携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

『キングダム ハーツ コーデッド』、P-01Aプリインストール版だけのステージも収録

2008/11/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●パナソニック携帯電話新製品説明会に『キングダム ハーツ コーデッド』がプレイアブル出展

 

 スクウェア・エニックスの『キングダム ハーツ』シリーズ最新作『キングダム ハーツ コーデッド』が、2008年11月12日に行われたパナソニック携帯電話新製品説明会にプレイアブル出展された。既報のとおり、『キングダム ハーツ コーデッド』はNTTドコモから2008年11月に発売される新端末“ドコモ プライムシリーズ P-01A”にプリインストールされるアプリ(製品版は2009年春配信予定)。東京ゲームショウ2008にも出展され、体験コーナーには90分待ちの行列ができるほどの注目タイトルだ。
 

▲『キングダム ハーツ』シリーズのケータイポータルサイト“キングダム ハーツ モバイル”のメインコンテンツとして2009年春配信予定の『キングダム ハーツ コーデッド』。P-01Aには本作のプリインストール版が収録。プリインストール版だけのオリジナルステージも用意されている。


▲パナソニックの端末紹介ブースと同様、会場にはスクウェア・エニックスブースも設けられていた。『キングダム ハーツ コーデッド』だけではなく、ニンテンドーDS用ソフト『キングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)』や、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』の体験コーナーも設置。ポータルサイト“キングダム ハーツ モバイル”も体験することができた。


 会場では、アップグレードすることで『キングダム ハーツ コーデッド』のさまざまな機能を堪能することができる“トラヴァースタウン-Special Edit Version-”と、バトルを中心に楽しむことができる“オリンポスコロシアム-SIDE Episode-”をプレイすることができた。とくに“オリンポスコロシアム-SIDE Episode-”は製品版では配信されないステージとのことで、ファンはこれだけでもP-01Aを手に入れる価値があると言えそうだ。さらに本発表会では、P-01Aにレベルファイブの『レイトン教授と不思議な町』がプリインストールされることも紹介。60メガバイトの大容量アプリになっており、レイトン教授役の大泉洋など、豪華声優陣のボイスもしっかり収録されているということだ。『キングダム ハーツ コーデッド』、『レイトン教授の不思議な町』というビッグタイトルが、端末を手に入れた瞬間から遊べるP-01A。ゲームファンは見逃せない新端末だ。
 

▲ニンテンドーDS用ソフト『レイトン教授と不思議な町』もP-01Aにプリインストールされる。そのほかにも、ヨコオープン対応端末向けのゲームとして、パナソニックのケータイポータルサイト“P-SQUARE”で『機動戦士ガンダム U.C.0079』の体験版や『バーチャファイターモバイル for P』などをダウンロードして楽しむことが可能となっている。

 

▲説明会ではドコモ向け端末のVIERAケータイ“P-01A”、“P-02A”、“P-03A”の3機種を中心に、auのW62P、ソフトバンクの830Pといった2008年秋冬モデル7機種が紹介された。

 

▲2007年11月に発売したP905i以降、パナソニックのシェアが拡大。この勢いを持って、シェアナンバー1を数年後には実現させるのが同社の目標だという。

 

▲パナソニックが大きくシェアを伸ばした要因のひとつが、この縦開き、横開きの2方向オープンタイプの端末。P-01Aではヨコオープンスタイルでもキー配列が正面になる“2WAYキー”を採用している。また、最高感度ISO1600相当のカメラを搭載。暗い場所での撮影や被写体が動いている場合の撮影にも強い。

 

▲三菱のケータイ事業撤退を受け、その遺伝子を引き継いだのがP-02A。方向キー部分に三菱電機の技術である“スピードセレクター”を採用し、根強いスライド式のファンの要望に応えた形だ。また、顔のカーブに沿った形で、数字キーとメニューキー部分との段差を解消するためのスイングスライドを採用しているのが特徴。

 

▲最薄のVIERAケータイがコンセプトのP-03A。14.7ミリの薄さで、ヨコワイドオープン式を採用している。SNOOPYとのコラボレーションにより、待ち受けFlashやきせかえツール、デコメ絵文字なども収録。ワンプッシュオープンを使用すると、サブディスプレイに140回中2回程度の割合で、SNOOPYが出現するというユニークな仕掛けも施されている。

 

※『キングダム ハーツ コーデッド』の公式サイト

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

アニメ『チェンソーマン』より、チェンソーマンが1/8スケールでフィギュア化。悪魔的な迫力満点の躍動感あふれるフォルム

コトブキヤは、アニメ『チェンソーマン』より、1/8スケールの“チェンソーマン”立体フィギュアを発売する。

『スカール(Skul: The Hero Slayer)』『8Doors: Arum’s Afterlife Adventure』などNEOWIZタイトルが最大80%オフとなるセールが開催

NEOWIZは、ニンテンドーeショップにて販売中のNintendo Switch用ダウンロードソフトがお買い得となるセールを開催した。

Switch版『ゲーム発展国++』『冒険ダンジョン村』『まんが一本道〆』などが半額に! カイロソフトのクリスマスセールが12月27日まで実施中

カイロソフトは、Nintendo Switchタイトルを対象としたクリスマスセールをニンテンドーeショップで2022年12月27日まで実施中。

『東方ダンマクカグラ ファンタジア・ロスト』(Steamにて2023年リリース予定)のロングPVが公開

アンノウンXは配信イベント“INDIE Live Expo Winter 2022”にて2023年発売予定のPC(Steam)向けリズムゲーム『東方ダンマクカグラ ファンタジア・ロスト』の最新情報を公開した。

『つるぎ姫』Steamで2024年発売決定。『FGO』塩川洋介氏の独立後初の新作で、戦闘・ストーリー・妹などあらゆる要素をクラフトするRPG

ファーレンハイト213は、新作インディーゲーム『つるぎ姫』を発表した。PC(Steam)で2024年にリリース予定。

Steam『狂気より愛をこめて』2023年春に発売決定。絶対に会話がかみ合わない男たちとの恋愛をドット絵とフルボイスで紡ぐアドベンチャー

PLAYISMとヴァンパイアの開発ブランド・jamsanpoidは、PC(Steam)用ソフト『狂気より愛をこめて』を2023年春に発売決定した。

【FGO】第2部第7章ティザーPV、デイビットのフレーバーテキストが公開

『Fate/Grand Order』(FGO)にて2022年12月下旬に開幕となる第2部 第7章“Lostbelt No.7 黄金樹海紀行 ナウイ・ミクトラン 惑星を統べるもの”のティザームービーや、デイビット・ゼム・ヴォイドの情報が公開された。

『ひとりぼっち惑星』ところにょりの最新作『違う冬のぼくら』2023年2月14日Steamにてアーリーアクセス開始。ふたり専用パズルアドベンチャー

2022年12月3日、4日に配信されているインディゲーム番組“INDIE Live Expo Winter 2022”。本日12月4日、本番組内で、講談社ゲームクリエイターズラボ支援作品『違う冬のぼくら』が2023年2月14日(火)にSteamにてアーリーアクセス開始されることが発表された。

『パルワールド』最新PV公開。広大な世界で多種多様な生物“パル”と出会い、捕獲、育成、強制労働、売り飛ばし、解体、食用化などが楽しめる

ポケットペアは、2023年発売予定のオープンワールド・モンスター育成ゲーム『パルワールド / Palworld』の最新映像を公開した。