HOME> ニュース> 『ラジアントヒストリア』気になるバトルシステムが明らかに

『ラジアントヒストリア』気になるバトルシステムが明らかに

ゲーム DS
世界の崩壊を防ぐため時空を超えて過去を変え、世界が存続する歴史を作り上げていく本作の、奥の深いバトルシステムを紹介。

2010-09-03

●バトルシステムの詳細が判明

本作は、『ラジアータ ストーリーズ』のスタッフとアトラスが手を組んで開発するRPG。主人公のストックは、世界の崩壊を防ぐため時空を超えて過去を変え、世界が存続する歴史を作り上げていく。こうした物語の壮大さとともに本作の特徴として挙げられるのが、奥の深いバトルシステムだ。敵は3×3マス、合計9の“グリッド”に配置される。このグリッドと敵味方の行動順を操ることで、戦況が変化するぞ。今回は、そんなバトルシステムの詳細を紹介しよう。



敵・味方の行動順を入れ替える チェンジ


バトル中は、上画面に敵味方の行動順が表示される。ここで味方の行動時に“チェンジ”というコマンドを使用すると、ほかの仲間や敵と行動順を入れ替えることができる。このチェンジで味方が連続して攻撃できる流れを作り出せば、“コンボ”となってより大きなダメージが与えられる。

0902radiant01
0902radiant02
0902radiant03




●敵のグリッドを強制的に動かす グリッド移動スキル

仲間はそれぞれ、敵の配置を強制的に動かす“グリッド移動スキル”を持っている。このスキルで敵の配置を動かすことで、別々のグリッドにいる敵を1ヵ所にまとめることなどが可能だ。同一グリッドにいる敵には1回の行動で同時に攻撃できるため、敵を1ヵ所にまとめるとがぜん有利になる。

0902radiant04
0902radiant05
0902radiant06

 




●チェンジとグリッド移動を利用してくり出す連続攻撃 コンボ

チェンジで行動順を整え、グリッド移動スキルで敵をまとめる。そして、連続攻撃を叩き込む。これがコンボだ。成功すれば、爽快感バツグンだ。

0902radiant07
0902radiant08
0902radiant09

 




●新たに判明したキャラクターと国家

本作の舞台となるヴァンクール大陸には、5つの国が存在する。これまでに判明していた国は主人公ストックの属するアリステルと、敵対する国グランオルグ。そして今回、新たにセレスティアという国が明らかになった。



●獣人サテュロス族の国 セレスティア


アリステルの東の森にある、獣人サテュロス族の国。アト、バノッサ、リーズの故郷で、族長であるベロニカを中心に原始的で素朴な社会を形成している。サテュロス族は“マナ”を操る力を持っており、セレスティアの里では神木が多くのマナをたたえ、彼らを守っている。およそ200年に渡って人間との鎖国を続けている獣人たちだが、完全にたもとを分かったブルート族に対し、サテュロス族はたびたび人里に下りて人間と交流している。ただし、それは個人レベルの話。セレスティアという国としては国交を閉ざしており、魔法の結界で守られた里には、人間が入ることはできない。



●不思議な力を宿すサテュロス族の巫女 アト

サテュロス族の少女。芸人一座の一員として各地を旅している。“シャーマン”と呼ばれる一族の中心的存在だが、本人にはその自覚があまりない。

0902radiant10




●アトのお姉さん的存在 リーズ

アトのお姉さん的な存在の、旅芸人一座の踊り子。獣人ながら、アトやバノッサと同様に人間に親しみを感じているが、リーズはとくにその思いが強いようだ。

0902radiant11

 




●旅芸人一座のリーダー バノッサ

旅芸人一座の座長。サテュロス族の実力者で、族長とも面識がある。旅芸人として全国を回っているが、どうやらその目的は別にあるようだ。

0902radiant12

 




●ブルート族の誇り高き戦士 ガフカ

ブルート族の戦士。過去に禁じられた人間との決闘を行い、ブルート族の国を追放された。自分を受け入れてくれたサテュロス族に対して強い恩義を感じている。

0902radiant13



※詳しくは週刊ファミ通2010年9月16日号(2010年9月2日発売)をチェック!

ラジアントヒストリア
メーカー アトラス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年11月3日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / ファンタジー
備考 ディレクター:平田弥、原案/世界観設定:高屋敷哲、キャラクターデザイン/アートワーク:こにしひろし、音楽:下村陽子、開発:アトラス
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010 ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2018年10月08日〜2018年10月14日

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』が見事なスタート

『FIFA 19』のesports世界大会“CONTINENTAL CUP 2018”日本代表選考会のオフィシャルリポートが公開

2018年10月13日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション4用ソフト『FIFA 19』のesports世界大会“CONTINENTAL CUP 2018 Presented by PlayStation”に出場する日本代表選手の選考会を開催。同大会のオフィシャルリポートが到着したので紹介する。

『ぷよぷよeスポーツ』“シエル”、“ハルトマン”など登場キャラクターの最新情報を公開

セガゲームスは、2018年10月25日配信予定のプレイステーション4およびNintendo Switch用ソフト『ぷよぷよeスポーツ』について、登場キャラクターについての最新情報を公開した。

タニタが手掛ける『バーチャロン』対応ツインスティックのプロジェクトが本日(2018年10月18日)より再始動開始!

健康総合企業のタニタは、今年6月〜7月にかけて実施し、不成立に終わったツインスティックプロジェクトの再挑戦を発表。『電脳戦記バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦記』に対応する“XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』”のクラウドファンディングを、2018年10月18日にスタートすることを発表した。

『レッド・デッド・リデンプション2』発売を間近に控え、ローンチトレイラーが今晩11時に公開予定

ロックスター・ゲームスが、『レッド・デッド・リデンプション2』のローンチトレイラーを日本時間の18日午後11時に公開することを発表。

すてきなゲーミングメガネがほしい! “気球”を見る検査装置の会社が夢を叶えてくれた

ゲーミンググラス“G-SQUARE”のニデックに協力してもらって専用のゲーム用メガネを作った。人工視覚の研究をしたり、“気球”を見る検査装置を開発したり、めちゃくちゃすごい会社でした。

テレビ番組『嵐にしやがれ』に牧瀬紅莉栖(『シュタインズ・ゲート』)が出演! 嵐&三浦祐太朗と共演!?

人気バラエティー番組『嵐にしやがれ』の2018年10月20日(土)21時〜の放送回に、『シュタインズ・ゲート』の牧瀬紅莉栖(声:今井麻美)が登場することが発表された。

『モンスターストライク』シリアルコード付き5周年記念特集! 『CRYSTAR -クライスタ-』発売記念特集も!!(2018年10月18日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2018年10月18日)発売の週刊ファミ通2018年11月1日号の表紙を飾るのは、ミクシィのXFLAGスタジオが運営・開発するスマートフォンアプリ『モンスターストライク』。5周年を祝したスペシャルな表紙が目印です!

『Fate/Grand Order Arcade』“ゲームオプション”機能の追加やGP消費停止時間の増加などゲームアップデートを明日(10月18日)実施

FGO ARCADE PROJECTは、『Fate/Grand Order Arcade』について、“ゲームオプション”機能の追加やGP消費停止時間の増加などのゲームアップデートを明日(2018年10月18日)午前7時に実施する。

“DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2018” 『デッド オア アライブ 6』試遊など、プログラムの一部が公開

コーエーテクモゲームスは、2018年11月18日に東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催予定の“DEAD OR ALIVE FESTIVAL 2018”について、『デッド オア アライブ 6』の試遊など、プログラムの一部を公開した。