携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ケータイ・スマートフォン> 記事

『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター』のパロム編『魔道士、森と水の都へ』が配信開始

2008/5/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●賢者を目指すパロムが訪れたのは女性神官が治める森と湖の都トロイア

 

 スクウェア・エニックスから、iモード用コンテンツ『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』のパロム編『魔道士、森と水の都へ』が、2008年5月1日に配信開始になった。料金は1ダウンロード315円[税込]。
 


 『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』は、『ファイナルファンタジーIV』のその後の物語が描かれるオリジナルRPG。章ごとに区切られて順次配信される仕組みで展開されており、前作の主人公、セシルとローザの息子セオドアを軸に、リディア編はリッジ編など、各キャラクターにスポットを当てた章が配信される。

 

 パロムは『ファイナルファンタジーIV』では、5歳の子供として登場。双子の兄姉であるポロムとともに、魔法使いとして主人公を助けた。今回配信されたパロム編『魔道士、森と水の都へ』では、そのパロムもすっかり成長。亡きテラのあとを継ぐべく賢者を目指し、修行の旅に。女性神官が治める、森と湖の都トロイアに到着したパロムは、神官志願の少女レオノーラに魔法をレクチャーすることになる。
 

▲白魔法しか使えないレオノーラに、パロムは黒魔法を指南することになる。

 

▲クリスタルを狙う相手を振りきるため、パロムたちは”磁力の洞窟”へ。

 

【ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還- パロム編”魔道士、森と水の都へ”】

キャリア:iモード

情報料:1ダウンロード315円[税込]

アクセス方法:iMenu→メニュー/検索→ゲーム→ロールプレイング→ファイナルファンタジーモバイル→ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-

※対応機種はFOMA903i、703iシリーズ以降

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナル DAY2リポート eiNsは韓国チームに圧勝

2017年10月22日(日)、オーストラリアにて“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals”の最終日・DAY2が開催された。DAY1を勝ち抜いた日本のチーム“eiNs”の奮闘を中心に、その激戦の模様をお伝えしていく。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

『レインボーシックス シージ』アジア太平洋地域プロリーグで日本チーム“eiNs”が優勝! 世界大会“ワールドファイナル”、“Six Invitational 2018”出場が決定

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day2”が、オーストラリアで開催。同大会で、日本チーム?eiNs”が優勝を果たした。

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。