HOME> ニュース> 史上最大のゲームプラットフォームに!“Android”向けアプリ開発支援プロジェクト始動

史上最大のゲームプラットフォームに!“Android”向けアプリ開発支援プロジェクト始動

ゲーム Android
2010年11月1日に都内で、GMOインターネットとアクロディアの協業した“アンドロイドやろうぜ!by GMO”プロジェクトのカンファレンスが開催された。これは、コンテンツプロバイダやクリエーターなどがAndroid向けアプリ市場に、低コストに安全に参入できるための支援プロジェクト。

●アンドロイドやろうぜ!by GMO プロジェクト詳細が発表

gmo44

 2010年11月1日に都内で、GMOインターネットとアクロディアの協業した“アンドロイドやろうぜ!by GMO”プロジェクトのカンファレンスが開催された。これは、コンテンツプロバイダやクリエーターなどがAndroid向けアプリ市場に、低コストに安全に参入できるための支援プロジェクト。すでに発表されているとおり、マルチOS・マルチデバイス対応の開発ツール“VIVID Runtime”の提供やゲームポータルアプリ“@GMO GameCenter”といった独自のサービスを盛り込んだ内容となっている。発表会ではAndroid向けアプリ市場の可能性や問題点が語られたうえで、今回のプロジェクトへ参加する際のメリットなどが詳しく説明された。

※“アンドロイドやろうぜ! by GMO”プロジェクトの詳細はこちら

 先日ドコモからAndroid端末“GALAXY S”が発売されたり、2010年11月末にはKDDIからIS03が発売予定だったりと、徐々に熱を帯びてきているAndroidの市場。世界的な規模で見るとiPhone向けアプリをはるかに凌駕する勢いで市場規模を拡大しているが、アプリを開発する、コンテンツを提供する側には、違法コピーや24時間以内であれば返品されてしまうといった問題点があると言われている。

gmo41
gmo43
gmo42
gmo05

▲日本Androidの会の丸山会長。

 そんな現状と今後の展望を語るために、最初に壇上に上ったのは日本Androidの会の丸山不二夫会長だ。丸山会長は調査会社のデータをもとに、「Android端末は2014年にはiPhoneの市場の倍になるだろう」と分析。「まさに爆発寸前」(丸山)の市場であることを改めて確認した。だが、前述した問題点に加えて、「(Android OSを提供している)Google側にAndroid マーケット運営をビジネスとして真剣に考えていないのではないか」と発言。それにより、ドコモやKDDIといったキャリアや今回のGMOインターネットのような企業が、ポータルマーケットを運営する流れになっていると現状を分析した。丸山氏によると「こういった流れは必然的なもの」としながらも、今後Android向けアプリを開発するであろう来場者たちには「今後マーケットに参加するだけではなく、どういった方向性に発展していくのか考えながら取り組んでほしい」というメッセージを送った。

gmo06
gmo07
gmo08
gmo09
gmo10

 続いて本プロジェクトの委員長でもあるGMOインターネットの熊谷正寿代表が登場し、プロジェクトの概要やそれに対する想いを語った。

「Androidの市場は、これまでにない史上最大のゲームプラットフォームになると確信しています。いままでも皆さんはゲーム機を持ち歩いてきたと思いますが、2、3年後にはAndroidが来る。スマートフォンだけでなく、テレビやあらゆるものに普及する可能性を秘めたプラットフォーム。まさに爆発寸前のマーケットです。そこにクリエーターの方々やコンテンツメーカーの会社が、Android向けにアプリを提供しやすい体制を整えたいと思い、発足したのが今回のプロジェクトです」(熊谷)

 熊谷氏も前述した違法コピーや24時間以内であれば返品できること、課金システムがわかりづらい点などを問題視。それらを解決するのが、今回の“アンドロイドやろうぜ!by GMO”であることを改めてアピールした。熊谷氏が挙げたメリットは以下の10項目。すでに発表済みではあったが、アプリを開発し、配信したいと考えている人たちにとってはまさに夢のような支援体制と言えそうだ。

gmo20

■10大参加メリット
(1) “@GMO GameCenter”から世界中にアプリを配信
(2) マルチOS、マルチデバイス対応の開発ツール“VIVID Runtime”を無償提供
(3) iPhoneから短時間での移植を可能にする開発サポート
(4) キャンセルされない、コピーされない環境をご提供(独自のDRMシステム)
(5) 国内主要3キャリアによる課金に加え、多彩な決済手段を準備
(6) 月間視聴者数約3,000万人のGMOインターネットグループメディアで集客支援
(7) 技術ドキュメントからアプリ公開まで全てを日本語で対応
(8) 多言語対応するための各種サービス、サポートをご用意
(9) 少人数の無料技術カンファレンスの定期実施
(10) 賞金総額3,000万円のコンテストを実施(受賞枠150アプリ)

gmo11
gmo12

▲iPhoneアプリを簡単にAndroidアプリ向けに移植したり、違法コピーを防いだり、開発者が懸念していた問題をVIVID Runtimeという開発ツールで解決するという。

gmo00

▲@GMO GameCenterことGゲーがオープンする。

gmo27
gmo26
gmo25
gmo24

▲これがGゲーのインターフェイス。

gmo34
gmo35
gmo29
gmo36

 また、プロジェクトの詳細説明のあとには、セガ、バンダイナムコゲームス、カプコン、ハドソン、ポップキャップ・ゲームズといった家庭用ゲーム機、ケータイアプリ、iPhone向けアプリを多数手がけ、成果を上げているメーカーが登壇。すでにAndroid向けにアプリを提供しているメーカーもあり、同市場におけるコンテンツビジネスの問題点や期待感などを改めて語った。

gmo13
gmo14
gmo15

▲セガの株田実氏。ハード事業を展開していたセガらしく、「ライバルプラットフォームどうしが火花を散らすときが、市場がいちばん成長するとき」と株田氏。家庭用ゲーム機の歴史になぞらえて、現状を分析していた。

▲「ソーシャルソーシャルと皆そうおっしゃる」という渾身(?)のギャグも披露したバンダイナムコゲームスの山田大輔氏。山田氏は違法コピーなどもたくさんの問題を抱えていることを明確にしたうえで、「それもAndroid市場に対する期待の裏返し」とし、これまでの技術的、ビジネス的なノウハウを活かした展開を考えていると語った。

▲カプコンの伊藤幸正氏は「iPhone向けアプリと同様、Androidに適したカプコンらしいコンテンツを作っていく」と力強く語った。カプコンは第一弾タイトル『えどたん』をリリースしたばかり。

gmo16
gmo17

▲ハドソンの柴田真人氏は「ハドソンとして世界に通用するアプリを輩出したい」と意欲的。国内市場だけでなく、海外市場に通用するアプリを作ることが大事と力説した。

▲ポップキャップス・ゲームスの荒木重則氏。同社はiPhoneアプリなどで人気タイトルを数多く手がけている。それを例に出し、ミドルウェアの活用、ソーシャルの流れに乗ること、そして英語対応をアプリ成功の秘訣として来場者にアドバイスした。

 まだ日本ではiPhoneほどの市民権を得ているとは言い難い面も多いAndroidの市場だが、GMOインターネットのような取り組みが行われることで、確実に日本の開発者、コンテンツメーカーなどが、安心してアプリ開発に取り組めそう。また、今回は技術者向けの説明が中心だったが、今回のプロジェクト自体は@GMO Game Centerというアプリポータルに、ユーザーにとっても“安心”かつ“おもしろい”アプリが集うことを目的としたもの。そういう意味ではAndroid端末を利用するユーザーにとっても、大きなメリットがあるプロジェクトと言えそうだ。Android向けアプリで一旗揚げようという人も、これからAndroid端末を購入しようかどうか悩んでいる人にとっても、このプロジェクトの行方は気になるところ。なお、プロジェクトへの参加を希望する人は公式サイトにて、詳細をチェックしてほしい。

gmo18
gmo19

▲賞金総額3000万円のコンテストも開催される。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『鬼滅の刃』12月分のカレンダー壁紙が公開。降りしきる雪の中、炭治郎と禰豆子は何を思うのか

2020年12月1日、集英社は『鬼滅の刃』公式サイトにて、12月のカレンダー壁紙を公開した。

『ドラゴンクエストX』バージョン5.4最新情報。魔界の物語もついに佳境へ……そして、新職業に“魔剣士”が登場!

スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ドラゴンクエストX』。今回は次回に予定されている大型アップデート、バージョン5.4から最新情報をお届け。ついに新職業“魔剣士”が登場する!

『ガルパン 戦車道大作戦』クリスマス衣装“西住しほ”はヘソ出しサンタ家元! “クリスマス生徒ガチャ”本日(11/30)より開催

戦車道大作戦実行委員会は、アプリ『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!』にて、クリスマス衣装の★5“西住しほ”や★5“西住まほ”などが新規追加された“クリスマス生徒ガチャ”を開催した。併せて、12月の日替わりイベント情報も公開。

3DSのソフト64本すべて100円に! 『探偵 神宮寺三郎』シリーズなど最大90%OFFのセールが開催【#アークのウインターセール】

2020年11月30日(月)より、アークシステムワークスは、“#アークのウインターセール”を期間限定で開催する。『探偵 神宮寺三郎』シリーズが50%OFF、『-CHASE- 未解決事件捜査課〜遠い記憶〜』が88%OFF、ニンテンドー3DSのタイトル64本がすべて100円となるなど、対象ソフトが特価で購入できる。

『ディシディアFF オペラオムニア』本日(11月30日)より、暗闇の雲に新たにLD武器“双竜の魔手【III】”&BT武器“絶夢の魔手【III】”が実装!

本日(2020年11月30日)より、スクウェア・エニックスのスマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』のイベントガチャに新たに暗闇の雲(FFIII)の専用LD武器“双竜の魔手【III】”と専用 BT武器“絶夢の魔手【III】”が登場した。

【FGO】劇場版『キャメロット』×Zoffのコラボ眼鏡が12/4発売。マシュ、ガウェイン、オジマンディアスなど全6モデルが公開

インターメスティックは、『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram』の公開を記念し、コラボアイウェア“Zoff×劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-”を2020年12月4日(金)より、Zoff公式オンラインストア限定で発売する。

『ライフアフター』×『バイオハザード』コラボ第2弾が12月3日より開催決定。本日より特設サイトが開設&公式Twitterにてスペシャル報酬キャンペーンもスタート!

NetEase Gamesは、2020年12月3日(木)より、スマートフォン向け終末オープンワールドサバイバルゲーム『ライフアフター』と『バイオハザード』の第2弾コラボイベントの開催を決定した。

漫画『チェイサーゲーム』最新5巻が本日発売。“迷”プロデューサー更木ついに登場。単行本限定のゲームコラムも必読!

KADOKAWA Game Linkageは、ファミ通.comで連載中のマンガ『チェイサーゲーム』第5巻を、本日2020年11月30日(月)より発売した(発売:KADOKAWA)。本作は、ゲーム業界を舞台にさまざまなドラマがくり広げられるお仕事漫画。

『ワンピース』サー・クロコダイルのハイクオリティフィギュアがP.O.P“MAS-MAXIMUM”シリーズから登場

『ワンピース』のハイクオリティフィギュアブランドP.O.P“MAS-MAXIMUM”シリーズより、サー・クロコダイルが立体化。12月4日13時より予約受付スタート。

『鬼滅の刃』アクリルスタンドがゲットできる“とるパカ!”第2弾が12月2日より発売。炭治郎や柱たち、珠世、無惨など、全18種がラインアップ!

2020年12月2日より、BANDAI SPIRITSは『鬼滅の刃』のキャラクターたちのアクリルスタンドがゲットできる“とるパカ! 鬼滅の刃 アクリルスタンド〜sugar pochette〜Vol.2”を発売する。