HOME> ニュース> 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』プレイインプレッション、シリーズの血統を受け継ぐアクション

『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』プレイインプレッション、シリーズの血統を受け継ぐアクション

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360 インプレッション
期待のアクションゲームKONAMI『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』のプレイインプレッションをお届け!

●新生『悪魔城ドラキュラ

 アクションゲーム『悪魔城ドラキュラ』シリーズの最新作『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』。本作は、『メタルギア』シリーズを手がけた小島プロダクションの監修のもと、スペインの精鋭スタッフにより3Dアクションとして再構築されています。ということで、どんな風に生まれ変わっているのか確かめるべく、ライター本間ウララがプレイしてみました!

ca_01
ca_02
ca_03

●まったく新しくて、どこか懐かしい

 『悪魔城ドラキュラ』シリーズというと、まず思い浮かぶのがゴシックホラーという世界観。本作の冒頭シーンは、雨降りしきる夜の山村が舞台なのですが、のっけからジトーッと重い空気感が漂っています。荘厳なお城に入ったわけでもないのに、なぜか息苦しい気分。ぐっと身構えていると、ふいに背後から犬がほえているのが聞こえ、思わず振り返ってしまいました。編集部でプレイしているわけですから、もちろん後ろの席に犬なんていません(だいぶ前にふじのっちの愛犬が編集部に来たこともありましたが……)。ヘッドホンから聞こえる3Dサウンドの効果だったわけですが、開始数分で錯覚するほど本作の雰囲気に飲み込まれていたようです。

 さて、この村に立ち寄った主人公の戦士ガブリエル。第一印象は……「首、太っ!」。整ったお顔立ちと、鍛えられた肉体や鎧とのギャップなのでしょうか。いや、首は大事ですよね、格闘技の選手も重点的に鍛えますしね。……話は逸れましたが、任務中の彼は通りがかった村を魔物から守るため、ひと肌脱ぐことになります。

 ガブリエルの武器は、バトルクロスと呼ばれる鎖の鞭。中に仕込んである鎖を自在に操るのです。『悪魔城ドラキュラ』シリーズ経験者にとってはおなじみの武器ですよね。本作では、前方に鞭を振る攻撃と、自分の周囲をぐるりと回す攻撃のふたつが基本となっています。この鞭を振り回す感覚、シュッ、ビシッ、ズバッてな感じで、かなり快感! 前の敵には□ボタン、囲まれたら△ボタンと、とくに操作ガンバっているわけではないのにカッコよくて気持ちいいんです。

 また、基本のアクションだけでなく、ゲームを進めていくことでジャンプ中の技などがどんどん増えていくのですが、派手なんですよ、これがまた。敵を攻め、最後は大技で仕留めたら、ちょっと陶酔モノです。ひとつひとつの技の操作方法や、どんなアクションかをメニューで随時確認できるのもうれしいところ。メニュー自体も昔の洋書風で、技の動きはパラパラマンガ風のアニメーションで再現されるなど、センスが光ります。

 本作のバトルは、いい意味で手ごわいと思います。というのも、随所に謎解きや攻略法が存在し、ただバトルクロスを振り回していれば進めるというものではないからです。たとえば、敵から爆弾を奪ってブン投げ、フィールドの障害物を壊したり、ボスにトドメを刺すのにもギミックを利用したり。このため、状況の変化やヒントを見過ごしたり、ぼんやりしていると、わりとすぐやられてしまいます! (やられてしまうのは私の腕前のせいなのですが……)。しかし、すぐにリトライできるので、あれこれ試行錯誤しながら解決法を探るのはそれほど苦になりません。考えながら、そして体で覚えながら乗り越えていくこの感覚こそ、本作が『悪魔城ドラキュラ』シリーズの血統である証でしょう。

 余談ですが、ライフを回復できる“生命の泉”の出現場所にも、シリーズの伝統を感じました。いつも「もうダメ、もう死ぬ、つぎ死ぬ〜」と、苦しくなってきたころに出現するような気がするんですよね。これってまさに、シリーズ作品で言うところの“肉”(ライフを回復するアイテム)と同じだわ、と。肉もライフがそろそろヤバくなるエリアに隠されていますよね。

ca_04
ca_05
ca_06

●コジプロならではの卓越した演出

 本作で忘れちゃならないのが、豪華キャストによるドラマ。主人公のガブリエルを演じる藤原啓治さんを始め、大塚明夫さん、銀河万丈さん、井上喜久子さん、麦人さん、小林ゆうさんなどなどなど、『メタルギア』シリーズでもおなじみの方々が出演されています。物語は、悪魔に脅かされている民を救うべく、“煌光教団”がガブリエルを派遣したことに端を発します。そのときのガブリエルは、愛妻マリーを何者かに殺されたばかりで悲しみのどん底。ですが、あえて教団は森の精霊“パン”を探すよう命じるのです。パンはガブリエルにマリーの魂の声を届け、以後、ガブリエルは妻を蘇らせるために旅をしていくことになります。この精霊パンは大塚明夫さんが演じられているのですが、パンが馬や鷲、ヤギのような姿に変化するたびに、雰囲気も変わっていてビックリ。麦人さん演じる老戦士ゾベックも、渋さの中に色気があってたまりません。本作はナイスミドルの宝庫とも言えますので、大人な男性が好みの女性はぜひプレイしていただきたいものです。

 来年、四半世紀を迎えようというロングシリーズ『悪魔城ドラキュラ』。本作『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』は、大きく様変わりしつつも、その歴史の中で培われた精神はしっかりと受け継いでいます。「何度もドラキュラや死神をおねんねさせたぜ」というシリーズファンはもちろん、アクションゲーム好き、小島プロダクション作品ファンの方は、この記念すべき作品を味わってみてはいかがでしょうか。

ca_07
ca_08
ca_09

【筆者紹介】
本間ウララ
週刊ファミ通編集部出身のフリーライター。クロスレビューやファミ通グループ誌などで活動中。アクションゲームをプレイしていると、キャラクターにつられて体も動いてしまい、恥ずかしい思いを何度も経験。

『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』
メーカー KONAMI
対応機種 プレイステーション3 / Xbox 360
発売日 2010年12月16日
価格 7,980円[税込]
ジャンル アクション / ホラー
備考
(C) 2010 Konami Digital Entertainment Developed by Mercury Steam Entertainment

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『エースコンバット』シリーズが好きすぎる世界的モデルが『ACE7』発売記念に来日! 河野BDと奇跡の対談

『エースコンバット7』の発売に合わせて、ヨーロッパ中心のモデルであり、大の『エースコンバット』ファンであるOmbeline Le-Mire Cahnさんが来日。『ACE』シリーズのブランドディレクター・河野一聡氏との対談が実現した。発売日イベントリポートと併せて、その模様をお届け。

『スマブラSP』誰でも参加可能な公認大会“niconicoチャンピオンシップ2019”が闘会議2019で開催。世界トップクラスのESAM選手、Ally選手も参戦!

Nintendo Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の、誰でも参加できる参加費無料のオープン大会“大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL niconicoチャンピオンシップ2019”。応募締切迫る!

続編の可能性は? 革新的AIゲーム『アストロノーカ』20周年を記念して齊藤陽介氏、森川幸人氏らスタッフが再結集したトークイベントをリポート

2019年1月15日、1998年に発売されたプレイステーション用ソフト『アストロノーカ』の20周年イベント“アストロパーティー2019”が開催された。その模様をリポートする。

『キングダム ハーツIII』発売まであと1週間! ストーリーやシステムなどをおさらい!

スクウェア・エニックスより、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4およびXbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』。今回は、発売まで残り1週間ということで、ストーリーや登場ワールド、システムなどについておさらいしよう。

人気インディーアクション『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信。あの山の思い出が美しい旋律で蘇る

人気インディーアクションゲーム『Celeste』のピアノカバーアルバム“Celeste Piano Collections”が1月25日より配信される。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 新コインボス、ゴレオン将軍に挑戦してきました!(第214回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第214回(通算314回)。

池袋STORIA『CoD:BO4』対戦会イベントに『FF14』祖堅正慶氏が急遽参加! Libalent Vertexのsitimentyooo氏、Japanese小池氏も

東京・池袋の“STORIA(ストーリア)”で『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のイベントが開催。そこに、なんと『FFXIV』の祖堅正慶氏が参加!

『世界樹の迷宮』シリーズ『V』&『X』のキャラクターアートブックが制作決定! 開発スタッフ陣へのインタビュー質問&アンケートを募集

大人気ダンジョンRPG『世界樹の迷宮』シリーズより、『V』&『X』のキャラクターアートブック(仮題)の制作が決定! シリーズの立役者へのインタビュー質問など、ファンによるアンケート企画を実施します。

『バイオハザード RE:2』東京・大阪で発売記念イベントを開催! 両会場とも開発スタッフが登場

カプコンより、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4、Xbox OneおよびSteam用ソフト『バイオハザード RE:2』の発売を記念して、発売日である2019年1月25日に東京・大阪で発売記念イベントが開催されることが発表された。

esportsのゲーム大会の開催、参加、観戦が簡単にできるアプリ『ESPERNETWORK』が配信開始!

Gzブレインは、esportsのゲーム大会の開催、参加、観戦が簡単にできるスマートフォンアプリ『ESPERNETWORK』の配信を開始した。