HOME> ニュース> 『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』にヴァン参戦!

『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』にヴァン参戦!

ゲーム PSP
『ファイナルファンタジーXII』から、満を持して主人公のヴァンが参戦! 多彩な武器で戦うバトルスタイルに迫る。さらに、アツい駆け引きを生むバトルの新システムも公開!

●大空への憧れを胸に、少年は新たな戦いへと羽ばたく

 『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズの主人公とライバルが夢の競演をくり広げる対戦アクション『ディシディア デュオデシム FF』(以下、『DDFF』)。今回判明したのは、『FFXII』の主人公ヴァンの参戦。バトルでは何種類もの武器を、つぎつぎと持ち換えて戦うようだ。

01
02

ヴァンは、持ち前の明るさで、何事にも物怖じせずに立ち向かう少年。『FFXII』では王女アーシェと出会い、世界の命運を賭けた旅に出ることに。“空賊”に憧れており、自分の飛空艇で空飛ぶことを夢見ている。

03

“スイッチアタッカー”というバトルコンセプトがあるヴァンは、片手剣や両手剣、槍、そして銃などを駆使して戦う。武器は全部で8種類あり、それとは別に素手の状態もあるらしい。

04

『FFXII』では、ミストナックと呼ばれる必殺技を連携させることで、“融合技”が発動した。本作でのヴァンのHP攻撃は、この融合技をベースとしている。

05
06

ヴァンのEXバーストは原作のミストナックがモチーフ。『ディシディア FF』でのガブラスのEXバーストと同じく、制限時間内にRボタンで技をシャッフルし、○ボタンで発動する。

●バトルを彩るさまざまな衣装

 各キャラクターの衣装は、通常のノーマルフォームのほか、アナザーフォームやサードフォームなど複数ある。ここではヴァンのアナザーフォームのほか、ヴァンと同じく『FFXI』から参戦が決定しているガブラス、そして『FFVI』のティナとケフカのサードフォームを公開!

07
08

ヴァンのアナザーフォームは、天野喜孝氏のイラストから着想を得たもの。鎧姿のガブラスは、サードフォームで原作と同じくバッシュに変装!

09
10

天野喜孝氏のイラストがもとになっている、ティナとケフカのサードフォーム。これで気分を新たにしてバトルを楽しむことができそうだ。

●EXモードとアシスト、せめぎ合うふたつのシステム

 『DDFF』のバトルにおいて核となるのが、“EXモード”と“アシストシステム”。EXモードは前作にあったシステムで、発動するとさまざまな強化効果を得られ、高威力の“EXバースト”がくり出せる。さらに本作では、発動時に相手のアシストゲージをゼロにしてしまうのだ。一方、本作で導入されたアシストシステムでは、仲間を召喚することで攻撃や追い討ち、相手の連続攻撃からの脱出が可能。そして、敵がEXモードやアシストシステムを発動したときに、その対抗策となるのが、ここで紹介する“EXブレイク”と“アシストブレイク”だ。

11
12

EXブレイクは、アシスト攻撃がEXモード中のキャラクターにヒットすると発生。アシスト発動側はマップブレイブを獲得し、EXブレイクされた側はEXモードを強制解除される。

13
14

逆に、EXモード中のキャラクターが相手のアシストキャラを返り討ちにすると、アシストブレイクが成立。この場合はEXモード発動側がマップブレイブを獲得し、アシストブレイクされた側は一定時間アシストキャラを呼び出せなくなる。

15
16

EXゲージには新たな使い道も。被ダメージ中にR+□ボタンを押すと、敵の攻撃を中断させて“EXリベンジ”が成立。EXリベンジ中は時間の流れが遅くなり、反撃を行うことが可能だ。ただしEXゲージは消費してしまうので、EXモードを発動することはできない。

※詳しくは週刊ファミ通2010年12月2日号(2010年11月25日発売)をチェック!

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、ディレクター:高橋光則、クリエイティブプロデューサー/キャラクターデザイン:野村哲也、ムービープロデューサー:野末武志、メインコンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:間一朗
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

龍が如くスタジオの最新作発表会が2017年8月26日に開催決定!! 複数の開発中タイトルを発表!

2017年7月25日、セガゲームスは、セガのゲーム情報バラエティ番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”放送内にて、龍が如くスタジオ最新作に関する発表会を2017年8月26日に開催することを発表した。

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』本作初登場の描き下ろし悪魔“デメテル”を始め、多様な悪魔たちとの奇妙な関わりを紹介!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)では、『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』の最新情報をお届け。

ついに配信される『ファンタシースターオンライン2』新エピソードを特集!【先出し週刊ファミ通】 

週刊ファミ通8月10日号(2017年7月27日発売)では、2017年7月26日からスタートする『ファンタシースターオンライン2』のエピソード5の配信を記念して、8ページにわたって新情報や開発者インタビューを掲載!

『仁王』DLC第2弾『義の後継者』が配信開始 “真田幸村”を描いた新シナリオなどを収録

コーエーテクモゲームスは、発売中の『仁王』において、、PlayStation Storeで有料ダウンロードコンテンツ第2弾『義の後継者』の配信を開始した。

『聖剣伝説コレクション』の公式LINEスタンプが配信開始

スクウェア・エニックスは、発売中のNintendo Switch用ソフト『聖剣伝説コレクション』のLINE公式スタンプの配信を開始した。

“VR Center”に絶叫系VRコンテンツ『ウルトラ逆バンジー』が登場!

常設型VRエンタテインメント施設イオンレイクタウン“VRCenter”は、2017年7月27日より絶叫系VRコンテンツ『ウルトラ逆バンジー』を導入すると発表した。

『フォーオナー』侍勢力の守護神“剣聖”が1/4スケール(全高約60cm)でスタチュー化

ユービーアイソフトより発売中の『フォーオナー』より、侍勢力の守護神“剣聖”が1/4スケール(全高約60cm)のスタチューになって2017年12月に発売される。価格は120000円[税抜]。

バンナム初のNintendo Switchタイトル『ナムコミュージアム』が7月28日に配信決定! PV映像も公開【動画あり】

バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチ用ソフト『ナムコミュージアム』を2017年7月28日より配信することを発表。同作のPVを公開した。

『DiRT 4』発売が迫るオフロードレースゲームの最高峰、その魅力を解説!【先出し週刊ファミ通】

オフロードレースの魅力を凝縮した『DiRT(ダート)』シリーズ最新作は、あらゆるレースゲームの“極北”を見せる最高峰の完成度に。そんな『DiRT 4』のポイントを週刊ファミ通2017年8月10日号(2017年7月27日発売)で紹介します!