HOME> ニュース> 【ブースリポート】レベルファイブブースは『二ノ国』のゴロネール城がモチーフ【TGS2010】

【ブースリポート】レベルファイブブースは『二ノ国』のゴロネール城がモチーフ【TGS2010】

ゲーム
毎年多くのゲームファンから注目を浴びるレベルファイブブース。今年は、『二ノ国』に登場する“ゴロネール城”をモチーフとしたブースを展開している。

2010-09-16

●ゴロネール城を再現

 毎年多くのゲームファンから注目を浴びるレベルファイブブース。今年は、『二ノ国』に登場する“ゴロネール城”をモチーフとしたブースを展開している。ブース内では、大型スクリーンで未公開最新映像が楽しめるほか、『二ノ国 漆黒の魔導士』、『ダンボール戦機』、『イナズマイレブン ストライカーズ』など、出展タイトルのほぼすべてが試遊可能となっている。その中でも、『二ノ国 漆黒の魔導士』は、製品版に同梱される魔法指南書“マジックマスター”を使って遊べるので注目だ。また、ゲームを試遊すると、“ニノ国トートバッグ”がもらえるのも見逃せない!

●『二ノ国 漆黒の魔導士』のゲームシステムを紹介

●魔法指南書「マジックマスター」 連動システム

 マジックマスターとは、二ノ国で使われていた魔法使いになるための指南書。主人公のオリバーはシズクからこの本を受け取り、この本から情報を得て冒険するのだ。プレイヤーも同様に実際の本を手にしてゲームを進めることになるぞ。ルーンの描き方、魔物の攻略法、二ノ国に伝わる物語などなど、完全ルビ対応の352ページ仕様。まるで自分が魔法使い見習いになったような気分になって物語を進めることができるぞ。

16_ninokuni_ds
18_ninokuni_ds

●「イマージェン」 収集・育成システム

 イマージェンとは、命ある生き物の心が実体化して幻獣の姿になったもの。二ノ国では、この心の戦士イマージェンでモンスターなどと戦っていきます。イマージェンとの出会い方はさまざまですが、お気に入りのイマージェンを見つけ、それぞれの特性を生かして自分だけの個性的なチームを作ろう。

17_ninokuni_ds

●『二ノ国 漆黒の魔導士』最新画像

01_ninokuni_ds
02_ninokuni_ds
03_ninokuni_ds
04_ninokuni_ds
05_ninokuni_ds
06_ninokuni_ds
07_ninokuni_ds
08_ninokuni_ds
09_ninokuni_ds
10_ninokuni_ds
11_ninokuni_ds
12_ninokuni_ds
13_ninokuni_ds
14_ninokuni_ds
15_ninokuni_ds
ninokuni_ds_logo

●『二ノ国 白き聖灰の女王

 本作は、妖精シズクといっしょに、水と緑の王国・ゴロネールで問題を解決したり、美しい森の中で繰り広げるハラハラドキドキのバトルが楽しめるRRG。そして、まるでアニメーションの中を自由に歩いているかのような不思議な感覚。温かく表現されたスタジオジブリのアニメーション、久石譲氏が奏でる壮大な音楽とともに物語が語られていくぞ。

01_ninokuni_ps3
02_ninokuni_ps3
03_ninokuni_ps3
04_ninokuni_ps3
05_ninokuni_ps3
06_ninokuni_ps3
ninokuni_ps3_logo

●『イナズマイレブン ストライカーズ

 シリーズ累計約270万本出荷の、子供に大人気のコンテンツ『イナズマイレブン』がWiiに登場。本作は、『イナズマイレブン』シリーズの人気キャラになりきって、“簡単操作”で誰でもサッカーの“熱い場面” が体験できる超次元バトルサッカーゲーム。テレビアニメそのままの演出でくり出される必殺技を巧みに用いて、友だちと対戦や協力プレイが楽しめるぞ。

01_
02_
03_
04_
05_
06_
07_
08_
09_
10_
C

●ミステリールーム

 『ミステリールーム』は、『アタマニア』シリーズ待望の第3弾。刑事であるポッチョとスライのもとに送られてくる数々の難事件。ふたりは尋問や証拠品の調査を行っていく。調査に基づいて仮説を立て、再現フィルムを操作し、事件の流れを推理。迷宮入り目前の事件を解決に導こう。

A
C
X
|
~
~
~
~
~
~
~

●ダンボール戦機

 小型ロボット『L B X( L i t t l e
B at tler eX perience)』を自由にカスタマイズしてバトル
していくプラモクラフトRPG。テレビアニメシリーズの放映」やバンダイによるLBXのプラモデルシリーズ化など、さまざまなメディアを横断したクロスメディアにての展開が予定されている。

●ストーリー

物語の舞台は、20 5 0年の近未来。『L B X(L i t t l e B at t l e r e X p e r i e n ce)』と呼ばれるホビー用小型ロボットを、強化ダンボールの中で戦わせる遊びがブームとなっていた。主人公『山野バン』もL B Xに夢中な少年のうちの一人。いつものように、親に内緒で遊んでいたある日、謎の女性から超高性能なLBX『A X- 00』を預けられる。バンはこのLBXとの出会いをきっかけに、大きな事件に巻き込まれていくことに。小さな戦士たちに、世界の未来が託される。

00_
00_
01_
02_
03_
04_
05_
06_
07_
08_
09_

●出展タイトルリスト

イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー
 DS 試遊可能

二ノ国 漆黒の魔導士
 DS 映像出展、試遊可能

ミステリールーム
 DS 映像出展

ダンボール戦機
 PSP 映像出展、試遊可能

イナズマイレブン ストライカーズ
 Wii 映像出展、試遊可能

二ノ国 白き聖灰の女王
 PS3 映像出展、試遊可能


※DSはニンテンドーDS、PSPはプレイステーション・ポータブル、PS2はプレイステーション2、PS3はプレイステーション3、XB360はXbox 360の略です。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。

『ストV AE』はときど、ふ〜ど、板橋ザンギエフを含む有力候補たちがウィナーズでDAY2に進出。『KOF XIV』は決勝トーナメントのメンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY1が実施された。

『ファークライ ニュードーン』プレイレビュー! あの“終末”から17年後を描くまさかの新作は、ポストアポカリプスに新たな文脈を加えた意欲作

ユービーアイソフトより2019年2月15日に発売された『ファークライ ニュードーン』。『ファークライ5』の17年後を舞台にした本作の“刺激”をレビューしていこう。