HOME> ニュース> 【プレイリポート】『KH Re:コーデッド』はシリーズが凝縮された楽しさ【TGS2010】

【プレイリポート】『KH Re:コーデッド』はシリーズが凝縮された楽しさ【TGS2010】

ゲーム DS
千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2010に出展されている『キングダム ハーツ Re:コーデッド』の試遊バージョンのプレイリポートを、週刊ファミ通でも本作の記事を担当しているロマンシング★嵯峨がお届けします。

2010-09-17

●『Re:コーデッド』のおもしろさを凝縮したふたつのバージョン

 発売日の10月7日が近づいてきた『キングダム ハーツ Re:コーデッド』。千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2010に出展されているバージョンのプレイリポートを、週刊ファミ通でも本作の記事を担当しているロマンシング★嵯峨がお届けします。

※本リポートは東京ゲームショウ2010に出展されている試遊バージョンでのものです。製品版と異なる可能性もありますのでご了承ください。

  今回用意されていた試遊台には、シリーズおなじみのワールド“トラヴァースタウン”から始まるデータと、『ふしぎの国のアリス』のキャラクターたちが登場する“ワンダーランド”から始まるデータのいずれかが入っていたのですが……欲張りな私は、もちろん両方とも遊んできました!

g

 まずはトラヴァースタウンから。ソラが大勢の敵に襲われるところから始まります。さっそく本作の爽快なバトルを体験できるというわけです。携帯電話版の『コーデッド』にはなかった新システムが追加されているので、要注目! まずは、Xボタンを押すと発動できる“バトルコマンド”。敵を一箇所に集める“マグネラ”や、広範囲を攻撃する“サンダラ”など、使いやすいコマンドがセットされていました。このコマンドと、通常のアタックをくり返しているだけでも、コンボがガンガン決まって気持ちいい気分が味わえます。

 また、敵を攻撃すると溜まっていく“クロックゲージ”(画面右下の、ソラの顔の左どなりに表示)も新要素。一定以上ゲージが溜まると、自動的にアビリティが発動。パラメーターが上がったり、コンボが変化したりします。さらに、ゲージが満タンになると強力な“フィニッシュコマンド”が発動。威力だけでなく、派手な演出も見どころですよ。

 敵をすべて倒すと、謎の黒コートの男が出現。それを追っていくと……DS版の新要素“システムエリア”が登場します。異変を解決するため、フィールド中を探し回って、“バックドア”を見つけましょう。バックドアに近づくと、センサーが激しく鳴るので、それを目印に。ちなみに私は、先にロムをお借りしてトラヴァースタウンをプレイしていたというのに、なかなかバックドアを見つけられませんでした……。情けない。

 バックドアから入れるシステムエリアは、バグだらけの世界。ここから脱出するには、中にいる“バグエネミー”を倒さなくてはいけません。バグエネミーは青や赤、黄色に点滅しているので、出会えばすぐにわかるはず。システムエリアをクリアーすると、さまざまなアイテムと交換できる“SP”が入手できます。すべてのアイテムをゲットするには、効率よくSPを集める必要があるので、知恵の絞り甲斐がありますよ。

バックドアのコピー
システムエリアのコピー
X

 では、もう一方のワンダーランドでは何が体験できるかというと……場面は、女王とアリス、ソラが会話しているところからスタート。この会話シーンの演出も、携帯電話版からガラリと変わっています。キャラクターのポーズが賑やかに切り替わっていくさまは新鮮ですよ。

 その後、すぐにソラはバグの影響の強いエリアへ。ここで、ゲーム性が急に変化! 奥スクロールのシューティングアクション風のバトルに切り替わるのです。そう、これが『Re:コーデッド』の特徴。ワールドによって、従来の3Dアクションではない、別の形のバトルを楽しめるのです。

 しかもこの奥スクロールアクションは、進むにつれて視点が回転するのでたいへん! 自分の顔をいろいろと傾けないと対応できないので、試遊台の前で変なポーズをしていたんじゃないかと、いま思い出して心配になる始末……。でもこういったバトルが要所要所に入ってくるおかげで、つねに新鮮な驚きを味わえるんですよね。試遊時間の15分でこの奥スクロールアクションのボスまでたどり着くのは、初見だと大変かもしれませんが、『Re:コーデッド』をこれから試遊する人は、ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

 トラヴァースタウンとワンダーランド、どちらのデータについても言えるのは、本作の魅力が味わえる部分が抽出されているということ。試遊時間は短くても、プレイすれば本作のポイントはつかめるはずですよ。

 ちなみに、『Re:コーデッド』の試遊スペースを出てすぐ右に置かれていたソラのオブジェ。じつはこれ、2010年9月20日〜9月30日までのあいだ、東京ディズニーリゾートの玄関口にある施設“イクスピアリ”に飾られる予定の、『キングダム ハーツ』の巨大オブジェの一部なんです。ソラだけでも十分大きいのに、完成形はどのくらい大きいのかしら? いまから楽しみです!(ロマンシング★嵯峨)

X
キングダム ハーツ Re:コーデッド
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年10月07日発売予定
価格 5,490円[税込]
ジャンル RPG(ロールプレイング)
備考
(C)Disney. Developed by SQUARE ENIX/h.a.n.d. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『うたわれるもの』2作品のビジュアルが満載の画集が満を持して3月24日発売!

『うたわれるもの 偽りの仮面』&『うたわれるもの 二人の白皇』のビジュアルがたっぷりと楽しめる本が300ページを超えるボリュームで発売!

『モンハン』好きアーティスト、DAIGOが語る『モンスターハンターダブルクロス』CM起用の経緯

2017年3月10日、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』の完成発表会にて、アーティスト/タレントのDAIGOと“次長課長”の井上聡が同作のテレビCMに出演することが発表された。発表会後、DAIGOに『モンスターハンター』シリーズへの想いを存分に語っていただいた。

『レゴ シティ アンダーカバー』のクリエイターに聞く 「誇りと熱意を持って、『レゴ』ゲームを作っている」

TT Gamesのプロデューサー、マット・エリソン氏にプレイステーション4とNintendo Switchに移植が発表されたばかりの『レゴ シティ アンダーカバー』についてあれこれ聞いてみた。

『咲-Saki-全国編Plus』3月25・26日の“AnimeJapan2017”にてグッズ販売を実施

エンターグラムは、2017年3月25日・26日に東京ビッグサイトで開催される“AnimeJapan2017”にて、プレイステーション Vita用ソフト『咲-Saki-全国編Plus』のグッズを販売すると発表。販売グッズ情報を公開した。

【レベルファイブ初の学生向けカンファレンス完全リポート その3】レベルファイブ梁井ゼネラルマネージャー、マップアートチーム東村氏が学生へ伝授! 世界を描くのに必要なのは“妄想力”!?

レベルファイブのトップクリエイターが一堂に会し、学生向けに開発の舞台裏やテクニックについてのセッションを行った、“大学・短大・専門学校生向け クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”。各セッションのうちの1つ。背景、原画についてを制作統括2部 ゼネラルマネージャー梁井信之氏、マップアートチーム東村有里氏による講演の模様をリポートする。

プロゲーマーのsako選手が『ストV』に加えてVR格ゲー『STEEL COMBAT』をプレイ【ファミ通チャンネル】

3月24日20時よりプロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたWeb番組“ファミ通のせやなTV(仮)”が放送。

今井麻美さんのコンプリートアルバム『rinascita』新アーティスト写真が公開! 5月20日にはバースデーライブの開催も決定!

声優・歌手として活躍する今井麻美さんがこれまでリリースした楽曲を収録したコンプリートアルバム『rinascita』(2017年5月16日発売予定)の新アーティスト写真が公開された。また、2017年5月20日に東京・山野ホールにてバースデーライブの開催も決定。

『スプラトゥーン2』先行試射会で使用できるブキのサブウェポン&スペシャルウェポン構成が公開

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会(3月25日、26日開催)で使用できるブキの構成を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモのブランド長がキャラクターに変身する特別映像が公開!!

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』について、同社のブランド長が各ブランドを代表するキャラクターに変身して本作の魅力を語る特別映像“ブランド長に聞く『無双☆スターズ』とは”を公開した。