携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

マイクロソフトがiPhoneと真っ向勝負! Windows Phone記者発表会

2009/11/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●KONAMI、カプコン、セガ、ハドソンらがアプリを発表

 

 2009年11月12日に都内で、マイクロソフトがWindows Phoneに関する記者発表会を開催した。Windows Phoneは、先日NTTドコモやソフトバンクモバイルが発表した新端末に搭載したWindows Mobile 6.5というOSを軸に展開するケータイプラットフォーム。端的に言うとWindows Mobile OSを搭載したケータイ端末のことだ。今回の発表会では、Windows Mobile 6.5のインターフェースまわりが説明されたほか、Windows Phone向けに配信されるゲームなどのコンテンツが明らかになった。

 

windows0013
windows0012
windows0011
windows0010

▲Windows Mobile 6.5搭載端末は、ドコモからSC-01B、ソフトバンクからX01SCとX02T、ウィルコムからHYBRID W-ZERO3が発売される。これまでのビジネスからコンシューマへの需要を増やしたい考えを持っている。

 

 Windows Mobile 6.5ではインターフェースが従来のものから刷新。メニューアイコンが指1本で押しやすく設計されているほか、これまでユーザーがもたつきを感じていた画面表示などが快適に操作できるよう改良されているという。記者が実際に触れた感触だと確かに以前のOSに比べると画面のスクロールやアイコンをタッチした反応などは向上している印象。ふだんiPhone3GSを使用している人間からすると、「?」と思ってしまう操作や反応の鈍さは多少あったが、慣れれば解消される程度の差しか感じなかった。

 

 Windows PhoneはPCと同期することが可能。My Phoneと呼ばれるサイトと連動し、Windows Phone内のデータをサーバー上にバックアップすることができる。iPhoneでいうところのiTunesが、Windows PhoneではMy Phoneに代わると思っていただければ認識として間違いはないだろう。もちろんどのデータを同期させるかなどのカスタマイズも可能だ。

 

windows0009
windows0008
windows0006
windows0005

▲My PhoneやWindows Market for mobileなど、iPhoneに近いサービス形態をとるWindows Phone。安全性などの面で、iPhoneとの区別化を目指すという。

 

windows0004

▲KONAMIは『DDRS』や『パワプロ』など、6タイトルをWindows Phone向けに発表した。

 また、ゲームなどのアプリもWindows Market for mobileというサイトで販売される。発表会にはKONAMI、カプコン、ハドソン、セガ、タイトーといった大手ゲームメーカーが出展。それぞれ対応アプリを展示していた。カプコンの『バイオハザード ディジェネレーション』やハドソンの『高橋名人の冒険島 復刻版』、『ボンバーマン』、KONAMIの『グラディウスII』、『ツインビー』といったゲームファンにはおなじみのゲームがWindows Phone向けに配信されることが明らかになった。変わり種と言えるのが、『ソニック』シリーズの生みの親である中裕司氏率いるプロペが発表したWiondows Phone向けの完全オリジナルアプリ。『アイビィ・ザ・キウィ?』というアクションゲームで、自動的に走る主人公の“アイビィ”を操作するのではなく、タッチパネルにスタイラスペンで線を引き、画面に“ツタ”を描き入れることで、間接的にキャラクターを操るという新感覚の内容となっている。
 

game0017
game0016
game0013
windows0000

▲プロペのオリジナルアクションゲーム『アイビィ・ザ・キウィ?』。中氏いわく「?の意味は全ステージをクリアーするとわかります」とのこと。全50ステージのボリューム。


game0018
game0022
game0021
game0020

▲セガの『ベアナックル モバイル』。


game0009
game0005
game0006
game0008

▲セガの『ぷよぷよフィーバー タッチ』。

 
game000000
game000001
game000002
game000003

▲セガの『ガチンコ★ベースボールMOBiLE』。

 
game0004
game0003
game0002
game0001

▲タイトーの『パズルボブル』も発表。

 
windows0003

▲プロペの中氏が登壇。

 ちなみにWindows Market for mobileは、iPhoneのApp Storeと同様、端末とPCのどちらからでもアクセス、ダウンロードが可能となっている。一見するとサービス、コンテンツともにほぼiPhoneに近いビジネスモデルのような印象を受けるが、マイクロソフトの越川慎司モバイルコミュニケーション本部長は「アプリの数ではなく質で勝負する」と、iPhoneとは一線を画すビジネスを目指すことを表明。それに加えてiPhoneとは異なり、「Windows Mobile 6.5はOSなので、いろいろな端末に搭載することができる」(越川)という、選択肢の多さが強みであることを強調した。これを機にビジネス目的だけではなく、多くの一般ユーザーの利用も見込むマイクロソフト。iPhoneやAndroid端末など、スマートフォン市場は例年になく加熱している。Windows Phoneの投入が市場にどのような変化をもたらすのか。モバイルガジェット好きにはたまらない年末と言えそうだ。

 

windows0002
windows0001

▲ゲームのほかにも、集英社が電子書籍アプリ『ドラゴンボール』などを展開することも発表された。

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ドラゴンクエストX』×Zoffコラボアイウェアが12月18日より販売開始。スライムやメタルスライムモデルなどがラインアップ

インターメスティックは、『ドラゴンクエストX オンライン』の登場キャラクターをモチーフにしたアイウェア“Zoff+DRAGON QUEST X(ゾフ プラス ドラゴンクエスト テン)”を12月18日より全国のZoff店舗にて発売する。

『イモータルズ フィニクス ライジング』飯豊まりえ、狩野英孝出演の新CMが放送開始。狩野英孝が神様姿で熱唱

ユービーアイソフトは、2020年12月3日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション5、Nintendo Switch、Xbox Series X、Xbox One、PC用ソフト『イモータルズ フィニクス ライジング』について、新CMを本日(2020年12月1日)より放送する。

Switchで撮影したスクショや動画を、スマホやPCに簡単に転送できるように! 簡単に画像加工できちゃう『あつ森』フォトフレームも登場

本日2020年12月1日に配信されたNintendo Switchの本体機能の更新データ バージョン:11.0.0にて、Nintendo Switchで撮影した画面写真や動画を、スマホやPCに簡単に転送できるようになった。

アーケード『グーニャファイター APM3 Edition Ver1.02』に『ボーダーブレイク』ハティ、クーガーが期間限定で登場

セガは、『グーニャファイター APM3 Edition Ver1.02』において、『ボーダーブレイク』のハティとクーガーが本日(2020年12月1日)より期間限定で登場すると発表した。

流行語大賞2020、トップテンに『あつ森(あつまれ どうぶつの森)』『鬼滅の刃』などが入選! 年間大賞は“3密”

“「現代用語の基礎知識」選 2020ユーキャン新語・流行語大賞”で、『あつ森(あつまれ どうぶつの森)』、『鬼滅の刃』などがトップテン入りした。なお、大賞は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するキーワードである“3密”が選ばれている。

『劇場版ポケットモンスター ココ』テラリウム風ドリンクケースが映画館にて発売。色違いのセレビィとピカチュウのかわいいフィギュアが中に

ムービックは、2020年12月25日(金)より公開される『劇場版ポケットモンスター ココ』よりテラリウム風ドリンクケースを発売する。

『FFBE幻影戦争』1周年&『FFBE』5周年特集! アンケートや広野P&開発陣のインタビューなどを18ページにわたってお届け【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2020年12月17日号(2020年12月3日発売)では、1周年の『FFBE幻影戦争』と5周年の『FFBE』を大特集!

【ファミマ】ふわふわ泡の“森永ミルクキャラメルラテ”が本日(12/1)より発売。キャラメルソース入り“ふわふわ”シフォンケーキも登場!

2020年12月1日より、ファミリーマートは森永製菓“森永ミルクキャラメル”とコラボレーションした新商品“森永ミルクキャラメルラテ”を、全国のファミリーマートにて発売する。

『モンスターハンターライズ』ハンターを大きく飛ばすことができる環境生物“大翔蟲”にスポットを当てた“映像見聞録13”が公開!

2021年3月26日発売予定のNintendo Switch用ソフト『モンスターハンターライズ』。同作の魅力を撮り下ろしの短編動画で紹介する“モンスターハンターライズ 映像見聞録”において、環境生物“大翔蟲”にスポットを当てた映像が公開された。

『あつ森』カード付きグミ第2弾が登場。キャンディたち住人の紹介カード&どうぶつたちがにぎやかに集まったカード全27種が収録【あつまれ どうぶつの森】

2021年3月、バンダイ キャンディ事業部はNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』のカード付きグミ第2弾を発売する。