HOME> ニュース> 【プレイリポート】『スーパーロボット大戦L』さらにパワーアップした戦闘シーンがステキ!【TGS2010】

【プレイリポート】『スーパーロボット大戦L』さらにパワーアップした戦闘シーンがステキ!【TGS2010】

ゲーム DS
バンダイナムコゲームスより2010年11月25日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『スーパーロボット大戦L』。本作の東京ゲームショウでのプレイリポートをお届け。

2010-09-17

●TGS2010で『L』を体験プレイ

 遊べたのは、『クロガネに導かれし少年たち』というステージ。プレイヤーキャラクターとして使用できたキャラクターは下記の通り。
○ラッシュバード(ゲームオリジナル)
○ダンクーガノヴァ(獣装機攻ダンクーガ ノヴァ)
○ハインド・カインド(鉄のラインバレル)
○ペインキラー(鉄のラインバレル)

上記4体は戦闘シーンがじっくり拝めるというわけ。『スパロボ』といえば、原作さながらのド迫力な戦闘シーンが魅力のひとつ。今回もカットインバリバリ、機体も動きまくりのスゲエ戦闘シーンになっているぜ! ちなみに、ラッシュバードのサブパイロットであるAL-3 アリスは、カットインのときに少し乳が揺れているように見えるので要注目! ライトニングフィストを使うと、一鷹かアリスのどちらかのカットインが入るので、気になる人は会場でぜひ使ってみてくれ! 一鷹ばっかりだったときは、運が悪かったと思ってもう一度遊ぶと吉。それとダンクーガノヴァは、断空砲のカットインアニメがアニメそのまんまと思わせるほど最高にカッコイイので、こちらもぜひ見ていただきたい。

 肝心の戦闘システムについては、概ね従来どおり。シリーズのファンなら、一切の説明がなくてもすぐに遊べるはず。そもそもそんなに複雑じゃないので、シリーズが始めての人でも大丈夫! 機体を動かして、使用武器を選ぶだけでオーケーだ(精神コマンドとかもあるけどね)! ちなみに、2機ひと組で戦う“パートナーバトルシステム”については、ゲームショウで遊べるステージでは使えないぞ。こちらについては製品版をお楽しみに! その代わり、シングルユニットどうしの援護攻撃、援護防御はバッチリ使えたぞ。ラッシュバード、ハイド・カインド、ペインキラーらを隣のマスに配置しておけば、どちらもすぐに発動可能だ。攻撃力、耐久力ともに大きく上がるので、今回もシングルユニットで戦う場合は援護を考えたフォーメーションが重要になりそう。

 あとプレイして感じたのは、ニンテンドーDSの『スパロボ』は毎度のことながらテンポがいいなぁってこと。戦闘はアニメのONとOFFが選べるし、途中カット、早送り機能もある。味方のカットイン演出は見たいけど、ザコ敵の攻撃はいいやってときもお役立ちってわけ。敵ターンの移動や攻撃も超早いしストレスは一切感じない! こういった部分が洗練されているところも、長らくシリーズが続いている『スパロボ』ならではだなぁ思った。

 最後にひと言、ラインバレルとダンクーガノヴァは、わりと衝撃的な登場のしかたをするよ! 原作で予習してからプレイすると、さらに楽しめること間違いなし! みんなもぜひ見てくれ!
(週刊ファミ通 バサラ佐藤)

SRWL_LNF_01
SRWL_LNF_03
.jpg
l
スーパーロボット大戦L
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年11月25日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信、宇田 歩
(C) カラー (C) 久保書店・AIC (C) 創通・サンライズ (C) 創通・サンライズ・毎日放送 (C) 東映 (C) 東映アニメーション (C) 永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース (C) 藤原忍/ダンクーガ ノヴァ製作委員会 (C) 2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所 (C) 2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所 (C) 2003 Project GODANNAR (C) 2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS (C) 2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

人気アニメ『リトルウィッチアカデミア』がプレイステーション4でゲーム化 アニメさながらの繊細な表情やダイナミックな動きを3Dで再現

バンダイナムコエンターテインメントは、現在放送中のアニメ番組『リトルウィッチアカデミア』の初ゲーム化商品として、プレイステーション4用ソフト『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』を2017年に発売することを発表した。

『よるのないくに2』“夜の君・アーナス”や“サディスティックな妖魔・ヴァルデロッサ”などの最新情報を公開

コーエーテクモゲームスは、2017年発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』について、最新情報を公開した。

担当記者が時間を忘れて遊んだ注目インディーゲーム5選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の4回目は、担当記者(40代男性)が実際にプレイして「いいなぁ」としみじみ思った珠玉の5タイトルを紹介。

【2日目追記】初披露曲もたっぷり! 石川&金沢弁クイズも飛び出した、『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ石川公演リポート

2017年5月27日、28日、石川県の石川県産業展示館4号館にて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!”が開催された。本記事では、石川公演のリポートをお届けする。

『シュタインズ・ゲート』と『ロボティクス・ノーツ』の新作などが発表――ライブイベント“チヨスタライブ”での発表内容をお届け!

2017年5月28日、東京・中野サンプラザにて、志倉千代丸氏が手がける科学アドベンチャーシリーズの楽曲を中心としたライブイベント“CHIYO-ST. LIVE 2017 -GENESIS-”が開催された。同イベントでは、『シュタインズ・ゲート』、『ロボティクス・ノーツ』、『オカルティック・ナイン』、『アノニマス・コード』、『カオスチャイルド』などの最新情報が公開された。

『ストリートファイターV』Red Bull Kumite 2017予選に挑んだ日本勢の写真をピックアップ

2017年5月27日、レッドブルが主催する『ストリートファイターV』を用いた格闘ゲームイベント“Red Bull Kumite 2017”の予選が開催された。現地取材を行った豊泉三兄弟(次男)が撮影した日本人プレイヤーの写真を紹介する。

『メイプルストーリー』夏の大型アップデート“BEYOND”で新システムと5次スキルが追加! “メイプルパーティー2017”リポート

2017年5月27日、『メイプルストーリー』のファンイベント“メイプルパーティー2017”が開催された。その模様をリポートしよう。

『ストリートファイターV』“Red Bull Kumite 2017”日本勢の通過ならず! 地元フランスの選手が優勝

開催中の格闘ゲームイベント“Red Bull Kumite 2017”の予選通過者が決定。

新情報満載のスペシャルステージの詳細をリポート!【DQXIカウントダウンカーニバル】

2017年5月27日を皮切りに、全国5都市で実施される“ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル”。大阪会場から、堀井雄二氏に齊藤陽介氏が登壇して新情報が大量に公開された“スペシャルステージ”の詳細をリポート!

プレイステーション4版とNintendo Switch版『ドラゴンクエストX』の発売日と価格がついに発表!【DQXIカウントダウンカーニバル】

2017年5月27日を皮切りに、全国5都市で実施される“ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル”。その会場で放送された “ドラゴンクエストX TV 出張版in大阪”で発売自体は公表されていたプレイステーション4版とNintendo Switch版の『ドラゴンクエストX』の発売日&価格が満を持して発表された!