携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

人気MMORPGがついにケータイへ! 『ラグナロクオンライン Mobile Story』プレイレポート

2010/2/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

プレイ感覚を交えながら新要素を解説

 

00-01

 

 登録アカウント数が300万IDを超えるなど、日本でトップクラスの会員数を誇るPC用MMO(多人数同時参加型オンライン)RPG『ラグナロクオンライン』がついにケータイアプリに! 2010年2月8日より、iモード向けアプリ『ラグナロクオンライン Mobile Story』(以下、『ROMS』)がプレオープン。ここでは、実際のプレイ感覚を交えながら、本作の特徴を紹介する。

 

01-01

01-02

01-03

01-04

 

 本作を紹介するうえで欠かせない要素が、PC版にはない『ROMS』独自のシステムの数々。まずは、それぞれをピックアップして紹介する。

  

【ストーリークエスト】

 PC版からの“受注クエスト”に、よりストーリー性を持たせたクエスト。NPCとの関わり合いを経験しながら、より『ラグナロクオンライン』の世界を楽しめる作りになっている。

 

02-01

02-02

02-03

▲ゲーム開始直後から、チュートリアル的な内容のストーリークエストが展開。移動のしかたやモンスターとの戦闘方法などを、物語を楽しみつつ学ぶことができる。

 

【DAYクエスト】

 その名のとおり、毎日更新されるクエスト。一定数のモンスターを倒したり、特定のアイテムを集めてきてからNPC(ノンプレイヤーキャラクター)に報告したりすることでクリアーとなり、報酬を受け取ることができる。

 

03-01

03-02

03-03

▲ログインした際、クエスト内容が自動的に表示されるという親切な作り。なお、キャラクターのレベルによって発生する内容が異なるとのことだ。

 

【ナビゲーションシステム】

クエストを進める際、クエストに関係するNPCがマップ上に表示されるシステム。外出先でプレイすることも多いであろう『ROMS』では、PC版と違い、プレイしながら調べものをすることが難しい。そういった点を解消するシステムだ。

 

04-01

04-02

04-03

▲画面右上のマップに緑色で表示されているのが、つぎに話しかけるべきNPC。このシステムによって、迷うことなくクエストを進められるはずだ。

 

【プロフィール機能】

他人のプロフィールを閲覧したり、自分のプロフィールを公開したりできる機能。“住まい”や“好きな事”を入力しておくことで、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションのきっかけを生んでくれる。

 

05-01
05-02

▲“好きな事”は3つまで入力できる。決められた項目の中から選ぶ方式ではなく、フリーワード制が採用されていた。なお、公開する範囲を設定することもできる。

 

【マーケット】

 これは、あるアイテムを買いたいプレイヤーと売りたいプレイヤーがいた場合、仲介NPCを介してアイテムの取り引きができるというシステム。後々に実装予定とのことだが、PC版の“露店”に代わるシステムとして人気を呼びそうだ。

  

 このほか、ギルドシステムやチャット機能、豊富なエモーションなど、PC版のシステムの多くは『ROMS』でも健在。いずれもケータイでの操作に適した作りになっており、ストレスなく各システムを使えるよう工夫されている。

 

 

●グラフィックはそのままに、戦闘システムはより便利にアレンジ

 

 実際にプレイしていてまず目を引くのが、PC版と比べても遜色のない美麗なグラフィック。3Dで描かれた背景の上に2Dのキャラクターが表示されるのもPC版と同様となっている。また、方向や角度の変更、ズームなども自由自在だ。

 

06-01
06-02

▲さらに、本作はワイド画面表示にも対応。横への視野が広がり、よりPC版のプレイ感覚に近くなる。

 

 戦闘では、キーを1度押すだけでモンスターを攻撃し、その後も自動的に攻撃し続けてくれる便利なシステムを採用。たくさんのモンスターが出現した際は、近くにいるモンスターを自動的に攻撃してくれるが、自分でターゲットを選択できるように設定を変更することも可能だ。

 

07-01
07-02
07-03

▲モンスターとの戦闘画面。魔法やアイテムは、ショートカットを利用することで即座に発動できる。

 

 また、PC版と違い基本料金が無料(アイテム課金)である点も、本作の普及にひと役買うことは間違いなく、『ラグナロクオンライン』をモバイル用MMORPGとしてもヒットさせようという意気込みが伝わってくる。

 

 個人的には、多数のプレイヤーがひとつのサーバーに集まることで、ゲームの動作が重くならないかどうかが心配だが、それを検証するのが今回のプレオープン期間であるはず。PC版をプレイしている人も、ケータイで遊べるMMORPGを捜している人も、2010年2月8日より開始されたプレオープンをぜひ体験してみてほしい。

 

【ラグナロクオンライン Mobile Story】

キャリア:iモード

情報料:無料(アイテム課金)

アクセス方法:

iMenu→メニューリスト→ゲーム→ロールプレイング→ラグナロクオンライン

 

※アクセスはこちらから!

QR祿禀

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ロックマン 11 運命の歯車!!』最終日のステージリポートをお届け。祝!日本ゲーム大賞・フューチャー部門受賞でラバーマンステージをお披露目【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。カプコンブースで行われたロックマンのステージをリポートする。

『SAO フェイタル・バレット』の完全版&Switch版の発売など最新情報盛りだくさん! ゲーム『ソードアート・オンライン』5周年スペシャルステージリポート【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。一般日の初日である9月22日、バンダイナムコエンターテイメントブースで行われた『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズの5周年を記念したスペシャルステージの模様をお届けする。

『ドラゴンクエストビルダーズ2』ビルダーズスクール課外授業で明らかになった新情報をリポート!【TGS2018】

東京ゲームショウ2018のスクウェア・エニックスブースで行われたステージイベント、『ドラゴンクエストビルダーズ2』ビルダーズスクール課外授業の模様をお届け!

最強の“忍者”は誰だ!?『Ninjala』ゲームメディア対抗戦の模様をリポート【TGS2018】

2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。最終日となる9月23日のガンホー・オンライン・エンターテイメントブースでは、2019年春に発売予定の新作アクションゲーム『Ninjala(ニンジャラ)』のゲームメディア対抗戦のイベントが開催された。本記事では、そのイベントリポートをお届けします。

完全新作『劇場版マクロスΔ』制作決定! “MACROSS CROSSOVER LIVE 2019”が2019年6月に開催&フレイア・ヴィオン生誕祭も

2018年8月28日に発売されたBlu-ray&DVD『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』購入者限定イベント“ワルキューレ『扇情のプレミアムライブイベント』at 豊洲 PIT”の会場にて、完全新作『劇場版マクロスΔ』制作決定が発表された。また、“MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ”が2019年6月1日・2日に開催されることも決定した。

“吉Pと遊ぼう”で『Ghost of Tsushima』、『Deracine』、『みんなのGOLF VR』の3タイトルを紹介【TGS2018】

2018年9月20日〜23日の期間、千葉・幕張メッセにて開催されていた東京ゲームショウ2018。最終日となる9月23日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースにて、“SIE WWSタイトル 吉Pと遊ぼう!”が公開された。

SWERY氏の過激な発想に森Pも思わずドン引き!? 軽妙なトークがくり広げられた『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島- 』開発トークショー【TGS2018】

9月21日のアークシステムワークスブースでは、10月11日に同社より配信予定のアクションアドベンチャー『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島- 』の開発者トークショーが行われた。独自の作風で知られるSWERY(スエリー)氏と、本作のプロデューサーである森 利道氏による軽妙なやり取りで盛り上がった、その模様をリポートしよう。

ネク役の内山昂輝さん、ヨシュア役の木村良平さんが登場! 野村哲也氏から今後に関する発言も!?『すばらしきこのせかい -Final Remix-』ステージリポ【TGS2018】

東京ゲームショウ2018の最終日となる2018年9月23日にスクウェア・エニックスのブースで行われた『すばらしきこのせかい -Final Remix-』のステージイベントをリポート。

『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』スペシャルステージ! 片渕監督によるショートストーリーが読める!? ゆきのさつきさん、潘めぐみさんも登壇【TGS2018】

2018年9月20日〜23日の期間で開催された東京ゲームショウ2018。バンダイナムコエンターテインメントのブースでは、最終日となる23日に『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』スペシャルステージが行われた。