携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> 『ファイナルファンタジーXIV』開発者一問一答

『ファイナルファンタジーXIV』開発者一問一答

2010/4/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●開発者一問一答

 

 ついに開始されたスクウェア・エニックスの最新MMO(多人数同時参加型)RPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)のαテスト。今回は、αおよびβテストの予定や、徐々に見えてきた『FFXIV』の仕様面について、開発者に質問を投げかけてみた。いずれも非常に興味深い内容なので、ぜひチェックしてほしい!

 

ss

 

Q.想定されているαテストの期間、そしてβテストの予定などをお教えください。

 

A.αテストは、βテストに先立ってある程度人数を絞った状態で、ひとつのワールドだけで実施されます。このワールド名は“Shadowlord”という名称です。テストは週3日、各リージョン(日本/北米/欧州)別に毎回4時間程度を予定しています。ここで基本的な仕様の安定性や負荷調査を行ったあとに、βテストの“フェーズ1”へと移行します。βテストフェーズ1では、αテストと同じバージョンのまま複数ワールドの並行運用の試験を行います。α〜β1テストでは、何パターンかの成長速度を変えた試験も行うため、途中でデータワイプ(消去)も行う予定です。その後、α〜β1で収集した問題点やテストプレイヤーの意見などを反映させたβテスト“フェーズ2”へと移行します。このあたりから毎日24時間運用に移行する予定で、内容もかなり変更され製品版により近づいたものになる予定です。PS3版のテストもこのあたりから開始予定です。フェーズ2以降は徐々にワールド数を増やしていき、数十万人が同時アクセスできるまで負荷テストを行い、サービスインに備えます。そのあと、開始直前に数週間のオープンβを経てサービスインへとつなげていきますが、サービスインまでリムサ・ロミンサ周辺地域以外のエリアは公開しない予定です。これは、製品版のおよそ1/5以下程度の内容です。

 

 

Q.キャラクターの名前は、姓名を入力できるようになっていましたが、こうした理由とは?

 

A.同姓同名は無理ですが、各ワールドごとに同名あるいは同姓はオーケーにするためです。これにより、名前が重複する確率が飛躍的に少なくなりますし、『FFXI』をプレイされていた方が親しみのある名前を使用できる可能性を増やすことにもなります。なお、/Tellコマンドを使ったチャットなどでは、いちいちフルネームを入れなくても済むような仕組みは用意する予定です。

 

 

Q.冒険をスタートさせる国による違いは何かありますか?

 

A.それぞれの国で、異なるストーリーが展開されます。また、都市ごとに施設や店に特色がありますので、プレイヤーの行動いかんによって序盤の利便性に差が出るでしょうね。

 

 

Q.インスタンスエリア(イベントシーンなどで自動生成されるプライベートなエリア)が随所に使用されていましたが、この目的と効果は?

 

A.今回、ギルドリーヴもそうですが、“遊びたいときに遊ぶ”というプレイスタイルをできるだけ実現したいという思いがあります。なので、独占や、順番待ちのないように、まずは“どこでもインスタンス”という考えで設計しました。

 

そんな中、あとからシナリオ担当の佐藤(佐藤弥詠子氏)から“過去を見る力”の提案があり、インスタンスと相性がいいね、ということでこの仕様と組み合わせることにしました。個人的に、『FFXI』のころからある、“同じ世界にいる”けども“みんなが同じように世界を見ているわけではない”というテーマがすごく好きなのですが、それが『FFXI』ではカットシーンでしか実現できていなかったのが少し不満でした。それがインスタンスの力で多様な表現を得たのは大きいと思っています。『FF』シリーズには、毎回新しい“文法”を生み出さなくてはならないという、使命のようなものがあると考えています。今回は、インスタンスによるイベント表現がそれにあたるのではないでしょうか。

 

 

Q.敵から襲ってくるような好戦的なモンスターはいますか? また、シナリオとは関係のない強敵の存在、およびその討伐といった要素はありますか?

 

A.すべて、「もちろん!」です。ただし、今回のα版のモンスターは、テストプレイヤーの行く手を阻むことが主旨ではないので、好戦的なモンスターや強敵などはあえて控えめにしか配置していません。

 

 

Q.プレイヤーにはレベルの概念がないのでしょうか?

 

A.HPやMP、腕力、知力といった基礎的な能力を示す“フィジカルレベル”自体はありますよ。ただし、メインスキルのランクのほうが重要です。やはり、“武器や道具を持ち替えるだけでクラスチェンジ”というアーマリーシステムの特徴を際立たせるためですね。

 

 

Q.バトルがコマンドタイプになりましたが、使用する武器によってコマンドが発動するまでの時間に差はあるのでしょうか?

 

A.もちろんありますよ。さらに全般的な観点ではα版のご意見をいただき、よりテンポよく遊べるよう、すでに発動時間などの調整に着手しています。

 

※週刊ファミ通4月22日号(2010年4月8日発売)では、α版を体験した編集者によるプレイリポートを掲載

※『ファイナルファンタジーXIV』αテストがいよいよスタート!!

※『ファイナルファンタジーXIV』エオルゼアに生きる10種類の部族を紹介!

※公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!