HOME> ニュース> 『ラジアントヒストリア』気になるバトルシステムが明らかに

『ラジアントヒストリア』気になるバトルシステムが明らかに

ゲーム DS
世界の崩壊を防ぐため時空を超えて過去を変え、世界が存続する歴史を作り上げていく本作の、奥の深いバトルシステムを紹介。

2010-09-03

●バトルシステムの詳細が判明

本作は、『ラジアータ ストーリーズ』のスタッフとアトラスが手を組んで開発するRPG。主人公のストックは、世界の崩壊を防ぐため時空を超えて過去を変え、世界が存続する歴史を作り上げていく。こうした物語の壮大さとともに本作の特徴として挙げられるのが、奥の深いバトルシステムだ。敵は3×3マス、合計9の“グリッド”に配置される。このグリッドと敵味方の行動順を操ることで、戦況が変化するぞ。今回は、そんなバトルシステムの詳細を紹介しよう。



敵・味方の行動順を入れ替える チェンジ


バトル中は、上画面に敵味方の行動順が表示される。ここで味方の行動時に“チェンジ”というコマンドを使用すると、ほかの仲間や敵と行動順を入れ替えることができる。このチェンジで味方が連続して攻撃できる流れを作り出せば、“コンボ”となってより大きなダメージが与えられる。

0902radiant01
0902radiant02
0902radiant03




●敵のグリッドを強制的に動かす グリッド移動スキル

仲間はそれぞれ、敵の配置を強制的に動かす“グリッド移動スキル”を持っている。このスキルで敵の配置を動かすことで、別々のグリッドにいる敵を1ヵ所にまとめることなどが可能だ。同一グリッドにいる敵には1回の行動で同時に攻撃できるため、敵を1ヵ所にまとめるとがぜん有利になる。

0902radiant04
0902radiant05
0902radiant06

 




●チェンジとグリッド移動を利用してくり出す連続攻撃 コンボ

チェンジで行動順を整え、グリッド移動スキルで敵をまとめる。そして、連続攻撃を叩き込む。これがコンボだ。成功すれば、爽快感バツグンだ。

0902radiant07
0902radiant08
0902radiant09

 




●新たに判明したキャラクターと国家

本作の舞台となるヴァンクール大陸には、5つの国が存在する。これまでに判明していた国は主人公ストックの属するアリステルと、敵対する国グランオルグ。そして今回、新たにセレスティアという国が明らかになった。



●獣人サテュロス族の国 セレスティア


アリステルの東の森にある、獣人サテュロス族の国。アト、バノッサ、リーズの故郷で、族長であるベロニカを中心に原始的で素朴な社会を形成している。サテュロス族は“マナ”を操る力を持っており、セレスティアの里では神木が多くのマナをたたえ、彼らを守っている。およそ200年に渡って人間との鎖国を続けている獣人たちだが、完全にたもとを分かったブルート族に対し、サテュロス族はたびたび人里に下りて人間と交流している。ただし、それは個人レベルの話。セレスティアという国としては国交を閉ざしており、魔法の結界で守られた里には、人間が入ることはできない。



●不思議な力を宿すサテュロス族の巫女 アト

サテュロス族の少女。芸人一座の一員として各地を旅している。“シャーマン”と呼ばれる一族の中心的存在だが、本人にはその自覚があまりない。

0902radiant10




●アトのお姉さん的存在 リーズ

アトのお姉さん的な存在の、旅芸人一座の踊り子。獣人ながら、アトやバノッサと同様に人間に親しみを感じているが、リーズはとくにその思いが強いようだ。

0902radiant11

 




●旅芸人一座のリーダー バノッサ

旅芸人一座の座長。サテュロス族の実力者で、族長とも面識がある。旅芸人として全国を回っているが、どうやらその目的は別にあるようだ。

0902radiant12

 




●ブルート族の誇り高き戦士 ガフカ

ブルート族の戦士。過去に禁じられた人間との決闘を行い、ブルート族の国を追放された。自分を受け入れてくれたサテュロス族に対して強い恩義を感じている。

0902radiant13



※詳しくは週刊ファミ通2010年9月16日号(2010年9月2日発売)をチェック!

ラジアントヒストリア
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年11月3日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:平田弥、原案/世界観設定:高屋敷哲、キャラクターデザイン/アートワーク:こにしひろし、音楽:下村陽子、開発:アトラス
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010 ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

丸くてもちもち“PCクッション 星のカービィ”の予約受付開始! カービィがおえかきするシーンを再現

バンダイは公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”にて、“PCクッション 星のカービィ”の予約受付を本日(2018年12月19日)13時より開始した。

“SNK Limited Store Festival!!”が開催! 都内5ヵ所に期間限定でオリジナルグッズの販売や購入者特典の配布を行うSNKポップアップストアがオープン

SNKは、2018年12月22日からオリジナルグッズの販売や購入者特典の配布などを行う“SNK Limited Store Festival!!”が開催する。

Steamウィンターセールは海外12月20日から。アワード最終候補のGOTY部門には『PUBG』などと並び『モンスターハンター:ワールド』も

PCゲーム販売プラットフォーム“Steam”恒例のウィンターセールが海外の12月20日から開始することが判明。ユーザー投票で決まるアワードの最終候補作も発表されている。

現実の部屋の中に絵本のような世界が花開く! 複合現実(MR)ヘッドセット“Magic Leap”対応ゲーム『Luna』体験リポート

海外で開発機が販売されている複合現実(MR)ヘッドセット“Magic Leap”向けのゲーム『Luna: Moondust Garden』を体験。

宮野真守さんがアニメイト店長に!『ドラゴンクエストX』が題材のドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』のポスタービジュアルが解禁、追加キャスト情報も公開

2019年1月より放送開始予定の、スクウェア・エニックスのオンラインゲーム『ドラゴンクエストX』を題材にしたテレビドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』。この度、本作のポスタービジュアルと追加キャスト情報が公開された。

宮崎県小林市“シムシティ課”の集大成“シムシティ課タウンミーティング 〜市長に発表しよう〜”が開催 発表されたアイディアはクラウドファンディングで実現予定

宮崎県小林市とエレクトロニック・アーツは、今までにない地方創生プロジェクトとして発表した“シムシティ課”のワークショップの集大成として、2018年12月14日に“シムシティ課タウンミーティング 〜市長に発表しよう〜”を開催した。

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』DLC第2弾“THE PILLAR”が配信! マヤ終末の真実を見つけ出せ

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の第2弾DLCとなる“THE PILLAR”が配信された。価格は700円[税抜]。

『ディシディアFF』ヤ・シュトラがリフレッシュで性能激変! “DFFAC&NT合同公式生放送&DFF(PSP)10周年記念生放送”速報

2018年12月18日の18時より、YouTubeとニコニコ動画で配信された “【2018.12.18】DFFAC&NT合同公式生放送&DFF(PSP)10周年記念生放送”。本記事では番組で公開された情報をまとめている。

ミライアカリや電脳少女シロなど総勢30名超のVTuberが出演するTVアニメ『バーチャルさんはみている』。2019年1月9日より放送開始

ドワンゴは、ミライアカリや電脳少女シロなど総勢30名超のVTuberが出演するTVアニメ『バーチャルさんはみている』を2019年1月9日より放送開始する。

『GE3』インタビュー特集! オープニングテーマを歌うBiSHや開発陣による制作秘話をお届け。PS4テーマのDLC付録も!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年1月3日号(2018年12月20日発売)では、『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』のインタビュー特集を8ページにわたってお届け