HOME> ニュース> 【第1回】椿姫彩菜さんと市村龍太郎氏によるスペシャル対談が実現!『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』

【第1回】椿姫彩菜さんと市村龍太郎氏によるスペシャル対談が実現!『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』

Wii ニュース
スクウェア・エニックスから2010年7月15日に発売されたWii用ソフト『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』(以下、『ビクトリー』)をテーマに、タレントの椿姫彩菜さんと同タイトルのプロデューサー市村龍太郎氏のスペシャル対談を、全5回にわたり毎日更新でお届け!

2010-08-16

●【第1回】椿姫彩菜さんと市村龍太郎氏によるスペシャル対談が実現!『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー

スクウェア・エニックスから2010年7月15日に発売されたWii用ソフト『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』(以下、『ビクトリー』)をテーマに、タレントの椿姫彩菜さんと同タイトルのプロデューサー市村龍太郎氏のスペシャル対談を、全5回にわたり毎日更新でお届け! ふだんから親交のあるふたりだけに、ここだけの赤裸々トークが飛び出しちゃうかも!? さらに5回目の対談(2010年8月20日(金)更新予定)の最後には、椿姫さんがプレイする『ビクトリー』のスペシャル動画も公開!  ぜひお見逃しなく!

●ゲーム概要

 本作は、アーケードの『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIレジェンド』(以下、『レジェンド』)に新要素を加えて移植したカードバトルゲーム。『ドラゴンクエスト』(以下、『ドラクエ』)シリーズに登場したモンスターでチームを編成し、躍動感溢れるアツいバトルが楽しめる。最大4戦のバトルが楽しめるバトルロードモードや、竜神町を舞台に各種大会を制覇していく大会モードなどがあるぞ。

TN1_9039

●(右)
タレント
椿姫彩菜さん  
テレビやラジオ、コラムの執筆、ファッションモデルなど、マルチに活躍中のタレント。自称“さわやかなガチゲーマー”。

●(左)
『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』プロデューサー
市村龍太郎氏  
『バトルロード』シリーズを始め、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』や『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』など、数多くの作品を手がけるプロデューサー。

●第1回 いままでにない『ドラクエ』!

TN1_9106
tn1_9193

市村龍太郎氏(以下、市村) 彩菜ちゃんは、いつから『ドラクエ』をプレイするように?
椿姫彩菜さん(以下、椿姫) 私の『ドラクエ』歴ですか? 初代『ドラクエ』が出たのはいつでしたっけ?
市村 かれこれ……24年前かなー?
椿姫 24年!!
市村 そう、彩菜ちゃんは24年前はいくつだった?
椿姫 うーーん。いま26歳なんで、24年前は2歳でした。
市村 ……それ、ホントの年齢なの?(笑)
椿姫 ちょっと! なんで疑うんですか!!
市村 ゴメンゴメン(笑)。
椿姫 でも、『ドラクエ』は初代から全部プレイしていますよ。
市村 それはリメイク版も含めて?
椿姫 そうですね。初代『ドラクエ』と『ドラクエII』は、スーパーファミコン版をやりましたね。あ、携帯電話版もやりましたよ。
市村 おー、スゴイ!
椿姫 もちろんです! まず最初にやったのが『ドラクエV』で、つぎにやったのが『ドラクエVI』。そのあと初代『ドラクエ』と『ドラクエII』をやって、『ドラクエIII』、『ドラクエIV』の順でやったのかな。その後は、発売されるたびにって感じで。ほかにも、リメイク版は出るたびにやってますね。あと、ゲームボーイ版の『ドラゴンクエストモンスターズ』もやりましたよ。
市村 最初にやったのが『ドラクエV』ということは、17、8年前……10歳くらいからずっとやってくれてるんだね。
椿姫 『ドラクエ』のファンですから(笑)。
市村 『ビクトリー』や『レジェンド』はどうですか? 
椿姫 もちろんやってます! これまでの『ドラクエ』シリーズと違って、ファンサービス的な遊びの要素が多いですよね。たとえば、メドローアみたいな『ダイの大冒険』(※1_1)の必殺技とか、あと、クリフトのとどめの一撃(※1_2)とか。観たらファンが喜ぶものが多いと思うんですよね。そういうところって、意識して作ったんですか?

1_01

市村 意識しまくりでした(笑)。 そもそも、子どもたちに『ドラクエ』っておもしろいなって思ってもらいたくて、子ども向けのカードゲームを作ったんです。まず目指したのは、"観るだけで楽しい"ということ。たとえば、ふつうにスライムがチョンって攻撃するよりは、ダーっと走ってドカーンと体当たりしたほうが勢いもあるし、「おー、すげー!」ってなるじゃない?
椿姫 私もなりました!
市村 でしょ? さらに、モンスターみんなを主役にしたかったから、とにかく派手にやろうと。でも、実際に作っている開発のみんなは、それぞれ『ドラクエ』に対するこだわりがあるので、「派手に」と言っても、「ここまでやっていいのか?」って悩むこともあったりして(笑)。
椿姫 (笑)。 観てるこっちも「なんかすごいところまでやっちゃってるな」って思いますもんね。
市村 だから、「一切遠慮なくやってくれ」って念を押したりして。とにかく、ブレーキを踏まずにやってもらったんですね。「これはちょっとやり過ぎかな?」って悩んだときは、堀井さん(※1_3)に「これ、大丈夫ですかね?」って確認するという(笑)。
椿姫 そうだったんですか!?
市村 うん。いちばん最初に堀井さんに確認したのは、スラブラスターっていうとどめの一撃。スライムが衛星になっちゃって、ビームをドーーンと撃つんだけど……。不安だったから堀井さんに見せたんです。そうしたら「うん、おもしろいからいいんじゃないの」って言ってくれて。「ああ、よかった!」って(笑)。 堀井さんは、"子ども向けだからとにかく派手にやりたい"っていう僕の考えを理解してくれたんですね。
椿姫 私もスラブラスターを初めて観たときは、「スゴい!」と思いましたよ(笑)。

1_02

市村 多くの人がそう思ってくれたみたいですね。
椿姫 ほかにこだわったのはどんなところですか?
市村 昔『ドラクエ』を遊んでくれていた大人が『バトルロード』をやってくれたときに、「こういうのあった!」って懐かしんでもらえるような要素も入れたかったんです。たとえば、クリフトのザラキとかね。多くの人が、当時「ほんとクリフトのザラキは効かねーな」と思ったはずなんですよ。
椿姫 私も「何やってんだよ!」って思ってました(笑)。

1_03

市村 『バトルロード』を作った僕たち自身が、当時『ドラクエ』をリアルタイムで体験したユーザーなわけで……。だから、そのときの想いを詰め込んでいるんですよね。
椿姫 なるほどー! 昔からの『ドラクエ』ファンがすごく喜べる要素も満載で、しかも子どもも喜べる、みたいな。私は『ドラクエII』と『ドラクエIV』がすごく好きなんですけど、あの派手な演出のとどめの一撃を初めて観たときは、ちょっとうるうるしちゃいました。でも、子どもはその派手な演出自体を楽しんで観ているわけですもんね。『ドラクエ』ファンはもちろん、そうでない人も観るだけで楽しめちゃうゲームなんて、本当にスゴいです!
市村 ありがとうございます(笑)。 あと、『ドラクエIX』とすれちがい通信で連動(※1_4)させたんですが、そのときにお客さんがドーンと増えたんですよ。『レジェンド』をプレイしている子どもたちの周りに、すれちがい通信を目当てにした大人たちが集まるという。で、『レジェンド』を見て、「ん? これなんか気になるな」ってなってくれたみたいで。そうすれば、後は勇気を出して1歩踏み込むだけですからね(笑)。
椿姫 その気持ち、すごくわかります! 私は『ビクトリー』をやってから『レジェンド』もやるようになったんですけど、最初は周りの目が気になっちゃって、恥ずかしくてプレイできなかったですもん。いまはもう慣れちゃって、ぜんぜん平気ですけどね(笑)。 でも、『レジェンド』の稼動って終わっちゃうんですよね? 
市村 8月いっぱいで終わりですね。
椿姫 それは、もうどうにもならないんですか? 最近始めた私としては、ちょっと切ない……。カードも欲しいし。
市村 それはホントにどうにもならないんです。もう、ここで終わらせようって決めたので。
椿姫 続編の予定とかも?
市村 いまのところは……ないかな。その分、『ビクトリー』で遊んでもらいたいなと。やっぱり、カードは欲しいもの?
椿姫 欲しいですね〜! キラキラしてるとか、かわいいとか、なんか子どものころの気持ちを思い出すみたいなのもありますし。
市村 手元に残るものがあるのと、そうでないかの違いは大きいのかなあ……。
椿姫 なんかね、ニヤニヤ眺めちゃうんですよね。だからコレクションしたくなっちゃいます。
市村 あー、なるほど! 実物とデータはやっぱり違うしねー。
椿姫 データはデータで集めていくのは楽しいですよ。でも、何か手元に残せるようなものもあるといいですよね。

tn1_9131

第2回につづく!!(2010年8月17日(火)更新予定)
次回は"どんなモンスターでも主役になれる!"をお届けします!

※1_1 『ドラクエ』シリーズの世界を踏襲したマンガ。
※1_2 クリフトは『ドラクエIV』に登場する導かれし者のひとり。ザキ系の呪文が効かない相手に対して、ザキ系の呪文を連発することで有名。
※1_3 堀井雄二氏。『ドラクエ』シリーズの生みの親で、『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』シリーズではゼネラルディレクターを務める。
※1_4 『レジェンド』で大魔王とバトル中、『ドラクエIX』ですれちがい通信に成功すると、その大魔王が『ドラクエIX』の世界に降臨し大魔王の地図が手に入った。

[第1回第2回]│第3回第4回]

※椿姫彩菜さんによるプチブログ“椿姫彩菜のやりこみ「ビクトリー」!”はこちら!

ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii
発売日 2010年7月15日発売
価格 6090円 [税込]
ジャンル アクション・アドベンチャー / 対戦・カード
備考 通信機能:ニンテンドーWi-Fiコネクション対応、監修:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、企画・プログラム:ロケットスタジオ、グラフィック・カードデザイン:界グラフィックス、企画・グラフィック:エイティング
(C)2010 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

Switch『ガルパン ドリームタンクマッチDX』「最終章」第1話から新キャラ&新戦車が登場。一人用新モード“戦車道祭”ほか追加情報も多数

Nintendo Switch用ソフト『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の追加要素が明らかに。

ゲオが2月11日〜17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表、『JUMP FORCE』が初登場1位を獲得

ゲオホールディングスは、2019年2月11日〜2019年2月17日の新品ゲームソフト週間売上ランキングを発表した。

実技確認全試合の結果も! GGBOYZやSpRush!!も参加した“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会2日目の模様をお届け。

『鉄拳7』有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2月28日に決定。キャラクターPVも公開

バンダイナムコエンターテインメントより発売中のPS4、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『鉄拳7』の有料DLC第8弾“ジュリア”、第9弾“ニーガン” の配信日が2019年2月28日に決定。

5月2日の巨人×中日戦は『機動戦士ガンダム』コラボデー! ジャイアンツカラーのオリジナルガンプラ付きシートが販売

読売巨人軍は、2019年5月2日に東京ドームで行われる巨人×中日戦で『機動戦士ガンダム』コラボデーを開催する。

『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』発売記念イベントが三重・伊勢、東京・新宿ほかにて開催決定。ゲストとして荒井清和氏も出席!

Nintendo Switch用ソフト『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』の発売記念イベント開催が決定。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定のリリースが到着、新規素材も公開

アークシステムワークスは、『ブレイブルー クロスタッグバトル』のアーケード版に新キャラクター4人の参戦を決定した。

王道2D 対戦格闘ゲーム『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のSteam版が2019年初夏に発売決定

2D対戦格闘『ミリオンアーサー アルカナブラッド』のPC(Steam)版が2019年初夏に発売されることが明らかに。

『EDF: IRON RAIN』アグレッサーの最終兵器“ラズニード”が襲来! 人類は未曽有の脅威を排除できるのか

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』に登場するアグレッサーの最終兵器“ラズニード”が明らかに!