『ファイナルファンタジーXIII』プレイインプレッション

ゲーム Xbox 360
Xbox 360でリリースされた『ファイナルファンタジーXIII』について、本誌クロスレビュアーとしても活躍するフリーライター、世界三大三代川がインプレッション。

●ボイス以外にも細かい変更点が!

 プレイステーション3で『ファイナルファンタジーXIII』(以下、『FFXIII』)が発売されたのは、ほぼ1年前の2009年12月13日。それから1年後。『FFXIII』は、英語ボイスといった新たな仕様を携えて、今度はXbox 360にやってきた。1年前にプレイステーション3版をクリアーしている筆者だが、今回改めてXbox 360版の『FFXIII』について感想を記させていただこうと思う。

 Xbox 360版『FFXIII』は、プレイステーション3版と比べて大きな特徴がふたつある。ひとつは、収録されているボイスが英語になったこと。これには、じつはXbox 360版『FFXIII』が単に日本語ボイスを英語にしただけではなく、海外で発売されたものをベースに文章を日本語化したものだという意味も含まれている。その2種類がどう違うのかと言うと、じつはAIなどの細かい部分に差異があるのだ。『FFXIII』は、2009年12月に日本で発売されたあと、北米、欧州、アジアと、海外をぐるりと回るように各国で発売されてきた。それぞれ発売日が異なるため、じつは日本語版で出たユーザーの評判などを受けて、一部データを変更しながら、各国で発売していたのだ。プレイヤーがとくに感じる違いは、おそらく仲間キャラクターのAI。『FFXIII』ではリーダーキャラだけをプレイヤーが操作するため、ほかのパーティーメンバーは、ロール(役割)に応じた行動を取っていく。そのAIは基本的に賢く困ることはないのだが、プレイステーション3版では、ときに“ヘイスト”などの魔法を早めに使ってほしいと思うこともあった。改善されているAIというのがまさにここで、プレイステーション3版を遊んだ人に向かって詳しく解説すれば、“Xbox 360版のホープ(ロールはエンハンサー)は優先してヘイストを使ってくれる!” ってことであり、意味がわからない人にとっては、“さらにAIが賢くなった!”と思ってもらえれば幸いである。

ff02
ff04

 そして、特徴を挙げたままだった英語ボイスだが、聞いてビックリ。驚くほど違和感がない。もともと坂本真綾演じるライトニングに慣れ親しんでいたはずなのだが、英語ボイスのライトニングさんもとても自然に聞こえるのだ。ましてや、PSICOMといったフルフェイスのマスクをかぶった兵士など、じつはもともと英語でしゃべっていたのではないかと思うほどのなじみっぷり。声への印象は人によって違うだろうが、違和感を感じないことに筆者自身が驚いたほどだ。ちなみに、英語になったのはボイスだけでなく、本作の主題歌やボーカルが入った一部BGMが英語になっているのも変更点のひとつである。

ff10
ff12
ff11

●魅力を損なわないイージーモード

 もうひとつの大きな特徴が、バトルの難度を下げた“イージーモード”の追加だ。『FFXIII』は、近年のRPGにしては非常に歯応えのあるバトルになっている。コマンドタイプのRPGでありながら、目まぐるしく戦況が変わり、戦況に応じてオプティマ(作戦)を変えていくのが『FFXIII』の大きな魅力なのだが、難度が高くて途中で断念してしまった人もいるという。そこで追加された“イージーモード”は、敵に大ダメージを与えられる“ブレイク状態”にとてもしやすくなっている。とくに頻繁に登場するザコ敵などは、ボタンを連打しているだけでブレイク状態になるほどだ。しかし、ボタン連打だけで進むというのは、アクセントがなくておもしろくないと思う人もいるだろう。ご安心いただきたい。非常に遊びやすいイージーモードだが、ボス敵、そして一部のザコ敵に戦略を考えないボタン連打だけで挑もうとすると、ゲームオーバーになってしまう。というか、筆者がなった。
 遊びやすいバランスにしつつも、ボス敵などの要所要所ではオプティマを切り替える『FFXIII』らしいバトルの楽しさが味わえるようになっているため、難しいゲームが苦手な方も適度な歯応えを感じつつ楽しめるはずだ。

ff06
ff08
ff03
ff07

●特典の小説には……

 本作に興味を持っている人が、どれだけプレイステーション3版を遊んだかはわからない。だが、正直に言えば、Xbox 360版はプレイステーション3版と比べて、どうしても画質で落ちる部分がある。たとえば、イベントシーンでキャラクターがアップになった際に、“ジャギー”状態になってしまう。また、DVDの容量の都合か、ムービーのビットレートが若干落ちている気もする。しかし、これらの違いは、プレイステーション3版と比べてのもの。次第に目が慣れてくるうえ、激しく動くバトルシーンにいたっては大きな違いはわからなかった。ましてや、Xbox 360版で初めて本作を遊ぶ人には当然ながら気にならないので、安心してプレイしてほしい。

ff01
ff05
ff13

 そして、最後にXbox 360版最大の特徴を紹介しよう。Xbox 360版の初回生産分には、本作の未公開イベントシーンや台本、キービジュアルなどを収録した特製ブックレットが特典として付いてくるのだ。未公開イベントシーンなども必見だが、何より注目なのは『FFXIII』のエンディング後の物語を描いた書き下ろし小説。詳しい内容は実際に手に取って確認してほしいが、読んだあとには『FFX』のユウナがカモメ団になって歌い踊ったような展開を、ライトニングさんにも期待したくなるはずだ(筆者注:ライトニングさんに歌い踊ってほしいわけではない。……が、それもいい)。
 『FFXIII』を初めてプレイする人はもちろん、すでに『FFXIII』をクリアーした人もイージーモード、英語ボイス、特典のブックレットなど注目すべきポイントはたくさんある内容になっている。ぜひチェックしていただきたい。なお、特典ブックレットは前述のとおり、数に限りのある初回購入特典となっている。ブックレットに興味を持った方は、お早めに、もしくはブックレットが付いているかを販売店に確認していただければ幸いだ。

text by 世界三大三代川

ff09
ff14

■著者紹介 世界三大三代川

週刊ファミ通編集部出身のフリーライターであり、『FFXIII』の記事担当を務める。ライトニングを呼ぶときは、つねに“さん”付け。プレイステーション3版の発売から1年経っても、やっぱり“さん”付け。

ファイナルファンタジーXIII
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Xbox 360
発売日 2010年12月16日発売
価格 4980円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:鳥山求、キャラクターデザイナー:野村哲也、アートディレクター:上国料勇、ムービーディレクター:野末武志、メインプログラマー:柏谷佳樹、コンポーザー:浜渦正志、プロデューサー:北瀬佳範
(C)2009, 2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。