HOME> ニュース> 『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』ジェットパックの改良点を解説

『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』ジェットパックの改良点を解説

ゲーム プレイステーション3
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、2011年に発売予定のプレイステーション3用ソフト『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』の新情報を公開した。

2010-09-02

●史上最恐の軍隊と戦火を交えよ

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、2011年に発売予定のプレイステーション3用ソフト『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』の新情報を公開した。

KILLZONE 3(キルゾーン 3)』は、近未来の宇宙を舞台に、人類と人類に酷似した生命体“ヘルガスト”の戦いを描いた一人称視点のアクションゲーム『KILLZONE(キルゾーン)』シリーズの最新作。本作では、画面から飛び出すような3D映像が楽しめるプレイステーション3の新機能“3D立体視”や直感的な操作が体感できる“PS Move”に対応している。なお、2010年9月16日から開催される東京ゲームショウ2010にプレイアブル出展される予定だ。

KZ3_MP_001
KZ3_MP_002
KZ3_MP_003
KZ3_MP_004
KZ3_MP_013
KZ3_MP_012
KZ3_MP_014
KZ3_MP_015

●ジェットパックの再設計

日本では未発売であったPSP用ソフト『KILLZONE: LIBERATION』。同作品でヘルガストが使用していた装備“ジェットパック”が、『KILLZONE 3(キルゾーン 3)』でさらに改良されて登場する。ジェットパックの由来と新たに変更、改良された部分について検証していく。

SL-06 プロトタイプの原型は、ヘルガスト第三師団将官のメトラックがヴェクタ南部の危険な沼地で、部隊を迅速に進ませるために発注された。だが、このジェットパックが本領を発揮したのは、ヘルガスト軍兵器を製造するスタールアームズ社がこのプロトタイプを入手したあととなる。スタールアームズ社のエンジニアは、ATAC技術を駆使した精巧なシステムで翼部分を解体し、このジェットパックの全体像を把握、さらに操縦性の改良も成し遂げた。搭載武器も、SR3-88マシンピストルから、より強力でベルトリンク型のStA-11 サブマシンガンにアップグレードされた。そして安定性と空中での操作を強化するために、前方にふたつの制御エンジンを搭載した。本作でジェットパックを再設計した理由は、“ファーストパーソン”の視点から、もっと動作や方向感覚を“理解”できるようにするため。微妙な視覚フィードバック、たとえば操縦する手の動きであったり、前方制御エンジンの炎の強さであったり、そういったものが見えることによって、方向感覚や降下速度がより伝わりやすくなると考えた。ジェットパックの翼部分でできた“羽”は、飛んでいる兵士たちの動きを強調するために、より鮮明に造られているのも特徴である。ほかのジェットパック兵士のスピードや進行方向などを、3次元単位で予測するのに役立つ。ジェットパックを使えば、地上から6メートルもジャンプして、そこから滑らかに降下することが可能。敵の背後にまわって攻撃したり、いままで行けなかった場所も、ジェットパックを使えば探索することができる。ブースト機能も付いている。

●非固定式大量破壊兵器:W.A.S.P. ランチャー

ヴィサリ老が死に、首都ピュロスが廃墟になっても、ヘルガスト軍事機構は新しい破壊兵器を大量生産し続けている。その最新兵器、W.A.S.P.ランチャーは、機械化された敵歩兵に対する防衛のために設計された。だが、ISAの隊員の手にかかれば、それは紛れもない大量破壊兵器へと変貌する。
 W.A.S.P.ランチャーは、広方向誘導投射弾を集中砲火し、ターゲットに“知的に”狙いを定めることができる。通常ランチャーは砲台に固定され、ベルトリンク式に連続稼動できるが、十分な体力の持ち主であれば、ハーネス装着型ポータブル回転砲台として、ランチャーを持ち運ぶこともできる。

conceptart

ランチャーを持ち運ぶことにより、戦場でより有利な地点で戦うことができ、高速で走る車両などを相手に戦っている際にはとくに役立つ。追加弾倉は重くなってしまうので、携帯用としてはカートリッジ3個分しか持てない。ひとつのカートリッジには9つのW.A.S.P.投射弾と、弾薬筒推進装置も併せてある。
 戦闘の際にW.A.S.P.が驚くほど効果的なのは、その投射弾の自立性と、そして爆薬弾頭のためだ。W.A.S.P.ランチャーは、操作者が指定するターゲットに狙いを定めるが、その標的が破壊済み、もしくはランチャーの視界から消えてしまった場合には、代わりの標的を自動的に探すのだ。標的がランチャー飛行可能距離のすぐ外側にある場合には、間接的ダメージを与えられるように、標的の極力近くで爆発するようにデザインされている。
 W.A.S.P.ランチャーには、塹壕にいる敵や装甲車両を破壊するために作られた第2のモード、“バンカーバスター”が装備されている。このモードで操作者が標的にズームイン、そしてロックすると、ランチャーはカートリッジそのものを発射し、標的の真上で投射弾を放出する。これが引き起こす爆発の衝撃は、一発でAPCを破壊できるほどの威力である。

diagram

W.A.S.P.ランチャーは、ヘルガスト軍事技術の驚異であるが、これがポータブル式であることにはひとつマイナス面がある。これだけの破壊力がひとつの武器に凝縮されているとなると、これが敵の手に渡ってしまったら大惨事になるという事実。

KILLZONE 3(キルゾーン 3)
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年
価格 未定
ジャンル アクション・シューティング / 近未来
備考 開発:Guerrilla Games
(C)Sony Computer Entertainment Europe. Published by Sony Computer Entertainment Inc.
Developed by Guerrilla.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『パタポン』コンプリートサウンドトラックが発売、シリーズ3作品の全音源を収録

ティームエンタテインメントは、『パタポン』シリーズの全音源を収録したコンプリートサウンドトラックを2017年10月25日に発売する。価格は3500円[税別]。

「VRをやる所が増えるのは、それだけで我々にとっていいことだ」15歳でノーティードッグを設立したルービン氏に聞く、Oculusのタイトル戦略

VRプラットフォームメーカーのOculus VRでコンテンツ開発を統括するジェイソン・ルービン氏に、今後同社が展開していくVRタイトルについて聞いた。

『ポケットモンスター』クリスマス風ぬいぐるみやブランケットなど、冬向けプライズが登場

バンプレストは、『ポケットモンスター』をモチーフにしたアーケード向け景品を、2017年11月上旬より全国のアミューズメント施設に投入する。

『Minecraft』とMixerが連携して視聴者がゲームに参加できるようになる! その詳細をキーパーソンに聞く

『Minecraft』とMixerとの連携により視聴者がよりアクティブにゲームに参加できるようになる! その詳細をマイクロソフトのキーパーソンに聞いた。

子どもから大人まで有明に集結!誰もがアツくなれる対戦ゲームの可能性を見せた“1Day Match Carnival”2日目をレポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、2日目の模様をリポートする。

円熟の域に達したかけ引きやテクニックが熱い勝負を生んだ“1Day Match Carnival”1日目をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、1日目の模様をリポートする。

“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”10月25日正午に放送決定

任天堂は、開発中のスマートフォン向けアプリ『どうぶつの森』に関する情報を公開する“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”を、2017年10月25日正午に配信することを発表した。

『真・女神転生V』発表&PV公開! ニンテンドースイッチ向けの新作が正統ナンバリングタイトルに!!

アトラスの人気RPG『真・女神転生』シリーズの最新ナンバリングタイトルが発表!

『Wake Up, Girls! 新章』第三話場面カットが到着! お仕事で奮闘するWUGちゃんたち!!

テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』の第3話場面カットが到着! 気になるストーリーとともにお届けする。さらに、『新章』応援イラストも公開。

『ストリートファイターV』アーケード筐体を用いた特別プログラムが実施、フリープレイや大会の模様をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21〜22日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会の会場にて、アーケード筐体用にカスタマイズした『ストリートファイターV』の特別プログラムが実施された。