ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『モンスターハンターポータブル 2nd』の内容を聞き出すため、開発陣を直撃!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
「ファミ通チョイス」とはファミ通グループが、とくにおすすめするゲームタイトルです。

●雪山で狩りを続ける男たちが語る『2nd』!

 プレイステーション2用ソフトとして発売され、世界中のゲームファンを"ハンター"に仕立て上げた"狩り"アクションゲーム『モンスターハンター』シリーズ。そのヒットを受け、『モンスターハンターG』(以下、『MHG』)や『モンスターハンター2(ドス)』(以下、『MH2』)など、シリーズの新作がつぎつぎに発売されている。しかも、それはプレイステーション2に留まらず、プレイステーション・ポータブルという携帯ゲーム機にも派生。『MHG』をベースに改良を加えて発売された『モンスターハンターポータブル』(以下、『MHP』)は、瞬く間にハンターたち、そしてこれまで傍観者であったユーザーたちの手に渡り、さらに多くのハンターを生み出した。そんな『MHP』シリーズに早くも最新作が登場する。今度は『MH2』をベースに新要素を加え、改良を重ねた作品となっているぞ。

 本誌週刊ファミ通7月28日号(2006年7月14日発売)では、雪山を舞台に描かれる『モンスターハンターポータブル 2nd』(以下、『MHP 2nd』)の内容、そしてプレイステーション3で開発中の『モンスターハンター3(仮題)』(以下、『MH3』)について、開発陣にインタビューを敢行。しかし、誌面の都合上掲載したくても掲載しきれなかった話題がまだまだある! そこでファミ通.comでは、誌面でお伝えできなかった内容も含め、インタビューの全貌をお届けしていくぞ。
 

モンスターハンターポータブル2nd

(写真左から)
『MH』シリーズ企画マン:
小嶋慎太郎
『MHP 2nd』ディレクター:
一瀬泰範
『MH2』アシスタントプロデューサー:
辻本良三
『MH2』ディレクター:
藤岡要


――"2(ドス)"という言葉は使わず、"2nd"にしたのはなぜですか?
辻本良三(以下、辻本 『MHP』シリーズは据え置き機の『MH』シリーズとは別の方向に進んでいきます。本作は『MH2』の素材を使ってはいますが、あくまで『MHP』の2作目。それでストレートに、"2nd"にしたんです。
一瀬泰範(以下、一瀬) "モンスターハンターポータブルSP"っていうのがイチオシだったんですけどね。略したら『MHPSP』になって、"PSP"って入れられるから最高だと思ったんですけど、却下になってすごく残念ですねぇ(笑)。スノウプレイスとかいろいろ意味があったのに……。
――それだと3作目が出るとしたらまた考えないといけないですよ(笑)。『MHP 2nd』のコンセプトについて教えていただけますか?
辻本 『MHP』と同じで、"携帯ゲーム機ならではのお手軽さ"ですね。プレイステーション・ポータブル(以下、PSP)用に『MH2』を整理して、そのうえで新規の要素を追加していきます。
一瀬 前作はPSPで『MH』が遊べるという部分のみでキャッチーでした。今回はほかに、ユーザーが新しく感じる内容を盛り込んでいきたいですね。
――拠点が雪山の村というのがまず新しいですよね。でもなぜ雪山なんですか?
一瀬 前作のココット村や『MH2』のジャンボ村とはイメージの違う村にしたかったんですよ。いままでと同じだと、ユーザーからすれば目新しさがないですし。それに『MH』の世界を広げたくもありました。というわけで、高低差があって、ちょっと寒いところにしてみようと。

 

モンスターハンターポータブル2nd

 

――ポッケ村はどんな村なんでしょうか。
藤岡要(以下、藤岡) 村が寒い場所にあるので、村自体の雰囲気が寒々しくならないようにしたかったんですよ。なので、村人は暖かくて活気がある感じを出そうと思っていて。
一瀬 村の名前も、温かいという意味がある"ポッケ"という言葉からとりました。ポケットに入るような、小さな村でもありますし。ポッケ感、みたいな?(笑) PSPもポッケサイズですしね。最大の決め手は語感がよかったからなんですけど。
――村の施設はジャンボ村と同じですか?
藤岡 シリーズ通じての施設は同じですが、今回の舞台は山なので、ジャンボ村にあった港はないですね(笑)。あとは農場やキッチンがあります。
――農場は、前作と同じく採集や採掘など、フィールドに出ないアイテムが入手できるというシステムでしょうか?
一瀬 そうですね。ほかにもちょっとした仕掛けはありますけど、詳細は後日ということで(笑)。ちなみに、今回の農場は山からリフトで降りたところにあります。世界一美しい農場を目指して鋭意製作中です。
――キッチンのデザインが一新されていますね?
藤岡 西洋的な建築洋式ではなく、少し和風というか、雪国っぽい雰囲気です。だからカマドや米俵があったり(笑)。暖かみを出すために、炎による明かりを強調しています。
一瀬 こちらも基本的なシステムは前作と同じですが、新しい要素を追加していますよ。

――村は『MH2』のように、発展して大きくなっていくんでしょうか?
一瀬 いえ、村自体は発展しません。農場が拡張する要素があります。
藤岡 ポッケ村はジャンボ村と違って村として完成しているので、大きくなる必要はないんですよ。だから成長要素は農場に集約されています。ハンターも村の発展という目的があるわけじゃなくて、生活のために狩りをしている感覚です。
――どうも『MH2』と違う部分が多いですね。
一瀬 モデルや背景など、『MH2』の素材を使ってはいますけど、ゲームとしては『MHP』で築き上げたものを進化させている形なんですよ。『MH2』の要素は『MHP 2nd』に合うものだけ選んで取り入れています。それを、さらにカスタマイズしているんです。
――それは、たとえばどういった部分ですか?
小嶋慎太郎(以下、小嶋) すぐにわかるのは地形の一部ですね。一方通行を解除したり。あと、モンスターに関しては体力や生息エリア、出現数などすべてを見直しています。
一瀬 『MH2』の昼夜の概念も、形を変えて取り入れています。今回は時間の流れはなくて、季節や昼夜の移り変わりはないんですよ。クエストによって"雪山・昼"、"雪山・夜"というように、フィールドの昼夜が異なるシステムです。
――なるほど。フィールドの種類は『MH2』から追加がありますか?
藤岡 フィールドは『MH2』とほぼ同じです。ただ『MH2』では密林から始まりましたけど、今回は雪山から始まって、行けるようになるフィールドの順番も違います。
小嶋 だからといって、いきなり強いモンスターに遭遇するといったことはないですよ(笑)。そのあたりの調整はきちんとしています。
辻本 要素の取捨選択やマップの手直しもそうですが、コンセプトの"手軽さ"というところで障害になる要素は極力取り除いているんです。それで、携帯ゲーム機で遊び込める要素をパワーアップして、調整に時間をかけていく。『MHP 2nd』は、新要素を足して横に広げるというより、既存の要素を強化して縦に厚みを増していくという方向性なんです。

 

モンスターハンターポータブル2nd

 

――ゲームの進行に関してはいかがでしょうか。
藤岡 『MH2』は最初からやれることが多くて、ハンターの自由度が高いという作りのゲームでしたけれど、『MHP 2nd』はひとつひとつのクエストのクリアーを目標に進んでいく形です。ある程度、道が固まっている進行のしかたのほうが、携帯ゲーム機には向いているかなと。
――無線LAN機能を使ったクエストについては?
一瀬 集会所のクエストは、前作で難しすぎたというのがあったので、緩和できるよう調整しようかと。ランクの切りかたも見直してますね。
藤岡 難度については、前作ではふたりパーティーを基準に調整していました。でもメンバーはなかなか集まりにくいし、トータルで見ると、ひとりでプレイする時間が圧倒的に長いんですよね。そこを若干考慮して調整します。

――前作と同じく、インフラストラクチャーモード(※)を利用したダウンロードクエストも配信するのでしょうか?
辻本 はい。クエスト以外のものも配信しますよ。それと、より多くの人がダウンロードできるような展開を考えていきたいと思っています。
――パソコンと通信環境があれば、インターネットを介してダウンロードを行えたり、ほかのプレイヤーと遊べたり、といったことは?
小嶋 実際につないで遊ぶ方法を真剣に考えたこともありましたけどね。キーボードがないので、ボイスチャットができないかとか。でも結局、ネットにつなげるまでの手順が複雑だったり、環境を整えられない人も多くて、ひと握りの人間でしか遊べなくなってしまう。だったら、PSPのアドホックモードの強化に労力を割いたほうがいいということになったんです。ネットワークを介しての遊びは、据え置きの『MH2』で実現していますしね。
辻本 携帯ゲーム機と据え置きゲーム機の差別化のためにも、そのへんはごちゃまぜにしたくないですし。アドホックモードは近くに誰かがいて、ワイワイ遊べる本当におもしろい遊びなんですよ。リアルボイスチャットもできますし(笑)。
藤岡 リアルボイスチャットって……会話やん(笑)。
辻本 『MHP』シリーズはあくまでも携帯ゲーム機のゲーム。携帯ゲーム機での遊びとして考えたときに、やっぱり人と顔を合わせて、直接遊んでほしいんですよね。
――確かに顔を合わせた会話がいちばん盛り上がる要素かもしれないですね。ダウンロードできるクエスト以外の要素というのは、アイテムとか、素材とかですか?
一瀬 いま検討中なんですよ。ゲーム性に関わらない程度の、ちょっとしたオマケがもらえる感じでしょうか。
小嶋 あと、訓練所のクエストをダウンロードできるようにする予定です。それを『MH2』のネットワークモードでの狩猟演習みたいに皆で遊ぶ。競技性を持たせて、クリアータイムやポイントで競うという遊びも入れますよ。
 

モンスターハンターポータブル2nd

 

※:アクセスポイントを介して通信を行うモード。これと逆のモードが、アドホックモード


――ほかのプレイヤーとのコミュニケーションを重視した要素も強化されているんですね。

辻本 今回はギルドカードも項目を増やしていますよ。自分の足跡がどんどん記録されていくので、それを埋めていったり、友だちと見せ合ったり交換したりすることで楽しんでもらいたいですね。
――なるほど。それでは、具体的な操作についてですが、武器の扱いかたなどは『MHP』と同じですか?
一瀬 はい。新武器は、モノによってはたいへんかもしれないですけど(笑)、うまく落とし込めていますね。操作しやすいように手を加えている部分もありますよ。ほかにもマップの拡大、縮小を簡単にするなど、細かい部分も調整しています。
――新武器というのは、『MH2』で登場した、太刀、狩猟笛、ガンランス、弓ですか?
一瀬 そうです。『MHP』ユーザーにとってはまったくの新武器になるので、楽しんでもらえると思います。
――『MHP』では『MHG』から武器の派生ルートなど、全部見直していましたよね。
一瀬 今回もガチで!(笑) 見直します!
小嶋 最初に行くのが雪山で、行けるようになるフィールドの順番も変わってくるので、素材の入手順も違いますから……その影響がモロに(笑)。というわけで、ガチで見直します!
――ガチで(笑)。新規デザインの武器や防具の追加はあるのでしょうか。
辻本 もちろんあります! 前作もベースになった『MHG』からだいぶ追加しましたけど、それと同様か、それ以上の数を入れられたらと。
――雪山用のハンター装備も公開されていますが、これは新防具ですね。
藤岡 いままで、代表的な防具としてCGイラストなどではハンターシリーズの装備を使っていたんですよね。それに代わるものです。もとのハンターシリーズも残ってますよ。
一瀬 雪山がメインなので、それに合ったものを用意しました。前作を遊んでいる人でも、またチェーン系とかレザー系とかから始めることになるので、そういったお約束の部分をビジュアル的にも変えていきたいという狙いもあります。
――武具に関しては、新モンスターの素材などもあるので、だいぶ追加や見直しがありそうですね。モンスターに関しては1体のみシルエットで公開されていますが……。
小嶋 これは初代『MH』でいうリオレウスのような存在。ハンターの目標になる、『MHP 2nd』の象徴的なモンスターです。見た目も性格も凶暴で、初めて対峙したときに「こいつヤバイ」、「怖い」と思う存在感が……"異質な感じ"がすると思いますよ。
――『MH2』では古龍がテーマでしたが?
小嶋 それを引き継ぐ必要はないと思っています。
――前作では『MH2』との連動でイャンガルルガが登場したりしましたけど、『MHP 2nd』でそういった仕掛けは?
辻本 内容は未定ですが、『MHP』のデータが同じメモリースティックに入っていると、何らかの影響があるようにしようと思っています。
一瀬 前作を遊び込んでいる人ほどおトクなようにしたいですね。
辻本 2006年8月3日に3129円[税込]でベスト版が出るので、いまからでも間に合いますよ!
――マジで!? ……って宣伝かよ!


モンスターハンターポータブル2nd

 

――それではちょっと話が変わるのですが、プレイステーション3での制作を発表している『MH3』の制作状況は?

藤岡 ハードが変わってエンジン部分を根こそぎ変えられるので、いままで入れ込めなかったり、修正できなかったりした部分を見直している最中です。もちろん、『MH』としての根本的なおもしろさ、モンスターを狩る快感というものは損ないませんよ。
小嶋 いままでの作品は短い間隔でリリースを続けているので、見直す時間も短かったんですよ。だから根本的な遊び、「これ楽しいよね!」というものをゼロから考えているところです。深い部分まで見直せる、いい機会ですね。
――遊びの本質ですか。『MH3』で狩りの印象がガラリと変わるということもあり得ますか?
藤岡 そうですね。取っ掛かりの印象は、「大きいモンスターを狩るぜ!」というところで同じだと思うんですよ。でも実際に狩りを始めると、「今度はこういう狩りができるんだ」とか、モンスターの生態、フィールド、あらゆる面で「こういうことを考慮に入れながらハンターとしてやっていくんだ」というのが新鮮に感じられるんじゃないかと思います。いま考えていることを実装できれば。
――そ、それはどういう考えですか?
藤岡 言えない……。まぁ、ディープですよ(笑)。これは、狩りの楽しさをどこまで描けるかという挑戦でもあります。たとえばモンスターの生態とか、世界を構築するにあたって、いままで表面しか描けなかった部分をどこまで掘り下げられるか。いまはそのネタ出しと実験をくり返しています。
辻本 『MH3』は腰を据えて作るので、しばらくお待ちください。それまでは『MHP 2nd』で!(笑)

 

モンスターハンター3

 

――それでは最後にまた、『MHP 2nd』に話を戻しまして、読者の皆さんにメッセージをお願いします。
一瀬 "2nd"ではありますが、初めて遊ぶ人にはわかりやすく、ファンの方には新しい『MH』の世界が見えるように作っています。前作で寄せられた意見をもとに調整したり、追加したこともたくさんあります。ぜひ、期待してください!
小嶋 『MHP』は『MHG』から追加した要素がたくさんありましたが、今回はそれ以上の変わりぶりです。オリジナルモンスターもいい感じですよ。『MH2』で新たに登場したモンスターも、皆さんの意見を考慮して調整しているのでご期待ください。
辻本 通勤や通学、お昼休みの短時間でも満足してもらえるものを目指しています。前作での実績もあるので、自信を持って出しますよ! 東京ゲームショウでは試遊台で実際にプレイしていただきたいと考えているので、楽しみにしていてください!
藤岡 以前から、よりたくさんの人に『MH』の世界で遊んでもらいたいと思っていました。いままでプレイステーション2だけだったのがPSPにも広がっていき、ユーザーがそれぞれのスタイルに合った『MH』で遊んでもらえているのではと思っています。今後もいろんな形で『MH』を見せていきたいですね。

モンスターハンターポータブル2nd

  

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース