『FFVIII』のもうひとりの主人公が異説に登場!!『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』

ゲーム PSP
『ファイナルファンタジーVIII』よりラグナ参戦! ふだんの言動も、バトルでの挙動もトリッキー!? さらに、3Dマップで作られた世界を巡るストーリーモードの存在も発覚!!

●ラグナのバトルスタイルやサードフォームを公開!

 神々の戦いを代行すべく召喚された『ファイナルファンタジー』シリーズの主人公たち。彼らの物語が紡がれるアクションゲームが『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』(以下、『DDFF』)だ。今回はラグナのバトルスタイルのほか、ワールドマップを巡るストーリーモードなど、注目情報が満載!

01
02

ラグナは、スコールが見る夢に登場する『FFVIII』のキーパーソン。もとは軍人だったが、記者や役者、果ては一国の大統領にまでなるなど数奇な人生を送ってきた。気取らない性格で、誰からも好かれる人物。

03

各キャラクターには、通常の衣装のほか、アナザーフォームやサードフォームと呼ばれる別バージョンの衣装がある。ラグナのアナザーフォームは、『FFVIII』でガルバディア兵時代に着ていた軍服だ。

04

スコールは、天野喜孝氏のイラストをもとにデザインされたサードフォームで腕を露出。よりワイルドな印象になった。また、3つの炎で敵をホーミングする“ファイアバレット”が新たに追加された。

05

サードフォームのアルティミシアは、原作に登場した魔女イデアの姿に。新たなブレイブ攻撃である“騎士の槍”は、巨大な槍で前方の敵を貫く技。ボタンを長押ししてから出すと、槍が上方に向けて突き出す。

06

天野喜孝氏のイラストがモチーフとなっている、オニオンナイトのサードフォーム。新技の“パワーアップ”は、自身のステータス上昇を図るもの。物理攻撃や物理防御、クリティカル率などが上昇する。

07

暗闇の雲のサードフォームは、衣装の各パーツのデザインや、カラーリングが変更されている。なお新技として、“痛みの触手”や“苦しみの触手”と同じく、派生技がある“恨みの触手”が追加された。

●ラグナは多彩な銃器を使いながら戦場を駆け抜ける

 本作のバトルでは“ブレイブ攻撃”と“HP攻撃”という2種類の攻撃を使い分けていく。前者は、ヒットするとHPゲージの上に表示されている数値(ブレイブ)を奪う攻撃。後者は、ブレイブの数値だけ相手のHPを減らす攻撃だ。銃火器を扱うラグナは、ブレイブ攻撃に特徴があるキャラクターのようだ。

08
09

ラグナのブレイブ攻撃は、ボタン長押しで性能が変化。マシンガンなら連射、ショットガンなら弾を収束させて威力を高める、といった具合だ。この使い分けが重要になってきそう!?

10
11

HP攻撃では、『FFVIII』に登場した飛空艇ラグナロクをモチーフとした武器を使う。エネルギーを大きな刃にして近距離攻撃を行ったり、レーザーを照射したりと豪快な技をくり出すのだ。

12

必殺技のEXバーストは、原作の“デスペラード”をモチーフに、オリジナルの演出を加えた“アルティメットラグナロクキャノン”。ちなみに、このとき表示されるウィンドウの表示は原作の名言(?)、「妖精さんが来た!」だ!

●フィールドを探索するストーリーモード

 前作では、チェス盤のようなボード上で、駒に見立てたキャラクターを動かすことで進んだストーリーモード。『DDFF』ではこれが大幅にパワーアップし、ワールドマップ上を移動するRPGのようなスタイルに生まれ変わったのだ。

13

ライトニング、カイン、ティファの3人でパーティーを組んでいるようだ。表示から、前作同様、ケアルなどのスキルを使えたり、カスタマイズ画面に移行できることなどがわかる。

14

雪や雨が降るなど、地域によって多様な表情を見せる世界。ヴァンとティナの前方に見える巨大な石は、前作にもあったあの石?

15
16

フィールド上には宝箱があるほか、敵の姿も。こちらの攻撃を当てるか、敵から攻撃を受けるとバトルマップでの戦いになるとのことだ。


※詳しくは週刊ファミ通2010年12月30日・2011年1月6・13日合併号(2010年12月16日発売)をチェック!

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年3月3日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、PS Store ダウンロード版は4980円[税込]、ディレクター:高橋光則、クリエイティブプロデューサー/キャラクターデザイン:野村哲也、ムービープロデューサー:野末武志、メインコンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:間一朗
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』PS4版ならではの魅力を紹介

スクウェア・エニックスは、2017年7月29日発売予定のニンテンドー3DS、プレイステーション4用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』について最新情報を公開した。

『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』ゲームとリアルが交差するRPG

コンパイルハートは、週刊ファミ通2017年7月13日(2017年6月29日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』の最新情報を公開した。

『ナムコミュージアム』ナムコの名作ゲームがNintendo Switchで復活

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2017年7月13日(2017年6月29日発売)にて、Nintendo Switch用ソフト『ナムコミュージアム』の最新情報を公開した。

『モンスターハンターストーリーズVer.1.2 更新版』の詳細が判明!

カプコンから2017年7月27日発売予定の『モンスターハンターストーリーズVer.1.2 更新版』。その収録内容を詳しく解説する。

PS4の新作RPG『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』を独占スクープ!(2017年6月29日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2017年6月29日)発売の週刊ファミ通2017年7月13日号の表紙を飾るのは、コンパイルハートのプレイステーション4向け新作RPG『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』。ナナメダケイ氏デザインによる主人公“二ノ宮しいな”が目印です。

『モンスターハンター:ワールド』現時点で判明している情報を総まとめ

カプコンより、2018年初頭にプレイステーション4で発売予定のハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。E3 2017やスペシャル公開生放送、インタビュー記事などで判明したことをまとめた。

戦場の炎や、女の子の香りを確かに感じた……『DOAX SENSE』、『超 真・三國無双』など“VR センス”タイトル5本のプレイリポートをお届け

2017年6月28日〜30日の期間、東京ビッグサイトにて開催されているイベント“コンテンツ東京2017”。同イベントのコーエーテクモウェーブブースに出展されている、アミューズメント施設用新型VR筐体“VR センス”を体験してきたので、そのリポートをお届けしよう。

『スーパーマリオ オデッセイ』がE3 2017のベストゲームに! “Game Critics Awards: Best of E3 2017”の受賞作が発表

E3 2017の出展作品の中から、世界38のメディアがすぐれたE3タイトルを選出する“Game Critics Awards: Best of E3 2017”。その受賞作が発表された。

『The Lost Child』天使・悪魔に続く第三勢力“堕天使”の情報が公開、販売店オリジナル特典の情報も

角川ゲームスは、2017年8月24日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)』について、新キャラクターと数量限定販売店オリジナル特典についての情報を公開した。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』追加コンテンツ第1弾『試練の覇者』ではリンクがチンクルに変身!

任天堂より発売中の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』について、追加コンテンツ第1弾『試練の覇者』で追加される要素などを紹介するBLOG記事が、6月30日の配信日まで毎日公開されている。