HOME> ニュース> 写真満載! 今井麻美ファーストアルバム『COLOR SANCTUARY』発売記念イベント(東京)リポート!

写真満載! 今井麻美ファーストアルバム『COLOR SANCTUARY』発売記念イベント(東京)リポート!

アニメ
2010年12月4日、東京・虎ノ門にあるポニーキャニオン本社イベントスペースにて、声優・今井麻美のファーストアルバム『COLOR SANCTUARY』の発売記念イベントが行われた。

●リハーサル風景や控室でのオフショットも掲載!

cstokyo02

 2010年12月4日、東京・虎ノ門にあるポニーキャニオン本社イベントスペースにて、声優・今井麻美のファーストアルバム『COLOR SANCTUARY』の発売記念イベントが行われた。イベントは、東京のほか、名古屋、大阪、岡山、博多などでも行われるが、イベント内にミニライブが含まれるのは東京だけ。貴重な機会に多くのファンが集ったイベントとなった。今回はイベントのリポートに加えて、イベント前後の模様もちょっとだけお届けする。

 会場中からの拍手で迎えられた今井は、まずはアルバムの評判から語り出す。「アルバムを発売してからみんなに買いましたよとか、よかったとか言われて、1週間くらいは舞い上がっていました(笑)」と、上々の評判を話し始めるが、肝心なイベント内容については、今井が行うほかのイベントと同様に「今回は何をするかと言いますと、決めていません!(笑)」とノープラン。近況を兼ねて、2010年11月22日〜28日に開催されていた“ミンゴスCafe”について話し始める(※“ミンゴスCafe”とは東京・秋葉原の秋葉原パセラ電気街店で期間限定オープンしていた喫茶店。今井麻美考案のオリジナルメニューが食べられるのが特徴だった)。「ミンゴスCafeに行った人ー」と聞いた今井は、観客の多くが手を挙げる状況を見て、「ホント!? こんなに? ありがとうー!」と、大喜び。そのままオリジナルメニューのひとつ“ミンゴスカレーセット”に入っていた、納豆入りカレーについての説明を始める。納豆入りカレーは、そもそもは今井の創作料理のひとつ。今井いわく「(知り合いに話したところ)いろいろな反響を呼んだ」とのことだ。“ミンゴスCafe”ではルーに味噌を練り込んだものになっていたが、今井が作ったものは「味噌汁がお椀に入って残ってたんだけど、お椀に入っていると電子レンジで温めるのもできないから、いいやカレーに入れちゃえって入れたものだったんだよね(笑)」と、意外なエピソードを披露し、多くの笑いを呼んでいた。

cstokyo03
cstokyo04
cstokyo05

 続いて、観客を記者に見立ててアルバムに関する質問に答える記者会見コーナーへ。最初の質問は「『Heavenly sky』に“何億光年 願えば”という歌詞がありますが、光年は距離じゃないですか?」というもの。今井は、「う、うん。そんな感じ」と詰まりつつ受け答えすると、助けを求めるようにプロデューサーの濱田智之氏に話を振る。濱田氏いわく「詩的な表現と思ってもらえれば……(笑)」とのことで、今井も「今度、作詞をしてもらったRUCCAさんに聞いてみます(笑)」と話していた。そのまま今井は『Heavenly sky』の制作秘話について語る。同曲はアルバムに収録された新曲のひとつだが、じつは表題曲『COLOR SANCTUARY』として作曲されたもののボツになった曲のひとつだという。今井いわく「表題曲としては違ったけど、ほかの新曲候補を考えてたときに、ボツになったあの曲のアレンジを変えればいいんじゃないかなと思って。もとはギターサウンドのものだったんですが、アレンジを変えていまのものになったんです」という秘話に、多くの観客が興味深そうに耳を傾けていた。

 2番目の質問は「『Day by Day』がああいうアレンジになったきっかけは?」。アルバム収録に合わせてボサノバ調にアレンジされた同曲について、今井は「『Day by Day』はデビュー曲なんだけど、アルバムに入れるか迷ったんです。とても明るい曲だったので、ほかの曲と合わない可能性があるなと。どうしようかと迷ったときに、私がボサノバ好きだということを濱田さんに伝えて、アレンジもボサノバにしようって話したんですけど、濱田さんから“今井さん、ボサノバ歌えるの?”って言われちゃいました(笑)。それでできあがった曲が私の大好物で、むしろ声を入れたくないくらいで(笑)。歌も入れた完成版はずっとヘビロテ(ヘビーローテーション)していましたね」と答えていた。

 最後の質問は「アルバムは3色のデザインがありますが、ジャケットのオススメは?」というもの。今井は、ここで会場で3種類のどれが好きかについてアンケートを取ることに。結果は1位が緑(DVD付き)、2位が青(ブルーレイ付き)、3位がオレンジ(通常盤)というものに。それを見た今井は、「やっぱりそうなんだよね。私は絶対オレンジがオススメなんだけど。青や緑って、私のことを好きな人しか買わないだろうと思って、それならアップでカメラ目線でも許してくれるかなって(笑)。オレンジは通常盤でずっと残るから、ネットに上がっても恥ずかしくないし。というか、あの写真(青)に写ってる人、ぶっちゃけ何歳かわからない(笑)」と、自分の写真をネタに笑いながらトークを披露したところで、記者会見コーナーは終了に。

 ここで今井は、プロデューサーの濱田氏を壇上に上げ、濱田氏が着ていた赤いダウンジャケットについて説明を始める。このジャケットは、先日誕生日を迎えた濱田氏に、Webラジオ『今井麻美のSinge Song Gamer』スタッフから贈られたもの。ジャケットの裏には、今井やスタッフからのメッセージが入っているのだが、この日のイベント開始前に今井のファンからもアルバム発売についてのお祝いや、濱田氏への誕生日メッセージが付け加えられていた。この赤いダウンジャケットだが、東京を皮切りに全国で行われるアルバム発売イベントへ濱田氏が実際に着ていき、全国の今井ファンからアルバム発売へのお祝いメッセージを集める予定だという。そのスタートとして、観客の中から希望者3名を壇上に上げ、ジャケットを着用した濱田氏にメッセージを書いてもらう。イベント時の前後に濱田氏が現れるとのことなので、今後のイベントへ行かれる方はチェックしてみるといいかも?

cstokyo06
cstokyo07

▲濱田氏のジャケットにメッセージを書く観客。その姿を見た今井は「ひざまずいて書く感じがいいね(笑)」とうれしそうに笑う。

cstokyo08
cstokyo01
cstokyo09

 その後、2010年12月25日に開催される今井のファーストソロライブについても言及。「ひとりでライブをやったことないんだもん。できるかな?」とちょっと不安に感じていることを明かした今井だが、観客からの声援に元気づけられ、「2010年も終わりだけど、今年最高の日になるようにがんばります!」と決意を表明。その景気付けとして、ライブコーナーでは初披露となる『満天星』を歌うことに。この曲の歌詞は今井本人が担当したもので、少しかわいそうな境遇の主人公が描かれた内容。「アルバム制作の中で、こういうちょっと不幸な主人公の歌詞が皆さんに受け入れてもらえるかすごい不安だった」と語るが、アルバム発売記念にブログで解放したコメント欄に書かれた“たいへんな状況の中、このアルバムを聞いて心に沁みました”というコメントや、今井の母から「昔聞いたさだまさしさんの『案山子』と同じくらい心が揺さぶられた」という言葉に、とても救われたという。

 感動的なエピソード披露した後は、『満天星』をしっとりと情感たっぷりに歌い上げる。心の籠もった切ないバラードに観客の多くが聴き入り、曲が終わったあとにはとても長く大きな拍手が送られた。

cstokyo10
cstokyo11
cstokyo12
cstokyo13
cstokyo14
cstokyo15
cstokyo16
cstokyo17

▲『満天星』の披露後には、サイン入りポスターが当たる抽選会を実施。今井が出す0〜5の数字と同じものを出して、最後まで残った人がプレゼントがもらえる“SSG方式”で抽選が行われた。

 そして最後には、アルバム収録曲であり、4thシングルとして発売された『シャングリラ』を披露。今井は座った状態から歌い始め、歌の盛り上がりに合わせるように起き上がっていく。また、会場を左から右へと観客の側を歩きながら熱唱し、ステージングの演出も含めた歌で観客を魅力していた。

cstokyo18
cstokyo19
cstokyo20
cstokyo21
cstokyo24

▲観客の中を歩きながら歌う今井。

cstokyo22
cstokyo23
cstokyo25
cstokyo26

 トークと2曲の披露で約1時間に渡るイベントは終了に。最後に今井から観客へのメッセージが送られる。「こんなに多くの方に歌を、アルバムを聴いてもらえて、そして何より歌が歌えて本当によかったです。……本当によかった。2010年まもなく終わりますが、ライブがあるのでこれっぽっちも終わる気がしません(笑)。引き続き、2011年もいい年にしたいと思っています。そのためにも、たくさんの歌を歌って、いい歌を皆さんに届けたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」と、感動的なメッセージを残し、最後に観客と3本締めを行ってイベントは盛況のうちに幕を閉じた。

cstokyo27
cstokyo28

▲今井の心の籠もったメッセージを聞き、涙ぐむ観客も。

cstokyo30
cstokyo29

▲イベント終了後には、濱田氏のジャケットにひと言書こうと多くのファンが集まっていた。

●イベント開始前のプライベートショットもお届け!

cstokyo31
cstokyo32
cstokyo33
cstokyo34
cstokyo35

▲こちらは本番前のリハーサル中。観客席のほうも歩き回りながら歌う場面も。このときから会場を歩き回ることを決めていたのかも?

cstokyo36
cstokyo37

▲本番前に髪飾りを装着! カメラ目線もいただきました。

cstokyo38
cstokyo39

▲抽選会で配るポスターにサイン中。慣れた手つきでさらさらと書いていきます。

▲ちょっとひと休み?

cstokyo40

▲こちらはイベント終了後。ファンレターをひとつひとつ読みながらにっこり。お疲れさまでした!

(取材・文:世界三大三代川)

※今井麻美5pb.オフィシャルWebはこちら
※今井麻美さんオフィシャルblog“UBIQUITOUS”はこちら

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンハンライズ:サンブレイク』のダウンロードカードが5月30日より発売。特典はハンター自己紹介カードやアイテムなど

カプコンは、Nintendo Switch/Steam向け大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』ダウンロードカードを5月30日発売する。

『FF』のサボテンダー、モーグリがあみぐるみに。ふんわりとした毛糸で肌触りがよく、リラックスタイムにぴったり

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジー』シリーズより、“あみぐるみ<モーグリ>”、“あみぐるみ<サボテンダー>”を9月中旬に発売する予定だ。

『D4DJ グルミク』で映画『五等分の花嫁』の主題歌『五等分の軌跡』がプレイできるコラボが6月3日より開催

ブシロードは、スマートフォン向けリズムゲーム『D4DJ Groovy Mix』(グルミク)にて、映画『五等分の花嫁』とのコラボイベントを6月3日より開催する。

『Crystarise』が10月28日に発売。自由に拠点をカスタマイズできる2DオープンワールドアクションRPG

YUKIUSAGI Gamesは『Crystarise(クリスタライズ)』を10月28日に発売する。本作は、自由に拠点をカスタマイズできる2DオープンワールドアクションRPG。

『パズドラ』に『<物語>シリーズ』の忍野扇、老倉育、エピソード、手折正弦が新登場。羽川翼、忍野忍など既存キャラに転生進化やアシスト進化も追加

『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』でテレビアニメ『<物語>シリーズ』とのコラボが実施中。新たに忍野扇、老倉育、エピソード、手折正弦が新登場する。

【PS5】ノジマオンライン会員を対象した抽選販売が実施。応募期間は5月30日23時59分まで

家電量販店ノジマは、ノジマオンライン会員を対象としたプレイステーション5の抽選販売の受付を、本日(2022年5月23日)より実施。応募締切は5月30日23時59分まで。

『オリオリワールド』ハイスピード&トリックがたまらない! 爽快感溢れるスケートボードアクション【とっておきインディー】

ゲーム大好き担当者がお気に入りのインディーゲームを語る。今回はハイスピード&トリックが楽しいスケボーゲーム、Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC用ソフト『オリオリワールド』。

『百英雄伝 ライジング』開発陣に聞く。「アクションが得意ではない人でも楽しめるゲームを目指した」

2022年5月11日にリリースされた、Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、 Xbox One、PC用アクションPRG『百英雄伝 Rising』のクリエイター陣へのインタビューをお届け。

PS4/Switch『映画「五等分の花嫁」〜君と過ごした五つの思い出〜』限定版ビジュアルのモチーフは“五年後の五つ子の花嫁姿”。特典ドラマCDは3時間超えの大ボリュームに

MAGES.は、2022年6月2日(木)発売予定のNintendo Switch、プレイステーション4用ソフト『映画「五等分の花嫁」〜君と過ごした五つの思い出〜』について、限定版の追加情報を公開した。