PCゲームも携帯して楽しむ時代へ、Razerが新端末“Switchblade”をお披露目【2011 International CES】

ゲーム PC Xbox 360
ゲーム周辺機器大手のRaserが、PCゲーム機が遊べる新端末を発表。あわせて、Xbox 360用のコントローラとヘッドセットもお披露目した。プレジデントのショートインタビューとあわせてお届けする。

●Xbox 360用のコントローラ“Razer Onza”とヘッドセット“Razer Chimaera”も発売

 2011年1月6日〜9日(現地時間)の4日間、アメリカ・ラスベガスにて2011 International CESが開催。ファミ通.comでは、世界中から2700以上の出展社が集まる、この世界最大規模の家電見本市の模様をリポートする。

DSC_0142

 黒を基調にしたクールなデザインで、日本のゲームファンにも人気の高い大手周辺機器メーカーのRazer。同社はCESにてインテルとの共同開発による新しいPCゲーム用の端末“Switchblade”を発表した。液晶のサイズが7インチというコンパクトなサイズのこの端末では、オンラインで配信されているPC用ゲームならばおおむねすべて遊ぶことができるという。キーボードの表示はゲームに応じて変化するようになっており、快適なプレイ環境を実現している。CESの会場での注目度も高いこの端末だが、さながらPC用の携帯ゲーム機といった趣きだ。発売日、価格ともに未定。

razer-switchblade-1
razer-switchblade-2
razer-switchblade-3
razer-switchblade-4
razer-switchblade-5
razer-switchblade-6
razer-switchblade-8
razer-switchblade-9
razer-switchblade-10

 ちなみに、会場では、昨年も出展されていた(→こちらの記事を参照のこと)Xbox 360向けの初の公式ライセンス商品、Xbox 360用のコントローラ“Razer Onza”とヘッドセット“Razer Chimaera”が出展されていた。昨年の取材では、2010年中にリリース予定とのことだったが、ライセンスの取得に時間がかかったとのことで、北米ではようやっと2011年1月に発売の見通しに。“Razer Onza”は49.99ドル。“Razer Chimaera”は129ドルとなっている。ヘッドセットに関しては、2011年1月に発売されるのは2.4GHzのものだが、2011年6月までには4.8GHzのバージョンをリリース予定だという。こちらの価格は159ドルとなる。“Razer Chimaera”はRazer自信のヘッドセットで、ヘッドホンの部分が耳に直接当たらないで包み込むようにデザインされているので圧迫されないのが特徴。ドッキングベースをXbox 360本体に接続することで、ヘッドセット自体はワイヤレスで使えるようになっている。

DSC_0150

▲Xbox 360用コントローラ“Razer Onza”とヘッドセット“Razer Chimaera”がついに発売される。撮影に協力していただいたのは、マーケティングディレクターのフィオーナさん。

 と、ファミ通.comでは、Razerブースにて同社のプレジデント、ロバート・クラコフ氏に遭遇。コメントをもらうことができた。その内容は以下の通り。

DSC_0173

――“Switchblade”はこれまでのRazerからするとひと味違った取り組みだが、制作に至った理由は?

クラコフ Razerはおおむねマウスの会社として知られてきましたが、クリエイティブで画期的なもの、ほかとは違うプロダクトを作れる会社だということを知ってもらいたかったんです。そこで注目したのが、この業界はここ数年ずっと小型化の流れが押し寄せているということ。キーボードにしてもデバイスにしても、年々小さくなっていっています。ニンテンドーDSは世界でいちばん売れているコンピューターです。ユーザーの皆さんはゲームに携帯性を求めますが、基本は「ベストなゲームをベストパフォーマンスでプレイしたい」と思っているハズです。おもちゃのようなゲームは遊びたくないんです。もちろんニンテンドーDSのゲームをおもちゃというつもりはまったくありませんが、ふつうのPCゲームに比べれば、やはりシンプル。そこで考えたのは、フルに機能するPCを携帯機にするという発想でした。キーボードにOS(基本ソフト)が付いたものと言ってもいいですね。上部画面はLCDタッチスクリーン、下部はLCDキーボードなので、プログラムによって異なるアイコンやイメージをすぐに表示できるんです。パワーポイントやフォトショップ、イラストレーターも使用可能なんですよ。

――今後は、この方向性がRazerの主流になる?

クラコフ これはコンセプト商品で、プロトタイプの段階なので、今後どうなるとははっきりとは言えません。技術的にきちんと動作するかどうか、検討しなくてはいけない段階です。その結果が我々をどこに導いてくれるかは……わかりません。私たちのコンセプトはPC、コンシューマーに関わらず、すぐれたゲーム商品を作ることにあります。

――Razerの周辺機器はデザインがクールですが、社長さんの方針?

クラコフ (笑)。ありがとう。12年もやり続けているからね。当社では、マウスやキーボード、ヘッドホンなどさまざまな商品を作っていますが、異なるOSやシステム上のさまざまな課題や挑戦に対処できるように努力している柔軟さがもっとも大切にしているポイントです。

[関連記事]
※マイクロソフトCEOのバルマー氏による基調講演で新サービスAvatar Kinectが発表
※SCEはPS Moveが、マイクロソフトはKinectがそれぞれ注目の的に
※“VIERA Connect”を直撃取材、VIERAで本格的なゲームが楽しめる

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

Switch『ガルパン ドリームタンクマッチDX』「最終章」第1話から新キャラ&新戦車が登場。一人用新モード“戦車道祭”ほか追加情報も多数

Nintendo Switch用ソフト『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の追加要素が明らかに。

ゲオが2月11日〜17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表、『JUMP FORCE』が初登場1位を獲得

ゲオホールディングスは、2019年2月11日〜2019年2月17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表した。

実技確認全試合の結果も! GGBOYZやSpRush!!も参加した“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目の模様をお届け。

『鉄拳7』有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2月28日に決定。キャラクターPVも公開

バンダイナムコエンターテインメントより発売中のPS4、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『鉄拳7』の有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2019年2月28日に決定。

5月2日の巨人×中日戦は『機動戦士ガンダム』コラボデー! ジャイアンツカラーのオリジナルガンプラ付きシートが販売

読売巨人軍は、2019年5月2日に東京ドームで行われる巨人×中日戦で『機動戦士ガンダム』コラボデーを開催する。

『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』発売記念イベントが三重・伊勢、東京・新宿ほかにて開催決定。ゲストとして荒井清和氏も出席!

Nintendo Switch用ソフト『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』の発売記念イベント開催が決定。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定のリリースが到着、新規素材も公開

アークシステムワークスは、『ブレイブルー クロスタッグバトル』のアーケード版に新キャラクター4人の参戦を決定した。

王道2D 対戦格闘ゲーム『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のSteam版が2019年初夏に発売決定

2D対戦格闘『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のPC(Steam)版が2019年初夏に発売されることが明らかに。

『EDF: IRON RAIN』アグレッサーの最終兵器“ラズニード”が襲来! 人類は未曽有の脅威を排除できるのか

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』に登場するアグレッサーの最終兵器“ラズニード”が明らかに!