HOME> ニュース> 2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

2010年国内家庭用ゲーム市場規模は約4936億円―もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』に

ゲーム ビジネス
エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。

●市場規模は昨年対比91%

 エンターブレインは2011年1月5日、2010年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報を発表した。集計期間は2009年12月28日〜2010年12月26日となっている。

 2010年年間のハード・ソフトの合計市場規模は4936億6000万円で、昨年対比91%という結果に。エンターブレインではリリースで「2010年のハード市場は、2009年秋からの各機種の価格改定や、ニンテンドー3DSの発売を控えてプラットフォームが世代交代の時期に差し掛かっている影響などから減少したものの、ソフト市場は、下半期に発売となった『ポケットモンスターブラック・ホワイト』や『モンスターハンターポータブル 3rd』といった大型ソフトを含め、前年と同じくミリオンタイトルが7本となり、ほぼ昨年並みの市場規模となっています」としている。


【年間市場規模比較】
(2009年の集計期間は2008年12月29日〜2009年12月27日)

2009年(52週)
ハード:2164億9000万円
ソフト:3261億6000万円
合計:5426億4000万円

2010年(52週)
ハード:1755億9000万円(昨年対比・81.1%)
ソフト:3180億8000万円(昨年対比・97.5%)
合計:4936億6000万円(昨年対比・91.0%)


【各ハードの販売台数】
(累計販売台数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

ニンテンドーDS:296万3709台(累計:3212万4298台)
PSP:289万476台(累計:1627万6931台)
Wii:172万8293台(累計:1123万292台)
プレイステーション3:155万8480台(累計:594万9887)
Xbox 360:20万8790台(累計:140万6663台)

※ニンテンドーDSは、初代DS、DS Lite、DSiおよびDSi LLの合計値です。
※PSPはPSP goとの合計値です。


【ソフト年間販売本数TOP10】
(累計販売本数の集計期間は各発売日〜2010年12月26日)

1位 ポケットモンスターブラック・ホワイト
年間販売本数:491万4813本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:ポケモン/2010年9月18日発売

2位 モンスターハンターポータブル 3rd
年間販売本数:348万989本
機種:PSP/メーカー:カプコン/2010年12月1日発売

3位 New スーパーマリオブラザーズ Wii
年間販売本数:159万9845本(累計:408万4995本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年12月3日発売

4位 Wii Party
年間販売本数:153万9228本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年7月8日発売

5位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
年間販売本数:129万7344本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年1月28日発売

6位 ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2
年間販売本数:127万6303本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:スクウェア・エニックス/2010年4月28日発売

7位 トモダチコレクション
年間販売本数:119万6148本(累計:350万8096本)
機種:ニンテンドーDS/メーカー:任天堂/2009年6月18日発売

8位 スーパーマリオギャラクシー2
年間販売本数:90万539本
機種:Wii/メーカー:任天堂/2010年5月27日発売

9位 イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク・ボンバー
年間販売本数:89万440本
機種:ニンテンドーDS/メーカー:レベルファイブ/2010年7月1日発売

10位 Wii Fit Plus
年間販売本数:84万9664本(累計:214万8197本)
機種:Wii/メーカー:任天堂/2009年10月1日発売

▲2010年、もっとも売れたソフトは『ポケットモンスターブラック・ホワイト』となった。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『プロスピ2019』パッケージ選手を予想するTwitterキャンペーンが開始。正解すると抽選で、選手のサイン入りボールがプレゼント!

KONAMIより、2019年4月25日発売予定のPS4、PS Vita用ソフト『プロ野球スピリッツ2019』のパッケージに起用されるプロ野球12球団の選手をTwitterで予想する“『プロ野球スピリッツ2019』のパッケージ選手は誰だ!?”キャンペーンが、本日(1月21日)よりスタート。

【速報】『Gジェネ』新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』発表! 『W』、『SEED』、『00』、『オルフェンズ』が参戦!?

『Gジェネ』シリーズ最新作『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』のティザー映像が公開された。

声優・吉岡茉祐さんと山下七海さんそれぞれの新番組をファミ通チャンネルにて配信決定!

週刊ファミ通が運営するニコニコ生放送チャンネル“ファミ通チャンネル”に、2019年2月より新たな番組がふたつ追加。声優の吉岡茉祐さんと山下七海さんそれぞれに、番組を担当していただきます!!

“EA SPORTS FIFAタレントスカウト・コミュニティー”の狙いをEAの担当者に聞く、「ユーザーの知識がデータベース作りに役立つ」

エレクトロニック・アーツでは、2018年末より“EA SPORTS FIFAタレントスカウト・コミュニティー”の新規メンバーを募集中だ。

“FAV gaming”が闘会議2019にて全部門初集結! プロゲーマーによるステージイベント&交流会を開催!

Gzブレインは、同社が運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”の所属選手が出演するトークセッション“FAV gamingイントロダクション”および“FAV gaming選手交流会”を、2019年1月26日の“闘会議2019”内にて実施することを発表した。

ゲオが1月14日〜20日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表、『エースコンバット7』が初登場1位を獲得

ゲオホールディングスは、2019年1月14日〜2019年1月20日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表。プレイステーション4用ソフト『エースコンバット7』が初登場1位を獲得した。

『ゴッドイーター』9周年記念イベントが、コトブキヤ秋葉原館にて開催決定! 記念商品販売や開発スタッフ陣によるトークショーなどを実施

壽屋は、2019年2月2日〜11日の期間、コトブキヤ秋葉原館にて、バンダイナムコエンターテインメントの『ゴッドイーター』シリーズ9周年を記念したイベント“GOD EATER9th Anniversary イベント inAKIHABARA”を開催することを発表した。

宇多田ヒカルが目の前で歌うVRコンテンツはソニーグループ全体で作り上げた新たな“体験”。開発スタッフのトークイベントをリポート

 2019年1月18日、東京のソニースクエア渋谷プロジェクトにて、プレイステーション VR用ソフト『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光” & “誓い” - VR』の開発スタッフによるトークイベントが開催された。

今度は映画的魔術が俳優を恐怖の世界へ引きずり込む。一人称視点ホラーアドベンチャー続編『Layers of Fear 2』が本格始動

ポーランドのゲームスタジオBloober Teamによる一人称視点ホラーアドベンチャーの続編『Layers of Fear 2』の動画と情報が公開された。