HOME> ニュース> 『Black Robinia -ブラック ロビニア-』制作発表会が開催

『Black Robinia -ブラック ロビニア-』制作発表会が開催

ゲーム PSP
ブロッコリーは、2010年9月25日、東京の秋葉原にある秋葉原・DUXシアターで同社がPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフトとして制作中のミステリーアドベンチャーゲーム『Black Robinia -ブラック ロビニア-』の制作発表会を開催。発表会では、人気声優の鈴木達央さんと立花慎之介さんのトークショーも行われた。

2010-09-25

●ドラマCDが先行発売中

blarobi_碎
NY1_3529
NY1_3538
NY2_0286
NY1_3564

 ブロッコリーは、2010年9月25日、東京の秋葉原にある秋葉原・DUXシアターで同社がPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフトとして制作中のミステリーアドベンチャーゲーム『Black Robinia -ブラック ロビニア-』の制作発表会を開催。発表会では、『Black Robinia』の概要説明のほか、メディアミックス展開の紹介、ボイスを担当する人気声優の鈴木達央さんと立花慎之介さんのトークショーなど盛りだくさんの内容で行われた。ここでは、さっそくその発表会の模様をリポートしよう。

 発表会の冒頭ではPV映像が披露され、続いて主催者あいさつとして、ブロッコリーの取締役事業部長の内野秀紀氏が壇上に立った。内野氏は「『Black Robinia』は、弊社が手掛ける女性向けゲームの第2弾です。今作は“ドラマチックミステリーアドベンチャー”ということで、シナリオ重視の作品となっています。また、同作の発売前にドラマCDを展開し、主人公たちが出会った中学生時代を描いており、ゲーム本編の前に聴いていただくと、よりゲームを楽しめる内容になっています」とスピーチし、メディアミックスによる展開をアピール。ドラマCDでは、主人公たちの中学生時代が描かれ、ある事件をきっかけにバラバラになる経緯が描かれ、ゲーム本編で探偵と警察官という立場で再開する。『Black Robinia』は、立場の違う主人公たちは激しくぶつかり合うなどの人間ドラマも展開され、ミステリーだけではなく男どうしの熱い友情も丁寧に描かれるという。コミック連載(作画:こちも、原作:ブロッコリー)も決まっており、『月刊ASUKA』(角川書店)にて今冬連載が開始される。

GAME磅

【ストーリー】

レトロな街並みに残る街“花竜市”。
この街で探偵事務所を構える私立探偵、
香津木 零(こうづき れい)は、
とある出来事をきっかけにすれ違っていたかつての幼なじみ
如月秋羅(きさらぎ あきら)と、
事件現場にて偶然の再開をする。
探偵と刑事。
それぞれが別の立場で。

事件を追いながら、彼らは何を思うのだろうか。


キャラクターデザイン:こちも
テーマソング:Elements Garden
ゲーム開発:システムプリズマ
企画・制作:ブロッコリー


【ゲームの概要】

プレイヤーは探偵サイドか警察サイドいずれかを選択してゲームをスタートさせる。それぞれのサイドでは事件解決へのアプローチが異なるとともにシステムにも違いがある。推理パートでは、穴埋め問題形式で謎を解き進めていく。物語中でいかに事件に関連するキーワードを集められるかがポイント。一方の警察サイドでは、背景画面をフリーカーソルで調べ、事件の手掛りを得ていく。

■探偵SIDE

01xY
03

▲香津木 零。香津木探偵事務所の若き所長。性格は頭脳明晰、分析力に優れているが、あまのじゃくな面があり皮肉屋。相棒(ということになっている)の晃太朗とは中学生時代からの付き合い。澪という名の妹がいたが、数年前に死別している。

▲橘 晃太朗。明るく陽気な性格で、好奇心旺盛なWebジャーナリスト。零が探偵事務所を開いてからは事務所に入り浸っている。仕事柄、交友関係が広く、人なつこい性格から、何かと不器用な零をサポートする。CVは入野自由。

■警察サイド

02
04酊

▲如月秋羅。花竜中央警察署に勤める新米刑事。周囲の人間いわく「恐怖のラッキー体質」。とにかくどうしたことか運がいい。相棒であり、先輩である月彦にせっつかれながら、忙しい日々を送っている。零とは中学時代の友人であるが、長らく交流を断っていた。とある事件現場で偶然の再開を果たす。

▲神楽坂月彦。白衣がトレードマークの刑事。鑑識出身のため、証拠の保全には厳しく、細かいことが気になる性格。秋羅とのコンビで働くようになってまだ日は浅いが、秋羅のラッキー体質をいたく気に入っている。CVは野島健児。

BR_dramaCDh1
QECB-1016_book_h1

▲『Black Robinia ドラマCD1』は現在発売中。

▲『Black Robinia ドラマCD2』は2010年10月27日発売。『3』は2010年11月26日、『4』は同年12月22日に発売予定。

NY1_3674

 つぎにゲームの製作陣や内容の紹介へと移り、その後、スペシャルゲストとして鈴木達央さん(探偵・香津木 零)と、立花慎之介さん(警察・如月秋羅)が登場し、トークショーが行われた。まず、自身が声を担当するキャラクターの印象を問われ、鈴木さんは「最初、探偵だと聞いていたんですが、ドラマCDでは中学生ということで、かなりトリッキーな物語なのかな、と最初は思いました(笑)。そこから演じるうえでのキャラクターを構築していったんですが、香津木 零という人物は、一匹狼なのかなと感じましたね。あるいは野良猫みたいな、というか。猫をかぶって、人との距離を取って、心開くまでは時間がかかるけれど、打ち解けると懐に入ってくるような、そんなキャラクターだという印象ですね。なので、猫かぶっているあいだは、人と会話しているようでしていない感じ、相手がストレートで投げてくるボールを変化球で取りにくいボールを返す、というような感じなかと思って演じました。あとは、中学時代と大人になってからの成長した部分をどうやって表そうかと考えましたね」とコメント。一方、立花さんは「零が猫なら秋羅は犬なのかな。秋羅は、体育会系でありつつ和を大切にしながら、まわりをまとめていく、というような立ち位置のキャラクターなのかな」と印象を語った。

 すでに収録がしたドラマCDで印象に残ったセリフやシーンについては、「零は仲よくなると言葉遣いが小難しいくなるんですよ。「〜なのだよ」と言ったり。昔の訳文が古いタイプのシャーロック・ホームズのような」(鈴木)、「零の場合は、ミステリーを解いていくというよりは、すぐに答えがわかってしまうキャラクターで、それを秋羅が説明や補足していくという展開が好きですね」(立花)と述べた。
 
 その後もユーモアを交えたトークが展開し、会場からは頻繁に笑いもこぼれた。最後に意気込みを問われた鈴木さんは「ゲームの収録はこれからなので、まだわからないことが多いんですが、いろいろ物語の概要やゲームシステムを聞いていくと、女性にできるのかな? という印象も受けたんです。でも、スタッフの方に聞くと「女性でも楽しめる本格推理アドベンチャーにしたい!」という意気込みを熱く語ってくれたので、僕はそれにいいスパイスを効かせられるように、零というキャラクターを演じられればと思います。自分もミステリー好きなので、この作品が皆さんの生活の刺激になってくれればうれしいですね。我々ふたりは主題歌もありますし、ほかにも素敵なキャストがたくさんいらっしゃいます。メディアミックスでの展開もありますので、長い目ですべても楽しんでもらえたらと思います」とあいさつ。立花さんは「ドラマCDは中学生、ゲームが大人、コミックはそのあいだになるのかな? さまざまなメディアでキャラタクーたちの別の時間軸を展開していくというのは、おもしろいと思いますし、それぞれの時間軸でのおもしろさもあると思います。その根幹にあるミステリーを皆さんもいっしょになって謎解きを楽しんでいただければと思います」とアピールし、30分にわたるトークショーとともに、発表会は終了した。

 気になる本作の発売は2011年2月24日と発表された。ちなみに、2010年10月9日と10日に開催される“アニメイトガールズフェスティバル2010”でも、『Black Robinia』のステージイベントが実施され、立花さんとテーマ曲制作を手掛けるElementsGardenの上松範康さんとのトークショーが行われる。参加方法などの詳細は『Black Robinia』のティザーサイトで。

Black Robinia -ブラック ロビニア-
メーカー ブロッコリー
対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル)
発売日 2011年2月24日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アドベンチャー / ミステリー
備考 初回限定版は8190円[税込]。初回限定版の特典は、特典1:ドラマCD、特典2:ビジュアルポストカード
(C)BROCCOLI / Illustration:こちも

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。

『ブレイブルー』10周年ANNIVERSARYサイトにて新イメージイラストが公開 『ブレイブルー』のこれまでの歴史を振り返るページも

アークシステムワークスは、2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』の10周年をお祝いする“BLAZBLUE 10th ANNIVERSARY”サイトを更新したことを発表した。