HOME> ニュース> 『ファイナルファンタジーXIV』“リテイナー”の新コスチュームや新たに判明したモンスターを公開

『ファイナルファンタジーXIV』“リテイナー”の新コスチュームや新たに判明したモンスターを公開

ゲーム プレイステーション3 PC
PC(Windows)版では、2010年11月、12月と大規模バージョンアップが続けて予定され、ますますプレイステーション3版発売へ期待が高まるMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジー』(以下、『FFXIV』)。今回は、プレイヤーに代わってアイテムの売買を行ってくれる"リテイナー"の新コスチュームや、新たに判明したモンスターの姿を公開していこう。

 PC(Windows)版では、2010年11月、12月と大規模バージョンアップが続けて予定され、ますますプレイステーション3版発売へ期待が高まるMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ファイナルファンタジー』(以下、『FFXIV』)。今回は、プレイヤーに代わってアイテムの売買を行ってくれる"リテイナー"の新コスチュームや、新たに判明したモンスターの姿を公開していこう。併せて、武器の一部も紹介!

リテイナーの新装備はコレ!

ff008
ff009

執事風のエレゼンと、胸元がセクシーなミコッテのリテイナー。どちらも冒険者の所持品をしっかり管理してくれそうな風貌だ。

●討伐対象と強なる者たち

エオルゼアの地に跋扈するモンスターや蛮族の中には、"ノートリアス(悪名高き)モンスター"と呼ばれる強敵が存在する。ここでは、新たに判明したノートリアスモンスターおよび通常モンスターを紹介。さらに、強敵と戦ううえで必要となるであろう、新たな装備も併せてお届け。

ff005

タープ・ウーシュカ
グレートバッファローの一種。各地を巡る見せ物として、興奮と鎮静の魔法をくり返し施されてきた結果、ほかの生き物を踏み潰すことを喜びとする手の付けられない怪物と化してしまった。軍によって孤島に隔離されていたのだが……。

ff002

エルダーモスホーン
大山羊アルドゴートの中に、ごく稀に異常な長寿を誇る大型個体がおり、"苔角(" モスホーン)と呼ばれる。湾曲した美角からひと目でそれとわかる苔角によって複数の群れが束ねられ、肥沃な地を求めて大移動が始まることがあるという。

ff001

ウラエウス
陽光を反射した鱗がキラキラと輝いて見える、白銀の体色をしたペイストの変異体。十二神話における太陽神アーゼマのしもべ、美蛇の名をとって名付けられたその革は値千金とされるが、猛毒の前に落命した猟師は少なくない。

ff004

ザニゴ
蛮族アマルジャ人の錬金術師が、ドレイクをベースに開発した生物兵器の試作品。四肢等に取り付けられた刺具によって高い闘争心を維持。また分厚い鱗に施された"魔紋"で、魔法耐性も強化されており、ウルダハ攻略の切り札とされる。

●そのほかのモンスター

ノートリアスモンスター以外にも、エオルゼアには多数の生物が生息している。ここで紹介する3種のモンスターは、いずれも同名のモンスターが『FF』シリーズ作品に登場している。これらの中にも、ノートリアスモンスターが存在する可能性はありそうだ。

ff007
ff003
ff006

プリン
全身を構成するブヨブヨとしたゲル状の肉体、邪悪な大目玉と人語を操る大口を持つ正体不明の魔物。ずる賢いが感情の抑制は苦手とし、喜怒哀楽で体色まで変化させてしまう。生物学者の中には、人に近しい種と唱える者もいるが……。

ゴブリン
奇妙な防臭面と背中の大荷物がトレードマークの小柄な蛮族。ギャザラーやクラフターに従事している者が多く、都市の外からエオルゼア経済を支える存在だったが、ここ数年、民族総出で100年に一度の大巡礼の旅に出かけていた。

ダイアマイト
アリのような社会生活を営む巨大節足動物。出産を担う数匹のベーンマイトを筆頭に、戦闘を担う少数のダイアマイト、労働を担う多数のマイトリングから成るコロニーを形成。非常に悪食で、各地を旅しながら徹底した略奪を行う。

●モンスターを駆逐する武器の数々

2ヵ月連続のバージョンアップにとどまらず、今後も見逃せない更新が続々と控えている、そんな手ごたえを感じる画像を入手! 詳細については不明だが、どの武器もクラスの性能を引き出せそうな見た目をしている。これらの武器を作るには、ノートリアスモンスターが落とす素材を加工する必要があるのかも!? またこれからも、新たな武器が続々と追加されていくようだ。

ff011
ff012
ff013

金色に輝く装飾に彩られた両刃の剣。太い刀身は、自身より大きな獲物を叩き斬ることに向いていそうだ。初登場となる鞘の美しさにも要注目!

二股に分かれた槍頭の形状が特徴的な槍。返しが付いているため、突いたときだけでなく引いたときにも、標的へダメージを与えられそうだ。

斧のようにも、杖のようにも見える、不思議な形状の武器。赤い宝石がはめ込まれ、精巧な竜の装飾が施されている。熟練の冒険者が扱う物だろうか……?

ファイナルファンタジーXIV
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年03月上旬
価格 未定
ジャンル RPG(ロールプレイング)
備考
(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』新オペレーターAlibi、Maestroのプレイ動画と詳細情報をお届け

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year3シーズン2にて追加される新オペレーター“Alibi”、“Maestro”の詳細情報を、プレイ動画と合わせてお届けする。

「野良連合は本命を驚かせるほど優れていた」『レインボーシックス シージ』米プロチーム“Rogue”ショートインタビュー

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”野良連合 vs Rogue戦後にインタビューを実施した。

光るディレクターが爆誕!? 『Fate/Grand Order Arcade』大阪で行われたロケテスト&ファンミーティングの模様をレポート!

2018年5月19日から20日にかけて大阪・ラウンドワンスタジアム 千日前店にて、『Fate/Grand Order Arcade』のロケテストが開催された。その2日目に実施された“『Fate/Grand Order Arcade』ファンミーティング in 大阪”の模様をお届け。

BitSummit会場で見かけた、ポップでアートなタイトル5選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、キャッチーな見た目と充実したゲームプレイを両立しているインディータイトルを紹介する。

野良連合、アメリカ1位通過“Rogue”に善戦するも一歩及ばず敗退。 『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン7グローバルファイナルをリポート

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』。本作のPC版プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが開幕し、初戦野良連合 vs Rogue戦が行われた。

『Fate/Grand Order Arcade』ゲオルギウス、ガイウス・ユリウス・カエサルが初期サーヴァントとして登場決定

『Fate/Grand Order Arcade』リリース時に登場する初期サーヴァント20騎のうち、新たにゲオルギウスとガイウス・ユリウス・カエサルの2騎が公開された。

『レインボーシックス シージ』テストサーバーにて防衛オペレーター6名に“防弾カメラ”が実装へ、スモークが投擲されても敵をスキャン可能

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Operation Para Bellumテストサーバーにて、カメラのユーザーインターフェースの改善と、防衛側セカンダリガジェットに”防弾カメラ”を実装することを、Dev Blogにて公開した。

野良連合は世界でも勝てるのか? 『レインボーシックス シージ』シーズン7 グローバルファイナルが間もなく開幕

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日(日本時間20日0時より)にアメリカ・アトランティックシティで開催される。

【週間PVランキング】『週刊少年ジャンプ』のミニファミコンが話題に【5/12〜5/18】

ファミ通ドットコム、5月12日〜18日の週間PVランキングをお届け。

『レインボーシックス シージ』このチーム、選手に注目! シーズン7 グローバルファイナルの見どころを父ノ背中?きんち”が解説

?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルが、いよいよ現地時間の5月19日、20日にアメリカ・アトランティックシティで開催される。グローバルファイナルの見どころや、野良連合が勝つために必要なことについて、公式配信で解説を務める父ノ背中・きんちによる解説をお届け。