HOME> ニュース> Xbox 360 Kinect センサーの全世界における販売台数が250万台を突破

Xbox 360 Kinect センサーの全世界における販売台数が250万台を突破

ゲーム Xbox 360
米国マイクロソフト コーポレーションは、Xbox 360 Kinectセンサーの全世界における販売台数が250万台を超えたことを発表した。

●年内500万台の販売予想を達成する見込み

product_001

 2010年11月29日(現地時間)、米国マイクロソフト コーポレーションは、Xbox 360の新しいゲームシステムKinect(キネクト)の専用デバイスであるXbox 360 Kinectセンサーの、全世界における販売台数が250万台を超えたことを発表した。こちらは、北米での発売から25日間で達成した数字で、2010年11月26日のブラックフライデーを含む週末3日間の強力な需要が後押ししたとのこと。ちなみにブラックフライデーとは、米国の感謝祭翌日の金曜日で、クリスマス商戦が開始される日であり、1年でもっとも需要が見込まれる日とされている。なお、Xbox 360 Kinect センサーの国内における現時点の販売台数はおよそ28000台となっている(2010年11月28日現在・ファミ通調べ)

 好調に販売されているXbox 360 Kinectセンサーだが、この件に関してマイクロソフトのインタラクティブ エンターテイメント ビジネス プレジデント、ドン マトリック氏は以下のように語っている。

「私たちは、Kinect に対する消費者の皆さんからの反応に興奮しています。高まる需要に対応できるよう、店頭での在庫を可能な限り早急に補充するため、小売と製造分野のパートナーと密接に協力して生産と出荷を早めています。発売からわずか25日間で、Kinectの全世界における販売台数は250万台を突破しており、2010 年の年末商戦期を含めて500万台とした販売予想を達成する見込みです」

 また、北米の大手ショップTargetのマーチャンダイジング部門 バイスプレジデント、ニック ナヤール (Nik Nayar) 氏は以下のとおりコメントしている。

 「Xbox 360 Kinect は、Targetにおける今週末の売り上げ第一位の商品でした。私たちはKinect がこの年末年始のマストアイテムになることを期待しています。Target は、12月を通してKinect を継続して入荷する予定です。コントローラを必要としないKinectがもたらす、これまでにないゲーム体験は、家族の誰もが楽しめるものだと思います」

 なお、近い時期に発売されたということもあり、何かとライバル視されることが多いソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Moveは、2010年9月の発売以降3ヵ月弱で全世界の累計販売台数(※)が410万台を超えたことが発表されたばかり(→記事はこちら)。同じ体感型のデバイスとして、年末商戦に向けてさらなる熾烈な競争が展開されそうだ。

※追記:ソニー・コンピュータエンタテインメントから販売店などに引き渡された数量のことです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『アライアンス・アライブ』新たに判明したキャラクターはオジサンとペンギン!?(2017年4月27日発売号)

古きよきRPGの魂を最新の技術で紡ぎ上げた“ニュークラシックRPG”と銘打たれている『アライアンス・アライブ』。週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、すでに公表されている9人の主人公に続き、新たにふたりの新キャラクターの情報を掲載。

【先出し週刊ファミ通】『アノニマス・コード』の序盤ストーリーを独占公開――さらにチヨスタライブに関するインタビューも!(2017年4月27日発売号)

志倉千代丸氏が率いる、チヨマルスタジオの新作として制作が進められているアドベンチャーゲーム『アノニマス・コード』。週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、同作の序盤のストーリーを誌面で独占公開。

PlayStation Nowの定額サービス利用権がお買い得! GWキャンペーンが5月8日まで開催中

ストリーミングゲームサービス“PlayStation Now”にて、本日2017年4月25日より、期間限定で定額制サービスの利用権がディスカウントされるキャンペーンがスタートした。

【先出し週刊ファミ通】『鉄拳7』総力特集第1回は三島親子の闘いを描いたストーリーモードを中心に紹介(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、バンダイナムコエンターテインメントの新作3D対戦対戦格闘ゲーム『鉄拳7』を16ページにわたって特集。

『ファイナルファンタジーXIV』で1ヵ月半に渡る“PlayStation3 版ファイナル無料ログインキャンペーン”が実施決定

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV』のプレイステーション3版サービス終了に合わせ、5月1日(月)から6月15日(木)まで“PlayStation3版ファイナル無料ログインキャンペーン”を実施することを発表した。

登録者数50万人突破の『御城プロジェクト:RE』と『インペリアル サガ』がコラボ! 丹下桜さんが演じる新城娘も登場!

DMM GAMESは、サービス中のPC・Android用ゲーム『御城プロジェクト:RE』において、2017年4月25日より、登録者数50万人突破記念キャンペーン、および“インペリアル サガ×城プロ:RE”コラボを開催することを発表した。

『ドラゴンボール ゼノバース2』DLC第3弾“未来トランクス編(前編)パック”が配信開始、DL版のプライスオフキャンペーンも実施決定

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』について、ダウンロードコンテンツ第3弾“未来トランクス編(前編)パック”を配信開始した。

『Forza Horizon 3』はシリーズ歴代最高の勢い 開発者が教えてくれた、世界中で支持されている理由とは?

2017年4月25日に、日本マイクロソフト本社にて、『Forza』シリーズと『Minecraft』のプレゼンテーションが行われた。ここでは、『Forza』フランチャイズ シニアマーケティングマネージャー クリス・ビショップ氏のプレゼンをお届けしよう。

【先出し週刊ファミ通】新作『ザンキゼロ』発表! 『ダンガンロンパ』チーム寺澤氏、菅原氏の新作はサバイバルRPG!?(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、スパイク・チュンソフトの完全新作RPG『ザンキゼロ』を独占スクープ!

【先出し週刊ファミ通】『ラビ×ラビ』シリーズ4作品がセットになりPS Vitaで登場!(2017年4月27日発売号)

週刊ファミ通2017年5月11・18日合併号(2017年4月27日発売)では、プレイステーション Vita用ソフト『ラビ×ラビ -パズルアウトストーリーズ-』の情報をお届け。