HOME> ニュース> 『モンスターハンターポータブル 3rd』先行体験会実施

『モンスターハンターポータブル 3rd』先行体験会実施

ゲーム PSP
2010年10月13日に配信が始まる『モンスターハンターポータブル 3rd』体験版の、先行体験イベントが実施された。

2010-10-12

●ボルボロス亜種に初めて挑む!

 2010年10月11日に“『モンスターハンターポータブル 3rd』先行体験版 プレミアムパーティ”と題するイベントが実施された。これは2010年10月13日より配信が始まるPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』の体験版をマスコミや業界関係者向けにお披露目し、実際に会場で遊んでもらう……という催し。飲み食いしながら『3rd』体験版配信の前夜祭を……という趣が強かったイベントだが、そこでいくつかの新情報が公開されたのでここにまとめたいと思う。

3rd1

 冒頭、ステージに上った『3rd』の辻本良三プロデューサーは、先の東京ゲームショウ2010でお披露目されたアニメ『鷹の爪』の面々がオトモアイルーの特徴を紹介するプロモーションビデオについて触れ、「東京ゲームショウのときはショートバージョンでしたが、晴れて“ロングバージョン”のPVが完成しました。本日ここで初公開したいと思います」と宣言し、オトモアイルーの新情報が詰まったロングバージョンPVを上映したのだ。PVはかなりの長さで、『鷹の爪』でおなじみの総統と吉田君による掛け合いでオトモアイルーの新たな特徴が紹介されていった。以下、ロングバージョンで見られるオトモアイルーの新たな特徴だ。

・オトモアイルーには、それぞれ個性がある。怒るオトモ、モンスターを挑発するオトモ、“臆病”なオトモ、“パニック”になってフィールドを逃げ惑い、落し物をして土の中に消えるオトモ……などなど。
・オトモアイルーどうしの連携が多彩に。1匹がシビレ罠を置いたら間髪入れずにもう1匹が大タル爆弾をセットした! また、ショートバージョンにも入っていたが、サボッているオトモをもう1匹が小突いて起こすシーンも。
・クルペッコがバサバサと羽ばたいている真下にオトモアイルーが接近し、打ち上げタル爆弾を設置。これを食らったクルペッコがドサリと落下するシーン。
・オトモアイルーがガーグァが引っ張る荷車に乗っているシーン。どうやらオトモアイルーだけをクエストに派遣することができる!?
・“10連続よろず焼き”なる新アイテムが! 肉を10個いっぺんに焼けるらしい。ハンターがこれを使って肉を焼いていると、オトモアイルーが火をあおって肉焼きのお手伝いをしていた!
・プーギーにまたがるオトモアイルーの姿が!
・木にぶら下がった丸太を押して、戻ってきた丸太にぶち当たるオトモアイルー。どうやら訓練のワンシーンらしい。

3rd11
3rd12
3rd14
3rd10
3rd7
3rd8
3rd9
3rd13

▲このオトモアイルー紹介PVロングバージョンは、本当におもしろい。十連よろず焼きやオトモアイルーだけのクエストなんていう見逃せない情報も入っているので、ぜひじっくり観よう!

 PVの上映が終わったあとは、お待ちかねの『3rd』体験版の先行体験会に。10月13日に配信されるものとまったく同じもので遊ぶことができた。

 選べるクエストは、ロアルドロス討伐(初級向け)、ボルボロス亜種討伐(上級向け)。ロアルドロスは『モンスターハンター3(トライ)』から引き続いての登場となるが、ボルボロス亜種は『3rd』より新規に登場するモンスターだ。さっそくボルボロス亜種のクエストを選択し、武器は9種類(片手剣、大剣、ハンマー、ランス、スラッシュアックス、双剣、太刀、ライトボウガン、ヘビィボウガン。ガンランス、狩猟笛、弓はこの体験版には含まれない)の中から選ぶことができるので、今回はランスにしてクエストに出かけてみた。ちなみに、狩りの舞台は凍土だ。



L矜硅
-
-

▲選べる武器は9種類。体験版だが、4人までの協力プレイもできちゃう。またふたりプレイのときは、それぞれが1匹ずつオトモアイルーを連れていくことができる。これは『3rd』から導入された新システムだ。

 ボルボロス亜種は『3(トライ)』に出てきたボルボロスの亜種なので、基本的な動きはボルボロスのそれを踏襲しているように思う。しかし、見た目どおりボルボロス亜種は“氷”系の攻撃が最大の特徴のようで、そこが原種ともっとも違うポイントのようだ。たとえば、ボルボロスと言えば身体をブルブルと揺すって泥のつぶてを飛ばし、ハンターにぶつけて動きを封じるという攻撃をしてきたが、亜種の場合は氷……というか雪のかたまりのようなものを身体から飛ばしてくる。これに当たると当然、雪だるま状態になって行動が制限された状態に。アイテムの“消散剤”を使うなりして身体についた雪を取らないと、かなりのピンチになるのは当然のこと。しかも氷属性やられのおまけまでついてくるので注意が必要だ。

N

 また、ボルボロスのもうひとつの特徴である“突進”も進化しているよう。あの、岩のような頭を低く構えて一直線に突き進んでくる姿が脳裏に焼きついている人も多いかと思うが、亜種はなんと、一直線ではなく旋回(!)してハンターを追い回すような軌道になっている! 言ってみれば、『2nd G』に出てきたヴォルガノスの這いずりに近い軌道だ。

 さらに、ボルボロス亜種は傷ついて残りの体力が少なくなると、エリア1の壁を壊して、その奥に広がるエリアに逃げ込んでいった。そう、『3(トライ)』でかのイビルジョーが逃げたあのエリアである。このように、動きの面でも行動の面でも、原種とはかなりの違いがみられた。13日から配信される体験版をぜひやり込んで、その違いを堪能してほしい。

 このあと、ロアルドロス討伐にも出かけてみた。これは“初級”と銘打たれているだけあってクリアーするだけなら問題ないと思い、オトモアイルーを観察してみることにする。選んだのは近接タイプのオトモアイルーと支援タイプのオトモアイルー。これなら行動が干渉することがないだろう……とふんでの選択だ。ちなみに、近接タイプのオトモアイルーは、“ご主人想いで、ハンターに何かあったら怒って攻撃力が上がることがある”とのこと。支援タイプは“ブーメランで攻撃するオトモで、危険を察知して地面にもぐることがあり、その際は体力がすばやく回復する”という。なかなか頼りになりそうだ。

N
l

▲ロアルドロス討伐の舞台となっているのは孤島。『3(トライ)』のメインフィールドだが、『3rd』では水中シーンがなくなっているので海があるエリア10の地形がちょっと変わっている。実際に見て確認しよう。

 この説明どおり、オトモアイルーの活躍は目覚しかった。近接タイプはハンターが攻撃を食らうと“怒り”のマークを顔に浮かべて猛烈な勢いで攻め込んでいく。支援タイプは万能な動きを見せ、ブーメランでちくちくと攻撃していたかと思ったら、いいタイミングで回復笛を吹いてハンターを“支援”してくれた。ときたま、こちらが爆弾を設置したタイミングでブーメランを投げて誤爆してくれたりもしたが、そこがまた、オトモアイルーらしくてかわいい。今回の体験プレイではロングバージョンPVにあったような華麗な連係を見ることはできなかったが(忙しくてそこまで観察する余裕もなかったが)、体験版をやり込んでいけばそういうシーンにも出会えるかもしれない。

 このあと、イベントではランダムで選ばれた人が参加してのタイムアタック大会(ロアルドロス討伐で実施。優勝した4名にはイーカプコンの『モンスターハンターポータブル 3rd LIMITED EDITION』が!)、豪華なモンハングッズが当たる抽選会が実施。非常に充実した前夜祭となった。

3rd4
3rd5
3rd2
3rd6

▲体験会の会場にはさまざまな展示物が。東京ゲームショウでも飾られていたアイルーだるまやハンターズモデルも! 会場には10台のハンターズモデルが置かれていて、実際にこれで、体験版をプレイすることができた。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』最新情報。役立つアイテムを作り出す“れんきんがま”のシステムと希少な魔物“転生モンスター”を紹介!

スクウェア・エニックスより2022年夏発売予定の『ドラクエ10 目覚めし五つの種族 オフライン』。今回は冒険に役立つアイテムが作り出せる“れんきんがま”のシステムと、希少な魔物ながら倒すと貴重なアイテムを入手できる”転生モンスター”を紹介。

『FF11』20周年記念特集! 『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』や『冤罪執行遊戯ユルキル』など注目情報が満載(2022年5月19日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2022年5月19日)発売の週刊ファミ通2022年6月2日号 No.1746は、2002年5月16日に『ファイナルファンタジー』シリーズ初のオンラインタイトルとして発売された『ファイナルファンタジーXI』の20周年を記念した“『ファイナルファンタジーXI』20周年記念特集”を掲載。

小説『TOKYOHEAD NONFIX』が5月27日に発売。大塚ギチ氏が行ったインタビューをもとに90年代〜現在の『バーチャファイター』シーンの変遷を描く

2022年5月27日(金)、INHは格闘ゲーマーの生き様を描いた小説『TOKYOHEAD NONFIX』が発売する。故・大塚ギチ氏の資料をもとに1990年代〜現在のアーケードシーンが描かれている。

PS5/PS4向け多人数参加型サバイバルACT『DEATHVERSE:LET IT DIE』のオープンベータテストが開催決定。本日よりPS Storeでクライアントがダウンロード可能

2022年5月18日(水)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとスーパートリック・ゲームズより発売予定のプレイステーション5/プレイステーション4『DEATHVERSE:LET IT DIE』について、オープンベータテスト“Limited Time Open Beta: Destroy the server!”が期間限定で開催されることが発表された。

『ダイの大冒険』メタリックフィギュアシリーズに超魔生物ハドラー、クロコダインが登場。堂々とした立ち姿をメタリックの輝きで表現

2022年5月18日(水)、スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 』の新作グッズ“メタリックモンスターズギャラリー 超魔生物ハドラー・クロコダイン”の発売が決定したことを発表した。

『FFオリジン』ダウンロード版の25%オフセールが開催。アートブックやサントラ、シーズンパスが付属するデラックスエディションもセール対象に

スクウェア・エニックスは、『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』が25%オフになるセールを、PlayStation Store/マイクロソフトストア/Epic Games Storeにて開催している。セール期間は2022年5月18日(水)〜5月25日(水)。

NetEase Games、5月20日開催のオンライン発表会の予告動画&登場タイトルリストを公開。『DbDモバイル』『クローバーシアター』など12作の最新情報を発表

2022年5月20日(金)、NetEase Gamesは“NetEase Connect 2022オンライン発表会”をYouTube、Twitter、Twitchにて配信する。『デッドバイデイライト・モバイル』や.『NARAKA BLADEPOINT』、『荒野行動』など全12タイトルの最新情報が発表される。

『ミリシタ』5周年記念! 好きな楽曲やコミュなどアンケートでプロデューサーの皆さんの声を聞かせてください

週刊ファミ通2022年6月30日号(週刊ファミ通2022年6月16日発売)では、2022年6月29日で5周年を迎える『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』(『ミリシタ』)の特集記事を掲載。その特集内のアンケート企画にご協力ください。

『モンハンライズ:サンブレイク』大剣・操虫棍・ハンマーの新たな鉄蟲糸技・入れ替え技の動画が公開。入れ替え技を瞬時に切り替える“疾替え”の紹介も

カプコンは、2022年6月30日(木)発売予定の『モンスターハンターライズ:サンブレイク』について、全14武器種の特徴を順次公開中。今回は、大剣・操虫棍・ハンマーの新たな鉄蟲糸技・入れ替え技が公開された。