携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> 『不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜』キャラクターデザイナー・長谷川薫氏にインタビュー

『不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜』キャラクターデザイナー・長谷川薫氏にインタビュー

2008/6/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『風来のシレン3』のキャラクターデザインの秘密に迫る

 

 Wiiでついに発売された『不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜』(以下、『風来のシレン3』)。入るたびにその構造や落ちている道具、敵の配置などが変わるダンジョンを攻略していく、RPGだ。このシリーズ最新作では、ゲーム中のシレンたちの等身が上がっており、意匠も非常に凝ったものになっている。

 

 そんな『風来のシレン3』のキャラクターデザインを手掛ける長谷川薫氏に、週刊ファミ通2008年6月13日号(5月30日発売)ではインタビューを敢行。その全文を、ファミ通.comで公開する。

 

不思議のダンジョン 風来のシレン3

長谷川 薫

チュンソフト所属のデザイナー。『風来のシレン』シリーズのキャラクターデザインを担当している。


 

――『風来のシレン3』では、どのような作業を担当されているのでしょうか?

 

長谷川薫(以下、長谷川) おもにキャラクターデザインです。キャラクターデザインをしたあとに、設定画を描いたり、実際上がってきたモデリングをチェックしたり、キャラクターをどう動かすか、というアクション設定のチェックをしたりしています。

 

――キャラクターの動きまでしっかり調整されているんですね。

 

長谷川 しっかりというか、後ろから口出しているだけなんですけれどね。口うるさい奴って感じで(笑)。

 

――(笑)。キャラクターデザインをするに当たって、どんなところに注意をされているんでしょう?

 

長谷川 シナリオに沿ったキャラ作りというのを意識しています。たとえば、『不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来! シレン城』はちょっとコミカルタッチだったと思うんです。でも今回はまったく違うリアルタッチになっています。これはなぜかというと、シナリオ展開がまったく違ったからなんです。初めてシナリオを読んだときに、これはいままでの『風来のシレン』とは違う表現じゃないとダメだなと思って、ドラマ性のあるキャラクターにしました。

 

――今回のキャラクターは衣装の装飾が凝っていますが、あれもシナリオに沿った形で?

 

長谷川 完全にシナリオですね。いままでのシレンって僕の中では”旅”をイメージして書いていたんですれども、今回は完全に”戦い”をイメージしているんです。”戦うシレン”というイメージですね。

 

不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜

 

――『風来のシレン3』のデザインの中で注目してもらいたい点というのは?

 

長谷川 今回、村人なども含めて70体近くデザインしているんです。そんな中、たとえば村人Aに関してもメインキャラと同じように時間をかけて考えたので、細部までキャラを愛してもらえればうれしいですね。改めて考え直すとちょっとやりすぎたかな、という気がしないでもないですけど(笑)。

 

――いちばんお気に入りのキャラクターは、どのキャラクターですか?

 

長谷川 今回、自分の中ではセンセーが成功したキャラだな、と思っています。

 

――男臭いキャラですよね。

 

長谷川 センセーには、じつはモデルがいまして。僕の中でだけなんですけれど、クリント・イーストウッドがモデルになっているんです。彼のようなキャラクターを一度描きたいな、と思っていたので、モデルにして描いたのですが、シナリオを担当されている方に「自分のイメージと違う」って言われまして(笑)。でも、そのまま通させてもらいました。けっこうゲーム中でもシレンを食っちゃうようなキャラクターになっていますよ。

 

――なるほど。メインキャラクターは、それぞれどんなイメージのキャラクターなのでしょう?

 

長谷川 シレンに関しては、従来どおり、あくまでもユーザーさんが感情移入しやすいキャラクターになっています。

 

――センセーは?

 

長谷川 さきほどお伝えしたとおり、クリント・イーストウッドのイメージですね。渋くてカッコイイ。物語を進めていくと、たぶんシレンは食われていると思います。主役級のキャラクターになっているんじゃないかな。

 

――アスカは?

 

長谷川 かわいくなっていますね。だいぶ、”女性”になっています。完全にヒロインという立ち位置ですね。

 

――デザイン的に気をつけた部分というのはありますか?

 

長谷川 シルエットです。今回はキャラクターの等身が高かったので、どうすれば横幅が出せるか、というところに注意しました。

 

――横幅ですか?

 

長谷川 ええ。ゲーム画面に落とし込んだときに、等身が高いキャラクターを細くすると小さく見えてしまうんですよ。それで袴のシルエットをフワッとさせてスカートみたいにさせたんです。賛否両論あったんですけれどね(笑)。ゲーム画面的には主張できたな、と思います。

 

――等身が高くなったことで苦労したことはありますか?

 

長谷川 モンスターの等身はいままでとほとんど変わっていないんです。だから、シレンたちと対峙したときに違和感が出ないようにすることに注力しています。最後の最後まで大きさの調整をしていましたね。

 

――なるほど。ちなみにモンスターなどのデザインのときは、どのような点に注意されているんですか?

 

長谷川 アクのある、一度出会っただけでしっかりと覚えてもらえるキャラクターになるように注意しています。初めて出会ったモンスターに倒されたとしたら、つぎにまた会うときまで、そのモンスターのことをプレイヤーに覚えておいてほしいんですよ。たとえば、「5階にはおやじ戦車(※大砲の弾を放つモンスター)がいるな」という具合に。

 

――アクのあるモンスターを生み出すために心掛けていることは?

 

長谷川 出会ったときにしっかりとしたイメージをつかめないキャラクターではダメだな、と思っていますね。おやじ戦車の場合だと、”なんか大砲を撃ってくるヤツ”というように、名前は覚えていなくても印象に残る。そういった部分が重要かなと考えています。

 

――何かひとつ、「コレ!」というキャラクター性を持たせているわけですね。

 

長谷川 そうですね。そこを意識していると、だんだんバカなキャラクターが多くなってきちゃうんですけど(笑)。

 

――(笑)。そこが、長谷川さんやチュンソフトならではのノリが反映されている部分なんでしょうね。

 

長谷川 『風来のシレン』シリーズもそうなのですが、ダンジョンを舞台にしたゲームは、全体的に意地悪な作りになっていることが多いので、マジメなキャラクターばかりだと疲れちゃうんですよ。だから、随所にコミカルな要素を入れていく必要があるんです。

 

――ハードがWiiになったことでデザイン的に変化した部分はありますか?

 

長谷川 これまでの作品は基本的にドット絵のグラフィックだったので、デザインをなるべくシンプルにする必要があったのですが、今回はそれとはまったく逆でした。キャラクターをアップで表示するシーンが多いので、細部までしっかりデザインする必要があって。また、完全に三次元的な表現になっているので、きちんと立体としてデザインする必要にもかられましたね。

 

――キャラクターを作る作業の中で、いちばん苦労されている点は?

 

長谷川 アイデアを絞り出すのがたいへんですね。何十体もデザインしていると、特徴が似通ってきてしまうので。

 

――モンスターのデザインはおひとりで描かれているのですか?

 

長谷川 いままではそうだったのですが、今回は、企画の最初の段階でボスが20体も登場すると聞いたので、「僕ひとりじゃできません」と即答して(笑)。だから今回は、僕のほかに3名のデザイナーが参加しています。そのせいで表現の幅がかなり広がっていますね。

 

――本作にはサイズの大きなボスモンスターが登場しますよね。その部分から生まれた新しいアイデアは?

 

長谷川 いちばんおもしろいのは合体するボスかな。合体して強くなって、また分かれたりする。あとは、地下に潜って別の場所から出てくるようなヤヤツもいるし、部屋全体がボスみたいなヤツもいます。ボスモンスターたちは、動きも見た目も非常にバリエーション豊かになっていますよ。

 

――最後に読者の皆さんにひと言メッセージをいただければ。

 

長谷川 シリーズ未経験者もいれば、1作目から遊んでくださっている人もいると思います。スタッフは両方の方たちに楽しんでいただけるよう、熱い思いを込めて作っておりますので、ぜひ手に取って遊んでみてください! あと大きな声では言えませんが、昔からの『シレン』ファンがニヤリとするようなサービスもありますので、ぜひ楽しみにしていてください。


不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜

不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜


不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜

発売日

2008年6月5日発売

価格

7140円[税込]

テイスト/ジャンル

冒険・ダンジョン/RPG

備考

ニンテンドーWi-Fiコネクション対応、開発:チュンソフト

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

椎名慶治激ハマリの『城とドラゴン』マニアックトーク連発! ラジオ番組『椎名慶治のゲーマー列伝』第5回放送をリポート

ラジオアプリ“JFN PARK”にて放送中の『椎名慶治のゲーマー列伝』。本記事では、第5回の模様をリポート。

FFジョブ総選挙、開催します! 『ファイナルファンタジー』シリーズの推しジョブを教えてください【アンケート】

『ファイナルファンタジー』ファンのジョブに対する熱い想いを募集する特別企画、“『FF』ジョブ総選挙”を開催します。ぜひご協力ください!

高橋D&おおさかBDのコメントも掲載! 発売前なのに高レベルの試合を連発し、ワイワイと盛り上がった『ソウルキャリバーVI』発売前大会をリポート!

2018年10月14日、中野にある“Red Bull Gaming Sphere Tokyo”にて、『ソウルキャリバーVI』の発売前大会“SOULCALIBUR VI Battle Prologue in Nakano”が開催された。その模様をリポート。

『吉原彼岸花 久遠の契り』 新規イベント画面を追加したNintendo Switch版が12月20日に発売決定!

プロトタイプは、新規スチルを追加したNintendo Switch版『吉原彼岸花 久遠の契り』を2018年12月20日に発売することを発表した。

『新宝島』と『アトムの最後』を掲載した『SWITCH』11月号(手塚治虫 冒険王)が10月20日に発売!

スイッチ・パブリッシングは、『新宝島』と『アトムの最後』を掲載した『SWITCH』11月号(手塚治虫 冒険王)を2018年10月20日に発売することを発表した。

『アーケードアーカイブス 忍者くん 阿修羅ノ章』と『アケアカNEOGEO STRIKERS 1945 PLUS』が10月18日に配信決定

ハムスターは、Nintendo Switch用ソフト『アーケードアーカイブス 忍者くん 阿修羅ノ章』とNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『アケアカNEOGEO STRIKERS 1945 PLUS』を2018年10月18日に配信することを発表した。

PS4『アケアカNEOGEO ダンクドリーム』の配信日が10月18日に決定! 爽快なストリートバスケを楽しもう

ハムスターは、同社が事業展開するプレイステーション4用ダウンロードソフト“アケアカNEOGEO”シリーズについて、2018年10月18日より、『アケアカNEOGEO ダンクドリーム』の配信を開始することを決定した。

ニンテンドー3DS版『ネコ・トモ』の発売日が今冬に延期、遊ぶと特別な衣装がもらえる体験版が配信開始

バンダイナムコエンターテインメントは、本日(2018年10月17日)、ニンテンドー3DS版『ネコ・トモ』の発売日の延期と、遊ぶと特別な衣装がもらえる体験版の配信開始を発表した。

『THE QUIET MAN』エンディングテーマをイギリス出身のアーティスト“Imogen Heap”が担当

スクウェア・エニックスは、2018年11月1日発売予定のプレイステーション4、Steam用ソフト『THE QUIET MAN』のエンディングテーマをイギリス出身のアーティスト“Imogen Heap”が担当することを発表した。

サイバーエージェントがアニメレーベル“CAAnimation”を設立。目指すはアニメとゲームの同時立ち上げによる市場参入、“平成後アニメ”のロードマップ

サイバーエージェントが新たなアニメレーベル“CAAnimation”を設立。ゼネラルプロデューサー・田中宏幸氏に設立の経緯や今後の展開をうかがった。