スマートフォンの用途はますます広がる、ゲームやボールの操作に活用【2011 International CES】

Android iPhone
今回のCESを席巻した感のあるスマートフォン。いまやスマートフォンはいろいろな使われかたをしているようで……。会場で見つけた新たな活用方法についてリポート。

●スマートフォンの新たな活用術

 2011年1月6日〜9日(現地時間)の4日間、アメリカ・ラスベガスにて2011 International CESが開催。ファミ通.comでは、世界中から2700以上の出展社が集まる、この世界最大規模の家電見本市の模様をリポートする。

DSC_0412

▲今回のCESでも出展していたAR.Drone。

 2011年のCESを席巻したのはスマートフォンというのは、衆目の一致するところ。各社自慢のスマートフォンを投入し、会場を賑わせていたわけだが、一方で、スマートフォンの多機能ぶりに着目して、電話やブラウジング以外の用途に活用しようという動きも出てきている。その代表例がフランスParrot社による“AR.Drone”。“AR.Drone”に関しては、日本でも発売されたからご存じの方も多いと思うが、iPhoneをリモコンに見立ててラジコンヘリを飛ばすという製品だ。Parrot社は、今回のCESにも出展し、大きな注目を集めていたが、それに追いつき追い越せ!とばかりにスマートフォンを活用した新しい製品がちらほらとお披露目されている。

 そのひとつがOrbotix社による“Sphero”だ。こちらは、iPhoneやAndroid端末などにアプリをダウンロードし、“Sphero”と呼ばれるボールを操作できるというもの。まずは“Sphero”自体は100ドル程度で2011年内に発売予定。ゴロゴロ転がすだけでも楽しいが、いずれは何らかのゲーム性を加味させたものを発売する予定なのだとか。どんな内容になるのか気になるところ。

DSC_0348
DSC_0339
DSC_0341

▲Orbotix社による“Sphero”はiPhoneやAndroidで球体を操作。iPadにも対応している。右端は実際に販売される商品。

 一方で、スマートフォンをゲームコントローラとして活用しようという大胆な発想の製品を出展していたのが、台湾のAIWIだ。デモンストレーションで披露していたのは、カプコンのPC版『ストリートファイターIV』で、iPhoneを縦にもって上か下に振るとパンチ、左か右に振るとキックとなる。しかも、ちょっとだけ振ると少パンチ、たくさん振ると大パンチとなる。必殺技に関しては、たとえばリュウならば、斜め上に持ち上げると波動拳、垂直に持ち上げると昇龍拳となる。まさに直感的に楽しめる仕様になっているのだ。もちろん、ふたりでの対戦も楽しめる。こちらの製品は、iPhoneもAndroid端末もサポートしているが、まずは2011年2月にiPhone版が発売予定でパッケージには、AIWIソフトウェアインストールディスクにソフト2本などが付いて35ドルとなる。で、じつはこの製品は日本でも2011年2月に発売予定とのこと。お値段は5900円[税込]で、日本だけの仕様としてセガの『バーチャテニス2009』(PC版)がプラスされるという。スマートフォンがゲームのコントローラになるなんて、一度試してみる価値はある。

DSC_0427
DSC_0435

▲スマートフォンがゲームのコントローラに。会場ではPC版『ストリートファイターIV』を使ってデモンストレーションしていた。直感的な操作を実現。右写真はインターフェース。

 さらに、上記ふたつのスマートフォン活用術とは趣きを異にするが、カシオではと連動した時計“Bluetooth Low Energy Watch”が公開されていた。こちらはBluetoothによりスマートフォンと時計をつなげ、スマートフォンに届いたメールを時計が知らせてくれたり、「スマートフォンがどこにあるかわからない」というときに、時計で操作して警告音を発するといったことができるようになっている。しかも、商品の紹介を見ると、ゲームコントローラとしての用途も可能性があるようで……。
こちらの商品は年内にも発売の見通しとのことで、カシオの時計に順次搭載されていく模様。G-SHOCKならば、100ドル程度から買えるようになるのでは、とのことだ。スマートフォンといい時計といい、どんどんいろんなことができるようになっていくんだな……と思った記者でした。

DSC_0502
DSC_0509

▲スマートフォンと時計が連携。用途の可能性はさまざまに広がる。将来的には時計がゲームのコントローラにも?

[関連記事]
※マイクロソフトCEOのバルマー氏による基調講演で新サービスAvatar Kinectが発表
※SCEはPS Moveが、マイクロソフトはKinectがそれぞれ注目の的に
※“VIERA Connect”を直撃取材、VIERAで本格的なゲームが楽しめる
※PCゲームも携帯して楽しむ時代へ、Razerが新端末“Switchblade”をお披露目
※カプコンがプライベートイベントを開催、『マーヴル VS. カプコン 3』など期待作を出展
※本格派から思わず笑ってしまうものまで、会場で見つけたゲームの周辺機器をチェック

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。

アプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定! 制作は『マナリアフレンズ』などを手掛けるCygamesPicturesが担当

サイゲームスより配信中のスマートフォン向けアプリ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のテレビアニメ化が決定。

アニメ『ペルソナ5』で主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを商品化! こだわりの再現度を見よ

アニメ『ペルソナ5』より、主人公たちが通う秀尽学園高校のジャージを再現したアイテムが登場。アトラスDショップにて現在予約受付中。

原由実さん&原紗友里さんが『オーバークック2』とVRホラーゲーム『ホラー SENSE』を遊ぶ! ニコ生特番が2019年2月17日(日)20時より放送

『原由実の○○放送局 大盛』の特番が、2019年2月17日(日)20時より、ニコニコ生放送にてスタート。

ミンゴスが『ドラゴンクエストビルダーズ2』に挑戦する『今井麻美のニコニコSSG』特番が2019年2月16日(土)19時から配信!

2019年2月16日(土)19時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を配信決定。今回は、ミンゴスがリスナーさんといっしょに『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をプレイします。

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”開催決定! イベント参加者の募集を開始

『デビル メイ クライ 5』発売前夜イベント“SSS Devil Night”の開催が決定した。

ネタバレ注意! 『キングダム ハーツIII』最強キーブレードを入手しよう

『キングダム ハーツIII』に登場する最強のキーブレードの入手方法を紹介。これを入手すれば、あの敵も楽勝!?