HOME> ニュース> 【CEDEC 2010】『アイマス2』はマイナーチェンジではなく、中身はまったくの別もの

【CEDEC 2010】『アイマス2』はマイナーチェンジではなく、中身はまったくの別もの

ゲーム Xbox 360
バンダイナムコゲームスの『アイドルマスター』シリーズを手掛ける前澤圭一氏と竹内大五郎氏によるセッション。2011年春発売予定のXbox 360用ソフト『アイドルマスター2』を例に、キャラクター表現、ステージ演出や、5人のキャラクターの髪の毛の表現のヒミツが明かされた。

2010-09-03

●より美しく輝くアイドルたち

 2010年8月31日〜9月2日の3日間にわたって、神奈川県のパシフィコ横浜・国際会議センターにて開催中のCEDEC(CESAデベロッパーズカンファレンス)2010。社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)主催によるこの講演会は、ゲーム開発者の技術交流などを目的に開催されており、今年で12回目。その模様をリポートする。

 バンダイナムコゲームスの第1スタジオ プログラムディビジョン プログラム2部 プログラム6課の前澤圭一氏と竹内大五郎氏によるセッション“次期アイドルマスター グラフィックス&アニメーション プログラミングプレビュー”が行われた。このセッションでは、2011年春発売予定のXbox 360用ソフト『アイドルマスター2』を例に、キャラクター表現、ステージ演出や、5人のキャラクターの髪の毛の表現のヒミツが明かされた。

アイマス

バンダイナムコゲームス
第1スタジオ プログラムディビジョン
プログラム2部 プログラム6課
前澤圭一氏

アイマス

バンダイナムコゲームス
第1スタジオ プログラムディビジョン
プログラム2部 プログラム6課
竹内大五郎氏

 まず前澤氏は、2010年7月に行われた『アイドルマスター』5周年記念イベント“THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one!!”で公開された『アイドルマスター2』のプロモーションムービー(通称、2ndPV)を上映。前作『アイドルマスター ライブフォーユー!』と『アイドルマスター2』では、キャラクターのグラフィックがどのように変化しているのか解説を行った。

アイマス
アイマス
アイマス
アイマス
アイマス

 『アイドルマスター ライブフォーユー!』では、2Dの手描きアニメーションにはっきりした陰影をつける技術“トゥーンシェーディング”を使用していることを前提として、「『アイドルマスター2』では、トゥーンシェーディングの上をいくセンシィティブトゥーンという手法を用いている」(前澤氏)と、陰影にグラデーションをつけることでより立体的な表現が可能になり、『アイドルマスター』が進化していることを明かした。

アイマス
アイマス
アイマス

 また、『アイドルマスター』で欠かせない要素、ステージシーンでは、「背景が動くようになった」(前澤氏)と、ステージの背景であったやしの木、波、記者などが動いたり、水蒸気が噴出すなどの演出も追加されている。というように、『アイドルマスター2』では、パッと見て前作との違いがわかる部分から、よく見ないとわからない細かい部分まですべてを一新。さらに、見た目だけでなくミドルウェア、基礎エンジン、データフォーマット、アセット管理などもすべていちから作り直しており、「マイナーチェンジではなく、中身はまったくの別もの」(前澤氏)と、新しいからこその『2』であると強調した。

アイマス
アイマス

 続いて、登壇した竹内氏は“アニメーション編”と題して、キャラクターの髪の毛やスカートなどの表現“ユレモノ”についてのプログラミング方法を紹介した。このユレモノは『アイドルマスター ライブフォーユー!』にも使用されており、ユーザーからの評判もよかったという。

 高槻やよいのおさげ髪を例にして、高槻やよいがジャンプしたときの髪にユレモノ処理を行うとスムーズな動きに。これは、髪の中に骨を入れ、骨の位置を動かしているのだという。だが、何も考えずに動かすと不自然な揺れになってしまう。速度に減速係数を掛けて位置に加算し、さらに重力や風の影響を考えて動かすことで自然な揺れになるのだ。この仕組みはロングヘアにも用いることができ、ロングヘアの場合は骨の列を複数用意し、隣りの列の骨と距離を保つようにバネを入れることで、まとまりのあるやわらかな揺れになるという。

アイマス
アイマス
アイマス
アイマス

 このように、『アイドルマスター2』はさまざまな技術が用いられている。2010年9月16日から開催される東京ゲームショウ2010では、本作の続報が公開される予定だという。どのような進化を遂げているか気になる人は、ぜひ会場に足を運んでほしい。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『うたわれるもの』2作品のビジュアルが満載の画集が満を持して3月24日発売!

『うたわれるもの 偽りの仮面』&『うたわれるもの 二人の白皇』のビジュアルがたっぷりと楽しめる本が300ページを超えるボリュームで発売!

『モンハン』好きアーティスト、DAIGOが語る『モンスターハンターダブルクロス』CM起用の経緯

2017年3月10日、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』の完成発表会にて、アーティスト/タレントのDAIGOと“次長課長”の井上聡が同作のテレビCMに出演することが発表された。発表会後、DAIGOに『モンスターハンター』シリーズへの想いを存分に語っていただいた。

『レゴ シティ アンダーカバー』のクリエイターに聞く 「誇りと熱意を持って、『レゴ』ゲームを作っている」

TT Gamesのプロデューサー、マット・エリソン氏にプレイステーション4とNintendo Switchに移植が発表されたばかりの『レゴ シティ アンダーカバー』についてあれこれ聞いてみた。

『咲-Saki-全国編Plus』3月25・26日の“AnimeJapan2017”にてグッズ販売を実施

エンターグラムは、2017年3月25日・26日に東京ビッグサイトで開催される“AnimeJapan2017”にて、プレイステーション Vita用ソフト『咲-Saki-全国編Plus』のグッズを販売すると発表。販売グッズ情報を公開した。

【レベルファイブ初の学生向けカンファレンス完全リポート その3】レベルファイブ梁井ゼネラルマネージャー、マップアートチーム東村氏が学生へ伝授! 世界を描くのに必要なのは“妄想力”!?

レベルファイブのトップクリエイターが一堂に会し、学生向けに開発の舞台裏やテクニックについてのセッションを行った、“大学・短大・専門学校生向け クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”。各セッションのうちの1つ。背景、原画についてを制作統括2部 ゼネラルマネージャー梁井信之氏、マップアートチーム東村有里氏による講演の模様をリポートする。

プロゲーマーのsako選手が『ストV』に加えてVR格ゲー『STEEL COMBAT』をプレイ【ファミ通チャンネル】

3月24日20時よりプロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたWeb番組“ファミ通のせやなTV(仮)”が放送。

今井麻美さんのコンプリートアルバム『rinascita』新アーティスト写真が公開! 5月20日にはバースデーライブの開催も決定!

声優・歌手として活躍する今井麻美さんがこれまでリリースした楽曲を収録したコンプリートアルバム『rinascita』(2017年5月16日発売予定)の新アーティスト写真が公開された。また、2017年5月20日に東京・山野ホールにてバースデーライブの開催も決定。

『スプラトゥーン2』先行試射会で使用できるブキのサブウェポン&スペシャルウェポン構成が公開

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会(3月25日、26日開催)で使用できるブキの構成を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモのブランド長がキャラクターに変身する特別映像が公開!!

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』について、同社のブランド長が各ブランドを代表するキャラクターに変身して本作の魅力を語る特別映像“ブランド長に聞く『無双☆スターズ』とは”を公開した。