HOME> ニュース> 『とびだす!パズルボブル 3D』は奥行きのある画面演出で楽しさ倍増――ニンテンドー3DSと同日発売 

『とびだす!パズルボブル 3D』は奥行きのある画面演出で楽しさ倍増――ニンテンドー3DSと同日発売 

ニンテンドー3DS ゲーム
スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DS用ゲームソフト『とびだす!パズルボブル 3D』の発売日を、ニンテンドー3DS本体と同発となる2011年2月26日に発売することを発表した。

●立体を生かした“ギミックバブル”や奥行きのある画面演出を追加

 こちらの記事でもお伝えしたとおり、スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DS用ゲームソフト『とびだす!パズルボブル 3D』の発売日を、ニンテンドー3DS本体と同発となる2011年2月26日に発売することを発表した。価格は4980円[税込]。

 『パズルボブル』は、タイトーのアーケードゲームとして1994年に登場し、以来いまだに根強い人気を持つ名作パズルゲーム。3Dに生まれ変わった本作では、カラフルなバブルをつなげて消していく人気の定番パズルに、立体を生かした“ギミックバブル”や奥行きのある画面演出を追加。さらに“とことんモード”など楽しい新機能を搭載している。

01
03
02
04
o
o
o
o

※ニンテンドー3DSの3D映像は本体でしかご覧いただけません。画面写真は2D表示のものです。

とびだす!パズルボブル 3D
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2011年02月26日
価格 4,980円[税込]
備考
(C)2011 SQUARE-ENIX CO.,LTD All Rights Reserved. Original Work:(C)TAITO CORPORATION 1994 All Rights Reserved.
Developed by ARIKA CO., LTD. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【動画あり】『DOA6』勝ちポーズ&フェイタルラッシュ&ブレイクブローまとめ! 『デッド オア アライブ6』で強化されたフェイシャル表現に注目!

2019年3月1日に発売される、3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』。本記事では、新システムのフェイタルラッシュ&ブレイクブローの解説とともに、全26キャラクターの技動画をお届けする。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』劇場版全6話を再編集したテレビアニメ版の放送が4月29日よりNHK総合テレビでスタート

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』劇場版全6話を再編集したテレビアニメ版の放送が2019年4月29日より、NHK総合テレビでスタートする。

“POLYGO ポケットモンスター”が7月に発売!ピカチュウ、ミュウツー、リザードンがスタイリッシュなフィギュアに

ポケモンフィギュア“POLYGO ポケットモンスター”シリーズが2019年7月に発売。

『GTAオンライン』“プリンシペ デヴェステ・エイト”が登場。“ドゥームズ・デイ”の強盗フィナーレで報酬が2倍になるなどの“ドゥームズ・デイ・ウィーク”を実施

『グランド・セフト・オートV』のオンラインモード『GTAオンライン』に“プリンシペ デヴェステ・エイト”が登場!“ドゥームズ・デイ・ウィーク”も実施。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の開発にコーエーテクモゲームスが参画、インテリジェントシステムズとタッグを組み任天堂と3社で開発中

コーエーテクモゲームスが、Nintendo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』の開発に参画していることをアナウンス。

スパイク・チュンソフトが“1000回では遊び尽くせない”ダンジョンRPGの近日配信を予告。『風来のシレン』シリーズのお竜の姿が!

『不思議のダンジョン』シリーズを手がけたスパイク・チュンソフトが、ダンジョンRPGの配信を発表。詳細は近日公開予定。

55V型4Kテレビが5名に! PS4の5周年を記念した“#ps4のある生活”Instagram投稿キャンペーンが開催

“#ps4のある生活”Instagram投稿キャンペーンが開催。5V型4Kテレビが5名様に当たるチャンス。

Nintendo Switch版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』あの冒険の日々を“追体験”できるサントラCDの制作秘話を聞く!

Nintendo Switch版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』のコレクターズ・パッケージの特典となっているサウンドトラックCDの制作にまつわるエピソードを、『ドラゴンズドグマ』メインコンポーザー・牧野忠義氏と、 シンガーソングライター・小林未郁氏、そして開発ディレクター・木下研人氏、開発プロデューサー・松川美苗氏に聞く。

末尾が“9”の年は大作ソフトや新型ハードが発売される!? 10年前、20年前、30年前のゲーム業界の出来事

今年は2019年だが、末尾に“9”がつく年には、ゲーム業界でどんな出来事があったのか? 10年前、20年前、30年前のゲーム業界を振り返ってみた。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 世界調律クエストが楽しくなってきた!(第219回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第219回(通算319回)。