HOME> ニュース> タイトーがアーケード業界を革命する新システムを発表

タイトーがアーケード業界を革命する新システムを発表

ゲーム
2010年9月9日から千葉県の幕張メッセで開催されている第48回アミューズメントマシンショー。同イベントに出展しているタイトーブースの展示内容などをいち早くお届けする。

2010-09-09

●シューティングファン待望の新作『ダライアスバースト アナザークロニクル

taitoam201004

 2010年9月9日から千葉県の幕張メッセで開催されている第48回アミューズメントマシンショー。同イベントに出展しているタイトーブースの展示内容などをいち早くお届けする。タイトーブースの目玉と言えるのが、先日ロケテストが行われていた『ダライアスバースト アナザークロニクル』。ロケテストはいずれも大盛況となっていただけに、今回のショーも行列必至のゲームとなりそうだ。そのほかにもタイトーブースには、いわゆるビデオゲームだけでなく、コインゲームやパンチングマシン、ワンコインカラオケといったアミューズメントマシンも多数出展。2010年冬以降、ゲームセンターはタイトーのアミューズメントマシンで賑わいそうだ。

taitoam201005

●アーケードゲーム業界革命“NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)”発表

taitoam201009

▲“NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)”のイメージ図。

 また、タイトーは自社ブースで発表会を実施。その場で、“NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)”というアーケードゲーム配信システムを発表した。これまでアーケードゲームは、汎用ゲーム筐体に店舗側が購入したゲーム基板を取りつけるというビジネスモデル。新しいゲームが出るたびに店舗側が基板を購入するという、家庭用ゲーム機のハードとソフトに近い形態だった。しかし、今回発表された“NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)”はタイトーのサーバー上にゲームを集約し、各アミューズメント施設にそれらのゲームを配信。店舗側がゲームをダウンロードして、どの筐体でどのゲームを遊べるようにするかを選べるという新たなシステムだ。家庭用ゲーム機にたとえると、Xbox LIVEやPlayStation Networkに近いサービスと言える。

 これにより店舗側は新たにゲーム基板を購入する必要はなく、新しいゲームが配信されたら筐体をセッティングするだけで、ゲームファンに新作を提供することが可能になる。基板はゲームソフトに比べると高価で、店舗側もコスト的な問題で簡単にゲームを切り替えることができなかった。もし新たに購入したアーケードゲームの人気が低かった場合、その損失を店舗側が丸々引き受ける形となる。そういった問題を抱えていたビジネスモデルがアーケードゲーム業界のひとつの“常識”となっていたが、“NESiCAxLive(ネシカ クロス ライブ)”という新たな形態、システムが誕生したことにより、店舗側もレスポンスよく新作を提供できるようになり、前述のコスト的な問題が解消されるというわけだ。しかも、タイトーのゲームだけでなく、アークシステムワークス(※)やSNKプレイモアなど、アーケードゲームの代表的なゲームメーカーが参入することも決まっている。ユーザー、メーカー、店舗、三者にメリットが大きい新たなシステムの誕生により、アーケードゲーム業界に大きな変革の波を押し寄せそうだ。

※当初記載していました参入メーカーに誤りがありました。関係者や読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

●タイトーのアミューズメントマシン勢揃い

PULL_cabinet
taitoam201015
taitoam201008

▲かくし芸でおなじみ(?)テーブルクロス引きができる『ザ・テーブルクロスアワー』。

▲『ちょいカラ(1COIN カラオケ)』はその名のとおり1曲歌い切り。

▲『ミュージックガンガン!2』はリズムにノッてビートを撃ち抜く、大人気の音楽シューティングゲーム。

taitoam201000
taitoam201003
taitoam201006
taitoam201007

▲カジノをテーマにしたコインプッシャー『SPIRALDEALER(スパイラルディーラー)』。

▲『超・ちゃぶ台返し!その2』でストレス発散。ちゃぶ台をどれだけ飛ばせるかを競う競技会モードも。

▲安全性を最重要視したパンチングマシーン『ソニック ブラスト ヒーローズ』も参考出展。

▲ふたり乗りで楽しめるレースゲーム『バトルホイール スピンギア』。

(C)TAITO CORPORATION 2009,2010 ALL RIGHTS RESERVED.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

SMEがゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”を発足 『TINY METAL』や『DEEMO -Reborn-(仮題)』などをラインアップ

2017年10月17日、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、ゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”を発足することを明らかにした。

『オーディンスフィア レイヴスラシル』の“メルセデス”が次世代アクションフィギュア“パルフォム”に登場

アトラスより、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『オーディンスフィア レイヴスラシル』。同作に登場するキャラクター“メルセデス”が、ファット・カンパニーの次世代アクションフィギュア“パルフォム”で発売決定。

『マーベル VS. カプコン:インフィニット』DLC第1弾が配信開始! “モンスターハンター”や“シグマ”らが追加

カプコンは、『マーベル VS. カプコン:インフィニット』にて、ダウンロードコンテンツキャラクター第1弾の販売を開始した。

Gear VR対応のステルスアドベンチャー『Republique VR』は、10時間以上相当の本編をフル収録。日本語対応も予定【Oculus Connect 4】

モバイルVRヘッドセットGear VR向けに発表された『Republique VR』は、日本でも複数プラットフォームに展開されているCamouflajのステルスアドベンチャー『Republique』のVR版。海外イベントで開発者に遊ばせてもらった。

『デッドライジング 4 スペシャルエディション』“カプコンヒーローズ”解説動画とコンボウェポン・ビークルの情報が公開

カプコンは、2017年12月7日発売予定のプレイステーション4用ソフト『デッドライジング 4 スペシャルエディション』について、主人公のフランクがカプコンの人気キャラクターになりきる新モード“カプコンヒーローズ”の解説動画と、コンボウェポン・ビークルの情報を公開した。

“カプコンTV!”第73回は10月18日に配信、『バイオハザード7 レジデント イービル』無料DLC“Not A Hero”を実機プレイで紹介

カプコンは、2017年10月18日20:00より配信予定の“カプコンTV!”第73回について、番組の内容を公開した。

『サイコブレイク2』主人公がインスタ映えするスイーツに!? 渋谷のオシャレかき氷店“セバスチャン”とコラボ

ベセスダ・ソフトワークスは、2017年10月19日発売の『サイコブレイク2』について、飲食店“セバスチャン”とのコラボを発表した。

『ARK:Survival Evolved』古川未鈴&雨宮伊織によるゲーム攻略動画第4弾“恐竜&冒険編”が公開

スパイク・チュンソフトは、2017年10月26日発売予定のプレイステーション4用ソフト『ARK:Survival Evolved』について、ゲーム好き でアイドル、古川未鈴と雨宮伊織によるゲーム攻略動画第4弾“恐竜&冒険編”を公開した。

『月に寄りそう乙女の作法 〜ひだまりの日々〜』アバターが配信開始、ねんどろいどの発売も決定

ヒューネックスは、プレイステーション4版『月に寄りそう乙女の作法 〜ひだまりの日々〜』の発売に先駆け、プレイステーション4およびプレイステーション Vitaで使用できるアバター17種類を配信開始した。また、本作のキャラクター“桜小路ルナ”の“ねんどろいど”フィギュアを、ソフトと同日の2017年10月26日に発売することも決定した。

デッドプールは現実とVRの壁も気にしない。マーベルヒーローになれるVRアクション『MARVEL Powers United VR』プレイリポート【Oculus Connect 4】

海外イベントで、『MARVEL Powers United VR』をプレイ。マーベルユニバースから20キャラ以上が参戦する、オンライン協力プレイ対応のVRアクション。