HOME> ニュース> 『El Shaddai(エルシャダイ)』新たな武器と堕天使が判明! TGS体験版事前レポートも!!

『El Shaddai(エルシャダイ)』新たな武器と堕天使が判明! TGS体験版事前レポートも!!

ゲーム プレイステーション3 Xbox 360
新作アクションゲーム『El Shaddai(エルシャダイ)』の最新情報は、新たな武器と堕天使! さらに、東京ゲームショウ2010でブレイアブル出展されるトライアルバージョンの事前体験レポートも!

2010-09-14

●TGSバージョンをひと足お先にプレイ!

 神の命を受け、地上に降りた堕天使たちの捕縛に向かう主人公イーノックの冒険を描く新作アクションゲーム。本作が2010年9月16日から行われる、東京ゲームショウ2010にて、プレイアブル出展されることが判明。ひと足お先に体験してきたので、そのレポートを掲載するぞ。合わせて、新たに判明した武器“ベイル”と、堕天使エゼキエルについても紹介。

TGS
TGS
TGS
TGS
TGS

TGS体験版事前プレイレポート

 

  今回『エルシャダイ』の記事担当者が体験させてもらったのは、TGS2010に出展されるものとまったく同じバージョンで、プレイ時間は約10〜15分のものだ。

 

スタート地点は、地上界の始まりである7本指の大きな手の上。唐突に敵が出現し、すぐにバトルが始まる。

今回の体験版では、敵からアーチやベイル(本記事中段にて紹介)といった武器を奪い軽快なコンボを決めるという、バトルの一連の流れを体験することができる。

本作では、スティックで移動を行う以外には、攻撃、ジャンプ、ガードの3つのボタンしか使うことはなく、シンプルな操作が実現している。

それでは攻撃時のコンボなどはどうするかというと、攻撃を当てるタイミング、攻撃ボタンの溜め押しの長さなどにより、数種類のコンボが武器ごとに設定されており、入力次第でさまざまな技が発動する。今回の体験版でも、素手、アーチ、ベイルと3種の攻撃方法が試せるので、ぜひ爽快なコンボを出せる入力方法を見つけて味わって欲しい。少しプレイすれば、ボタン3つでこれほどのバリエーションと小気味よさを味わえるバトルが再現できることに驚くだろう。

 

また、今回はいくつかのステージを少しずつ体験できる構成になっており、敵は出てこず、ジャンプなどの移動を駆使して動く足場を渡っていく、フィールドアクションのステージも体験できる。

そこでは、アクションに集中するのと同時にリアルタイムに表情を変える背景グラフィックにも目を奪われる。「絵画のよう」、「つねに変化し続ける」と記事で書いてきたとおりの演出がなされており、これぞ本作ならではという幻想的な魅力を放ち続ける。

背景以外にも、主人公イーノックや敵のビジュアル面、またサウンドや効果音などの演出にも細かなこだわりが多く落とし込まれており、(これ以上は実際にプレイして気づいてほしいので書きません!)作品の世界観を濃密に感じることができる。

 

初のプレイアブルとなる今回の体験版は、いままで誌面やWEBの記事からビジュアルや世界観に魅力感じていながらも、「アクションゲームとしてぶっちゃけどうなの?」という疑問を持っていたみなさんに、ある回答を与えてくれるに十分な内容となっている。モーションやカメラワーク(オート)も滑らかに動いており、彼風に言わせてもらえば、「大丈夫だ、問題ない!」というところである(笑)。

 

TGSのイグニッション・エンターテイメントのブースは、『エルシャダイ』のイメージをコンセプトにしたデザインとなっているという。試遊するのにはぴったりの雰囲気になっているので、ぜひ一度は足を運んで『エルシャダイ』をプレイしてみては?

 

●新たな武器・金剛の拳“ベイル”

x

 今回はイーノックの新たな武器“ベイル”を紹介。ベイルは、堕天使たちが地上に持ち去った天界の知恵の結晶のひとつ。両手に装備することで、最強の打撃を放つことができる神の拳でもあり、ふたつを合わせればどんな攻撃をも弾き返す最強の盾となる。堕天使の手下“使役獣”からベイルを取り返し、浄化して真の力を解き放つのだ!

x
x
x
x
x
x

▲イーノックの浄化の力で、奪い返したベイルに真の輝きが戻る。

x
x

▲ベイルは、狙いを定めて渾身の一撃を放つことが可能。

▲また、使役獣の重い攻撃もやすやすと防ぐことができる。

●母性に惹かれた堕天使エゼキエル

 イーノックの前に姿を現す、新たな堕天使、その名はエゼキエル。人の家族愛に憧れを抱き、堕天を決意した。彼女は異常とも思えるほどの一方的な母性愛を持つため、周囲の相手にはそれが時として恐怖を与えることもある。また、彼女の歪んだ愛情から生まれた“使役獣”と呼ばれるモンスターを従えている。

エゼキエル_00

堕天使エゼキエル

G
G

●エゼキエルが愛情を注ぐ異形の使役獣たち

t
E

フーラ&ウーラ
エゼキエルが愛情を注ぐブタの兄弟。エゼキエルの力で巨大化している。鎧と仮面をかぶった不気味な出で立ちをしている。巨体を活かした驚異のコンビネーション攻撃をくり出してくるぞ。

E
t
t
t
G
G

エゼキ・V(エゼキ・ベー)
天界から奪ったベイルを装備している、巨漢の使役獣。動きは遅いが、強力な攻撃を仕掛けてくる。

G
G

エゼキ・A(エゼキ・アー)
天界から奪ったアーチを持つ使役獣。素早い動きと、毒々しい植物を発生させる独特な攻撃が特徴。

El Shaddai(エルシャダイ)
メーカー イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
対応機種 Xbox 360 / プレイステーション3
発売日 2011年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / ファンタジー
備考 ディレクター:竹安佐和記(クリム)、プロデューサー:木村雅人
(C)2010 Ignition Entertainment Ltd. All Rights Reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月18日〜2017年11月24日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『PUBG』アジア大会に見る松木安太郎ポジションの大切さ

『PUBG』のアジア大会が閉幕して5日ほど経過。落ち着いたところで感想を書きました。

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第55話/渡まかな】

プレイ漫画で『グラブル』の世界を追体験! 年に一度のお祭り、ハロウィンでのキャラクターたちを振り返る!!

VR ZONEと“異色肌ギャル”のコラボPVが公開、ド派手な色彩のフードメニューやフォトスポットを用意

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”について、2017年11月24日より“異色肌ギャル”とのコラボを開始した。

東京ジョイポリスで開催中のコラボイベント“初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX”が、2018年1月8日まで開催延長!

東京・台場の東京ジョイポリスで開催中の“『初音ミク DAIBA de DIVA Future Tone DX』”が、好評につき、2018年1月8日まで会期が延長されることが決定した。

『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』 ニンテンドー3DS用ソフトとして2018年春発売決定

システムソフト・アルファーは、ニンテンドー3DS用ソフト『大戦略 大東亜興亡史DX〜第二次世界大戦〜』を2018年春に発売することを明らかにした。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント“極限感謝祭2017”詳細リポート まさにお祭りのコンセプトマッチが展開

2017年11月24日、東京・浅草橋ヒューリックスホールにてバンダイナムコエンターテインメントのアーケードゲーム、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』のファンイベント、“極限感謝祭2017”が開催された。ここではその模様をお届けする。

『ディシディア ファイナルファンタジー』野村哲也氏直筆ゴルベーザのイラスト入りフリッププレゼント

『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#13 新キャラSP』で使用された、鯨岡武生ディレクター直筆のキーワードと、野村哲也氏によるゴルベーザのイラスト、そしておふたりのサインが入ったフリップを、抽選で1名様にプレゼント! 

『メタルマックス Xeno(ゼノ)』序盤のエリア“東京砂漠”やキャラクターの情報を公開、楽曲担当アーティストも発表

角川ゲームスは、2018年春発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『メタルマックス Xeno(ゼノ)』について、最新情報を公開した。

“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エイティング編) 振り向けば仲間がいた。原作開発時の熱き情熱を当時のスタッフに聞く

2017年11月2日に配信されたエムツー ショット トリガーズ第3弾『魔法大作戦』。先日掲載したエムツーへのインタビューに続き、原作開発を手掛けたエイティング/ライジングの横尾憲一氏、そして外山雄一氏にご登場いただき、当時の開発エピソードや心意気を存分に語っていただいた。