HOME> ニュース> 【プレイリポート】『KH Re:コーデッド』はシリーズが凝縮された楽しさ【TGS2010】

【プレイリポート】『KH Re:コーデッド』はシリーズが凝縮された楽しさ【TGS2010】

ゲーム DS
千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2010に出展されている『キングダム ハーツ Re:コーデッド』の試遊バージョンのプレイリポートを、週刊ファミ通でも本作の記事を担当しているロマンシング★嵯峨がお届けします。

2010-09-17

●『Re:コーデッド』のおもしろさを凝縮したふたつのバージョン

 発売日の10月7日が近づいてきた『キングダム ハーツ Re:コーデッド』。千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2010に出展されているバージョンのプレイリポートを、週刊ファミ通でも本作の記事を担当しているロマンシング★嵯峨がお届けします。

※本リポートは東京ゲームショウ2010に出展されている試遊バージョンでのものです。製品版と異なる可能性もありますのでご了承ください。

  今回用意されていた試遊台には、シリーズおなじみのワールド“トラヴァースタウン”から始まるデータと、『ふしぎの国のアリス』のキャラクターたちが登場する“ワンダーランド”から始まるデータのいずれかが入っていたのですが……欲張りな私は、もちろん両方とも遊んできました!

g

 まずはトラヴァースタウンから。ソラが大勢の敵に襲われるところから始まります。さっそく本作の爽快なバトルを体験できるというわけです。携帯電話版の『コーデッド』にはなかった新システムが追加されているので、要注目! まずは、Xボタンを押すと発動できる“バトルコマンド”。敵を一箇所に集める“マグネラ”や、広範囲を攻撃する“サンダラ”など、使いやすいコマンドがセットされていました。このコマンドと、通常のアタックをくり返しているだけでも、コンボがガンガン決まって気持ちいい気分が味わえます。

 また、敵を攻撃すると溜まっていく“クロックゲージ”(画面右下の、ソラの顔の左どなりに表示)も新要素。一定以上ゲージが溜まると、自動的にアビリティが発動。パラメーターが上がったり、コンボが変化したりします。さらに、ゲージが満タンになると強力な“フィニッシュコマンド”が発動。威力だけでなく、派手な演出も見どころですよ。

 敵をすべて倒すと、謎の黒コートの男が出現。それを追っていくと……DS版の新要素“システムエリア”が登場します。異変を解決するため、フィールド中を探し回って、“バックドア”を見つけましょう。バックドアに近づくと、センサーが激しく鳴るので、それを目印に。ちなみに私は、先にロムをお借りしてトラヴァースタウンをプレイしていたというのに、なかなかバックドアを見つけられませんでした……。情けない。

 バックドアから入れるシステムエリアは、バグだらけの世界。ここから脱出するには、中にいる“バグエネミー”を倒さなくてはいけません。バグエネミーは青や赤、黄色に点滅しているので、出会えばすぐにわかるはず。システムエリアをクリアーすると、さまざまなアイテムと交換できる“SP”が入手できます。すべてのアイテムをゲットするには、効率よくSPを集める必要があるので、知恵の絞り甲斐がありますよ。

バックドアのコピー
システムエリアのコピー
X

 では、もう一方のワンダーランドでは何が体験できるかというと……場面は、女王とアリス、ソラが会話しているところからスタート。この会話シーンの演出も、携帯電話版からガラリと変わっています。キャラクターのポーズが賑やかに切り替わっていくさまは新鮮ですよ。

 その後、すぐにソラはバグの影響の強いエリアへ。ここで、ゲーム性が急に変化! 奥スクロールのシューティングアクション風のバトルに切り替わるのです。そう、これが『Re:コーデッド』の特徴。ワールドによって、従来の3Dアクションではない、別の形のバトルを楽しめるのです。

 しかもこの奥スクロールアクションは、進むにつれて視点が回転するのでたいへん! 自分の顔をいろいろと傾けないと対応できないので、試遊台の前で変なポーズをしていたんじゃないかと、いま思い出して心配になる始末……。でもこういったバトルが要所要所に入ってくるおかげで、つねに新鮮な驚きを味わえるんですよね。試遊時間の15分でこの奥スクロールアクションのボスまでたどり着くのは、初見だと大変かもしれませんが、『Re:コーデッド』をこれから試遊する人は、ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

 トラヴァースタウンとワンダーランド、どちらのデータについても言えるのは、本作の魅力が味わえる部分が抽出されているということ。試遊時間は短くても、プレイすれば本作のポイントはつかめるはずですよ。

 ちなみに、『Re:コーデッド』の試遊スペースを出てすぐ右に置かれていたソラのオブジェ。じつはこれ、2010年9月20日〜9月30日までのあいだ、東京ディズニーリゾートの玄関口にある施設“イクスピアリ”に飾られる予定の、『キングダム ハーツ』の巨大オブジェの一部なんです。ソラだけでも十分大きいのに、完成形はどのくらい大きいのかしら? いまから楽しみです!(ロマンシング★嵯峨)

X
キングダム ハーツ Re:コーデッド
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年10月07日発売予定
価格 5,490円[税込]
ジャンル RPG(ロールプレイング)
備考
(C)Disney. Developed by SQUARE ENIX/h.a.n.d. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

サンタ服がお似合いの森下由樹子さんと大和田仁美さんがMC!『ディシディアFF オペラオムニア』公式番組#20でライオン断章HARDに挑戦

YouTubeにて定期的に配信されている、スマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』の公式番組#20が公開。今回は、声優の森下由樹子さんと大和田仁美さんがサンタ服でライオン断章HARDや共闘に挑戦!

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 三つ巴の新コンテンツ、バトルトリニティに挑戦!(第211回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第211回(通算311回)。

“ルービックキューブ日本大会2018”が12月22・23日に開催! “足部門”や“複数目隠し部門”といった特殊部門もあり

ルービックキューブの6面を揃えるスピードを競う(一部の競技を除く)“ルービックキューブ日本大会2018”が、2018年12月22日・23日に神奈川県横浜市で開催される。参加者は過去最多となる16の国と地域から、5〜86歳の男女250名の競技者がエントリーしている。

『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』イベントはたっぷり500以上を収録! シリーズやタイトルを越えた掛け合いも

コーエーテクモゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita、Nintendo Switch用ソフト『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』で、イベントについての新情報を公開した。

『キングダム ハーツIII』、『アナと雪の女王』の“アレンデール”や“不思議な塔”など新たなワールドの情報が公開! 元XIII機関メンバーの姿も……

スクウェア・エニックスより、2019年1月25日発売予定のプレイステーション4およびXbox One用ソフト『キングダム ハーツIII』について、新たなワールド“アレンデール”&“不思議な塔”についての情報が公開された。

『GOD EATER 3』発売記念Twitterキャンペーンが開始! OPを担当するBiSHの直筆サイン入りPS4 Proとコラボイラストポスターがプレゼント

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』の発売を記念したTwitterキャンペーンを開始した。

5pb.がコミケ95に出展決定! 『シュタゲ』や『ロボノ DaSH』、『メモオフ -Innocent Fille-』のグッズを販売。“シュタゲ10周年記念イベント”の開催も

MAGES.は、コミックマーケット95に出展し、『シュタインズ・ゲート』や『ロボティクス・ノーツ DaSH』、『メモリーズオフ -Innocent Fille-』のグッズを販売することを発表した。

【ストV AE】「準備の90%はAngry Bird対策」カプコンカップ直前の藤村インタビュー

世界大会「カプコンカップ2018」へ向ける意気込みを藤村にうかがった。

Switch『アニマス』の配信が開始、美しいグラフィックを背景に奇怪な敵との死闘を繰り広げるダークファンタジーアクションRPG

トローゼは、Nintendo Switchダウンロード用ソフト『アニマス』を、ニンテンドーeショップにて本日2018年12月14日より開始したことを発表した。

“ジャンプフェスタ2019”にプレイステーションブースが出展! 『JUMP FORCE』と『キングダム ハーツIII』が試遊できる

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2018年12月22日、23日に開催される“ジャンプフェスタ2019”で、『JUMP FORCE』と『キングダム ハーツIII』が試遊できるプレイステーションブースを出展する。