携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

iPhoneで『逆転裁判』が出る!

2009/12/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Apple Store Ginzaでクリエーターズセッションが開催!

 

copcom0010

▲カプコンの手塚部長

 2009年12月3日、都内にあるApple Store Ginzaで、“カプコンのゲームデザイン”と称したトークセッションが開催された。このセッションでは、iPhone/iPod touch向けにカプコンが配信している『バイオハザード4』や『魔界村騎士列伝』といったタイトルについての開発秘話などが披露。iPhone/iPod touchという新たな分野で成功を収めているカプコンMC事業部の手塚武部長と同事業部の伊藤幸正氏による興味深い話を聞くことができた。
 

 手塚部長はこれまでのカプコンの歴史、ゲームの進化を説明するところからセッションをスタート。ゲームという土俵の上でオンライン、モバイル、ソーシャルという分野がこれまで以上に重要なキーワードとなることを説明した。そのうえで、モバイルゲームビジネスは、家庭用ゲーム機とは違い、まったく新しいビジネスだと認識して取り組むことが必要であると説いた。また、ケータイ向けアプリの市場は「公式サイトの市場は若干下降気味」(手塚)な状況で、モバゲーのような広告に左右されるビジネスに傾いているという。海外に活路を見出すという方向性もあるが、「端末数が多く、仕様がバラバラ。オペレータ(キャリア)の手数料が高すぎて利益が少ない」(同)という壁があり、世界的に新しいビジネスモデルを渇望してる状況になっていると分析した。そういう状況のなか登場したのがiPhoneと手塚氏。端末は1種類で、全世界で手軽に展開が可能と、iPhoneを新しいビジネスチャンスと捉えていると語った。

 

copcom0000
copcom0001

▲ゲーム業界の歴史を踏まえ、モバイルゲームに新しい可能性をもたらしたのがiPhoneと手塚氏は語った。

 

 これらの話を踏まえたうえで、手塚氏は『バイオハザード4』を例に出し、ユーザーインターフェースについて語り始めた。ゲーム機のようなボタンがないiPhoneにとって、アクションゲームのボタン、スティック配置というのは命題とも言える。いまのゲームではバーチャルパッドと呼ばれているスティックを配置するのが主流。一見すると『バイオハザード4』なども同様のスティックが使われているようだが、手塚氏によると「まったく違うもので、ビジュアルパッドと呼んでいる」という。ビジュアルパッドとは画面にスティックを表示させられるというメリットを最大限に活かして設計したもの。バーチャルパッドは指が触れた部分が点で認識され、ニュートラル操作をしているつもりでもカーソルなどが下に動いてしまうことがあるが、ビジュアルパッドではそうならない作り、仕組みを搭載しているんだとか。また、アクションアイコンをプレイヤーキャラクターがピンチの際に赤く表示したり、状況に合わせたアクションアイコンを表示させることなどで、快適な操作を可能にし、説明書などに頼らなくても誰もが簡単にプレイできるシステムに仕上げているとアピールした。

 

copcom0002
copcom0003
copcom0004

▲ビジュアルパッドというカプコン独自のインターフェースを説明。操作のおもしろさよりもゲームのおもしろさを追求するという意味で、ユーザーインターフェースよりユーザーエクスペリエンスを大事にしているという。

 

 
copcom0011

▲カプコンの伊藤氏。

 続いて例に挙げて説明されたのが『魔界村騎士列伝』。プレゼンを行った伊藤氏によると本作は「カプコンのiPhoneゲームへの取り組みが凝縮された」タイトルとのことで、新しいチャレンジを多数盛り込んでいる作品になっているという。たとえば、難易度が高いことで知られる『魔界村』だが、あえてノーマルモードの難易度をグッと下げ、コアゲーマー以外の層にアピールしたり、“残機数無限”や“鎧強化”といった家庭用ゲーム機版では考えられないようなものを追加課金で用意したりと、「モバイルゲームだからこそ」(伊藤)のシステムを強く意識。そのおかげもあってか、7日間連続有料ランキング1位という成果を出し、かなりの手応えを感じているようだった。
 

copcom0005
copcom0006
copcom0007

 

 

Logo

 そして最後にサプライズ! なんとiPhone/iPod touch向けに『逆転裁判』が配信されることが発表されたのだ。配信時期などは明らかにならなかったが、コマンドを選択する際、iPhone独特の操作である“フリック”を使ったものにすることが発表された。手塚氏は「タイトルの移植ではなく、モバイル向けに新作のつもりで取り組んでいます」と、iPhone向けゲームに対し、本気で取り組んでいることをアピールし、トークセッションを締めた。ゲーム業界の老舗であるカプコンが積極的に展開するiPhoneゲーム市場。『逆転裁判』というビッグタイトルも発表され、今後ますます活性化していきそうだ。
 

01
02
03
04

▲『逆転裁判 蘇る逆転』がiPhoneでも遊べるように。近日配信中とのこと。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『うたわれるもの』2作品のビジュアルが満載の画集が満を持して3月24日発売!

『うたわれるもの 偽りの仮面』&『うたわれるもの 二人の白皇』のビジュアルがたっぷりと楽しめる本が300ページを超えるボリュームで発売!

『モンハン』好きアーティスト、DAIGOが語る『モンスターハンターダブルクロス』CM起用の経緯

2017年3月10日、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンターダブルクロス』の完成発表会にて、アーティスト/タレントのDAIGOと“次長課長”の井上聡が同作のテレビCMに出演することが発表された。発表会後、DAIGOに『モンスターハンター』シリーズへの想いを存分に語っていただいた。

『レゴ シティ アンダーカバー』のクリエイターに聞く 「誇りと熱意を持って、『レゴ』ゲームを作っている」

TT Gamesのプロデューサー、マット・エリソン氏にプレイステーション4とNintendo Switchに移植が発表されたばかりの『レゴ シティ アンダーカバー』についてあれこれ聞いてみた。

『咲-Saki-全国編Plus』3月25・26日の“AnimeJapan2017”にてグッズ販売を実施

エンターグラムは、2017年3月25日・26日に東京ビッグサイトで開催される“AnimeJapan2017”にて、プレイステーション Vita用ソフト『咲-Saki-全国編Plus』のグッズを販売すると発表。販売グッズ情報を公開した。

【レベルファイブ初の学生向けカンファレンス完全リポート その3】レベルファイブ梁井ゼネラルマネージャー、マップアートチーム東村氏が学生へ伝授! 世界を描くのに必要なのは“妄想力”!?

レベルファイブのトップクリエイターが一堂に会し、学生向けに開発の舞台裏やテクニックについてのセッションを行った、“大学・短大・専門学校生向け クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”。各セッションのうちの1つ。背景、原画についてを制作統括2部 ゼネラルマネージャー梁井信之氏、マップアートチーム東村有里氏による講演の模様をリポートする。

プロゲーマーのsako選手が『ストV』に加えてVR格ゲー『STEEL COMBAT』をプレイ【ファミ通チャンネル】

3月24日20時よりプロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたWeb番組“ファミ通のせやなTV(仮)”が放送。

今井麻美さんのコンプリートアルバム『rinascita』新アーティスト写真が公開! 5月20日にはバースデーライブの開催も決定!

声優・歌手として活躍する今井麻美さんがこれまでリリースした楽曲を収録したコンプリートアルバム『rinascita』(2017年5月16日発売予定)の新アーティスト写真が公開された。また、2017年5月20日に東京・山野ホールにてバースデーライブの開催も決定。

『スプラトゥーン2』先行試射会で使用できるブキのサブウェポン&スペシャルウェポン構成が公開

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会(3月25日、26日開催)で使用できるブキの構成を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモのブランド長がキャラクターに変身する特別映像が公開!!

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『無双☆スターズ』について、同社のブランド長が各ブランドを代表するキャラクターに変身して本作の魅力を語る特別映像“ブランド長に聞く『無双☆スターズ』とは”を公開した。