HOME> ニュース> “11 for AFRICA”プロジェクトの寄付による教育プログラムが南アフリカで開始

“11 for AFRICA”プロジェクトの寄付による教育プログラムが南アフリカで開始

ゲーム DS
レベルファイブとTAKE ACTION FOUNDATIONの社会貢献プロジェクト“11 for AFRICA(イレブン・フォー・アフリカ)”が実施。サッカーボールを活用した教育プログラムを南アフリカで開始した。

●レベルファイブとTAKE ACTION FOUNDATIONの社会貢献プロジェクト

 レベルファイブと中田英寿氏が理事を務めるTAKE ACTION FOUNDATIONは、中田氏公認キャラクター“ヒデ ナカタ”が登場するニンテンドーDS用ソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』の発売に伴い、本ソフトの売り上げ1本につき11円を寄付する社会貢献プロジェクト“11 for AFRICA(イレブン・フォー・アフリカ)”を実施。サッカーボールを活用した教育プログラムを南アフリカで開始したと発表した。以下、リリースより抜粋。

 このプロジェクトは、ユニセフを通じ南アフリカ共和国の子どもたちに、サッカーボールを活用した教育プログラムを実施するもので、『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』の購入を通じて、社会貢献に参加できる機会となっています。富の遍差が著しい南アフリカにおいては、貧困地域の青少年が、エイズ、暴力、犯罪などのさまざまな困難に直面しています。サッカーボール配布と同時に、子どもたちに困難な環境を生き抜く力(ライフスキル)の教育を実施することで、多くの子どもたちに教育の機会をつくることができます。出席率の低い貧困地域の学校では、サッカーボールを配布することで、人が集まりライフスキルの教育が行き届きます。

 2010年9月末現在、『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』は、110万1040本を売り上げ、1211万1440円の寄付金が集まり、ユニセフへ送られております。配布するボールは20000個以上となります。(最終の寄付金額は来年3月発売分までが集計され、その金額により配布するボールの数が確定します)

 今回、中田英寿が現地時間2010年12月3日に、「11 for AFRICA」による最初の“サッカーボール配布教育プロジェクト”を、南アフリカ南部の元黒人居住地域に位置するクワズールナタールのエンフムベーニ(Emhubheni)中等学校で実施しました。今後、このプロジェクトは通年プロジェクトとして、南アフリカ全土の貧困地域にあり問題が指摘されている585の小中学校(7〜14歳の子どもが通う)を対象に実施していきます。

(C)LEVEL-5 Inc.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【『フォーオナー』特設サイト】ヒーロー別攻略“ヴァルキリー”公開、使いやすい弱攻撃と回避行動からのカウンターを覚えよう!

ユービーアイソフトより2017年2月16日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』。ファミ通.com特設サイトにて、ヒーロー別攻略を公開中!

『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』テレビモニターでのプレイやPS4 Proに対応するアップデートが配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション VR専用ソフトして配信されていた『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』について、本日2017年2月21日に配信したオンラインアップデートにより、テレビモニターでのプレイとプレイステーション4 Proに対応したことを発表した。

行くのか? 行かないのか? アニメ『ユーリ!!! on ICE』×ナンジャタウンのコラボイベントが3月3日よりスタート

ナンジャタウンにて、アニメ『ユーリ!!! on ICE』とのタイアップイベント“ユーリ!!! on ICE in ナンジャタウン〜開幕!グランプリファイにゃル〜”が、2017年3月3日(金)〜5月7日(日)の期間限定で開催される。

『仁王』有料DLC第1弾“東北の龍”4月下旬に配信決定、新たな武器種・シナリオ・キャラクター・ステージなどが収録

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『仁王』について、有料ダウンロードコンテンツ第1弾“東北の龍”を、2017年4月下旬に配信開始することを発表した。

“ワンダーフェスティバル2017[冬]”開催 各社の展示フィギュアをフォトリポート!!

2017年2月19日、幕張メッセで“ワンダーフェスティバル2017[冬]”が開催。展示されていたフィギュアの数々を、主要なメーカーブースごとに、フォトリポートという形で紹介していこう。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』プレイムービー02が公開、現実世界で展開される原種とのバトルシーンを収録

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、現実世界で展開される原種とのバトルシーンが収録された“プレイムービ ー02”を公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』第4弾PVと第2弾CMが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、第4弾プロモーション映像と第2弾テレビCMを公開した。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』追加キャラクターやコスチュームを紹介する最新トレーラーが公開

SNKは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開した。

『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』スピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”が開始

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年3月16日発売のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』について、公式サイトとTwitterによるスピンオフ企画“アッシュ・ローラー VS クライン 千年の戦い”を開始した。

『GRAVITY DAZE 2』手書きのようなグラフィックの制作工程、短期間でクオリティーを落とさず背景を制作するカギとなった“自動化”についてリポート【GCC’17】

2017年2月18日、大阪府立国際会議場にて関西圏のゲームクリエイターを対象としたカンファレンス “GAME CREATORS CONFERENCE’17”が開催された。ここでは、セッション“『GRAVITY DAZE 2』のアートコンセプトと背景制作”についてお届けする。