SCEはPS Moveが、マイクロソフトはKinectがそれぞれ注目の的に【2011 International CES】

プレイステーション3 Xbox 360
2011 International CESには例年通り、ソニー陣営とマイクロソフトが出展。ゲームも賑わいを見せた。その模様をお届けしよう。

●期待作に来場者も注目度高し!

 2011年1月6日〜9日(現地時間)の4日間、アメリカ・ラスベガスにて2011 International CESが開催。ファミ通.comでは、世界中から2700以上の出展社が集まる、この世界最大規模の家電見本市の模様をリポートする。

 2011年1月6日、ついに2011 International CESが開幕した。ひとくちに“家電”と言っても、CESの出展内容は本当にさまざまだ。“家電”の主力であるテレビを筆頭に、PCや携帯電話、オーディオ機器、カー用品、楽器など、その内容は多岐に渡る。「こんなものまであるんだー」という感じで、バラエティーに富んだ商品がお披露目されており、観ていて全然飽きないのがCESだ。また、その年のトレンドがうかがえるのがCESの特徴で、たとえば2010年は“3D元年”と言われたように、3D立体視に対応したテレビが花盛りだった。では、2011年はどうかというと、3Dテレビは当然のことすっかりメインの商品として定着しているが、それ以上に勢いを感じさせるのが、スマートフォンとタブレット端末だ。ここ数年の、アップルが提供するiPhoneとiPadの躍進はご存じのとおりだが、各社ともそれに対抗すべく最新のスマートフォンとタブレット端末を続々と発表。軒並み大きな注目を集めていた。例年アップルはCESには出展しないので、Googleの提供するOS(基本ソフト)、Androidを搭載したAndroid端末のスマートフォンとタブレット端末が会場を席巻しているかの印象があった。

DSC_9714
DSC_9893
DSC_9848

▲スマートフォンとタブレット端末が話題の中心だった今年のCES。左からソニー・エリクソンの新しいスマートフォン、Xperia arc。サムスンはGalaxy Sとは別系統のスマートフォン、LTEを発表。東芝はAndroid3.0のOSを搭載したタブレット端末を出展した。このほかにも新発表が続々と。

DSC_9617

▲例年とは異なり、白を基調にしたクールなイメージのソニーブース。巨大なスクリーンでは、水口哲也氏がプロデュースする元気ロケッツの3Dライブが行われた。

 と、前置きが長くなってしまったが、肝心のゲームはというと、例年どおりソニー・コンピュータエンタテインメント(ソニーブースにて展開)とマイクロソフトが出展。いずれも注目度は高かった。ソニーブースでは、最新のプレイステーション3向けの7タイトルをお披露目。ブース自体は、3Dを全面に押し出す展開となっていたが、ゲームの展示もその流れに乗る形で3D立体視に対応した『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』を2台の試遊台で出展。お披露目されたのは、PlayStation Moveに対応したバージョンということもあり、アトラクション性の高さも相まって高い人気を集めていた。そのほか、PS Move対応ソフトとしては、『PlayStation Move HEROES』(国内タイトル名は『Heroes on the move(仮題)』やエレクトロニック・アーツの『タイガーウッズPRG TOUR11』などが出展されていた。そのほかでは、日本では2011年2月10日発売の『リトルビッグプラネット2』や、2011年発売予定『MotorStorm Apocalypse』(国内タイトル名は『モーターストーム3(仮題)』)、『inFamous2』といった期待作を確認できた。

DSC_9627
DSC_9631
DSC_9802

▲Kinectが大人気だったマイクロソフトブース。もはやブースの中心と言えるだろう。

 一方のマイクロソフト陣営は当然のようにKinect押し。会場ではE3以降すっかりおなじみになったKinect試遊スペースが4つ出現。『Kinect アドベンチャー!』、『Kinect スポーツ』、『Kinectジョイライド』、『Kinectアニマルズ』、『Dance Central』(日本未発売)、ユービーアイソフトの『ユアシェイプ フィットネス・エボルブ』の6タイトルのうちから好きな1本を選んで遊ぶ、というスタイルで行われ、来場者は思い思いのタイトルに打ち興じていた。プレイヤー以上にギャラリーが多いのもKinectの特徴で、楽しそうにゲームプレイを眺めて姿を見ると、いかに来場者がKinectのもたらす新しいプレイに興味を抱いているかをうかがうことができた。
 そのほかのXbox 360用ソフトとしては、『Halo(ヘイロー): Reach』と『Fable III(フェイブルIII)』という、2010年のXbox 360市場を牽引した2タイトルがお披露目。『Fable III(フェイブルIII)』に関しては、PC版も出展されていた。こちらはプレイアブルの展示は本邦初とのこと。気になるPC版のオリジナル要素については、担当者に話を聞いたところ、「現時点ではお話しできませんが、Xbox 360版で楽しめた要素はすべて入れるつもりです」とのことだ。PC版『Fable III(フェイブルIII)』の発売日は未定だ。

DSC_9549
DSC_9568
DSC_9563
DSC_9584

 『Fable』関連では、前日のスティーブ・バルマーCEOの基調講演(→こちら)で発表されたWindows Phone 7向けアプリ『Fable Coin Golf』を遊ぶことができた。こちらは、障害を乗り越えて、いかに少ない打数で球を穴に入れるかを競うテーブルゴルフ。コース上には随所に当たると得点になるポイントがあり、いかに少ない打数で高得点を上げるかが鍵となる。なお、本作はXbox 360版『Fable III(フェイブルIII)』とリンクしており、稼いだ賞金は『Fable III(フェイブルIII)』に持ち込めるとのこと。実績もシェアできるようだ。ちなみに開発そのものは、ライオンヘッドスタジオではなく、パートナーシップを結んだほかの会社が手がけているとのこと。

DSC_9593
DSC_9606

[関連記事]
※マイクロソフトCEOのバルマー氏による基調講演で新サービスAvatar Kinectが発表

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。