HOME> ニュース> 『タクティクスオウガ 運命の輪』最新情報――新しいクラスやバトルチーム対戦の情報を公開

『タクティクスオウガ 運命の輪』最新情報――新しいクラスやバトルチーム対戦の情報を公開

ゲーム PSP
スクウェア・エニックスから2010年11月11日に発売予定となっているPSP用シミュレーションRPG、『タクティクスオウガ 運命の輪』。今回は、新しいクラスのほか、騎士団を強化できるバトル専用の拠点や制圧済みの拠点で発生する“エキストラバトル”、さらには、PSPの通信機能を使った“バトルチーム対戦”などを公開。

●進化した『タクティクスオウガ』の魅力を紹介

 スクウェア・エニックスから2010年11月11日に発売予定となっているPSP(プレイステーション・ポータブル)用シミュレーションRPG、『タクティクスオウガ 運命の輪』。今回は、新しいクラスのほか、騎士団を強化できるバトル専用の拠点や制圧済みの拠点で発生する“エキストラバトル”、さらには、PSPの通信機能を使った“バトルチーム対戦”などを公開。まずは、ふたつのクラスの紹介からスタート。

■テラーナイト

無数の亡霊や悪霊を引き連れた恐怖の騎士。敵の攻撃力や防御力を下げる力を持つ。高い防御力を活かし、味方の盾となって活躍する前衛職。

art_TerrorKnight_w_rgb
art_TerrorKnight_m_rgb
terrorknight01

■ビーストテイマー

魔獣系ユニットを手なずけて仲間に引き入れることができるうえに、魔獣の真の力も引き出せる前衛向きのクラス。

art_BeastTamer_w_rgb
art_BeastTamer_m_rgb
beasttamer01

 ビーストテイマーが従える魔獣の中から2種族を紹介。グリフォンは、ライオンの胴体にワシの頭と翼を持つ魔獣。空を飛んで移動できるため、地形や高さに影響されないという特徴を持つ。ドラゴンは、硬いウロコで攻撃から身を守り、強靱な尾やブレスで行く手を阻む者を蹴散らす、重戦車級のユニット。

グリフォン

art_Gryphon_rgb
griffon

ドラゴン

art_Dra_Earth_rgb
dragon

●バトルフィールドの特徴とその効果

 高低差がある立体的なバトルフィールドで敵と戦うのが、本作の特徴のひとつ。ここでは、バトルフィールドにまつわる要素の中から特徴的なものをピックアップして紹介する。

battlefield01_2
battlefield01_3
battlefield01_4

【障害物】:ユニットの移動を妨げる植物やタルなどの障害物は、攻撃して破壊できる。移動経路上にある邪魔な障害物を破壊すれば、目的地までの距離を短縮可能だ。さらに、通れるようになったパネルには何かが隠されていることも……!?

【地形効果】:バトルフィールドは、砦や城、水路などの建造物以外にも、平原や雪原、火山などバリエーションに富んだ地形となっている。その地形はユニットにさまざまな影響を与える。ユニットの立っている地形によって、攻撃時の命中率に補正がかかるので地形効果にも注目しよう。

battlefield02_1
battlefiled02_3

【天候】:屋外のバトルフィールドでは、雨や雪が降るなど、バトルの最中に天候が変化することもある。天候は、攻撃の命中率と移動コストに影響する。天候が悪化するほど命中率が下がり、湿地などの地形では移動コストが増加して移動範囲が狭くなる。

battlefiled02_4
battlefield02_5

【埋もれた財宝】:バトルフィールドでは、特定のパネルにユニットが待機するとアイテムを発見することがある。アイテムはさまざまな場所に埋まっており、中には障害物を壊したり草地や雪原などを燃やして地肌を出すと発見できるようなものもある。思わぬレアアイテムを発見できるかも!?

●エキストラバトル

 ワールドマップを移動しているときに、すでに制圧している拠点でバトルが発生することがある。これが“エキストラバトル”だ。このバトルでは、ストーリー中で発生するバトルには登場しない特殊なユニットに遭遇することも。レアな装備品や呪文書なども手に入る可能性があるようなので、積極的にエキストラバトルに挑んで騎士団を強化するといいだろう。

extrabattle01
extrabattle02
extrabattle03

▲さまざまなな敵が登場するエキストラバトルに勝利し、騎士団の育成・強化をはかろう。ちなみに、エキストラバトルでは、ストーリー中のバトルでは見られない珍しいモンスターユニットや、さまざまなクラスのユニットも登場する。

●バトル専用の新たな拠点も

 エキストラバトル以外にも騎士団を強化できるバトル専用の拠点が存在する。この拠点に入るとまず、“拠点マップ”が出現し、ステージで戦って勝利するたびに、拠点マップに新たなステージが出現する。勝ち進んでいくと、途中でルートが分岐するため、選んだステージによって出現する敵や入手アイテムも変わる。バトル専用拠点内では連戦になり、途中でアイテムを補給することなどはできないため、入念な下準備が必要だ。なお、拠点マップ上で“退却する”を選ぶとワールドマップに戻ることができる。

newbattlefield01
newbattlefield02
newbattlefield03

▲敵を倒した際に出現するアイテムの中には、ショップでは手に入らない装備品や珍しい呪文書なども。

●ほかのプレイヤーと対戦できる“バトルチーム対戦”

 本作には、オリジナル版にはなかった“バトルチーム対戦”という新要素が追加され、PSP(プレイステーション・ポータブル)本体の通信機能を利用して、自分が育てた騎士団とほかのプレイヤーが育てた騎士団との対戦を楽しむことができるのだ。

 バトルチーム対戦では、ほかのプレイヤーが編成したバトルチームのデータをあらかじめ受け取っておく必要がある。バトルチーム対戦を開始すると、受け取ったバトルチームは、送信元のプレイヤーが設定したAIをもとにして行動する。バトルチームのデータを保存しておけば、いつでも対戦できる仕組みになっているのだ。なお、行動指針だけでなく、バトルチームの名称や、状況に応じてユニットが発するセリフなども設定でき、使用するバトルステージも選択できる。出撃させるユニットの選択やセリフの設定を工夫すれば、オリジナリティー溢れる編成が可能だ。

battleteam01_1
battleteam01_3
battleteam01_4

▲バトルチームはいつでも新規作成、または編集することが可能。

▲自分の本編データの騎士団からバトルチームに参加させるユニット選択し、配置。

▲出撃させるユニットそれぞれに“アタッカー”や“ディフェンダー”など“AIコマンド”という行動指針を設定する。クラスやスキル、ユニットの役割を考慮したAIを設定しよう。

battleteam01_5
battleteam01_6
battleteam02_1

▲ユニットにはそれぞれ戦闘中に、あらかじめ設定したセリフをしゃべらせることができる。セリフは定型文もいくつか用意されているが、プレイヤーが自由に入力することも可能。

▲バトルフィールドの選択もできる。

▲バトルチームを編成すると、通信機能を利用してバトルチームのデータを交換できるようになる。まずは、受け取ったデータの中から対戦相手を選び、準備を進める。

battleteam02_2
battleteam02_4
battleteam02_5

▲対戦データを選ぶと、つぎはプレイヤー側のバトルチームを選択することになる。バトルチームは、複数編成することが可能。なお、対戦相手のチームは、あらかじめ設定された行動指針に従って自動的に行動する。各ユニットの武器や防具、スキル、クラス、設定したAIによって、バトルチームの個性が出る。

▲バトルチーム対戦では、全ユニットが均一のレベルになるため、相手チームとのレベル差があっても、問題なし!

▲指定したシチュエーションやタイミングでバトルコメントが。相手がどんなコメントを設定しているのか、ワクワクしながら対戦できる。

タクティクスオウガ 運命の輪
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2010年11月11日発売予定
価格 5,980円[税込]
ジャンル シミュレーションRPG
備考 ダウンロード版は4980円[税込]
(C)1995, 2010 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』4人のキャラクターのメインストーリーとゲームオリジナル私服を紹介

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年春頃の発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト、『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』に登場するキャラクターたちの最新情報を公開した。

動画初公開エリアでのデモプレイも! 人気声優・石川由依さん&齊藤陽介プロデューサーが駆け付けた『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ステージ【台湾ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目(2017年1月22日)に行われた、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のステージをリポートする。

『LET IT DIE』ジャパンプレミア開催 神田沙也加さんと浜野謙太さんがサプライズ出演! 豪華声優陣が発表に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントより2017年2月2日に配信を控えているアクション『LET IT DIE』。その配信を間近に控えて、1月22日に東京・Zepp東京にて“『LET IT DIE』ジャパンプレミア”が開催された。

実写映画版『ねこあつめ』本ビジュアルはキャット版&キャスト版の両A面、追加キャストのコメントも

ヒットポイントより配信中のスマートフォン用ゲーム『ねこあつめ』を原作にした実写映画『ねこあつめの家』(2017年4月8日全国公開予定)について、本ビジュアルが解禁。

『東亰ザナドゥ eX+(エクスプラス)』、PS4版『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』の中文版発売日発表にどよめき! 日本ファルコムのステージをリポート【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。一般公開日3日目に行われた日本ファルコムのステージをリポートする。

デルがゲーミングノートPCの2017年春モデルを発表! 13インチのVR対応『ALIENWARE』のほかに低価格ゲーミングノートも登場

2017年1月20日、デルは新製品発表会を開催した。ゲーミングノートPC『New Inspiron 15ゲーミング』や『New ALIENWARE 13』のほかに、タブレット形態にも変形するノートPC『New XPS 13 2-in-1』など、多彩なラインアップを公開。

『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

人気声優・井上喜久子さん(17歳)も参加した『ダンガンロンパ』ステージの模様をお届け!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。ここでは、1月20日に行われた『ダンガンロンパ』ステージの模様をリポート!

PS4 Pro&PS VRの安定供給はいつ? SIEのアジア戦略キーパーソン・織田博之氏と江口達雄氏に聞く、現状と今後の展望【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)〜1月24日(火)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月20日のSIETブースのステージおよび、台湾メディア向けに設けられたSIEのアジア戦略キーパーソンへの共同取材の模様をお届けする。

“ぷよぷよカフェ”での対戦イベントは有名JKプレイヤーいーちゃんさんも参戦して大盛況!

2017年1月21日、“ぷよぷよカフェ”池袋店にて、来店者と『ぷよぷよ』上級プレイヤーが対戦できるイベントが開催された。その模様をお届けしよう。