HOME> ニュース> 次は南米ツアー!? 『ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル』発売記念イベント“HOPPER’S 4”リポート

次は南米ツアー!? 『ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル』発売記念イベント“HOPPER’S 4”リポート

Wii ゲーム
グラスホッパー・マニファクチュアが、Wii用ソフト『ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル』の発売を記念して、東京都下北沢のライブハウスGardenにて“HOPPER’S 4”を開催した。

●角川ゲームスとの新作は2011年? プロジェクトは「まだほかにもある」(和田氏)

g礦

▲殺陣を披露した剱伎衆かむゐのステージで襲われ、ビームカタナで応戦する須田剛一氏。

 グラスホッパー・マニファクチュアは2010年10月21日、Wii用ソフト『ノーモア★ヒーローズ2 デスパレート・ストラグル』の発売を記念して、東京都下北沢のライブハウスGardenにて“HOPPER’S 4”を開催した。

 お姉さんのセクシーなショーでスタートし、ライブあり、トークあり、剣戟ありと、グラスホッパー・マニファクチュアらしいハチャメチャで濃厚な時間があっという間に過ぎた。

KO5_9158
3

 昨今相次いで入社が報じられている著名クリエイター陣も登場。飯田和敏氏は肺炎の疑いがありながらも社内スタッフで構成された“Grasshopper Demanufacture”など、2ステージで狂乱のライブを披露。山岡晃氏も同バンドでゴリゴリのデスなギターサウンドを奏でたかと思えば、ゲストのAural Vampireのライブにも飛び入り参戦し、ノイズギターを重ねていた。

 そして、先日マーベラスエンターテイメントを退職し、COOとしての入社が発表されたばかりの和田康宏氏も登壇。「入社して良かった!」と語ってから、グラスホッパー・マニファクチュアが手掛ける新作として発表されているエレクトロニック・アーツの『Shadows of the DAMNED(シャドウ オブ ザ ダムド)』や、Kinect専用タイトル『Codename D』のトレイラームービーを流した。それだけではない。角川ゲームスと進行中のプロジェクトについても言及。開発はかなり進んでおり、「スタッフの成果が見えている」段階とのこと。来年、もしくはもうちょっと先ぐらいにリリースできるよう開発進行中とのことで、こちらも期待できそうだ。和田氏いわく進行中のプロジェクトはほかにもあるそうで、「もうちょっと拡大したい。そして強くなりたい」そのために来たのだ、と力強く語った。

g礦
KO5_0311

▲無謀なほどの勢いでデスなアレンジのカバーを次々と披露した“Grasshopper Demanufacture”。飯田氏の別バンド“The RIOT〜怒りの十代〜”のステージでは、映画『サイタマノラッパー』シリーズに登場するラップグループ“SHO-GUN”とのコラボ曲も披露。俳優による架空ユニットとは思えない異常な完成度でした。

 もちろん須田剛一氏も小社刊『ファミ通WAVE』連載の“テアトル51”番外編として映画『エル・トポ』と『ノーモア★ヒーローズ』の関連を語ったかと思えば、“ファミ通キャラクターズDX”公開収録で、『ノーモア★ヒーローズ2』の魅力を寿司ネタを交えながら説明したりと、八面六臂の活躍。ちなみに『ノーモア★ヒーローズ』は伝説級の殺し屋たちと戦っていくという物語の構成のほか、ホリー・サマーズが落とし穴を掘って戦うあたりに影響を与えているとのこと。ちなみに『2』では、『仁義なき戦い 広島死闘篇』と『帰ってきたウルトラマン』と『エルガイム』と『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のエッセンスが入っているそうな……。後者は案の定「主人公はトラヴィス・タッチダウンっていうシメサバで……」と、むちゃくちゃなことになっていたので、詳細はキャラクターズDXでチェックしてみてほしい。

 ラストでは“HOPPER’S”を定期的に開催したい意向を述べ、“5”は2011年にやりたいと語った。そして前代未聞の南米ツアーの構想も? どこまで本気だかわからないが、とてつもなく引力があるという、グラスホッパー・マニファクチュアらしい4時間だった!

KO5_0519
KO5_9497

▲「一度はハルク・ホーガンの入場ポーズをやってみたかった!」と登場した須田氏。「ホーガンの曲はWWF時代に限ります!」とのこと。

KO5_0591
KO5_9630

▲『ノーモア★ヒーローズ2』ディレクターの市来信高氏と“ファミ通キャラクターズDX”公開収録に登場。ミニゲームで「ジャンプキャッチなんてできたの?」と須田氏。えっ?

▲活動弁士・山田広野氏は自身301作目を自称する新作を披露。『ジャッカス』のジョニー・ノックスヴィルのバカっぷりに感動した須田氏が『ノーモア★ヒーローズ』を思いつく。そこではドクター・ピースがトラヴィスは『エル・トポ』の孫であると語りだす……という虚実入り混じった荒唐無稽な内容。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

【DbD 6周年記念配信まとめ】『バイオハザード』の新チャプチャー“プロジェクト W”や『進撃の巨人』とのコラボなど『Dead by Daylight』の新情報が怒涛の発表

Behaviour Interactive開発による4対1の非対称サバイバルホラーゲーム『Dead by Daylight』が、2016年の配信開始から6周年を迎えたことを記念して、“Dead by Daylight 6周年記念配信”が放送。新チャプター“Roots of Dread(恐怖心の種)”の詳報や『進撃の巨人』とのコラボ『バイオハザード』との新しいコラボレーションチャプター“プロジェクト W”などが明らかに。

『DbD』が恋愛シミュレーションに!? 『Hooked on You: A Dead by Daylight Dating Sim』が発表。キラー4人とドキドキのデートが楽しめる!

“Dead by Daylight 6周年記念配信”が放送。同配信にて、『Dead by Daylight』の恋愛シミュレーションゲーム『Hooked on You: A Dead by Daylight Dating Sim』が発表された。

PS5用カバーの新カラーバリエーション“ノヴァ ピンク”、“ギャラクティック パープル”、“スターライト ブルー”が6月17日に発売決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション5(PS5)用カバーおよびプレイステーション5 デジタル・エディション(PS5DE)用カバーの新しいカラーバリエーション、“ノヴァ ピンク”、“ギャラクティック パープル”、“スターライト ブルー”を2022年6月17日に発売することを発表。

『スタンドマイヒーローズ』×『逆転裁判』コラボが5月19日開催。ちょっときれいに描かれた成歩堂、御剣、真宵、ゴドーたちが登場

2022年5月19日(木)、colyはスマートフォン用ゲームアプリ『スタンドマイヒーローズ』にて『逆転裁判』シリーズとのコラボイベントを開催する。

インディゲームの祭典“INDIE Live Expo 2022”最新情報が公開。『OVERLORD: ESCAPE FROM NAZARICK 』『Palworld』などの新作映像も!

2022年5月21日(土)〜22日(日)の期間で開催される、インディゲームの祭典“INDIE Live Expo 2022”の最新情報が発表された。コジマ店員や『NEEDY GIRL OVERDOSE』より超絶最かわてんしちゃんなどが追加出演者として参加する。

スタジオジブリに影響を受けたサバイバルゲーム『Among the Trolls』や世界初公開となる『Miasma Chronicles』など4作が紹介。すべて日本でもリリース予定!【505 Games Showcase Spring 2022】

“505 Games Showcase Spring 2022”が、YouTubeにて全世界同時公開され、『Among the Trolls』『Stray Blade』『百英雄伝 Rising』『Miasma Chronicles』が発表された。

『アマガミ』のASMRドラマ第1弾(桜井梨穂子編)が本日5/17発売。声優を務めた新谷良子からのコメント&サイン色紙が当たるキャンペーンも公開

2022年5月17日(水)15時から、ボイスドラマ配信マーケットプレイス“mimicle(ミミクル)”にて、恋愛シミュレーションゲーム『アマガミ』のASMRボイスドラマシリーズの第1弾『ASMRボイスドラマ アマガミ Vol.1 桜井梨穂子編』の販売が開始された。価格は2200円[税込]。

『FF15』全世界累計販売本数が1000万本を達成。2016年11月29日の発売から約5年半

『ファイナルファンタジーXV』の全世界累計販売本数が1000万本に達した。これは全プラットフォームのパッケージ版、ダウンロード版を合わせて達成した出荷・販売数となる。