲーム
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズや『NiGHTS』を始めとする、独創的なアクションゲームを数多く手掛けてきた中裕司氏。その中氏が率いるプロペと角川ゲームスがタッグを組み、まったく新しい操作性を実現したアクションゲームの開発が進行中だ。

●未曾有の浮遊体験

 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズや『NiGHTS』を始めとする、独創的なアクションゲームを数多く手掛けてきた中裕司氏。その中氏が率いるプロペと角川ゲームスがタッグを組み、まったく新しい操作性を実現したアクションゲームの開発が進行中だ。その名は『天空の機士ロデア』。本作は、ニンテンドー3DS版とWii版がリリース予定だ。今回は、Wii版の画面写真とともに本作の内容に迫っていくぞ。さらに、エグゼクティブディレクターとしてプロジェクトに参加する中裕司氏と、ストーリーを手掛けた実弥島巧氏、プロデューサーの長谷川仁氏のコメントも掲載。そちらも要チェックだ。

●使うのはWiiリモコンのみ!

本作の大きな特徴は、キャラクターの移動から多彩なアクションまで、すべてWiiリモコンのみで行う点にある。行きたい場所をWiiリモコンで選び(ポインティング)、その後にBボタンを押して振ると、目的の場所へ勢いよく飛び出していく。つぎつぎにポインティングしてBボタンを押していけば、空を自由に飛び回ることができるのだ。また、Aボタンで銃による攻撃が行えるほか、敵キャラクターやステージに点在するオブジェをポインティングし
てAボタンを押せば、回転アタックがくり出せる。移動したい場所やアクションの対象を、指差すように選ぶという独特な操作性は、例えるとすれば"世界に触れる"感覚。本作は、キャラクターを操っているだけで楽しいという、アクションゲームの本質を追及した、シンプルかつ王道的な作品なのだ。

rodea001

●豊富なアクション

高速に回転しながら敵に体当たりを食らわせたり、ステージ上の装置にキャラクターの尾翼を引っかけて滑走するギミックなど、アクションの種類は豊富だ。いずれも複雑な操作は必要なく、Wiiリモコンだけで各種アクションがくり出せる。

rodea003
rodea002

●空の大地"ガルーダ"を守れ

本作の目的は、1000年の時を超えて復活した機械帝国ナーガによるガルーダへの侵攻を食い止めること。プレイヤーは主人公であるロデアを操り、機械軍団に立ち向かうのだ!! ナ
ーガの復活や侵略の理由、そして世界に隠された真実とは?

●重厚なストーリーと世界設定

本作は、新感覚のアクションを追求しながらも、深みのあるストーリーと緻密な世界設定によって、プレイヤーの没入感を強烈に煽る工夫が施されている。『テイルズ オブ ジ アビス』や『Coded Sou(l コーデッドソウル) -受け継がれしイデア-』のシナリオを手掛けた、実弥島巧氏がストーリー制作を担当! 科学技術をひたすら追求するナーガ帝国と、自然を信仰するガルーダという相反する関係を創造。ナーガはガルーダが有する資源を付け狙うなど、人間の欲や業が背景にある、重厚なストーリーが構築されているのだ。

rodea006
rodea013
rodea007
rodea010
rodea011
rodea012

ロデア
本作の主人公。記憶を失ったナーガ帝国のロボットで、イオンの手によって1000年の眠りから目覚める……。

イオン
ガルーダに住む、機械いじりが大好きな女の子。ロデアのサポート役だ。セシリア姫に似ているが……?

セシリア姫
1000年前にガルーダを救うために命を懸けたナーガ帝国の姫。ロデアと約束を交わしているようだが……?

●フライングゲームのひとつの回答

本作の魅力は斬新な操作形態だけではない。圧倒的な体躯を誇るボスとの戦闘のほか、シンプルな操作性ゆえに実現できたダイナミックなカメラアングルなど、既存の3Dアクションゲームとは一線を画す魅力に溢れている。とくに巨大ボス戦では、敵を真下から見上げるようなカメラアングルのまま体によじ上って弱点を探したり、空中を旋回しながら攻撃を避けるといった、本作ならではのアクションが楽しめる。また、ステージ内の仕掛けを利用して攻撃するなど、頭を使ったパズル的な攻略要素も用意されているのだ。

rodea009
rodea008

■中裕司氏のコメント

ロデア』の話がスタートしたのは2009年の秋でした。そのころ、僕たちはそれまでに開発していたプロジェクトが中止になってしまい、新しいゲームを作ろうとふたつのチームに分かれて実験を行っていたんです。そこで、まだ荒削りではありましたが、すごく斬新で新しい操作感のプロトタイプができました。それが、『ロデア』の原型です。空を飛ぶアクションゲームで必ず課題となるのが、"操作"と"感覚"の一体感の部分です。大空を自由に飛ぼうとすると、どうしても操作がマニアックで煩雑なものになってしまう。でも、そのプロトタイプはそうした問題を見事に解決していました。Wiiリモコンの長所を活かしつつ、シンプルな操作で気持ちよく飛べる、まったく新しいアクションゲームになっていたんです。もっとも、当時はいまとはまったく雰囲気が違っていて、硬派なスパイアクションゲームでしたが(笑)。そんなころに角川ゲームスさんと縁があって、このアイデアをもとに「空を舞台にしたオリジナルのキャラクターアクションゲームにしよう」と言っていただいて。はっきりと言えるのは、『ロデア』は角川ゲームスさんとのコラボレーションで生まれた作品だということです。毎日、驚くほど密接にやり取りを行い、刺激を受け合っています。もし仮に、自分たちだけで作っていたら、間違いなくいまの形にはできなかったですね。ストーリーもとってもいい感じで仕上がっていますので、楽しみに待っていてください。


■実弥島巧氏のコメント

「 空を舞台にしたアクションゲームの企画がある」と最初にお話をいただいたんです。大空を自由に飛び回るゲーム性にとても魅力を感じて、世界観とストーリー部分で開発に参加させていただくことになりました。アクションゲームに関わらせていただくのは初めてのことでしたので、その枠の中で、"シンプルかつわかりやすく"を心がけました。でも、ただ単純なものではなく、深読みしていただける部分も用意したつもりです。開発側からのオーダーとして、"大人も子どもも共感できる物語にしたい"ということで、誰もが生きていくうえで必ず経験する他者との関わりと、人と人とのあいだで生まれる感情、そして絆を表現できればと思っています。ふだんの生活の中でも、人と人とのあいだには、立場や好悪の感情が絡み合って、さまざまな関係性が生まれます。現実の世界を反映した登場人物の感情と、それに対するロデアの機械ならではの純粋な感情が互いにぶつかり合って起こす、化学変化を見ていただけるとうれしいです。

■長谷川仁氏のコメント

世界中の誰もが一度は夢見た"自由に気持ちよく空を飛べたら"という思いをゲームにしたい……。ずっとそう思い続けてきました。しかし、その実現には大きな課題がありました。プレイヤーとカメラ(視点)操作の問題です。プレイヤーの3軸操作とカメラの3軸操作で構成されるフライングゲームはたくさんあります。しかし、それでは思い描いている気持ちよさは得られない。もっとダイレクトに"あそこに飛んでいきたい! !"という気持ちをシンプルな操作で反映させることにより、初めて求めている飛行体験ができると考えていたからです。その答えを持っていたのが、開発会社プロぺを率いる中さんでした。数々のアクションゲームを手掛けてきた中さんの独創的な視点とアプローチの方法は非常に刺激的で、フライングゲームの答えとともに、本作ではその魅力を存分に詰め込んでいます。そして、世界観作りには、作家の実弥島巧さんに担ってもらいました。実弥島さんに参加していただいた理由は、ファンタジー世界にプレイヤーを引き込む力を持っていることと、大のゲーム好きだというところです(笑)。実弥島さんの持つ躍動感溢れるキャラクター作りとストーリーライン。そして、中さんのゲームデザインとの融合が"新飛行体感ゲーム"として形になってきています。思考し続けた飛行アクションのひとつの答えに、ぜひともご期待ください。

※詳しくは週刊ファミ通2011年2月3号(2011年1月20日発売)をチェック

天空の機士 ロデア
メーカー 角川ゲームス
対応機種 ニンテンドー3DS / Wii
発売日 発売日未定
価格 価格未定
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 プロデューサー:長谷川仁、エグゼクティブディレクター:中裕司、ストーリー:実弥島巧、開発:プロペ
(C)KADOKAWA GAMES / PROPE

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?