HOME> ニュース> 【動画追加、コメント追加】『デビル メイ クライ』シリーズ最新作が電撃発表【CAPCOM × TGS2010】

【動画追加、コメント追加】『デビル メイ クライ』シリーズ最新作が電撃発表【CAPCOM × TGS2010】

プレイステーション3 Xbox 360 ゲーム
2010年9月16日から開催される東京ゲームショウ2010を控え、カプコンがプライベートイベント“CAPCOM×TGS2010”を開催。その場で、『デビル メイ クライ』シリーズ最新作『DmC Devil May Cry(ディーエムシーデビルメイクライ)』を発表した。

2010-09-15

●プレイステーション3、Xbox 360で発売

dmc_title logo

 2010年9月16日から開催される東京ゲームショウ2010を翌日に控え、同年9月15日にカプコンはプライベートイベント“CAPCOM×TGS2010”を開催。その場で、『デビル メイ クライ』シリーズ最新作『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』を発表した。

 本作はカプコンのサンフランシスコ支社のアレックス・ジョーン氏をプロデューサーに迎えて開発中。「1年半前に上司に突然呼ばれて、日本からこのタイトルを開発するように言われて“まさか!”と非常に驚きました。続けて日本と共同で開発すると聞いて“やばい!”ともっと驚きました(笑)」(アレックス)と当時を振り返る。映像は青少年更生施設のシーンからスタート。主人公はかなり若いく、世界観も現代に近い。でも、その手に持つのはやはり二丁拳銃。「マイ ネーム イズ ダンテ」とナレーションが入るやいなや、会場から奇声にも似た歓声が! 「この反応を待ってました!」と稲船氏もご満悦。続けて以下のように本作の魅力を語った。

「カプコンのアメリカの開発ということでネガティブに捉える方がいるかもしれません。でも、僕は去年からすべての地域の面倒を見ています。アレックスも僕の部下なんです。ですからいままでとは違います。アレックスたちに丸投げしているわけでなく、自分たちといっしょに作る、という体制です。その結果が今回のトレーラーに表れてると思います」(稲船)

KN1_2000

▲左から稲船氏、プロデューサーのアレックス・ジョーン氏、ディレクターのタミーム・アントニアデス氏、伊津野英昭氏。

 本作のディレクションを手掛けるのは、プレイステーション3用ソフト『Heavenly Sword(ヘブンリーソード)』を手がけたイギリスの開発会社“Ninja Theory”。クリエイティブディレクターのタミーム・アントニアデス氏も登壇し、「『デビル メイ クライ』シリーズはゲーム業界に大きな影響を与えたタイトル。僕にも同じく大きな影響を与えてくれました。ゲーム性だけでなく、アクション映画の要素やファッションの要素など文化的にもインパクトのある作品。今回のダンテは若く、ゲームにもいまどきのファッションやストリート音楽を取り入れていきます。シリーズ作品のDNAを受け継ぎながらも、インパクトのある作品にしたい」と抱負を語った。

 映像を見てもわかるとおり、『デビル メイ クライ』シリーズの遺伝子をきちんと引き継ぎながらも、若きダンテがかつてないステージでスタイリッシュなアクションをくり広げるという内容に。銃や剣を駆使したスタイリッシュアクションだけでなく、斬新な要素を数多く取り入れているとのことだ。

 なお、『DmC Devil May Cry(ディーエムシー デビル メイ クライ)』はプレイステーション3とXbox 360で開発中。Ninja Theoryのタミーム・アントニアデス氏がクリエイティブディレクターを、『デビル メイ クライ』シリーズをもっとも知る男、伊津野英昭ディレクターが監修を担当。「監修となっていますが、僕自身はタミームとダブルディレクターのつもりでかなり力を入れて作っています。このプロジェクトはすんなり進んでいるわけではないですが、Ninjya Theoryの僕らには出せないセンス、カプコンジャパンにしか出せないシリーズのDNAを、お互いにゆずることなく融合させることが本作のプロジェクトのおもしろ味かなと感じています。アレックス、タミーム、僕、江城プロデューサー(『大神伝』、『逆転検事2』など)、そして稲船さんにも協力してもらいながら、これでおもしろくないゲームができるはずはない。どんな化学反応が起こるか期待していてください」(伊津野)。伊津野氏を筆頭にカプコンジャパンの開発スタッフが監修しながらも、北米のワールドワイドのセンスを取り入れた新たな試みのタイトルになることも明らかになった。

key_image_layered_edited-1
SS1
SS2
SS3
SS4
SS5
SS6

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【ますますマンガで分かるFGO】風邪で寝込んだオフェリアが久々登場。漫画248話“オフェリアとセイバー”が公開

FGO PROJECTは、公式Web漫画“ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order”の第248話“オフェリアとセイバー”を公開した。

『オーバーウォッチ2』次回のPvPベータテストや今後の展開などを発表するオンラインイベント“SAVE THE DATE”が6月17日(金)に開催

2022年6月17日(金)に、『オーバーウォッチ2』に関する今後の展開や次回開催予定のPvPベータテストの情報を発表するオンラインイベントが開催される。開催時刻は後日発表予定。

『ヘブバン』5/19生放送まとめ。リリース100日記念、メイン4章、今後のアップデート情報が公開【随時更新】

『ヘブンバーンズレッド』(ヘブバン)にて、2022年5月19日に配信される公式生放送“ヘブバン情報局Vol.16【リリース100日直前スペシャル!】”で発表されるゲーム最新情報を随時更新でお届けする。

【PS5】ひかりTVショッピングで第27回抽選販売が実施。エントリー期間は5月24日11時59分まで

2022年5月19日、NTTぷららは、ひかりTVショッピングにて第27回プレイステーション5の抽選販売を開始した。エントリー期間は5月24日11時59分まで。

アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』10周年記念展が8月より池袋サンシャインシティで開催。描き下ろしイラスト展示や特別映像の上映などを実施

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメシリーズが2022年で10周年を迎えることを記念し、“ジョジョの奇妙な冒険 アニメ10周年記念展”が2022年8月より池袋サンシャインシティを皮切りに、全国各地で開催される。

『AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』のキャラクタートレーラーが公開。捜査官やメイドカフェ店員、お笑い芸人など個性的な面々を紹介

2022年5月19日(木)、スパイク・チュンソフトは『AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』の登場キャラクターを紹介する新トレーラーを公開した。

Switch/PC『バックビート』が2022年秋に配信決定。時間を巻き戻しながら独自の楽曲を作り上げていく音楽パズルストラテジー

イチゴイチエは、Nintendo SwitchとPC(Steam)向け音楽ストラテジーゲーム『バックビート』を2022年秋に配信することを発表した。

『ペルソナ2』主人公の周防達哉、天野舞耶がねんどろいどになって登場。刀、二丁拳銃といった武器がオプションパーツとして付属

グッドスマイルカンパニーは、『ペルソナ2 罪/罰』より周防達哉、天野舞耶をねんどろいど化し、本日2022年5月19日(木)より予約開始した。

Amazonの新世代『Fire 7タブレット』6980円で予約販売開始。USB-Cで10時間駆動のコスパ抜群のエンタメデバイス

Amazonは2022年5月18日(水)、新世代『Fire 7 タブレット』と『Fire 7 キッズモデル』の予約販売を開始した。価格はFire 7 タブレットは6980円[税込]、Fire 7 キッズモデルは12980円[税込]。出荷開始は6月29日(水)を予定している。

『原神』×GiGO/セガのキャンペーン第3弾が6月11日より開催。雷電将軍や神里綾華など稲妻キャラの景品や原神焼き第2弾、ノベルティ付きドリンクの販売も

GENDA GiGO Entertainmentは、2022年6月11日(土)〜7月10日(日)の期間中、GiGOのお店/セガのお店にて“原神×GiGO/セガのお店キャンペーン第3弾”を開催することを発表した。