HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【Nintendo Switchカウントダウン特集】本体セット&より快適にプレイするための周辺機器をおさらい!

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が3月3日に発売されることを記念して、その機能やタイトルラインアップなどを紹介する記事を3日連続で特集! 第3弾は、本体セットと周辺機器について。

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【2】 第1話 わすれもの

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。前日譚小説“花彦くん遭遇編”その2をお届けする。

【Nintendo Switchカウントダウン特集】世界でいちばん人を巻き込める、いちばんゲーム漬けになれるゲーム機。任天堂のふたりのキーマンに訊く開発秘話

2017年3月3日に発売を迎える、任天堂の新ハード“Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)”。任天堂の取締役であり、ソフト開発の全般を監修する高橋伸也氏と、Nintendo Switchの総合プロデューサーを務める小泉歓晃氏のおふたりに、Nintendo Switchへ込めた想い、開発秘話をうかがった。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年02月20日〜2017年02月26日

注目の新作が多数登場する中で、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』が首位に

『DQヒーローズ I・II for Nintendo Switch』発売を記念し、“スライムの大群に実際にイオナズンをはなってみた”動画を公開!

スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストヒーローズ I・II for Nintendo Switch』の発売を記念し、実験動画“スライムの大群に実際にイオナズンをはなってみた”を公開した。

Nintendo Switch用ソフト『ウルトラストリートファイターII』の発売日が5月26日に決定

カプコンがNintendo Switch用ソフトとして発表していた『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』について、発売日が5月26日に決定したことが明らかになった。

時間帯による画面変更や大規模なリアルイベントを検討? 貴重な開発資料も飛び出した『ポケモンGO』セッション【GDC 2017】

GDC 2017で実施された、『ポケモンGO』のインタラクション&ビジュアルデザイン分野のセッションの模様をお届け。

『Full Metal Furies』や『Ooblets』、『Tacoma』など、ID@Xboxの尖った良作をチェック【GDC 2017】

ここ数年恒例となっている、ID@Xboxのショウケースの模様をお伝えしよう。気になる6タイトルを紹介。

『フィギュアヘッズ』ストーリーモードや新PvEモードが実装! サービス1周年を記念した大型アップデート特設サイトを公開

2017年3月1日、スクウェア・エニックスは、PCオンラインゲーム『フィギュアヘッズ』において特設サイトをオープン。3月9日に実施する大型アップデートの内容を公開した。

今後、PS VRは買いやすくなるのか? セールスの現状と生産状況についてソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオの吉田修平氏を直撃!【GDC 2017】

日本を始め、全世界的に品薄状況が続くPS VRは、今後買いやすくなるのか? セールスの現状と生産状況についてソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏に話を聞いた。