HOME> ニュース> Kinectの機能やZuneビデオの実装まで、ここまで変わる! Xbox 360のシステムアップデートをプレビュー

Kinectの機能やZuneビデオの実装まで、ここまで変わる! Xbox 360のシステムアップデートをプレビュー

ゲーム Xbox 360
この秋にも実装が予定されているXbox 360のアップデートだが、プレス向けにβ版のプレビューが行われた。アップデートの詳細に迫る。

2010-10-07

●アバターの等身も何気に変化

 定期的にオンラインによるシステムアップデートを行ない、その機能を向上させているXbox 360。この秋にも大幅なシステムアップデートを実施する予定だが、今回の目玉となるのが、Xbox 360の新デバイス、Kinect(キネクト)のシステム実装と、ビデオマーケットプレースのZuneビデオへの対応。この度マイクロソフトでは、プレス向けのβ版プレビューを実施。いち早くシステムアップデートの内容を事前に体験することができた。システムアップデートによりどんな点が変化するのか、以下に見ていくことにしよう。

11

▲KinectセンサーがないためにKinectでの体験はできなかったが、アップデートの目玉となるのがKinectシステムの実装。

 システムアップデートをするとまず驚かされるのが、Xbox 360の起動画面が一新されたこと。E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)以降、Xbox 360のアイキャッチが変更されていたが、今回の起動画面の変化はそのビジュアルを踏襲するものになっている。残念ながら手元にKinectセンサーがないので、今回のアップデートの目玉であるKinectそのものを楽しむことはできないが、新しい起動画面を見ていると、「これから新しい世界が広がっていくんだなあ」と思い、いやが上にもワクワク感が盛り上がってくる。

01
02
03
04

 システムアップデートによるダッシュボードのメニュー画面の変更も見逃せないポイントのひとつ。従来は奥行きのある形で立体的に表現されていたメニュー画面が横にフラットに表示されることに。おそらくこれは、Kinectでの操作の利便性を考えてのことだと思われる。また、極めて新鮮なのが、アバターの頭身が変化したこと。比較してみるとすぐにわかるのだが、1頭身分くらいすらりとしており、ちょっぴり大人になった印象だ。アバターのカスタマイズ画面も何気に変化していて、より選びやすくなっている。

21
22
23

▲こちらは従来のダッシュボードのメニュー画面。立体的でかっこよかったが……。

▲アップデートではKinectでの操作性を考慮してメニューがフラットに並ぶことに。

31
35

▲従来のアバター(左)と新しいアバター(右)。1頭身分増えて大人っぽくなった!

32
33
34
36
37
38

▲上が従来のアバターのカスタマイズ画面と下が新しいアバターのカスタマイズ画面。より洗練された印象。

 今回のシステムアップデートのもうひとつの目玉であるZuneビデオの搭載では、国内市場で待望されていた、Xbox 360での映像配信が実現。まずは映画配信からスタートするZuneビデオだが、β版プレビューの段階では、『タイタンの戦い』や『第9地区』、『インビクタス 負けざる者たち』など、近作から往年の名作まで40タイトル近くを確認することができた。映像は、HD画質かSD画質にするかと、ストリーミングかダウンロードにするかの選択が可能で、利用者の環境に応じて選べるようになっている。いずれにせよ視聴は、購入から7日間のあいだに視聴を始め、視聴開始から24時間となる。β版では価格は410マイクロソフトポイントとなっていた。おおよそ615円となる計算だ。

※当初410マイクロソフトポイントはおおよそ430円と表記していましたが、615円の誤りでした。訂正します。

41
42
43
47

 またβ版のプレビューでは、映画のほかに、“インディペンデントビデオ”や“ビデオライブラリー”の項目などが確認できた。“インディペンデント ビデオ”には“ゲーマーTV”と“Web ビデオ”がラインアップされている。“ゲーマーTV”にはまだコンテンツがなかったので、どのような内容になるのかは確認できなかったが、“Web ビデオ”では、ただいま無料配信中のドラマ『The Guild』がラインアップされていた。“Web ビデオ”では、海外ドラマなどが楽しめるようになるのではないか、と想像される。今後のZuneビデオのさらなるコンテンツの広がりを期待したいところだ。

 2010年11月20日のKinectの発売を控え、着々と利便性を増して行くXbox 360。“エンターテインメントマシン”としての今後に注目が集まる。

44
45
46
48

▲Xboxガイドもデザインが変更されている。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『あなたの四騎姫教導譚』 ふるさと納税の返礼品“ゲームに登場する権利”で、汎用指揮官としての登場が決定

日本一ソフトウェアは、本社所在地である岐阜県各務原市のふるさと納税・返礼品についての情報を公開した。

『FFXIV』パッチ4.2“暁光の刻”は1月下旬に公開! 第40回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2”の概要が発表された、第40回プロデューサーレターLIVEの模様をお届けする。

“ブレイブルー ノエル=ヴァーミリオン 旧衣装Ver.”限定特典A3タペストリーのデザインが公開

2018年3月発売予定のフィギュア“ブレイブルー ノエル=ヴァーミリオン 旧衣装Ver.”。ECサイト・エビテン[ebten]内“阿々久商店”にて本商品を購入すると、限定特典としてA3タペストリーがついてくる。そしてこの度、タペストリーのデザインが公開された。

“テイルズ オブ ザ ステージ” もうひとつの“ジ アビス”の物語を描く新作舞台が2018年6月15日に上演決定

バンダイナムコエンターテインメントは、『テイルズ オブ』シリーズの舞台、“テイルズ オブ ザ ステージ-ローレライの力を継ぐ者-”を2018年6月15日に神奈川・横花アリーナで上演すると発表した。

『ファンタシースター』シリーズ30周年記念ライブ“ライブシンパシー2018“チケット先行販売が開始!

セガゲームスは、2018年3月24日に東京・ディファ有明にて『ファンタシースター』シリーズ30周年記念ライブ“ライブシンパシー2018”を開催する。2017年12月16日より、チケットの先行販売(ローチケプレリクエスト先行販売(先着))が開始となった。

“テイルズ オブ フェスティバル 2018”2018年6月16・17日に横浜アリーナで開催決定! 出演声優陣の第1弾情報を公開

バンダイナムコエンターテインメントは、『テイルズ オブ』シリーズのファンイベント“テイルズ オブ フェスティバル 2018”を、2018年6月16・17日に神奈川・横浜アリーナにて開催すると発表した。

『銀魂乱舞』連続コマーシャル第6話“将軍暗殺 篇”を公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月18日発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『銀魂乱舞』について、連続コマーシャル第6話“将軍暗殺 篇”を公開した。

2018年冬アニメ番組の視聴意向を“eb-i Xpress”が発表! あの王道ファンタジー作品が1位を獲得

Gzブレインによる企業向け定期サービス“eb-i Xpress”(イー・ビー・アイ・エクスプレス)が、2018年1月に放送開始が予定されている冬アニメ番組の視聴意向についての実態調査を行い、その結果を発表した。

『VIKINGS - ミッドガルドの狼』 北欧神話の過酷な環境を舞台にしたアクションRPGが12月22日に配信決定

H2 INTERACTIVEは、プレイステーション4用ソフト『VIKINGS - ミッドガルドの狼』を、2017年12月22日より配信開始する。

『ファークライ5』日本語吹き替え版の新トレーラーが公開

ユービーアイソフトは、2018年3月29日に発売予定のプレイステーション、Xbox One、PC用ソフト『ファークライ5』について、日本語吹き替え版の新トレーラーを公開した。