HOME> ニュース> 『VANQUISH (ヴァンキッシュ)』ステージで体験版第2弾の配信日が発表【TGS2010】

『VANQUISH (ヴァンキッシュ)』ステージで体験版第2弾の配信日が発表【TGS2010】

プレイステーション3 Xbox 360 ゲーム
“東京ゲームショウ2010”の会期2日目、セガブースではプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『VANQUISH (ヴァンキッシュ)』のステージが実施された。

2010-09-17

●つぎのタイトルもすでに進行中?

KN1_3388

 2010年9月16日〜9月19日まで、千葉県の幕張メッセにて開催中の“東京ゲームショウ2010”。会期2日目、セガブースではプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』(2010年10月21日発売予定)のステージが実施された。

 ディレクターを務めるプラチナゲームズの三上真司氏と、プロデューサーの稲葉敦志氏はまず、ゲームを構成する4つの重要な要素を紹介。“ブースト”は、「カバーからカバーへ」と三上氏が表現するアクションだ。「スピーディーなノリのシューターを作りたい」(三上)という本作のコンセプトの核とも言えるだろう。“ARモード”は「スローな映像で爆発などの派手な演出を観たとき非常に美しかった」という三上氏の閃きから搭載されたシステム。ブースト中などに攻撃を行うと時間の流れが遅くなり狙いが定めやすくなるというもので、ゲームを攻略するうえでは重要なテクニックだが、稲葉氏いわく「意外と使わない人が多い」という。実際、ある程度のところまではそれでもクリアーできるそうだが「難しいモードでは使わないとクリアーはつらい」(稲葉)ので、ぜひ意識して使っていきたいところ。アニメ『新造人間キャシャーン』からイメージを引っ張ってきたのが“近接攻撃”。「スカッと敵を破壊したい」という三上氏の考えを表現したもので、演出と破壊力ともにインパクトは抜群。ただし、本作はあくまでシューターなので、連続で使用できないという制限が設けられているそうだ。最後に紹介された“カジュアルオート”は、武器をかまえると自動で照準が敵に合うという初心者に向けたシステム。しかし、両氏は初心者意外の人にもぜひ使ってほしいとコメント。「頭が真っ白になるくらいテンポがいい」、「ノーマルモードでしか遊ばない人も、その考えを一旦横に置いてほしい」とその魅力を語った。

VANQUISH_001
VANQUISH_002
VANQUISH_003
VANQUISH_004
VANQUISH_005
VANQUISH_006
VANQUISH_007
VANQUISH_008
VANQUISH_007
VANQUISH_008
VANQUISH_009
VANQUISH_010
VANQUISH_011
VANQUISH_012
VANQUISH_013
VANQUISH_014

 ゲームの基本要素紹介に続いては、未公開ステージを使ってのライブデモを披露。登場したのはモノレールの駅が舞台で、構内の階段から敵がワラワラと降りてきたり、移動するモノレール上でのバトルなどが用意された、手応えのありそうなステージだ。ここで三上氏は、ディスクランチャー、LFE GUN、ロックオンレーザーという武器を紹介。個人的に気になったのはLFE GUNで、これは障害物を貫通する衝撃波のようなものが撃てるという武器になっている。

 稲葉氏は今後のプロモーション展開についても言及。ソフト発売に前後してオンエアーされるテレビCM2種類、“世界観編”と“スパーク編”を公開し、予約特典の内容も改めて発表した。さらに、2010年9月22日から体験版の第2弾が配信されることも明らかに。「第1弾とは赴きが違うもの」(稲葉)になっており、よりチャレンジ要素が高い内容だという。また、この体験版第2弾を使ったキャンペーンも実施されるとのこと。

KN2_3756
KN1_3356
KN1_3382

 最後の挨拶の中では、稲葉氏から「このほかにも、ワールドワイドを狙えるタイトルをセガさんといっしょに用意しています」という気になる言葉も。あと1ヵ月程度で発売を迎える『VANQUISH (ヴァンキッシュ)』だが、今後もプラチナゲームズからは目が離せそうにない。

VANQUISH (ヴァンキッシュ)
メーカー セガ
対応機種 Xbox 360 / プレイステーション3
発売日 2010年10月21日
価格 7,980円[税込]
ジャンル アクションシューティング
備考
(C)SEGA

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ポケモン DP・SP』振り返り特集&特製シール付き! “クロスレビュー 殿堂入りソフトカタログ 後編”や『レインボーシックス エクストラクション』特集も(2022年1月20日発売)【今週の週刊ファミ通】

本日(2022年1月20日)発売の週刊ファミ通2022年2月3日号では、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』シンオウ地方振り返り特集をお届け。

『レインボーシックス エクストラクション』が本日発売。戦略性が高い協力プレイを楽しめる本作のゲーム内容を総まとめ

ユービーアイソフトより、プレイステーション5(PS5)、プレイステーション4(PS4)、Xbox Series X|S、Xbox One、PC用ソフト『レインボーシックス エクストラクション』が本日(2022年1月20日)発売。同作のゲーム概要やレビュー、動画、インタビューなど、これまでに公開された情報をまとめてお届けする。

『ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ』事前登録者数が30万人を突破。複製原画とAmazonギフト券5000円分が当たるキャンペーンが開催

スクウェア・エニックスは、事前登録受付中のスマホ向けRPG『ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ』について、事前登録者数が30万人を突破したことを発表した。

『ホライゾン Forbidden West』国内独占インタビュー。禁断の地で描かれる新たな物語の見どころを開発者が語る

2022年1月19日に公開された『Horizon Forbidden West』の最新映像をもとに、開発者への国内独占インタビューを公開!

新作スマホゲーム『カイジ -闇の黙示録-』が1月20日18時より配信開始。原作の世界観を楽しみながら、テクニックや頭脳、時には運にも頼って戦う

NOA.TECは、スマホ向けシュミレーションゲーム『カイジ -闇の黙示録-』を、2022年1月20日18時より配信を開始する。

『原神』公式Twitterにて2022年2月のスマホ壁紙用カレンダーが配布。2月14日に誕生日を迎える“北斗”がデザイン

オープンワールドRPG『原神』公式Twitterは、2月14日に誕生日を迎える“北斗”がデザインされた、2022年2月のスマホ壁紙用カレンダーを配布した。

『ポケモン』のはんこ“Pok?mon PON”の続編がAmazonで販売開始。ホウエン、シンオウ、イッシュ地方の398匹が追加

2022年1月19日、岡田商会は、ポケモンのはんこ“Pok?mon PON(ホウエン地方・シンオウ地方・イッシュ地方)”の販売をECサイトAmazonにて開始した。

【東京eスポーツフェスタ2022】eGGとファミ通をメディアスポンサーに決定。今後のコラボ企画や最新情報は両媒体にて積極的に発信予定

“東京eスポーツフェスタ2022”は、日本テレビのeGGならびにKADOKAWA Game Linkageのファミ通をメディアスポンサーに決定した。

『彼女、お借りします』一番くじが1月22日より発売。新規描き下ろしタペストリー、単行本の表紙イラストを使用したビジュアライズフレームなどファン垂涎のアイテムが登場

BANDAI SPIRITSは、『一番くじ 彼女、お借りします 満足度3』を2022年1月22日(土)より、全国の書店、ホビーショップ、ゲームセンター、ドラッグストアなどで発売する。