HOME> ニュース> スクエニのゲーム音楽リミックスアルバム『More SQ』にsasakure.UKとELECTROCUTICAが参加

スクエニのゲーム音楽リミックスアルバム『More SQ』にsasakure.UKとELECTROCUTICAが参加

ゲーム
スクウェア・エニックスミュージックが放つ“SQ Project”第3弾として、2011年春に発売が予定されているゲーム音楽トリビュートアルバム『More SQ』の参加アーティストにsasakure.UK、ELECTROCUTICAが新たに発表!

●アレンジされる楽曲は『NieR』と『クロノ・トリガー

 スクウェア・エニックスミュージックが放つ“SQ Project”第3弾として、2011年春に発売が予定されているゲーム音楽トリビュートアルバム『More SQ』(もあ えすきゅー)の参加アーティストにsasakure.UK、ELECTROCUTICAが新たに発表された。

 sasakure.UKがアレンジするのは『NieR Replicant』、『NieR Gestalt』より『カイネ/救済』。ELECTROCUTICAは『クロノ・トリガー』より『世界変革の時』をアレンジする。

MoreSQ_nowprinting

▲タイトル:More SQ/発売日:2011年春/価格:未定/曲数:未定

chrono trigger_logo_w
NieR_Replicant_Logo
NieR_Gestalt_Logo
sasakure.UK_image

sasakure.UK
<Profile>
幼少時代に、“ゲームは一日一時間まで!”という非常に過酷な条件の中で、8ビット、16ビットゲーム機の奏でる音楽に多大な影響を受けて育つ。学生時代は男声合唱を学び、日本の多くの作曲家・詩人の作品に触れる。この頃から作曲に興味を持ち、独学で創作活動を始める。チップ・チューン系の打ち込みや、欧州プログレッシブ・ロックを彷彿とさせる転調や変拍子を得意とし、ノスタルジックで奇抜な世界観でありながらポップで温かみのあるサウンドを軸とした作品を多数発表し、動画共有サイトを中心に驚異の再生回数を誇り、それらの作品群が大きな話題を呼んでいる。また、サウンドのみならず、ドット絵アニメーションや、実写・手描きのイラスト等を用いたアートワーク・PV制作も自ら手掛け、そのマルチな才能も評価が高い。とくに、初音ミクなどのVOCALOIDをボーカリストとしてフィーチャリングした楽曲は多くのファンから支持を集めている。(リリースより)

electrocutica_logo

ELECTROCUTICA
<Profile>
ELECTROCUTICA(エレクトロキューティカ)とは、Treowと喜多嶋時透が主宰する連盟。2010年2月7日に音源『Hysteresis(ヒステリシス)』発表とともに始動し、ある政略の遂行のために結成されたプロジェクトである。作曲・音楽監督・総合プロデュースをTreowが担当、ビジュアル(PV・イラスト・デザイン)制作と企画・ディレクションを喜多嶋が担当し 作品ごとに流動的に展開する形態を取り、多様なアーティストが参加している。両氏とも大学で音楽・美術を専攻していた縁で結成され、西洋古典芸術の影響を受けつつも、さまざまな要素を取り入れた折衷表現が特徴。「'10年代のアーティストの在り方を問う」をテーマに、活動フィールドを限定せず実験的な創作・流通を行う。(リリースより) 

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。