HOME> ニュース> 『機動戦士ガンダムUC episode 2』のイベント上映初日舞台挨拶が開催された

『機動戦士ガンダムUC episode 2』のイベント上映初日舞台挨拶が開催された

アニメ
2010年11月12日にBlu-ray Disc&DVDの待望の第2巻が発売予定の『機動戦士ガンダムUC』。そのキャストやスタッフ陣の出演する初日舞台挨拶が行われた。

●先行上映、先行販売、先行配信と発売前から大盛り上がり

uc11
uc13

▲左から古橋一浩氏、福井晴敏氏、内山昂輝、池田秀一。

 2010年11月12日にBlu-ray Disc&DVDの待望の第2巻が発売予定の『機動戦士ガンダムUC』。2010年10月30日からは、この『機動戦士ガンダムUC episode 2 「赤い彗星」』の2週間限定劇場上映イベントやPlayStation Storeでの先行有料配信、Blu-ray Discの先行発売が開始。これに合わせて、キャストやスタッフ陣の出演する初日舞台挨拶が行われた。

 舞台挨拶には、監督の古橋一浩氏、ストーリー担当の福井晴敏氏、バナージ・リンクス役の内山昂輝、フル・フロンタル役の池田秀一が登壇。司会の質問に答える形で、『機動戦士ガンダムUC episode 2 「赤い彗星」』の魅力をファンに伝えた。福井氏は『episode 2』の見どころを聞かれると「シャア以降、いろいろなところで仮面キャラクターが登場していますが、こちらは本物ですからね。厳選された本物の仮面キャラクターをぜひご堪能いただければと思います」と同作から初登場となるフル・フロンタルが注目ポイントであることを語る。バナージ役の内山は、大先輩である池田との共演に「非常に伸び伸びとやらせていただきました」と答え、「バナージの成長に合わせて自分自身の成長も表現できたらと思っています」と、固い決意を宣言した。続く、池田は「30年前はこのような形で皆さんにお会いすることができるとは思っていませんでした。フル・フロンタルに出会えて光栄です」と現在の気持ちを率直に語る。そして、内山との共演について「たいへんすばらしくて、怖いな、と。この才能は危険なので、シャアなら抹殺するかもしれません(笑)」と冗談交じりにその才能を褒めたたえた。監督の古橋氏は『episode 2』の公開について「肩の荷が下りた気分です。非常に安心しました。(作品を)観た方は、いいことも悪いこともぜひ感じたままblogやTwitterなどで書いていただければ」と伝えると、ここで福井が「いいところだけを書いてくださいね。いいところだけをつぶやく。これが約束です(笑)」と監督とのコンビ芸を披露する。イベントの最後には、各登壇者から会場のファンにメッセージが届けられる。池田は「思い起こせば30年前。このビルの地下に新宿松竹という劇場があって、ファーストガンダムの劇場版舞台挨拶をここでしました。その場所で、またこうして舞台挨拶ができることは感無量です。新しい『ガンダム』の世界を『UC(ユニコーン)』を通して演じていきたいと思っています。(シャアの声色で)いまひとつ、諸君らの力を貸していただきたい!」とコメント。福井氏は、「最後に3話の予告映像が入っているのですが、よせばいいのに2011年3月5日発売と書いてしまっているんですね。発表してしまった以上は、それまでに作らなければいけないので、たいへんな状況です。3話は全編見どころ。『episode 2』を観て、『episode 3』への期待をガンガンに高めていただければと思います」と、最後まで見逃せないことを示唆した。

uc10
uc09
uc08
uc07
uc06
uc05
uc04
uc03
uc02
uc01

※『機動戦士ガンダムUC』公式サイト

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【動画あり】『DOA6』勝ちポーズ&フェイタルラッシュ&ブレイクブローまとめ! 『デッド オア アライブ6』で強化されたフェイシャル表現に注目!

2019年3月1日に発売される、3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』。本記事では、新システムのフェイタルラッシュ&ブレイクブローの解説とともに、全26キャラクターの技動画をお届けする。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』劇場版全6話を再編集したテレビアニメ版の放送が4月29日よりNHK総合テレビでスタート

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』劇場版全6話を再編集したテレビアニメ版の放送が2019年4月29日より、NHK総合テレビでスタートする。

“POLYGO ポケットモンスター”が7月に発売!ピカチュウ、ミュウツー、リザードンがスタイリッシュなフィギュアに

ポケモンフィギュア“POLYGO ポケットモンスター”シリーズが2019年7月に発売。

『GTAオンライン』“プリンシペ デヴェステ・エイト”が登場。“ドゥームズ・デイ”の強盗フィナーレで報酬が2倍になるなどの“ドゥームズ・デイ・ウィーク”を実施

『グランド・セフト・オートV』のオンラインモード『GTAオンライン』に“プリンシペ デヴェステ・エイト”が登場!“ドゥームズ・デイ・ウィーク”も実施。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の開発にコーエーテクモゲームスが参画、インテリジェントシステムズとタッグを組み任天堂と3社で開発中

コーエーテクモゲームスが、Nintendo Switch用ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』の開発に参画していることをアナウンス。

スパイク・チュンソフトが“1000回では遊び尽くせない”ダンジョンRPGの近日配信を予告。『風来のシレン』シリーズのお竜の姿が!

『不思議のダンジョン』シリーズを手がけたスパイク・チュンソフトが、ダンジョンRPGの配信を発表。詳細は近日公開予定。

55V型4Kテレビが5名に! PS4の5周年を記念した“#ps4のある生活”Instagram投稿キャンペーンが開催

“#ps4のある生活”Instagram投稿キャンペーンが開催。5V型4Kテレビが5名様に当たるチャンス。

Nintendo Switch版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』あの冒険の日々を“追体験”できるサントラCDの制作秘話を聞く!

Nintendo Switch版『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』のコレクターズ・パッケージの特典となっているサウンドトラックCDの制作にまつわるエピソードを、『ドラゴンズドグマ』メインコンポーザー・牧野忠義氏と、 シンガーソングライター・小林未郁氏、そして開発ディレクター・木下研人氏、開発プロデューサー・松川美苗氏に聞く。

末尾が“9”の年は大作ソフトや新型ハードが発売される!? 10年前、20年前、30年前のゲーム業界の出来事

今年は2019年だが、末尾に“9”がつく年には、ゲーム業界でどんな出来事があったのか? 10年前、20年前、30年前のゲーム業界を振り返ってみた。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 世界調律クエストが楽しくなってきた!(第219回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第219回(通算319回)。