『テイルズ オブ エクシリア』発表パーティーの模様を詳細リポート――キャラやバトルに関する情報も

ゲーム プレイステーション3
バンダイナムコゲームスが開催した『テイルズ オブ』シリーズの15周年記念タイトル発表パーティーの模様をリポート。15周年記念タイトル『テイルズ オブ エクシリア』の概要も明らかに!

●主人公キャラはジュード・マティス(CV:代永翼)とミラ=マクスウェル(CV:沢城みゆき)

TN2_3978
TN2_3987
TN2_3928

 こちらの記事でお伝えしたとおり、バンダイナムコゲームスは本日2010年12月15日、都内で『テイルズ オブ』シリーズの15周年記念タイトル発表パーティーを開催し、15周年記念タイトル『テイルズ オブ エクシリア』を発表した。ここでは、その発表パーティーの模様をリポートしよう。

 同発表パーティーが開催されたは、東京お台場。会場はレインボーブリッジが見渡せる絶好のロケーション。お祝いムード漂う会場で行なわれた発表パーティーでは、まず、バンダイナムコゲームス代表取締役社長の石川祝男氏があいさつに立った。石川氏は、シリーズ第1作の『テイルズ オブ ファンタジア』が発売された1995年12月15日は、アーケード部門を担当だったと当時を振り返り、15年の月日の流れに感慨深げな表情を見せ「今後も20年、25年、30年といった節目に、今回のような催しを開催できるよう、『テイルズ オブ』シリーズを大事に育てていきたい」と語った。

TN2_3945

 続いて、『テイルズ オブ』シリーズの多くが発売されているプレイステーションシリーズを展開するソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン プレジデントの河野弘氏が登壇。プレイステーションは『テイルズ オブ』シリーズとともに育ってきたハードだと述べて、感謝の意を表すとともに現在、ゲーム業界はソーシャルゲームなどの台頭で変革期、分岐点に来ていると分析。「大切なタイトルを大事に育て、広めていくことで、まだまだゲーム業界は発展していくと思います」とコメントし、『テイルズ オブ』シリーズをこれからも強力にサポートしていくことをアピールした。

TN2_3968

 ここで、バンダイナムコゲームスのゼネラルマネージャー、吉積信氏が壇上に立って乾杯の音頭を取り、パーティーはひとまず歓談タイムに。しばしの時間を挟んだのち、いよいよ最新作『テイルズ オブ エクシリア』の発表となった。発表には、同作のプロデューサー、馬場英雄氏が登壇し、お披露目までのカウントダウンを敢行。「……サン、ニイ、イチ、ゼロ!」の掛け声とともに、まずはイメージムービーが上映された。ムービー上映後は、馬場氏みずから『テイルズ オブ エクシリア』の特徴を説明。まず、“エクシリア”というタイトルについては、数え切れないほど大きな数“Xillion”からの造語で“XILLIA”としたことを明かし、“未知”の意と、“交わり”を表す“X”にも、数え切れない新たな出会いや想いの交差といった意味を込めているという。ジャンル名は“揺るぎなき信念のRPG”。

TN2_4007
TN2_4025
TN2_4030
TN3_8357
TN3_8360

■舞台はリーゼ・マクシア
 物語の舞台は“リーゼ・マクシア”。このリーゼ・マクシアの世界観は下記。

・人間と魔物と精霊たちが暮らす世界
・精霊術が文明の根幹を担っている
・精霊術はごく一般的な技術

グラフィックは繊細で存在感のある背景を目指し、シリーズ伝統の温かみのある“手描き感”も大切にしているという。

TN3_8363
TN3_8366

'■バトルシステムは仲間と協力する“DR-LMB(ダブルレイド・リニアモーションバトル)”

 バトルは、ふたりのキャラクターが協力して戦うまったく新しい戦闘システムになるという。「ただ、単純に協力して戦うのではないんです。そこがこのDR-LMBの大きなウリです」(馬場)

TN3_8372
TN3_8416

▲代永(写真左)は『テイルズ オブ』シリーズの大ファンで、いつか関わることができればと思っていたという。

■主人公キャラクターはジュード・マティスとミラ=マクスウェル

 注目の主人公キャラクターは、既報のとおりいのまたむつみ氏と藤島康介氏が手掛け、シリーズ初のダブル主人公となる。馬場氏は、いのまたむつみ氏と藤島康介氏のダブルキャストについて、「企画段階から構想はしていたが、15周年記念タイトルとなった以上は、ユーザーが求める、いままでやってことなかったことをやろう」という決意のもとの挑戦だったことを明かした。気になる、キャラクター名は、ジュード・マティス(CV:代永翼)とミラ=マクスウェル(CV:沢城みゆき)と発表され、会場には代永翼も駆け付けた。『テイルズ オブ エクシリア』の収録はすでに始まっており、「同作の収録はかなり時間がかけられていて、スタッフの意気込みを感じています」(代永)。

TN3_8368
TN3_8427

■アニメーションについて

 今回、アニメーションを担当するのは『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』(OVA)や『GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)』などのオープニングムービーを手掛けたufotable。馬場氏は、ufotableについて「『テイルズ オブ』シリーズは、アニメーションも期待されている。今作は15周年記念作品なので、何か新しいことをやりたかったんです。ufotableはプロ意識が高いチームなので、安心して任せられます」と語り、すでに絵コンテもかなりいいデキ、と自信のコメント。

■浜崎あゆみをテーマソングに起用した意図

 テーマソングは、人気アーティスト浜崎あゆみが担当。実現には時間が掛かったというが、馬場氏から熱意で押し切ったことがうかがえるエピソードが披露され、なぜ浜崎を起用したかについては、つぎのようにコメントした。「『テイルズ オブ』シリーズ作品には、テーマやメッセージを盛りこんでおり、浜崎さんの歌詞や曲にもそれを感じていました。なので、15周年の記念すべき作品にテーマソングをやってもらいたかったんです」(馬場)。また、会場では浜崎のビデオコメントも流された。「事前に資料などをたくさんいただいて、どういったメッセージがこのゲームに込められているのか勉強させていただきまして、私なりの言葉で前向きなメッセージをたくさん込めたつもりです」(浜崎)

 『テイルズ オブ エクシリア』の発表は以上で終了し、こちらでお伝えしたシリーズ関連の告知が行われ、発表会は幕を閉じた。来場者には、15周年記念のデコレーションが施されたケーキが振舞われ、お祝いムードのなかパーティーは終了した。

TN3_8475
TN3_8491
TN3_8501

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

“テイルズ オブ フェスティバル”10回目記念、描き下ろしイラストを使用したグッズが当たる“一番くじ”が登場

バンプレストは、ハズレなしのキャラクターくじ“一番くじ テイルズ オブ フェスティバル〜Congratulations 10th〜”を、2017年6月10日より順次展開する。

『Far Cry 5』ティザートレーラーが公開 舞台はアメリカ・モンタナ州の“ホープカウンティ”

2016年〜2017年度の決算報告に併せて発表されたUBI Softの『Far Cry 5』について、ティザートレーラーが公開された。

“シブサワ・コウ アーカイブス”全15作のセット商品をSteamストアで期間限定販売!

コーエーテクモゲームスは、“シブサワ・コウ”の活動35周年を記念し、“シブサワ・コウ アーカイブス”にて、2017年5月23日〜5月29日までの期間限定で、全15作品のセット商品をSteamストアで販売する。各作品の単品もお得な価格で購入可能となっている。

『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』に登場するハッカーチーム&天才ハッカーのエリカを公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』について、ハッカーチーム“フーディエ”と天才ハッカーのエリカに関する情報を公開した。

『パラッパラッパー』オリジナルサウンドトラックが2017年5月24日より発売開始!

2017年4月20日にプレイステーション4版が発売開始された『パラッパラッパー』のオリジナルサウンドトラックが、2017年5月24日より発売開始。サントラの発売を記念して、オリジナルクリアファイルがもらえる“TEAM Entertainment PlayStation GameMusicフェア 2017”も開催される。

『レッド・デッド・リデンプション2』の発売時期が2018年春に延期。ゲームの詳細は今夏公開予定

ロックスター・ゲームスが、『レッド・デッド・リデンプション2』の発売を2018年春に延期することを発表した。

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。