HOME> ニュース> 七番街の天使が異界へと舞い降りる『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』

七番街の天使が異界へと舞い降りる『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』

ゲーム PSP
『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』に、『ファイナルファンタジーVII』のティファが参戦! そんな短いスカートで戦ったら、見えちゃうんじゃないですか!?

●記憶を失ってもライフストリームがふたりを結ぶ

 『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズの主人公やライバルが一堂に会する対戦アクションゲーム、『ディシディア FF』。その続編である本作では、秩序の神コスモスと混沌の神カオスが戦士たちを召喚し、何度もくり返している戦いのうち、12回目の記録が綴られる。その戦いに、『FFXIII』のライトニング、『FFIV』のカインに続く新キャラクターとして、『FFVII』のティファが参戦! 彼女のバトルスタイルに加え、アナザーフォームの詳細、新システムの解説など、情報盛りだくさんでお届けしよう。

01

ティファは格闘術を武器に戦う女性。明るく活発な性格ながら、仲間たちをやさしく見守り励ます家庭的な一面を持っている。『FFVII』では星を守るレジスタンス“アバランチ”のひとりとして、敵の神羅カンパニーと戦った。また、幼なじみのクラウドに想いを寄せる場面も。

02
03

気まぐれでティファを助けたと言うクラウド。違う世界へ召喚された影響でふたりとも記憶を失い、互いを覚えていない状況だが、かすかにもとの世界での想いが残っている?

04
05

『FFVII』と同様、格闘を得意とするティファ。彼女のバトルスタイルは、“フェイントストライカー”というコンセプトの通り、技にフェイントをかけることで相手の背後に回り込むなど、トリッキーなもの。

06

必殺技のEXバーストでは、『FFVII』と同じ“ファイナルヘヴン”で怒濤の連続攻撃が炸裂! 原作ではリミットゲージの量に比例して与えるダメージがアップしたが、本作ではEXゲージの量が多いほどダメージが大きくなるとのこと。

●追加された新フォームをチェック!

 本作では、通常時と異なる衣装を“アナザーフォーム”、“サードフォーム”と呼ぶ。既存キャラクターには全員サードフォームが追加されているので、新鮮な気持ちでプレイできるのだ。ちなみに、クラウドやライトニングなど、キャラクターによってはダウンロードコンテンツとして4番目の衣装がある場合も。

07

ティファのアナザーフォームは、『FFVII アドベントチルドレン』での姿だ。通常時とは異なり、髪をほどいているのも特徴。

08

クラウドのサードフォームは、天野喜孝氏のイラストで描かれた白いブーツも忠実に再現。背中には、小さなカバンが見える。

09

セフィロスのサードフォームは、野村哲也氏の描いたイラストを再現したもの。ノーマルフォームと似ているが、肩当ての形状や装飾品の有無など、細部のデザインが異なる。

10

セシルのサードフォームは、パラディン、暗黒騎士ともにニンテンドーDS版の『FFIV』がモチーフだ。写真は暗黒騎士時の新技で、一撃目がヒットすると再度斬りつけ、最後に剣で突き飛ばす地上HP攻撃。リーチは短いが、威力が高い。

11

ゴルベーザのサードフォームは、『FFIV』の後日談を描いた『FFIV ジ・アフター -月の帰還-』バージョン。新技のセクターレイでは、迎撃システムなどで使用するビットを展開し、そこから追尾性の高いビームを放出する。

●アシストゲージのもうひとつの活用方法とは?

 本作で新たに導入された“アシストシステム”。これは、アシストゲージを消費して召喚した仲間が相手を攻撃してくれるシステムだが、敵の連続攻撃から逃れるために使うこともできる。その詳細を公開する前に、まずはアシストシステムの使用時に注意しなければいけない“アシストロック”について解説。召喚されたアシストキャラは無敵なわけではなく、攻撃を受けると技を出さずに退場してしまう。しかも、少しのあいだゲージがロックされ、呼び出すことができなくなるので注意が必要なのだ。

12
13

ライトニングを迎え撃つべく、アシストキャラのガーランドを召喚する皇帝。しかし、ライトニングはターゲットをガーランドに変更し、剣で斬り付け返り討ちに! アシストロック中は、アシストゲージの表示が通常と異なる点にも注目。

14

連続攻撃を食らっているときなどに、アシストキャラと入れ替わることで、その状況から抜け出すことを“アシストチェンジ”と言う。アシストゲージはふたつに分かれており、召喚時に両方消費するか、ひとつだけ使うかは任意で選択可能。

15
16

親父にボコられ、このままでは大ダメージ必至! という状況のティーダ。そこでL+□ボタンでゲージふたつを使い、アシストチェンジを発動。アシストキャラのバッツがジェクトの攻撃をすべて防ぎ、ティーダは無事脱出。ゲージをすべて消費してしまうが、それだけの価値はある。

17
18

またもやボコられるティーダ。今度は、L+○ボタンでゲージひとつを消費し、アシストチェンジを実行する。即座にバッツが現れるが、ティーダの身代わりとなって即退場! この場合は必ずアシストロックされるうえ、召喚者も連続攻撃を被弾する可能性がある。手軽だがリスクもあるのだ。

※詳しくは週刊ファミ通2010年11月4日号(2010年10月21日発売)をチェック!

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、ディレクター:高橋光則、クリエイティブプロデューサー/キャラクターデザイン:野村哲也、ムービープロデューサー:野末武志、メインコンポーザー:石元丈晴、プロデューサー:間一朗
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。

『ブレイブルー』10周年ANNIVERSARYサイトにて新イメージイラストが公開 『ブレイブルー』のこれまでの歴史を振り返るページも

アークシステムワークスは、2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』の10周年をお祝いする“BLAZBLUE 10th ANNIVERSARY”サイトを更新したことを発表した。

『銀魂乱舞』ストーリーを紹介する連続コマーシャル第8弾が公開、クライマックスとなる“烙陽決戦篇”

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『銀魂乱舞』について、連続コマーシャル第8弾“烙陽決戦篇”を公開した。

『ウイニングイレブン2018』にD.マラドーナ登場! “5人抜き”の1986-87シーズンモデル

KONAMIは、家庭用及びモバイルゲーム『ウイニングイレブン2018』に、ディエゴ・マラドーナ氏の1986-87シーズンを再現して登場することを明らかにした。