HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

バンダイの“S.H.Figuarts”シリーズに、『キングダム ハーツ II』の主人公・ソラが登場! ゲーム中のアクションも再現可能に

バンダイは、約13cmのアクションフィギュア“S.H.Figuarts ソラ(KINGDOM HEARTS II)”を、2017年11月に発売。2017年7月3日より予約受付を開始する。

コンピュータ町内会 各投稿コーナー更新!

ナッツ・ザ・レジェンドを始めとする5コーナーを更新! 最新投稿者ランキングも見逃せない! 2017年も折り返し地点! 今年ももう終わり!

2017年7月11日(火)の『今井麻美のニコニコSSG』は山崎はるかさんをお迎えして『ミリシタ』をプレイ!

2017年7月11日(火)20時より配信予定の『今井麻美のニコニコSSG』第39回は、ゲストに山崎はるかさんをお迎えして、配信されたばかりのスマートフォン向けアプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』をプレイします!

『作戦名ラグナロク』や『はちゃめちゃファイター』など、ハムスターがNMKの権利を取得

ハムスターは、ゲーム開発会社として多数の名作を輩出したNMKのゲーム等に関するすべての権利を取得したことを発表した。

お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とSCRAPが再び共同製作! お化け屋敷×リアル脱出ゲーム“ある都市伝説からの脱出”が8月2日より開催

リアル脱出ゲームを手がけるSCRAPは、お化け屋敷プロデューサーである五味弘文氏と共同製作する“お化け屋敷×リアル脱出ゲーム「ある都市伝説からの脱出」”を2017年8月2日から、リアル脱出ゲーム常設店舗“アジトオブスクラップ浅草”にて開催することを発表した。

『牙狼<GARO>』黄金騎士ガロの相棒“魔導輪ザルバ”が喋って動いて、発光ギミックも付いて商品化

バンダイは、特撮番組『牙狼<GARO>』(ガロ)シリーズを象徴するアイテムで、黄金騎士ガロが装着している指輪“魔導輪ザルバ”を、大人向けとしてリアルに商品化した“TAMASHII Lab(タマシイラボ) 魔導輪ザルバ”の予約受付を2017年6月30日(金)16時に開始する。

名越稔洋氏に聞く、セガグループ新CI(コーポレート・アイデンティティ)への想い

2017年5月18日、セガグループは新たなCI(コーポレート・アイデンティティ)を発表した。この施策に込められた意図とは? 本プロジェクトの中心人物であるセガゲームスの名越稔洋氏に、その想いを訊いた。

“よゐこのマイクラでサバイバル生活”第4回を配信! いよいよ拠点となる“スウィートホーム”完成か!?

任天堂は、『Minecraft: Nintendo Switch Edition』でお笑いコンビ“よゐこ”がサバイバル生活に挑戦するWeb番組“よゐこのマイクラでサバイバル生活”第4回を公開した。

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』追加DLC“深淵の巫女”第3章“神に抗いし者”が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』について、追加ダウンロードコンテンツ“深淵の巫女”の第3章“神に抗いし者”の配信を開始した。