HOME> ニュース> 『恋と水着と太陽と』サントラ発売記念イベントで小坂りゆと森谷里美が熱唱

『恋と水着と太陽と』サントラ発売記念イベントで小坂りゆと森谷里美が熱唱

ゲーム PC
PCゲーム『恋と水着と太陽と〜スミレ島ライフセーバーず〜』のサウンドトラック発売記念イベントが、2010年11月20日、神奈川県・横浜市のアニメイト横浜店にて開催された。

●アットホームな雰囲気のイベントに自然と笑顔がこぼれる

 PCゲーム『恋と水着と太陽と〜スミレ島ライフセーバーず〜』のサウンドトラック発売記念イベントが、2010年11月20日、神奈川県・横浜市のアニメイト横浜店にて開催された。イベントには、同サウンドトラックに収録されているゲームのオープニング曲『夏のキセキ』を歌う小坂りゆと、エンディング曲『星のかけら』を歌う森谷里美が参加。会場に詰め掛けたファンとともに楽しいひと時を送った。

koi20

▲『夏のキセキ』を歌う小坂りゆ(写真左)と、『星のかけら』を歌う森谷里美(写真右)。

 終始アットホームな雰囲気で進められた今回のイベント。この日が初対面だという小坂と森谷に、それぞれの第一印象を聞いてみると「写真を先に見ていて、ほんわかした、やさしい雰囲気の方なんだろうなと思っていたら、イメージどおりでうれしかったです!」と好印象。一方の森谷は、「最初、“白ッ!”って思いました(笑)メイクの影響などもあるのかと思ったんですけれど、手足も白いのでビックリでした。北のほうの方なんですか?」と出身地の話題に。しかしこれに対し「横浜です。じつは今日、超地元なんですよ!」(小坂)と小坂が横浜出身だということがわかり、今度は横浜のオススメスポットを聞くような流れになっていく。

 さらに、イベントでは楽曲に関する質問や、PV撮影時の話題など、曲に関する質問が行われていくのだが、気が付くと話題があらぬ方向へと逸れていく。森谷はPV撮影や写真撮影時のポイントを小坂から伝授してもらおうと必死に。「歌詞を間違えないようにがんばろう、とか。あとは意外と(撮影時は)小声で歌っています」という小坂のコメントに「そうですよね! 私、わりとガッツリ歌っていたら、もっと小さい声でいいよって言われました(笑)」という珍エピソードも飛び出した。

koi01
koi02
koi03
koi04
koi05
koi06

 トークコーナーのあとは、小坂と森谷によるミニライブ。さきに登場した小坂は「作品のイメージにピッタリの元気いっぱいな曲になっていますので、いっしょに歌っていただければ!」と『夏のキセキ』をアピール。爽やかな楽曲を伸び伸びと歌い上げる小坂の姿に、会場から自然と手拍子が沸き起こる。ファンとともに楽しそうに歌う姿が非常に印象的だった。続く森谷は、「しっとり担当の森谷です。ゆったりとした気持ちで聴いていただければと思います」とコメント。しっとりとしたバラードながら、しっかりとした意志を込めた歌声で会場を魅了すると、ファンもメロディーに身を寄せるように体を揺らし、歌声に聴き入っていた。

koi07
koi08
koi09
koi10
koi11
koi12
koi13
koi14
koi15
koi16

 ミニライブのあとは、プレゼント抽選会が行われ、サイン入り生写真のお渡し会に突入。ファンひとりひとりと笑顔で会話を交わし、ふたりはファンとの交流を楽しんでいた。

koi18
koi19

■イベント終了直後のふたりにインタビュー

 ここからは発売記念イベントを終えたばかりの小坂と森谷へのインタビューをお届け。イベントを終えて距離感の縮まったふたりのトークに要注目。


――本日のイベントの感想からお聞かせください。
小坂りゆ(以下、小坂) 今日は本当にすごくたくさんの人が集まってくれて、想像していたよりもすごく盛り上がってくれました。歌のときも手拍子とかしてくれて、本当に感動でした。ありがとうございます。
森谷里美(以下、森谷) お店の中での、CD発売記念イベントというのが初めてでした。予約をしてくださったり、限られた店頭で買われた方が今回イベント参加券を手に入れられて、今日来ていただけているということだったので、それだけ段階を踏まないといけないのに、たくさんの方に来ていただけたのがすごくうれしかったです。私たちをすごく温かく迎えてくださって、すごく楽しかったです。

――今回おふたりはイベント前に初めてお会いしたということで、第一印象からイベントが終わってイメージ変わったりしましたか?
小坂 始まる前に「トークできないです」って言ってたのに、めっちゃしゃべってらっしゃって、「どこが?」って思いましたね(笑)。「トークはお任せします」って言ってたのに、すごくしゃべっていたので「いやいやいや」って(笑)。
森谷 違うんです(笑)。あれはトークじゃなくて、もはや私の独り言なんですよ(笑)。
小坂 でも、めちゃめちゃトーク弾みましたよね。お客さんの反応もよくて。そこが初ギャップです。
森谷 そうですか(笑)。自分としては、私といっしょになる方はすごくかわいそうだな、と思うぐらいあまりうまく回せないんですよね。こんなギクシャクしてる私と、りゆちゃんのしっかりしている感じが……。
小坂 いや、私もふわっとした感じで、キャッキャッキャッキャしてるだけなんで(笑)。
森谷 じゃあ、似た者どうしということで。でも、第一印象のときは「かわいらしい!」と思ったのですが、雰囲気が私とは違うのかな、と思って不安でした。
小坂 ふたりの絡みがうまくいくのかなってことですね。
森谷 そうです、そうです。でも、実際にお会いしたらすごくお話しやすい方でした。本当にありがとうございます。助けていただいて。

――今回のミニライブの感想と楽曲の聴きどころを。
小坂 聴きどころは元気いっぱい、そしてちょっとかわいらしい感じで歌っているので、みんなも夏を思い出しながら“寒い季節を吹っ飛ばせ!”という気持ちで聴いていただけたらと思います。ライブのほうは、始まる前にバタバタしていたんですけれども、ホントに盛り上がってよかったです。みんなのすごい熱気が伝わってきて、勇気づけてもらいました。
森谷 曲の感そ……あ、違う。質問なんでしたっけ?(笑) あ、アピールポイント……りゆちゃんの曲を聴いたときは、すごく元気で「これから夏! どう楽しく過ごそう?」というイメージを持ったんですけれども、自分の曲はそれと対比しているエンディングだなぁ、と思いました。浜辺でひとりでポツンと座って、静かな波の音を聴きながら夜空を見上げているような気持ちに浸れるのが、この曲の世界観だと思っているので。生で歌わせていただくときも、その雰囲気をそのままお届けできるように、と歌わせていただきました。

――お渡し会の感想はいかがですか?
小坂 初めましての方もいたし、久々〜って人もいたし、ホントに温かい気持ちになりましたね。直接ひとりずつお話するというか、直接会える機会がなかなかないので、本当に貴重な時間だったなと感じました。すごく素敵なひと時でした。
森谷 逆に私は、いままでやらせていただいているイベントが、来てくださった方と直接やりとりできることが多かったんですね。そうして以前にお会いした方々が来てくださっていたので、イベントが始まってステージに出たときに安心感を感じられました。ひとりひとりのお顔がわかるので、歌を歌っているときもひとりひとりなるべく見ながら歌いましたね。そういった意味でも、イベント自体、この作品自体、りゆちゃんとイベントをやること自体初めてのことだったんですけれど、どこか自分の延長線上だったということがうれしくもあり、温かかいなと思いました。今日初めましての方もやっぱりたくさんいらっしゃいまして、そういった方からも直接会話ができる、すぐ感想が聞くことができるというのがすごく貴重な機会だな、と。歌の感想も「よかったよ!」、「素敵でした」って言っていただけたので、曲のよさも感じていただけたなら、本当に今日はよかったな、と。万々歳です。

――今回生写真を配られていますが、写真の注目ポイントはどこですか?
小坂 いつも髪を結ぶことがないので、そういう意味ではちょっとしたレア感があるかな、と。
森谷 まさかこんな形で使ってもらうことになるなんて、という感じの写真なんですけれども(笑)。この曲と出会ったりとか、いろんな方と出会って、ホントに間もないときにわけもわからない状態で挑んだ撮影だったので、自分のアタフタしているところがなるべく見えないものだったらいいな、と思っています。ただ、すごく自分らしい雰囲気が出ているかな、と思うので、自分では満足しています。

――最後にひと言ずつメッセージをお願いします。
小坂 直接みんなに会えたり、みんなに歌を聴いてもらえたりという機会がもっと増えればいいな、と思いますし、どんどん新しい楽曲にも挑戦していきたいと思います。これからの小坂りゆも、温かく見守っていてください。
森谷 CDになってウチで聴いたり、iPodとかに入れていただいて聴いたり、自分の生活の中で聴いていただくのもすごくいいと思うんです。ただ、私自身もいろんな方のライブに行くことが好きなのもあって、生で直接歌を聴くのは、CDと違う雰囲気があるんですよね。やっぱり生がイチバンだなって思うので、どんな機会があるかわからないですけれども、もし何かの機会にまたイベントとかがあれば、ぜひぜひ生の歌を聴きに来ていただいて、いろいろ感じてほしいなと思います。私も、りゆちゃんもこれからたくさん歌を歌っていって、いろんなところでイベントをして皆さんといろいろ会話をしていきたいな、と思います。これからもがんばっていきますので、応援よろしくお願いします!

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

マンガ『闇金ウシジマくん』完結を記念し、限定ラベルのスペシャル・ウイスキーが発売。特製ラベル“インチガワー1997”のお値段は?

『闇金ウシジマくん』の完結記念として、 2019年6月4日より特製ラベルの限定ウイスキーが発売される。

【大富豪くん】『闇金ウシジマくん』のボードゲーム“闇金ウシジマくん裏社会大富豪”が5月30日に発売

『闇金ウシジマくん』と大富豪を掛け合わせたボードゲーム、“闇金ウシジマくん裏社会大富豪”が2019年5月30日に発売。

高橋洋子のミニアルバム『EVANGELION EXTREME』が発売。7月24日には和太鼓アレンジの『残酷な天使のテーゼ MATSURI SPIRIT』も【日本の祭り】

高橋洋子のミニアルバム『EVANGELION EXTREME』が発売。さらに、2019年7月24日にはニューシングル『残酷な天使のテーゼ MATSURI SPIRIT』も登場。

えなこがかわいすぎ! 人気コスプレイヤーが “Galaxy S10+”PRイベントで特製コスチュームを披露

2019年5月23日、東京・原宿の“Galaxy Harajuku”にて、新スマートフォン“Galaxy S10+”のPRイベントが開催。同イベント内にて、人気コスプレイヤーのえなこが登壇した。

美人コスプレイヤーが歩行者天国に大集合! ホココスを彩ったゲーム&アニメヒロイン30連発!!(後編)

大型コスプレイベント“ホココス 〜南大津通歩行者天国COSPLAY〜(略称:ホココス)”会場を彩ったハイレベルなコスプレイヤー写真を掲載する企画の後編をお届け!

【お寺×アニメ】身延山久遠寺と大人気テレビアニメ『ゆるキャン△』がまさかのコラボ。キャラボイス使用のBlu-ray&DVD『身延山』が5月29日発売

“日蓮宗総本山身延山久遠寺”(以下、“身延山久遠寺”)が人気テレビアニメ『ゆるキャン△』とコラボ。キャラクターボイスを使用したビデオの販売を2019年5月29日から開始。

ゲームイベント界のキメラ“C4 LAN 2019 SPRING”リポート。物産展と盆踊りと少々のお色気が参加者を襲う

2019年5月10日〜12日、ゲームを持ち込んでひたすら遊ぶイベント“C4 LAN 2019 SPRING”が開催。ゲーマーにとって夢の空間を3日間にわたって堪能したリポート記事をどうぞ。

ディズニー『アラジン』と7人のプリンセスの一番くじが登場! 魔法のランプや魔法のじゅうたんがモチーフの賞品が多数

ディズニーの『アラジン』と7人のプリンセスをモチーフとした一番くじが2019年6月8日より販売される。

“カップヌードル”最新CMシリーズで『ワンピース』麦わらの一味が高校生に! 第1弾“ゾロ篇”では、剣道部所属のゾロ(17歳)の青春を描く

「アオハルかよ。」で話題となった“カップヌードル”のCMシリーズ最新作“HUNGRY DAYS ワンピース”が公開。第1弾の主人公は、剣道部所属のゾロ(17歳)!