携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

端末、サービスの“VERSION UP!”を強調!−−ドコモ新商品発表会

2009/11/10

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

堀北真希、松山ケンイチ、劇団ひとりら新CM発表

 

docomo0020

 20091110日、時間的にソフトバンクモバイルの新商品発表会の直後に行われたNTTドコモの新商品発表会。同社が2009年冬から2010年春にかけて発売する予定の端末20機種が新たにお披露目された。ドコモが今回掲げるのは、“VERSION UP!ひとりひとりのあなたへ。というコンセプト。この言葉には端末の進化パーソナル化の進化動画サービスの進化融合サービスの進化という4つの進化が含まれている。
 

 まず、端末の進化から。今回発表されたのは、STYLEシリーズ10機種、PRIMEシリーズ5機種、SMARTシリーズ2機種、PROシリーズ2機種。スタイリッシュなデザインや使いやすさ、自分らしさを演出するSTYLEシリーズの端末がもっとも多いということからも、ドコモが多様化するユーザーニーズに対応しようという姿勢がうかがい知れる。このうち5機種は、雑誌『Seventeen』やファッションブランド“Q-pot.”とのコラボケータイ。これらのコラボケータイからは、とくに若い女性をターゲットにしようという意図が明確なラインアップと言えそうだ。
 

docomo0010
docomo0009
docomo0016

▲香水をつける専用の付属品を使って好きな香りが持ち歩けるF-02B(左)。雑誌『Seventeen』とのコラボケータイSH-05B(中央)。桐谷美玲、波瑠、有末麻祐子らがプロデュースしたピンクを基調としたケータイだ。

 

docomo0017
docomo0004
docomo0003

▲アクセサリーブランド“Q-pot.”とのコラボケータイ“SH-04B”。デザイナーのワカマツ タダアキ氏が駆けつけ、「甘いコミュニケーションを楽しんでください」とアピールした。端末の表面は溶けたチョコレートがモチーフに。


 また、ゲームファンが注目なのは、PRIMEシリーズの5機種。すべての端末にスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』やハドソンの『桃太郎電鉄WORLD』、バンダイナムコゲームスの『リッジレーサーズVS』といったアプリがプリンストールされている。そのうえ全機種が新機能のオートGPS”ブルーレイディスクレコーダー連携マイエリアの自動切換に対応。まさに全部入りケータイというわけ。なかでもF-04Bは「おっ!」と思わず目を惹くデザインに。なんとこの端末は液晶画面部分とキータッチ部分がセパレート。つまり別々に分離することが可能。セパレートした場合、どちらからでも電話の送受信が可能なので、メールをチェックしながら電話をしたり、電話をしながら写真を撮ったりといった使いかたもできる。1台ふた役のケータイ。それがF-04Bなのだ。

 

docomo0015
docomo0014
docomo0013
docomo0012

▲端末をセパレートすることができるF-04B。ディスプレイとキー部分が離れるがどちらもバッテリーを搭載しているので、別々に使用可能。離れた場所からカメラのシャッターを押すこともできちゃうというわけ。1220万画素のカメラを搭載している。

 

 パーソナル化の進化として挙げられたのが、オートGPS機能の搭載とお預かりデータ項目の拡大。前者はいつでもどこでもケータイ端末を持っている人がどこにいるかを自動的に検出。自分が実際にいる場所のまわりの飲食店や交通情報などがiコンシェルを通じて利用できちゃうというサービスだ。いつもよく行くスーパーの情報をあらかじめ設定しておくと、特売情報を自動的に受信したり、自分がいる場所を検出したうえで終電情報を届けてくれたり、東京ディズニーランドとの連携により来場すると自動的にランド内の情報が送られたりもするのだとか。まさにいたれりつくせりのサービスと言えそうだ。一方お預かりデータ項目。の拡大としては、動画やメロディブックマークなどが新たに対応するようになるとのこと。こちらも利便性が向上することは間違いなさそうだ。

 

docomo0019
docomo0018
docomo000b
docomo000a


 先ほどPRIMEシリーズのブルーレイディスクレコーダーとの連携は動画サービスの進化につながる話。この連携には今回発表された14機種がこのサービスに対応している。そして融合サービスの進化として発表されたのが、マイエリアという新サービス。これはフェムトセル小型基地局を家庭内に置くことで自宅専用の基地局となり、通信が快適に。動画などの大容量コンテンツやiアプリオンラインをサクサクと利用できるようになるほか、基地局に登録してある家族の在宅状況などをメールで確認可能となる。これを総称してマイエリアサービスと呼ぶのだ。ちなみに既存のマイエリア対応機種は179機種。2010531日までは料金キャンペーンとして初期費用無料で、月額使用料は490[税込]となっている。

 

docomo0008
docomo0007
docomo0006
docomo0005

▲PROシリーズの2機種はどちらもスマートフォンタイプ。SC-01B(左2枚)はタッチパネルとQWERTYキーを搭載している。SH-03B(右2枚)は縦、横どちらでも操作可能に。

 

 新端末20機種に加え、ドコモならではの幅広いユーザーに向けた新サービスが発表された新商品発表会。進化したドコモをユーザーがどのように評価するのか非常に楽しみだ。今回のドコモの発表によって、KDDI、ソフトバンクの3キャリアの方向性が見えてきた。どのキャリアが2009年〜2010年のケータイ商戦を勝ち抜くのかも要注目だ。一般のユーザーにとってこの時期は、ゲーム業界と同様ケータイ業界が1年の中でももっとも活気づく時期だけに、量販店などで端末を見比べて自分に合った端末を選んでみてはいかがだろう。

 

docomo0022
docomo0002
docomo0000
docomo0001
 
docomo0021
docomo0024
docomo0023

▲新CMに出演する堀北真希、松山ケンイチ、劇団ひとりが会場に。

 

※ドコモの新端末の詳細はこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『DOAX VV』クールでボインな新キャラクター"ルナ”が登場!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、DMM GAMESで展開中のコミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』の最新情報を公開。

『真・三國無双8』釣りや狩りをしてワイルドに暮らせ!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、2018年2月8日に発売予定のタクティカルアクションゲーム『真・三國無双8』の最新情報を公開。

プロゲーマー・sako氏がシーズン3を語る! 『ストV AE』発売記念特集&シーズン3開幕記念特集【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、『ストリートファイターV アーケードエディション』の最新情報を公開。

『New ガンダムブレイカー』がPS4で2018年に発売決定、同作の詳細を紹介する番組の配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『ガンダムブレイカー』シリーズ最新作『New ガンダムブレイカー』をプレイステーション4で2018年に発売することを発表した。

『ガンダムバトルオペレーションNEXT』新機能“ウィークリーミッション”が実装決定 ストライクフリーダムガンダムも参戦!

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ガンダムバトルオペレーションNEXT』にて新機能“ウィークリーミッション”の実装が発表された。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』Nintendo Switch版が4月26日に発売決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年1月16日に家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を配信。同番組内で、『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のNintendo Switch版を2018年4月26日に発売することを発表した。

『ガンダムバーサス』“ゴッドガンダム”、“マスターガンダム”は1月23日配信 ファルシア、ビルドストライクガンダムも参戦決定【リリース追記】

2018年1月16日、バンダイナムコエンターテインメントは家庭用ガンダムゲームの最新情報を紹介する生放送番組“ガンダムゲーム新春まつり2018”を実施。同番組内で、発売中のプレイステーション4用ソフト『ガンダムバーサス』を発表した。

『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日配信開始、独特な世界観の2Dホラーアドベンチャー

アクティブゲーミングメディアより、Uri Games 開発による『Strange Man』シリーズの第一作目、『The Crooked Man』がSteamとPLAYISM向けに本日(2018年1月16日)配信を開始した。

“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』の凱旋公演が1月25日からスタート

池袋シアターグリーン“グリーンフェスタ2014”でベースシアター賞を受賞した舞台『ハラカラ・コエダス・レクイエム』が、凱旋公演として2018年1月25日(木)〜29日(月)、池袋シアターグリーンBASE THEATERにて上演される。本舞台には、ゲーム好きな声優・俳優として、ゲーム系のさまざまな配信番組に出演している望月英さんも出演。

『戦場のヴァルキュリア4』の戦場を支配する戦車と、それを操る車輌搭乗員たち【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年2月1・8日合併号(2018年1月18日発売)では、セガゲームスより2018年3月21日に発売される期待のシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア4』の最新情報を紹介。