HOME> ニュース> 辻本良三プロデューサーに直撃取材!【『MHP 3rd』発売日リポート】

辻本良三プロデューサーに直撃取材!【『MHP 3rd』発売日リポート】

PSP ゲーム
カウントダウンイベントが終了した直後、『3rd』の辻本良三プロデューサーに直撃取材を敢行。発売開始直後の心境を聞いた。

●やらなきゃいけないことはいっぱいある!

TN2_2918

 無事に発売されたカプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』。特製PSP“ハンターズモデル”はもとより、早くもソフトが品切れになる店舗も出始めている。

 そんな、前評判通りのスタートダッシュを決めた『3rd』のプロデューサー、辻本良三氏を直撃! 発売カウントダウンイベント直後の生の声をお届けする。(聞き手:大塚角満)

辻本 お疲れ様でした! ……いやあ大塚さん、なんか今日、妙に緊張しましたわ……。
大塚 ええ!? 珍しい! いつも自然体で緊張しないって言ってるのに!
辻本 なんでやろねえ。昨日までまったく緊張してなかったんですけどね。なぜか、当日になって……。
大塚 夕べは眠れましたか?
辻本 寝れてないです。ていうかそもそも、寝る気などなかったです!(笑) 前日なので、寝るのはあきらめてました。
大塚 そっか(笑)。でもぶっちゃけ、いまどんな心境ですか? 「やっと発売日だ」って感じ?
辻本 そうだなあ……うん、「やっと」ですね。でもね、今日までは早かったんですよ。「もうすぐやなぁ」と思ってから発売日まではめっちゃ早かった。それが今日になって「やっとだ」っていう思いがこみ上げてきたんですよね。なぜかわからないんですけど。「おもしろい感覚だな」って自分のことながら思います。
大塚 自分がプロデュースしたソフトの発売日って、いつもそんな感じなんですか? それとも、今回が特別?
辻本 今回はとくに、ですね。ここまでの盛り上がりがいままでよりも大きかったからかもしれない。
大塚 僕ってずっと、週刊誌を作っているじゃないですか? なので2年以上の永い時間をかけてゲームを作っている人の心境って、ぜんぜんわからないんです。いま、どういう心境なんだろうなっていつも思う。
辻本 ああ、なるほど。プロデューサーとして複数のタイトルを見ている僕はまた違うんでしょうけど、ディレクターを始めとする現場のスタッフは、このタイトルを作り始めてから2歳も歳を重ねているんですよね。その時間ずっと、持てる力を込めてソフトを作っているんです。自分たちが費やした2年以上の時間が詰まっている作品ですから、すごく感慨深いと思いますよ。
大塚 ですよね……。
辻本 そういう意味では、やっぱりちょっとホッとできたかな。ここ数日は「早く発売してくれ!」って感じでしたもん。
大塚 力も時間も詰まった作品ですもんね。
辻本 はい。それに今回は、まだ『モンハン』を知らない層にも届けたいと思って、いろいろと大きな仕込みをしていましたからね。ハンターズモデルとか、アドホック・パーティーとのコラボとか。それらの準備がずっと続いていたので。
大塚 発売前の仕込み、すごかったですね。
辻本 そういったものがバタバタと続いていたので、時間が経つのが早く感じたのかもしれないですねえ。……まあでも、やれるだけのことはやれた、っていう感じはありますね。これもね、開発スタッフのみんなががんばってくれたことと、開発以外の方々の協力の賜物なんですけど。本当に、感謝しています。
大塚 うんうん。
辻本 でも、いまはとりあえずホッとしていますけど、いまからまたスタートしなきゃ、っていう思いも強いです。……と言いつつ、ちょびっとだけ休もうかな(笑)。気持ちの部分でね。
大塚 渋温泉に行ってゆっくり休んだほうがいいですよ。
辻本 スケジュールが調整つかなくて、まだ行けてないんですよね……。
大塚 休むのも仕事ですよ!! ……と、休めてない俺が言ってみたり(笑)。でも良三さん、前作の『2nd G』がPSP用ソフトとしては前人未到の400万本突破を達成しているじゃないですか? そのプレッシャーは?
辻本 ないですよ! いつも言ってますけど。
大塚 そう、いつもそう言う。「ものすごいプレッシャーです……」という言葉を引き出そうとしているのに(苦笑)。
辻本 あははは。前作がどんなものであろうが、僕たちはいろいろと分析し、噛み砕いて、そのときにおもしろいと思うものを作るだけですから。そういう意味で、プレッシャーはまったくないです。
大塚 そっかあ。でも今作って、なんとなくいままでの作品以上に“協力プレイ”にフィーチャーしているような気がするんですけど、どうですか?
辻本 どっちかと言うと、逆かもしれない。
大塚 あ、そうなんですか。
辻本 「協力プレイがおもしろい」っていうことはある程度確立できていると思うんです。なので今回は、ひとりのときの遊びの幅をもっと広げられないかな、って思っていたので。
大塚 オトモアイルーを2匹連れていけるとかね。
辻本 そうそう。“少人数のときの幅”ですね。これを確立することで、もっともっと可能性が広がっていくんじゃないかと思うんです。
大塚 最近、僕の読者から特徴的なお便りがたくさん届くんです。「ふたりとも60歳過ぎの夫婦ですが、楽しく狩っています」とか「狩りの女子会開いています」とかね。『3rd』の発売が近づくにつれて、こういうお便りが増えてきたんですよ。
辻本 潜在的に、そういう人がたくさんいてくれたんだろうなって思うんです。僕もそういう話をいろいろ聞いて、そういった方々もピクっと反応できる施策をやっていきたいなって思っていたんですよね。

※ここで、『3rd』を買いに来た30代半ばくらいの男性に声をかけられる。

男性 辻本さん、『3rd』楽しみにしていました! ちょっといまは買えなかったんですけど、仕事が終わったら買いに行きますので! ハンターズモデルも予約してあります!
辻本 ありがとうございます!!
男性 お忙しいでしょうけど、お身体に気をつけてがんばってください!
辻本 はい! がんばります!!

大塚 うーん、『モンハン』ぽくていいなあ……。
辻本 あはは。そうですねー。ありがたいです。
大塚 うんうん。
辻本 でもアクションゲームで、これだけいろいろな人が遊んでくれているのを見ると、単純に「いいな」って思うんです。逆に「どこまでの人がやってくれるんだろう」っていう期待も膨らむし。
大塚 本当に、『モンハン』のプレイヤー層って広がっていますよね。僕も、自分の親と同年代の人から「がんばって狩っています。楽しいです」なんていうお便りをいただくので、今回はそういった人に会いに行きたいなって思って。「こんなに『モンハン』の層って広がっているんだよ」って伝えていきたいんだよなー。
辻本 ああ、それはじつにありがたいです! 潜在的な“ハンター予備軍”という感じの人たちを、もっと奮い立たせることってできると思いますもんね。
大塚 そういう意味では、東京ゲームショウで発表した『鷹の爪』とのコラボPVは、潜在的な人たちを掘り起こす一助になりましたよね。すごくよかったもの。
辻本 そう言ってもらえるとうれしいわー。あれはいいコラボだったな、って思っているので。
大塚 ああいったライトな層にも訴求する施策、これからも期待してますからね。
辻本 そうやってプレッシャーかける(笑)。
大塚 せっかくの機会なので、言っとかないと(ニヤリ)。でもこのへんのプロモーション手段って、いかにも良三さんらしいな、って思いましたわ。
辻本 それほどゲームに興味がない人って、本当におもしろくないと見てくれないですからね。いつも藤岡(要ディレクター)が「ゲームは見て楽しい、遊んで楽しい」って言いますけど、“見る楽しさ”って絶対に必要なんですよね。
大塚 “見るゲー”ですね。
辻本 そうそう。見る側のことを考えないといけないんですよね。でもPVだけでなく、今回はコラボもたくさんさせてもらって、いい発売日を迎えられたと思います。
大塚 ホントに、いろんなところとコラボレーションしてますよね! 取材に行くのがたいへんなくらい……。
辻本 全部行ってくださいよ。コラボしている、全店舗(笑)。
大塚 行けるわけないでしょが(苦笑)。
辻本 でもまだまだ、これからですね。やらなきゃいけないことはいっぱいあるし。
大塚 そうですねー。フェスタもあるし。
辻本 そうそう。
大塚 期待してますね、本当に。
辻本 はい! もう、なんでもやりますよ。
大塚 ていうか、いっしょに狩りましょうよ。ひさしぶりに。
辻本 そうや! やりましょやりましょ。いつやります?
大塚 いつでも! 今日でも、明日でも。
辻本 …………いや今日は無理でしょ(苦笑)。コロス気か!!(笑)
大塚 あはははは! 俺もダメだ(笑)。この記事作らなきゃ……。
辻本 でもホント、おもしろいことをいろいろ考えているので、期待してて!
大塚 わかりました! ありがとうございました!

[関連記事]
※『モンスターハンターポータブル 3rd』のカウントダウンイベント、SHIBUYA TSUTAYAで盛大に開催
※圧倒的な勢いの新宿は発売開始30分で当日販売分完売のお店も!
※池袋のビックカメラ本店では500人を超えるハンターが集結!
※激戦区池袋にあるヤマダ電機LABI1 池袋 モバイルドリーム館の豊富な在庫で勝負!?
※秋葉原のソフマップは販売開始時刻を繰り上げてスタート
※ビックカメラ有楽町店は販売開始後も人の波が途切れることなし
※全国のハンターから発売風景の写真が届いた

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

PS5/Switch版『Temtem』が9月7日に発売決定。かっこかわいい生物“テムテム”を捕獲&育成して冒険するMMORPG。協力&対戦プレイにも対応

2022年5月25日、PLAYISMは、プレイステーション5、Nintendo Switch版『Temtem』の発売日が2022年9月7日に発売することを発表した。

『黒子のバスケ』ルームウェアやショルダーバッグ、財布など全9アイテムが登場。新ファッションブランド“オノフィーフリー”の第1弾として展開

2022年5月25日(水)、バンダイ ファッションブランド事業部は、アニメ・マンガ・ゲームが大好きな人々に向けた新ファッションブランド“ONOFFYFREE(オノフィーフリー)”を新たに立ち上げ、第1弾の『黒子のバスケ』アイテムを予約開始した。

『ベルサイユのばら』50周年を記念した展覧会が六本木・東京シティビューで9月17日より開催決定。初公開を含む貴重な原画を鑑賞できる

東京都港区六本木の東京シティビューにて、“誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー”が2022年9月17日(土)〜11月20日(日)の期間で開催されることが明らかとなった。

【FGOアーケード】ジェームズ・モリアーティが5/26に実装。3DCGモデルや宝具演出などが公開

FGO ARCADE PROJECTは、『Fate/Grand Order Arcade』(FGOアーケード)にて2022年5月26日より星5アーチャー“ジェームズ・モリアーティ”を実装することを明らかにした。

『ゴールデンカムイ』杉元・白石が350ml缶に、鶴見・土方・尾形が500ml缶にデザインされたサッポロ クラシック“ゴールデンカムイ缶”が7月20日に発売

TVアニメ『ゴールデンカムイ』とサッポロビールのタイアップ第五弾として、“ゴールデンカムイ缶”が北海道にて数量限定で7月20日より発売される。

【フッ】『スパイファミリー』アーニャの可動フィギュアが登場。余裕の笑みや驚き顔など劇中さながらの顔芸も楽しめる!

アクションフィギュアシリーズ“S.H.Figuarts”の新商品として、アニメ『SPY×FAMILY』より“アーニャ・フォージャー”がアクションフィギュア化。2022年5月26日(木)より本商品の予約受付が開始される。

映画『ONE PIECE FILM RED』のショート動画が公開。海軍のモモンガ、藤虎、黄猿、赤犬や、世界政府のブルーノ、カリファ、五老星が登場

2022年8月6日(土)公開のアニメーション映画『ONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルムレッド)について、映画に登場する海軍、世界政府の面々がショート動画にて解禁された。

アニメ『カードファイト!! ヴァンガード overDress』が期間限定で特別配信。7月より放送開始する続編に向けてストーリーを振り返ろう

2022年5月25日(水)、ブシロードは、YouTube公式チャンネル“ヴァンガードチャンネル”にて、アニメ『カードファイト!! ヴァンガード overDress』の特別配信を開始した。

【スタバ新作】あまりにもメロンすぎる一杯“The メロン of メロン フラペチーノ”が6月1日発売。今年のスタバサマーはミドリ!

2022年6月1日(水)より、“The メロン of メロン フラペチーノ”が全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて販売される。

【ポケカ】はじめしゃちょー×グラニフのコラボ企画“P-Lab.(ピーラボ)”が始動。ピチューがデザインされたTシャツやスニーカーなど全14種がお目見え

グラニフは、2022年5月25日より、ポケモンカードゲーム、はじめしゃちょーとのコラボレーションプロジェクト“P-Lab.(ピーラボ)”を開始することを発表した。ポケモンカードゲーム×はじめしゃちょー×グラニフのコラボ企画として、特別に制作されたポケモンカードのデザインを使ったアパレルアイテムや雑貨が登場する。