携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

マイクロソフトがiPhoneと真っ向勝負! Windows Phone記者発表会

2009/11/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●KONAMI、カプコン、セガ、ハドソンらがアプリを発表

 

 2009年11月12日に都内で、マイクロソフトがWindows Phoneに関する記者発表会を開催した。Windows Phoneは、先日NTTドコモやソフトバンクモバイルが発表した新端末に搭載したWindows Mobile 6.5というOSを軸に展開するケータイプラットフォーム。端的に言うとWindows Mobile OSを搭載したケータイ端末のことだ。今回の発表会では、Windows Mobile 6.5のインターフェースまわりが説明されたほか、Windows Phone向けに配信されるゲームなどのコンテンツが明らかになった。

 

windows0013
windows0012
windows0011
windows0010

▲Windows Mobile 6.5搭載端末は、ドコモからSC-01B、ソフトバンクからX01SCとX02T、ウィルコムからHYBRID W-ZERO3が発売される。これまでのビジネスからコンシューマへの需要を増やしたい考えを持っている。

 

 Windows Mobile 6.5ではインターフェースが従来のものから刷新。メニューアイコンが指1本で押しやすく設計されているほか、これまでユーザーがもたつきを感じていた画面表示などが快適に操作できるよう改良されているという。記者が実際に触れた感触だと確かに以前のOSに比べると画面のスクロールやアイコンをタッチした反応などは向上している印象。ふだんiPhone3GSを使用している人間からすると、「?」と思ってしまう操作や反応の鈍さは多少あったが、慣れれば解消される程度の差しか感じなかった。

 

 Windows PhoneはPCと同期することが可能。My Phoneと呼ばれるサイトと連動し、Windows Phone内のデータをサーバー上にバックアップすることができる。iPhoneでいうところのiTunesが、Windows PhoneではMy Phoneに代わると思っていただければ認識として間違いはないだろう。もちろんどのデータを同期させるかなどのカスタマイズも可能だ。

 

windows0009
windows0008
windows0006
windows0005

▲My PhoneやWindows Market for mobileなど、iPhoneに近いサービス形態をとるWindows Phone。安全性などの面で、iPhoneとの区別化を目指すという。

 

windows0004

▲KONAMIは『DDRS』や『パワプロ』など、6タイトルをWindows Phone向けに発表した。

 また、ゲームなどのアプリもWindows Market for mobileというサイトで販売される。発表会にはKONAMI、カプコン、ハドソン、セガ、タイトーといった大手ゲームメーカーが出展。それぞれ対応アプリを展示していた。カプコンの『バイオハザード ディジェネレーション』やハドソンの『高橋名人の冒険島 復刻版』、『ボンバーマン』、KONAMIの『グラディウスII』、『ツインビー』といったゲームファンにはおなじみのゲームがWindows Phone向けに配信されることが明らかになった。変わり種と言えるのが、『ソニック』シリーズの生みの親である中裕司氏率いるプロペが発表したWiondows Phone向けの完全オリジナルアプリ。『アイビィ・ザ・キウィ?』というアクションゲームで、自動的に走る主人公の“アイビィ”を操作するのではなく、タッチパネルにスタイラスペンで線を引き、画面に“ツタ”を描き入れることで、間接的にキャラクターを操るという新感覚の内容となっている。
 

game0017
game0016
game0013
windows0000

▲プロペのオリジナルアクションゲーム『アイビィ・ザ・キウィ?』。中氏いわく「?の意味は全ステージをクリアーするとわかります」とのこと。全50ステージのボリューム。


game0018
game0022
game0021
game0020

▲セガの『ベアナックル モバイル』。


game0009
game0005
game0006
game0008

▲セガの『ぷよぷよフィーバー タッチ』。

 
game000000
game000001
game000002
game000003

▲セガの『ガチンコ★ベースボールMOBiLE』。

 
game0004
game0003
game0002
game0001

▲タイトーの『パズルボブル』も発表。

 
windows0003

▲プロペの中氏が登壇。

 ちなみにWindows Market for mobileは、iPhoneのApp Storeと同様、端末とPCのどちらからでもアクセス、ダウンロードが可能となっている。一見するとサービス、コンテンツともにほぼiPhoneに近いビジネスモデルのような印象を受けるが、マイクロソフトの越川慎司モバイルコミュニケーション本部長は「アプリの数ではなく質で勝負する」と、iPhoneとは一線を画すビジネスを目指すことを表明。それに加えてiPhoneとは異なり、「Windows Mobile 6.5はOSなので、いろいろな端末に搭載することができる」(越川)という、選択肢の多さが強みであることを強調した。これを機にビジネス目的だけではなく、多くの一般ユーザーの利用も見込むマイクロソフト。iPhoneやAndroid端末など、スマートフォン市場は例年になく加熱している。Windows Phoneの投入が市場にどのような変化をもたらすのか。モバイルガジェット好きにはたまらない年末と言えそうだ。

 

windows0002
windows0001

▲ゲームのほかにも、集英社が電子書籍アプリ『ドラゴンボール』などを展開することも発表された。

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『DOAX VV』クールでボインな新キャラクター"ルナ”が登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、DMM GAMESで展開中のコミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開。

『真・三國無双8』釣りや狩りをしてワイルドに暮らせ!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年2月8日に発売予定のタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報を公開。

プロゲーマー・sako氏がシーズン3を語る! 『ストV AE』発売記念特集&シーズン3開幕記念特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、『ストリートファイターV アーケードエディション』の最新情報を公開。

『New ガンダムブレイカー』がPS4で2018年に発売決定、同作の詳細を紹介する番組の配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作『New ガンダムブレイカー』をプレイステーション4で2018年に発売することを発表した。

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』新機能“ウィークリーミッション”が実装決定 ストライクフリーダムガンダムも参戦!

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ガンダムバトルオペレーションNEXT』にて新機能“ウィークリーミッション”の実装が発表された。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』Nintendo Switch版が4月26日に発売決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のNintendo Switch版を2018年4月26日に発売することを発表した。

『ガンダムバーサス』“ゴッドガンダム”、“マスターガンダム”は1月23日配信 ファルシア、ビルドストライクガンダムも参戦決定【リリース追記】

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、発売中のプレイステーション4用ソフト『ガンダムバーサス』を発表した。

『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日配信開始、独特な世界観の2Dホラーアドベンチャー

アクティブゲーミングメディアより、Uri Games 開発による『Strange Man』シリーズの第一作目、『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日(2018年1月16日)配信を開始した。

“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』の凱旋公演が1月25日からスタート

池袋シアターグリーン“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』が、凱旋公演として2018年1月25日(木)〜29日(月)、池袋シアターグリーンBASE THEATERにて上演される。本舞台には、ゲーム好きな声優・俳優として、ゲーム系のさまざまな配信番組に出演している望月英さんも出演。

『戦場のヴァルキュリア4』の戦場を支配する戦車と、それを操る車輌搭乗員たち【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、セガゲームスより2018年3月21日に発売される期待のシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』の最新情報を紹介。