『DEAD OR ALIVE Dimensions』プロデューサーに会場でインタビュー!【ニンテンドー3DS体験会】

ゲーム DS インタビュー
任天堂が、2011年1月8日から10日まで幕張メッセで“NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会”を開催中。コーエーテクモゲームスが出展している『DEAD OR ALIVE Dimensions』について、早矢仕洋介プロデューサーに話を聞いた。

●シリーズのファンも、一度3D格闘ゲームを離れた人も楽しめるゲームへ

TN2_7025

 任天堂が、2011年1月8日から10日まで幕張メッセで“NINTENDO WORLD 2011 ニンテンドー3DS体験会”を開催中。コーエーテクモゲームスが出展している『DEAD OR ALIVE Dimensions』について、早矢仕洋介プロデューサーに話を聞いた。

――今回ニンテンドー3DSでリリースするにあたり、注力した点を教えてください。
早矢仕 もともと携帯ゲーム機で3D格闘ゲームを出したかったのですが、なかなか満足できるスペックのハードがありませんでした。ニンテンドー3DSは、3D立体視というのももちろん重要なんですが、しっかりとした3D格闘ゲームを作れるスペックの初めての携帯ハード機なんじゃないかなと思っています。ですので、まずそこ(携帯ゲーム機での3D格闘ゲームということ)に注力しました。

――『デッドオアアライブ』シリーズですとキャラクターの個性や魅力の部分も強いと思うのですが、ストーリーを追っていく“クロニクルモード”のシネマティックカットシーンですとか、バトルの前のキャラクターのアピールといった部分は、3D立体視になっていかがでしょうか。
早矢仕 キャラクターの存在感がより増して見えると思うので、やっぱりそういった部分は注力しましたね。ニンテンドー3DSには立体視のほかにもいろいろデバイスが入っているので、それを使った仕掛けもしたいなと考えています。

――下画面にコマンド表が出ているというのも特徴的ですね。
早矢仕 携帯ゲーム機でなぜ出したかったかと言うと、格闘ゲームから一度離れてしまった人に、また触ってもらえるチャンスじゃないかなと思っていたんです。でも3D格闘ゲーム、とくにウチの『デッドオアアライブ』なんかだと、技が豊富というのはいいことでもあるんですが、裏を返すとコンボが覚えられない、覚えないと本当の攻防が楽しめないというのがあったので、そこに敷居を感じるかたでもプレイしていただけるようにしたかったんです。アーケードでインストカード(技表)ってありましたよね? あれを下画面に出して、デジタルなんだから状況に応じて表示を切り替えたり、もうタッチしたら技が出ちゃえばいいじゃないかと。作り始めたころはなかったのですが、ニンテンドー3DSらしい機能になったんじゃないかと思います。

――今回出展されているデモでは、ストーリーを追っていく“クロニクルモード”のほかに、対戦を進めていく“アーケードモード”がありますが、全部で20人選べて、“?”で伏せられているキャラクタースロットが5つありましたね。
早矢仕 ビデオなどでもいろいろ出していますが、『デッドオアアライブ』の歴史を全部体験していただきたいと思っていたので、出てきたキャラクターたちのことを思い出してもらえれば、あとなんのキャラクターが新しくプレイヤブルになるか想像していただけると思います。

――クロニクルモードでかすみとあやねが戦うシーンをプレイできましたが、あれはキャラクターごとのストーリーがあるんですか?
早矢仕 全キャラクターから選んで遊ぶのはアーケードモードで、クロニクルモードはひとつのストーリーのなかでいくつものキャラクターを使っていきます。
――たとえば、クロニクルモードで遊んでいて、キャラクターに魅力を感じたらアーケードモードを遊ぶとか?
早矢仕 そうですね。クロニクルモード自体が格闘ゲームのチュートリアルにもなっていて、進めるに連れて戦いかたを学べるようになっています。格闘ゲームをやるのが久しぶりの方が一番最初に遊ぶなら、まずクロニクルモードで戦って、「こうやって遊ぶんだ」と把握していただければと。格闘ゲームっていままで投げっぱなしで“負けて学べ”って世界だったんですけど、今回はストーリーを楽しみながら戦いかたが学べます。それでお気に入りのキャラクターが見つかったら、違うモードで使い込んでいただければなと思います。

――格闘ゲームですと対戦というのが当然重要な要素だと思いますが、その辺りは。
早矢仕 インターネットプレイで遠くの人と戦うこともできますし、ローカルで近くの人とも戦えます。それとローカルのモードで、タッグサバイバルというモードがあるのですが、格闘ゲームって、友達と遊んでも強い人がずっと勝っちゃうじゃないですか。
――そうですね。明らかにわざと負けゲームを作られたりして、それも微妙な空気になったり(笑)。
早矢仕 実力が異なる友達同士でも遊べるように、コンピューターを相手に友達とタッグで戦えるっていうモードが入っていて、敵の体力が大きいですから、うまく交換したり、コンボを繋いだり、投げを出したりしないと勝てないようになっているんですね。もうひとつ、すれ違い通信にも対応していて、プレイヤーの動きを普段学習しているのですが、それっぽい戦いかたをするキャラクターをばらまいて交換していき、それと戦って勝つとアイテムが貰えます。いつのまに通信にも対応したいなと思っていて、たとえばスタッフのひとりの挑戦者のデータを配信して、皆さんに戦っていただくとか。
――まだ確定ではないのでしょうか?
早矢仕 いえ、そういう仕組みにはなっているのですが、どういったイベントを体験していただくかを考えているところですね。

――では最後に、明日以降に来場する方に「ここを見て欲しい」という部分を教えてください。
早矢仕 グラフィックも相当がんばっていますし、通信などいろんな機能を体験してもらえるゲームになっているので、そこを触ってもらいたいですね。それともうひとつだけ。3D立体視の状態ではゲームは30フレームで起動しているんです。「30フレームかよ」と思う人もいるかもしれませんが、3D立体視をオフにすると60フレームで遊べるようになっています。ですので、3D立体視で迫力のある戦いを遊びたいという人はオンにしていただいて、格闘ゲームとして本格的に遊びたいという人はオフにしてもらえれば。初めて遊ぶかたも、これまで『デッドオアアライブ』を支えてきたかたも遊べるようになっています。体験台もこの仕様になっていますので、3Dを体験する体験会なんですけど、オフにしてもらえれば60フレームで遊べます(笑)。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【『フォーオナー』特設サイト】敵の攻撃を凌いで戦う防御のスペシャリスト、“コンカラー”攻略を公開

ユービーアイソフトより発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語オープンベータインプレッション! オープンワールドならではの魅力もたっぷり体験可能! 

『ゴーストリコン ワイルドランズ』オーブンベータテストがただいま実施中!最速プレイインプレッションをお届けする。

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第2話 ナニカの気配

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。

【『フォーオナー』特設サイト】“剣聖”攻略 多彩なチェーンで相手を攻め立てろ

ユービーアイソフトより発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『STEEP』インタビュー ウィンタースポーツゲーム復活のワケと音作りへのこだわりを聞く

広大な銀世界のオープンワールドで、スノーボード、スキー、ウィングスーツ、パラグライダーの4種類のエクストリームスポーツを楽しめる『STEEP』。本作が持つ魅力や開発の経緯などを、クリエイティブディレクターのIgor Manceau氏らにうかがった。

本日(2017年2月25日)20時からは今井麻美さんと高橋未奈美さんが『バイオ7』とセガサターンのゲームをプレイする生放送!

本日、2017年2月25日(土)20時より『今井麻美のニコニコSSG』の特番を放送! 今回は、ゲストに高橋未奈美さんをお迎えして、『バイオハザード7』とセガサターンの名作ゲームをプレイします!!

人は半年でどこまで『龍が如く』の桐生さんボディに近づける? 100キロ超級メタボ編集者が挑むガチンコRIZAP通信(第1回)

2016年12月8日発売のPS4ソフト『龍が如く6 命の詩』。同作でコラボしたパーソナルトレーニングジム・RIZAPの効果をメタボ編集者が確かめる企画がスタート!

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第1話 底なしの最悪

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。